人気ブログランキング |
<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
最近の日銀文学の傾向について=「つつある」とか…
 久々の日銀文学シリーズ。金融経済月報の表現で気になるのは以下のところ。
まず「つつある」が目立つ。
・(景気は)緩やかに回復しつつある。
・設備投資は持ち直しに転じつつある。
・金融環境は、厳しさを残しつつも
「つつある」というのを何度も使っていると、「つつある」のは実は違うんじゃないの、と思いたくなる。本当はもっと強気の判断をしたいのだけれどもヘッジしておこうかな、とのためらいが感じられ、おいおいどっちなのか、と言いたくなる。日銀文学の歯切れの悪さを象徴する表現の一つ。

次に何を言いたいのか分からない表現。
「国内民間需要は、持ち直しを続けるものの、設備・雇用の過剰感が強いことなどから、当面、緩やかな持ち直しにとどまる可能性が高い」
一つの文章に「持ち直し」という言葉が二度出てくる。「持ち直しを続ける」と「緩やかな持ち直しにとどまる」のどちらに軸足があるのかよく分からない。悪文ですね。
あと「輸出や生産は、増加ペースが次第に緩やかになっていくとみられるが、海外経済の改善が続くもとで、増加基調を続けるとみられる」も、増加のどちらを言いたいのだろう。後ろの方だと推測されるが、推測が必要な文章もファジーである。

おまけ
「雇用・所得環境は引き続き厳しい状況にあるものの、その程度は幾分和らいでいる」
これは「雇用・所得環境の厳しい状況は幾分和らいでいる」とする方がすっきりすると思う。

景気判断が改善方向に傾き「つつある」中で、一パラが長いのはポジションを取り「つつある」ものの、一方でヘッジも重ね「つつあり」、日銀の文学はやはり難解な状態から抜け出し「つつある」も、抜け出すペースは緩やかである、ということでしょうか。
by bank.of.japan | 2010-06-17 01:36 | 日銀 | Comments(5)
個人向け国債のキャッチコピーが微妙な件について
 ツィッターからの転用ネタながらも、個人向け国債のキャッチコピーが話題になったので。まずはR25に掲載された宣伝で「国債を持てる男子は、女性にモテる!!…か?」というコピーであった。これは某外資系ベンダーの英語で記事になり、日本語に翻訳されたようであります。国債宣伝の内容はこちらでダウンロードすればよいようです。
 たまたま、R25が出た直後は株高で債券も強いという展開で、ツィッターでは「このR25の出た翌日は日経平均株価が300円上がったのに、銀行の買いで5年債が金利低下し、生保の買いで超長期債も金利低下した。皆、左手にR25を持っていたとか」との呟きがあった。また、知り合いの債券ディーラーは登場する妙齢の女性がセールスに来れば「買う」との願望を漏らしておりました。
 婚活中の男性を狙って国債を買わせる、という宣伝は、突っ込みどころがあるのだが、まあ涙ぐましい国債消化の努力ではありましょう。ちなみに国債大量保有機関のトップとしては、斉藤次郎氏や白川方明氏ら。モテる男子の筆頭?となりますね。

マーケット的にこれはどうよ、という微妙なコピーは以下である。

・個人向け国債のポスター
 「預金の先を、見つめています」
 預金しているお金の運用先として個人向け国債はいかが、という意味だと受け止められるが、ご案内のよう預金している銀行が運用先として国債を増やしているのが実情。「銀行が国債買うなら、自分で買えばいい」との発想ならまだしも、郵貯銀行の場合は預金が抜けて困ったことになってしまう。亀井大臣的にはどうなのでしょうか。

・10年変動の商品説明
「長い目で、金利の上昇に期待しよう!」
 ソブリンリスクが高まる中、ドキッとするコピーである。

 宣伝は一般向けのものなので、そんなに専門的な視点を盛り込む必要はないかもしれないが、金融関係者のチェックは多小入っていいかなと思う。

 ところで民主党政権は官僚に厳しいので、この手のネタで財務省の人が怒られるのは私としては本意ではない。最高の宣伝は、政府・日銀が健全成長と健全な金利の上昇を達成することではあります。
by bank.of.japan | 2010-06-09 23:05 | マーケット | Comments(5)


無料アクセス解析