人気ブログランキング |
<   2009年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
与党・民主党の日銀出身議員(個人用メモ)
 総選挙が終わり、民主党が政権与党へ。それ自体に特に感想はなし。今日の債券市場のようなもの。まあ、職業的には、金融政策運営の観点で野党時代も含めた新政権の言動をウォッチしていきますが。とりあえずお手並み拝見でありましょう。ところで、外貨準備の扱いには気をつけてね、円高進行中ですので。
 今回の総選挙で日銀出身議員が新たに当選しているので、個人用メモで顔ぶれを整理(敬称略=入行年次の古い順)

・大塚耕平(参・愛知) 早稲田大学。83年入行、2000年退職。01年、第19回参議院選で初当選。
・川崎稔(参・佐賀) 京都大学。84年入行、2004年退職。07年、第21回参議院選で初当選。
・津村啓介(衆・岡山二区) 東京大学。94年入行、2002年退職。03年、第43回衆議院選で初当選。
・小野塚勝俊(衆・埼玉八区) 立教大学。95年入行、2007年退職。今回、初当選。

 この中で注目は大塚氏でしょうか。財務金融の専門家で、この間の市場関係者向けマニフェスト説明会でスポークスマンを務めていた。金融財務系で閣僚になるのですかね。マニアックな注文。日銀がまた43条使ったら、「通貨を堕落させる気か!」と一喝して頂きたい。
 「once a central banker, always a central banker」という気概が期待されておりますよ。

ps 新聞広告で知ったのだが、村山昇作氏とリチャード・クー氏が共著で「世界同時バランスシート不況」を出版するのですね。村山氏は元日銀調査統計局長。今頃知ったのだが、この二人は仲が良いのですね。日銀(というか中央銀行)はどちらかと言えばやはりケインジアンとの親和性が高いのなあ…。
by bank.of.japan | 2009-08-31 20:45 | その他 | Comments(9)
『ルワンダ中央銀行総裁日記』の復刊状況
 アマゾンでの価格が急騰し、図書館での順番待ちも多くなってしまい、みなさんにご迷惑をおかけしている『ルワンダ中央銀行総裁日記』ですが、「復刊ドットコム」より、復刊状況を知らせるメールがきましたので、内容を紹介します。状況が記されたページはこちら

ーーーーーーーーーーー

復刊活動:「ルワンダ中央銀行総裁日記」「我が名は、ジュリー」

「ルワンダ中央銀行総裁日記」「我が名は、ジュリー」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診

出版社へ交渉を開始いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーー

復刊リスクエストページはこちらです。ご関心ある方はご投票ください。
よろしくお願い致します。
by bank.of.japan | 2009-08-28 22:44 | ブログ紹介・お知らせなど | Comments(8)
株高・債券高が併存するとき…=不況下なら債券が正しいことが多い
 株価が堅調である。また上がった。一方、債券も底堅く、とりあえずは株高・債券高が併存する格好となっている。一般的に株と債券は逆相関で、株価が正しいなら債券は売られてしかるべき。株が上がって、債券も堅調という場合は、両者が併存する期間はさほど長続きはせず、どちらかが間違っていることが多い。これは経済動向次第で、特に現在のように壮大なバブルが崩壊した後の不況下では、堅調な債券が正しいのではないか、というのが個人的な感想であります。世界に先んじてバブル崩壊を経験した日本の経験上、大体において債券が正しかったですから。
 ただ、この相場観が通用するのは日本ぐらいのもので、欧米では馴染みがないかもしれない。久々にチェックしたMacro Man氏も「Why Aren't Bond Yields Higher?」と悩んでいる。欧米ではまだ国債増発→金利上昇という単純な発想から抜け切れていないのかもしれない。
 この発想自体は間違いではないが、肝心なことはバブル崩壊でデフレ色が強まると、民間資金需要の低迷に見舞われた金融セクターは金余りになり、結果的には債券を買うしかなく、財政リスクプレミアムは簡単には発生しないということだ。将来的な金利上昇のリスクはあるが、とりあえず手元では金が余り、リターンを取るためにカーブをつぶすという動きが強まっていく。
 我が債券市場でも最近、ある超大物がやや早めにキャリーをつぶしにいく動きを取ったもようだ。目の前で超大型のブルドーザーにキャリーがつぶされるのを目撃した機関投資家の方々は「もうあまり押し目はないかもしれんな」と腹をくくったのではないかと思われる。なので、株価が上がっても、あまり債券売る人はいないのでありましょう。
 ご案内のようにTIBOR・LIBORは落ち着いており、ファンディングの心配はないので、長短金利差を取りやすい地合いでもある。一方、株を買わないといけないファンドもいるので、まあゲーム的に買われているでのはないでしょうか。
 もちろん、株価が先行指標として正しく機能しており、株高が半年後、一年後の力強い景気回復を予見していることを強く願っている。債券高が正しいよりも株高が正しい方が世の中は間違いなくハッピーなので。債券が正しいのは、何度も経験済みで、当たってもつまらないもの。要は不況が続きましたね、ということなので…。
 ちなみに国債増発→金利上昇というのが本当に働き始めたら世の中、とりあえずはいったん終了です。当分、そうはなりそうもないと思っております。

投資指南系のブログであるなら、happy investing!と結ぶところですね。
by bank.of.japan | 2009-08-26 21:24 | マーケット | Comments(14)
本日の大機小機は同感=祝・FRB議長再任
 まずはバーナンキFRB議長の再任。マーケット的には議長再任をめぐる不透明感が払しょくされてめでたし、という結果となった。サマーズ議長はちょっとね、という感じもありましたしね。まあ、危機対応の過程をよく知る議長がこのまま難航するであろう出口政策も手がけるのが一番良いと思う。

 で、本題の大機小機。下のとは打って変わって本日の内容はうなずくところが多く、自己資本規制の在り方としてはまあ正論ではないかと受け止めた。筆者は、無垢氏。実態を良く知る当局者(or金融実務家)という印象を受けたのだが、どうなんでしょう。取り合えず内容をつまみながら簡単に感想・解説など・
・金融危機はまだ収束していない。自己資本規制を強化して信用収縮に拍車をかけては元も子もない。
→その通り。危機直後はバブル(=金融)憎しの大衆的感情の高ぶりから規制強化となりがちだが、得てして羹に懲りて膾をふくことになる。
・BIS規制はもともとプロシクリカリティが懸念された。金融有事のもとで規制強化に走れば信用収縮の増幅効果はさらに高まる。
→その通り。実際、90年代後半の日本の金融危機では自己資本を維持しようとして資産圧縮(貸しはがし)が勃発し、マクロ的打撃が大きくなった。この点は無垢氏も指摘している。
・金融有事ではむしろ自己資本規制を緩めて信用収縮を防ぎ、平時に戻ってから資本強化すればよい。可変的な自己資本規制が必要。
→妥当である。一般論として金融セクターが打撃を受けたときは、むしろ傷を癒す措置が必要であり、リスクテーク能力の維持を図る方がマクロ安定に資する。
・バーゼル銀行委は専門化の集まりだが、銀行の健全性という金融の庭先でなく、グローバル経済の回復という広い視野が求められる。それは日本の金融危機の教訓でもある。
→おっしゃる通り。資本規制というものは健康な人が病気にならないための健康法の目安のようなもので、病気になった人には害が大きい。規制強化で銀行を元気にしようという発想は、ショック療法でしかなく、むしろ経済が不安定化し、それが金融セクターをさらに悪化させるという悪循環を招きかねない。規制強化は議論してもよいが、まあマクロ経済の安定化が相当に確実になった段階から実施に移せばよいのではないか。それぐらいのマクロ観がないと規制強化はうまくいかない。
 なかなか会心のコラムであった。こういうのが続くと良いですね。
by bank.of.japan | 2009-08-26 00:26 | 大機小機 | Comments(6)
本日の「大機小機」はかなり違和感あるなあ
 詳しくは実物をご覧頂きたいが、後段のところはマーケット関係者(特に銀行ポートやALMの方々など)から「なんじゃこりゃ」という反応が多いのではないかと想像する。取り合えずポイントとなる部分を引用して解説(批判かも)を試みたい。
大機小機 「銀行が国債を保有することの社会的意義とは何か。疑問は解けない」
→社会的意義などない。投融資行動の一つに過ぎない。「社会的意義」と言うからには、まずその定義を行うべきであろう。
大機小機 「(銀行が国債を保有するのは)民間に資金需要がないからだというのでは、説明にならない」
→いや、十分説明になっている。一般的に不況になると、民間の資金需要は低迷する。一方、不況対策として政府は財政出動を行い、財源としての国債発行が増える。この場合、政府部門は資金不足、民間は資金余剰となりやすい。銀行が担う金融仲介機能とは余剰な資金を不足に回すこと。従って、不況下で銀行が国債を買うのは仲介機能を働かせていることに他ならない。政府・企業・家計で構成される国家経済において、資金を円滑に循環させているわけである。
大機小機 「銀行が国債保有から収益を得るためには、長短の金利差を利用するしかない」
→しかない、というネガティブな言い方はおかしい。長短金利差を取るのは通常の市場取引であり、何らかの差を取るのが市場取引ではないのか。
大機小機 「このような国債保有では金利の予測能力が問われる」
→当たり前である。
大機小機 「この能力において銀行に優位性がないだろう」
→例えばコア預金概念に沿って長めの債券を満期保有すると、長短金利差の確定が可能だ。銀行の金利予測能力に差はあるが、銀行業とは宿命的に(貸出債権も含めて)金利リスクを背負うものであり、銀行業の金利予測の優位性を否定すると、銀行業の存在意義の否定となりはしないか。もしかして貸出には金利リスクがないと思っているのではないか。そもそも相場予測において絶対的有利性があるのか。そんなことを言っていたら、ありとあらゆる金融機関がリスクテークできないのではないか。中央銀行ですら未来が分からないのである。
大機小機 「(金利の低位)安定状態が永続しないのは明らかだ」
→永続の期間を数十年、数百年、数千年と定義すればそうかもしれないが、そうじゃないかもしれない。
大機小機 「銀行の国債保有量が規制の対象になったとしても不思議ではない」
→そう考えること自体が不思議だ。(金利)リスクが大きいからその規模を規制するなら、もっとリスクの大きい貸出債権(クレジットリスク)には強力なリミッターが必要になるのではないか。そもそも経済が変動するのに銀行B/Sの資産側の一部(国債ポート)に枠をはめると金融仲介機能が歪み、経済内で資金は余剰なのに、規制によって国債が買われず、悪い金利上昇が起きて、それが経済に打撃を与えるのではないか。または、余った資金が無理に貸出に流れて、不良債権と化すのではないか。
 いやはや、何ともいえないコラムでありました。この筆者、そういえば前も変なこと書いていた気がする。
by bank.of.japan | 2009-08-20 18:33 | 大機小機 | Comments(14)
イキパンとバブル=コカインとドル札
 最近、電車の中でイキパンの広告を見る。正確にはガムの広告ですね。最初はパンツの広告かと思っていたが、パンツ(イキパン)はガムの景品でありました。紛らわしい。何気に興味深いのは宣伝コピーであった。
「ガムを噛む。イキパンが当たる。イキパンを履く。自信がみなぎる。笑顔が光る。鼻歌がこぼれる。名曲がうまれる。デビューする。スターになる。長者番付にのる。プライベートジェットにものる。石油王になる。ドバイの。とにかくモテる」
 最後のところの「石油王になる。ドパイの。」である。この商品は(主として若者を狙った)大衆向けであるので、大衆の購買意欲をそそるコピーライトなのだろうと思う。憧れ?の対象として「ドバイの石油王」が挙げられているのだが、これは一般に定着したイメージなのだろうか。ドバイの石油王をかっこよく描いたドラマ、漫画とかあったのですかね。
 金融経済的には「ドバイの石油王」はバブル崩壊の象徴といった感じで、決して良いイメージはないのだが、CM的にはまだイケてる存在なのだろうかな、という感想を持った。それともコピーライターがちょっとひねって入れ込んだ表現なんでしょうか。たかがガムのCMにバブルを重ねていろいろ考えてしまった出勤途上でありました。ところでイキパンというのは普及した表現ですか?

 「ドル札の9割がコカインに汚染されている」という記事があった。簡単に紹介すると、米大学研究者が5カ国で流通するドル札を調査したところ、米国内では約90%に微量のコカインが付着。日本は約12%だったとのこと。この記事で推測したことなどは以下の通り。
・日本は他国に比べて麻薬取り締まりが厳しい。
・従って、国内で流通するドル札でコカインが付着したものは、海外で付着したものが持ち込まれた。
・中国も同様かもしれない(コカインは南米産の麻薬でアジアへの浸透はそれほでもない?)
・コカインを吸引するときはドル札でないといけないのか?
・そもそも紙幣を使う必要はあるのか?
・日銀券でも同様の検査をしたらどんな結果になるのか。
・ゼロ%?
・付着した日銀券が発見されたら意外とコカイン汚染があるということか。
 イキパンと同様にこれも出勤途上で考えたことでありました。

まあ、雑感のようなものです。
by bank.of.japan | 2009-08-19 21:12 | 経済 | Comments(10)
米経済学者、財政出動賛成派と懐疑派の面々(自分用メモ)
 数ヶ月分溜まっていた新聞(日経です)の記事をスクラップ中、参考資料として興味深いのがあったので、もっぱら自分用メモとしてアップしておきたい。3月27日付の「経済教室」、『財政政策を問う=効果に過大な期待を抱くな』(谷内満早稲田大学教授)より、米経済学者の財政出動賛成派・反対派の分類について。みなさんのご参考にもなれば幸いです。

賛成派
サマーズ国家経済会議委員長
クルーグマン・プリンストン大教授
スティグリッツ・コロンビア大教授
アロー・スタンフォード大教授
フェルドシュタイン・ハーバード大教授
デロング・カリフォルニア大教授(追加)
その他賛成派はコメント欄をご参照のこと。

懐疑派
バロー・ハーバード大教授
ルーカス・シカゴ大教授
サージェント・ニューヨーク大教授
ブキャナン・ジョージメーソン大教授
ベッカー・シカゴ大教授
プレスコット・アリゾナ大教授
マンキュー・ハーバード大教授
テーラー・スタンフォード大教授
マリガン・シカゴ大教授(追加)
その他懐疑派もコメント欄を参照のこと。

 この教室での分類は以上の通り。懐疑派の人数が多いが、実際に懐疑派の学者が多いのかどうかは私はよく分からない。ちなみに筆者の谷内教授は懐疑派で、法人税の引き下げを提唱されている。ここに挙げられた以外で財政出動についてスタンスを鮮明にしている著名学者がいればご教示を。

ps コメント欄でご指摘のあった学者は「追加」として加えておきます。
by bank.of.japan | 2009-08-18 20:45 | FRB&others | Comments(5)
あるメディアが記者クラブを除名されたら…=逆説的だが、超強力なメディアになるかも
 ツィッターで「記者クラブを楯にして新聞を有料化しようと企てる人たち」というエントリーを知った。まあ、そういう考えもあるのだろうなあ、との感想を抱きつつ、ちょっと別なこと考えてみた。談合に参加せず、記者クラブを除名されたメディアの行方である。
 エントリーでは「新聞社お家芸の『記者クラブからの締め出し』をすれば、その社には情報が入らなくなる」とあったが、この情報が公的機関のものなら、別に記者クラブにいなくても不便はない。各機関のホームページで開示されているからだ。この点は日銀も同様で対外発表において記者クラブも一般向けも差はないと思う(詳細な照合は行っておりません)。
 一般的に記者クラブだけに重要事項が発表されることはまずないのではないかと思う。重要なことであるほど一般向けにも発表するはずで、調べたことはないが、多少タイムラグが生じ得る程度ではないだろうか。日銀もほぼ同時のタイミングで発表している(アクセス度合いで差はあるかもしれないが)。
 で、除名されたメディアのしのぎ方である。ここでは公的中心&金融経済に焦点を絞りたいが、記者クラブを除名された会社は目先は困りはしないだろうと思う。除名と同時に公的組織への出入りが禁止になるとは思いにくいからだ。除名されても、メディアとしてのプレゼンスがあるなら、相手も取材には応じるだろう。
 このとき、当該メディアが思い知るのは「人とのコンタクト」の重要性ではないかと思う。「記者クラブ」は記者を短期間でぐるぐる回すメディアには便利なシステムで、取材が容易になるインフラという側面が強い。従って、除名されたメディアは既存のつながりを一層大事にし、その後の人的ネットワークも非常に大事にする取材体制にすると考えられる。
 必然的に記者を短期で回すことは避け、ある程度分野を絞った長期ローテーションにならざるを得ない。この点、私が一番脅威に思う存在はやはり日経新聞である。産業分野も含めた人的配分は圧倒的であり、除名されても単独でクラブに匹敵するプレゼンスがある。長期ローテーションやられたら圧勝でしょう。
 個人的な印象だが、日経新聞は過去10数年、部数を伸ばそうとしてか、結果的に一般紙化する方向が強まってきたと感じる。ターゲットとするリテール水準をどの辺に置いているのか分からないが、現場記者はオン・オフ含めてかなりの情報量を持っているはずで、マスリテールに合わせた紙面化によって膨大な情報量が切り捨てられているのではないか、と感じる。そうだとすると、もったいないことである。
 記者クラブはなんだかユーロのように思えてきたなあ…。
by bank.of.japan | 2009-08-17 22:31 | マスコミ | Comments(8)
雑感を幾つか
その①CalculatedRiskの「Krugman: Reappoint Bernanke」より。
 バーナンキ議長の続投について、クルーグマン教授は強力に支持する一方、スティグリッツ教授はそうでもないようだ。
・クルーグマン教授の言い分 危機対応に出遅れたが、その後のFRBを市場機能維持のラストリゾート化させる対応は本当によくやった。続投する権利はあるじゃないか。
・スティグリッツ教授の言い分 (続投は)うーん、難しい問題だ。(議長交代は)ちょっと考えるべきかもね。

その② 同じくCalculatedRiskの株価チャートより。
 過去のクラッシュ相場と現在を重ね合わせたものだが、今のところをピークに恐慌時のチャートに沿っていくのではないかと不安だ。どうですかね。

その③ 白川総裁の中国での講演
 最後の「結び」のところがなかなか。でも、私は最近のクルーグマン教授の見解にはかなり共感を覚えるのだが。この部分にバーナンキ議長が出てこないのは非常に興味深いです。

その④ 野村総研「金融市場パネル」(影の政策委)の第三回より。
 東短リサーチ・加藤さんの発言。
 「経済メディアであっても、矢継ぎ早に出される政策対応の解釈に混乱している。FRBの政策を『量的緩和』と紹介した翌日にBernanke議長が講演で『量的緩和とは呼ばない』と否定したケースもあった」
 “経済メディア”の現場記者は、少なくとも会った限りにおいては混乱はみられず、むしろ非伝統的手段は良く理解しており、それがなぜ混乱したように見られてしまうのかは、恐らくは編集プロセスの途中における何らか(何者か)の判断によるものかもしれない。何となく事情は察せられます。現場はどこも大変ですね。
by bank.of.japan | 2009-08-12 19:58 | FRB&others | Comments(19)
がっくり
 エントリー更新する予定だったが、完成間近で操作ミスし、書いたものを飛ばしてしまった。脱力感に見舞われたため、明日改めて更新します。
by bank.of.japan | 2009-08-11 23:17 | その他 | Comments(2)


無料アクセス解析