人気ブログランキング |
<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
バーナンキ議長の“日銀病”的証言=クルーグマン教授の日銀擁護?論
 本日は二題を簡単に紹介。まずは、バーナンキ議長の議会証言から一つ。私は、前もどこかで書いたかと思うが、市場機能論には懐疑的で、インタバンク市場がどれだけ細ってもゼロ金利にしていいんじゃないか、という立場だ。現実には、バブルが崩壊した局面で各国中銀は非伝統的な緩和策に打って出たが、準備預金に付利するなどして、どこもゼロ金利にはしていない。
 FRBもゼロ金利は避けており、市場機能が大事だと思っているのだろうが、これをバーナンキ議長が実際に口にするとは思わなかった(過去、言及したのかもしれないが)。ウォール・ストリート・ジャーナルのこちらより。
 “Because if rates go to zero, there will be no incentive for buying and selling federal funds — overnight money in the banking system — and if that market shuts down … it’ll be more difficult to manage short-term interest rates when the Federal Reserve begins to tighten policy at some point in the future.”
→金利がゼロになれば、フェデラルファンズをやりとりするインセンティブがなくなり、それでマーケットがなくなれば、将来のいずれかで引き締めするときに短期金利をマネージするのがより難しくなる。

 一瞬、白川総裁が英語で話しているのかと思いましたよ(笑)。バーナンキ議長はもちろん利下げの選択肢は排除していないのだが、マーケット実務をごちゃごちゃ述べるのは日銀病とか言われがちでありまして、その典型である市場機能論をバーナンキ議長が語るとは本当に意外でありました。白川ドクトリン、浸透ですね。

 もう一つはクルーグマン教授の日銀をある意味擁護していると思わせるような「Japanese Monetary Policy (Wonkish)」というエントリーより。スコット・サムナー教授が日銀を強く批判しているのだが、これに対して、クルーグマン教授がそれはちょっと違うよ、と解説している。
 サムナー教授の日銀批判とは、簡単に言うと、日本がデフレに陥ったのは日銀がデフレを好んでいるためだ、というもの。これに対するクルーグマン教授の指摘をかいつまむと以下の通り。
・日銀はもっとやれたはずだと人は言うだろう、私もそうだ。
・しかし、継続的なデフレは(日銀の)ターゲットではなくて、伝統的な緩和手段を使い果たし、その後、もっと冒険的な緩和に踏み込もうとしなかったからだ。
・日銀は、準備預金を増やし、その金がどっかの投融資に向かうことを願いつつ、量的緩和をやってデフレを止めようとしたが、できなかった。失敗したのだ。
・(日銀の06年の量的緩和解除について) これは最近のFEDの金融政策にも通じる議論だが、それほどベースマネーを減らしたようには見えない。日銀はインフレを抑制するために引き締めたのではなく、間違った判断だが、日銀は「景気がいい」と思ったので、準備預金を少しすくい取ったのだ。

日本から得られる二つのレッスン
・「流動性の罠」は実在する。デフレと戦うのは大変で、単にプリントマネーでは済まない。
・デフレに直面した中央銀行は、その最中に引き締めの口実を見つけるのに驚くほどの創造性を発揮するが、それはデフレを好んでいることを意味しない。

 皮肉も交じっているけど、全体は日銀を相対的に擁護している印象。なんだかバーナンキFRBに対してむしろ厳しいのではないか、と思う最近のクルーグマン教授だ。
by bank.of.japan | 2010-07-31 19:51 | 日銀 | Comments(2)
クルーグマン教授の金融・財政政策に関するスタンス
 クルーグマン教授が金融・財政政策に関するスタンスを簡単にまとめている。メモ的に紹介したい。これを書いたのは、同教授のFRBの金融政策に対するスタンスがよく分からない、という読者が多いからではないかと思われる。エントリーはこちらである。簡単に以下にまとめてみた。

 一部の読者は、非伝統的な金融政策に関する私のスタンスについて混乱しているようだ。非伝統的政策の効果に懐疑的なエントリーや、「もっとやれ」というエントリーもあるけど、いずれも矛盾はしない。
 経済情勢が混迷しているとき、すべての関係当局はやれることは何でもやるべきだと思う。FRBは他にもやれることはあるし、その効果が不透明である、というのはやらない理由にはならない。
 ただし、金融政策のみを当てにするのは大きな間違いだ。長めの金利はまだプラス圏にあるとは言え、短期金利がゼロなのは本当に問題である。FRBが、例えば特定のGDPの水準を達成できると思うのは安全ではない。
 FRBが何らかの緩和をやると同時に別な政策も必要だ。非伝統的緩和は財政出動とセットであるべきだろう。

もっとやれ、という部分は、Joseph E. GagnonのTime for a Monetary Boostで、具体的な緩和策はイールドカーブのフラット化策&それに近い貸出。あまりマクロ効果はないと私は思うが、やらないよりはやった方がましではあろう。量的緩和も、同様に効果は乏しいと思うが、痛いところをさする、ぐらいの効果はあるような気もするので、まあパフォーマンス的にはあり、でしょう。
 
by bank.of.japan | 2010-07-26 00:48 | FRB&others | Comments(0)
「Domo arigato, Bernanke-san」とクルーグマン教授が皮肉っている件=Tim Duyの指摘
 クルーグマン教授がこちらのエントリーの最後で、表題のことを言っている。米経済がデフレ色を強める中、バーナンキFRB議長に対する当てこすりである。日本語にするところが二重の皮肉でありましょうか。ご丁寧に「デフレは米国では起きない」とするバーナンキ議長の講演を持ちだし、“it” is happening hereじゃないか、と。それで「(デフレにしてくれて)ドモ、アリガト、バーナンキサン」と相成った。
 クルーグマン教授は、綿密にはフォローしていないが、もっぱら(金融政策より)財政出動すべきという主張を展開している。どこかのエントリーで、サムナーの主張(だったと思うが)を借りてFRBはB/Sをさらに兆ドル単位で膨らませろ、と言っていたような記憶もあるが、少なくとも現在のFRBの緩和は銀行のブタ積みを増やしているだけで効かない、だから財政出動である、という発想だ(と私は理解している)。
 で、現実問題として、FRBが兆ドル規模でB/Sを炸裂させることはあるのだろうか。まあ、ないんであろう。FRBのボードでは利上げ論があるくらいなので。この点については、連銀ウォッチャーとして有名なTim Duyのこれが参考になる。エントリー内容より、最後にTimが言っている部分である。
 「Realistically, to generate significant impacts at the zero bound, the Fed is going to have to commit to policies that look a lot like debt monetization. We are nowhere near that stage. Indeed, after two decades, the Bank of Japan is not there. Sure, maybe the Fed commits to a long term ZIRP (pretty much there already), buys mortgage backed assets to offset maturing securities, or, as a temporary response to a fresh crisis, expands the balance sheet a bit. But commit to a higher inflation target? Target long bond rates? Those actions likely require sustained, massive purchases of US Treasuries - a bridge too far to cross for policymakers who view central bank credibility as a one sided game. The only real policy error is inflation. Anything else is interesting, but not important」
 雑ですが要約→ゼロ金利状態でインパクトを強める策をやるには、債券(国債やMBSなど)の巨額の買い切りが必要。FRB はその状態には程遠い。日銀だって過去そうだった。 FRBはゼロ金利の時間軸強めたり、乗り換えでMBS買ったり、またちょっと金融が危機になれば、少しは B/S膨らませるだろうが、より目標の高いインタゲやるかって? それとも長期金利ターゲットとか? そうした策って、巨額の国債買い入れを継続にやらなくてはならず、中央銀行は信頼性の維持しかないとみなす政策当局者らには「遠すぎる橋」(=不可能)だ。現実的かつ唯一の政策ミスはインフレだ。それ以外の事は興味深い事象だが、重要ではない。
 
 まあ、フェアな見方ではないかと思う。(補足・himaginaryさんよりこの部分は臆病なFRBへの強力な皮肉である、とのこと。ということで、この皮肉な内容が、私にはフェアでありました)。

 それと、クルーグマン教授。一年前のアラン・メルツァー教授の主張(FRBの金融緩和でインフレになる。インフレ抑止のためにFRBの独立性が重要)を持ち出して、全然そうなっていない、こんな主張をするメルツァーをWSJは経済のエキスパートとして使っているんだぞ、みたいなことも言っている。メルツァー教授は大御所の学者だが、こんな絡みをするのは、何か過去に因縁でもあるのですかね。
 それはともかくクルーグマン教授が評価するのは、超過激なリフレ派か、リチャード・クー氏といったところか。私はTim Duy(の皮肉内容に賛同)派ですが…
by bank.of.japan | 2010-07-12 22:11 | FRB&others | Comments(3)
米リッチモンド連銀のエコノミストが引き起こした炎上
 米リッチモンド連銀のエコノミストが書いたエッセイが炎上した件はツィッターでも紹介したが、滅多に見られない出来事でもあり、こちらで大まかなところをまとめておきます。日本語では、maket hackの広瀬さんの「リッチモンド連銀エコノミストの自己陶酔エッセイがネットで炎上」が詳しい。それとhimaginaryの日記さんも「リッチモンド・ハイ」(なかなか洒落た見出し)で取り上げている。

 発端は、連銀エコノミストのKartik Athreya氏(こちら)が、「Economics is Hard. Don’t Let Bloggers Tell You Otherwise」というエッセイを書いたこと。ご存じのように、米連銀エコノミストの情報発信はお堅いペーパーばかりで、この手の柔らかいエッセイは珍しい。試みとしては良いのだけれど、中味が問題だった。簡単に言えば、「僕は分析のプロで、経済分析は本当に難しいのだが、ブロガーらは安易に経済や政策を語っているんじゃないのか」と挑発。壮々たる面子が名指しとなり、ちょっとした騒ぎになった。
 himaginaryさんによると、このエッセイはマンキュー先生が紹介。それで多くが知るところとなった。私はEconomist's Viewのマーク・トーマ教授の「Don't Let Fed Economists Tell You Otherwise...」で気が付いた。
 エッセイでは「They are the patron saints of the “Macroeconomic Policy is Easy: Only Idiots Don’t Think So” movement: Paul Krugman and Brad Delong. Either of these men will assure their readers that it’s all really very simple…」とか、名指しされた方はカチンと来る書き方である。
 あの温厚で、抑制の効いた書き方をして、FEDにもどちらかと言えば好意的なトーマ教授がかなり怒った感もあるので、これは連銀の情報発信の失敗かもしれない。書いた本人もネット作法をあまり気にせず、分析のプロがネットでアマなエッセイを書いた感じだ。
 連銀はその後、この騒ぎでエッセイを引っ込めたようで、リンクが切れた状態だ。これがまた情報発信で批判を浴びる結果にもなった。幸い、広瀬さんのところに原文があります。関心ある方はご参照を。

参考。こういう騒ぎは起きたけど、知り合いの日銀エコノミストによると、リッチモンドはミネアポリスやサンフランシスコと並んで分析には定評のある地区連銀とのこと。
 
by bank.of.japan | 2010-07-01 20:53 | FRB&others | Comments(4)


無料アクセス解析