人気ブログランキング |
<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
問題は「スコアリングモデル」のせいではないだろうに…
 新聞報道によると、金融庁はスコアリングモデルに基づく融資を積極推奨から外す、のだそうだ。
この報道では、「スコアリング」を使ったことで新銀行東京の経営が悪化し、その反省を踏まえて金融庁は推奨をやめた、となっていた。私としてはこれが本当だとは思いたくない。まあ、スコアリング推奨をやめる分りやすい理由を新銀行東京の経営問題に(この記事が)つなげたのだろう。金融庁さん、そうですよね?
 もとより、当該銀行の経営が悪化したのは「モデル」のせいではなく、融資目標達成のために審査がずさんになったに過ぎないはず(設立自体が間違いでもあるが)。「スコアリング」は融資業務における一つのツールに過ぎず、それ自体は万能ではない。使える場合もあるし、そうではない場合もある。そこを見分けるのが経営陣の判断であろう。
 新銀行東京は、スコアリングが融資をずさんにしたのではなく、あくまで経営の強引な目標達成が問題であったと思う。スコアリングはずさんな融資ができるように改ざん(or悪用)された、ないしは正しく使われたなかった、のが実情ではないか。
 記事では、「スコアリングが安易な貸出競争を招き、不良債権の増加につながりかねない」とあったが、「安易に貸出できるようにスコアリングが悪用されかねない」と説明するのが正しい気がする。
 そもそも論として、私は「スコアリング」が地方金融機関のリレバン強化に登場したこと意味が分らなかった。リレバンとスコアリングは最も遠い組み合わせであり、地域密着の融資業務においては、スコアリングの機会的な対応ではなく、融資先の諸事情に応じた柔軟な対応が必要だと思った。まあ、何かしないといけないのでとりあえず響きのよさそうな「スコアリング」をぶち上げたのが実態なんだろう。
 一般的に中小・零細企業はオーナー経営が多いと思うが、会社とオーナーの資産はどんぶりになっており、節税のインセンティブが強いので、会社だけみればあまり黒字がない(財務状況が良くないように見える)のではないかと思う。
 先般、あるブロガー(よくコメントを頂いている方)と飲んだ際、「地元のある会社は赤字だけど、オーナーは山をたくさん持っており、そういうとこに銀行は融資を付けている。地域金融はそれでいい」とスコアリング的な発想に疑問を示していた。私もそう思う。
 スコアリングは使えるなら使えばいいし、ダメなら使わない、そういう経営の自主的判断を尊重し、当局はモデル的な発想をあまり押し付けるようなことはしちゃいかんのだろうと思う。最悪なのは、当局と業界がお互いにモデル導入によって思考停止し、潜在的なリスクの増大に無感覚になる、ことであろうか。まあ、モデルの杓子定規な運用は楽ですがね…。
by bank.of.japan | 2008-04-03 21:45 | 金融システム | Comments(19)
現場は優秀or運がいい?=政策委は…、政府への要望
 オペ関連の記事を書いたときの参考として、去年と今年の年度末前後(とりあえず5営業日)で金利(無担保コール翌日物の加重平均)推移を比較してみた。(カッコ内は去年)
2営業日前 0.500%(0.503%)
1営業日前 0.498%(0.506%)
年度末当日 0.641%(0.715%)
1営業日後 0.505%(0.488%)
2営業日後 0.504%(0.496%)
 誘導目標0.50%への収れん度が高まっている。0.490%台の最小単位を四捨五入、0.500%台の最小単位を切り捨てると、ほぼ誘導目標を達成。しかも、2営業日前には目標ドンピシャ、ホールインワンを達成しているではないですか。狙っているのなら凄く優秀、偶然であるならとても運が良い。調節部署に聞くと、「毎日ホールインワンを狙っているけど、加重平均がどうなるかは結果論みたいなもの」という。
 今年と去年のオペの打ち方だが、去年のことは良く覚えていないので、すいません、比較はできないです(覚えている方、ご教授を)。今年が去年よりもオペ打ちまくりなら、まあ錬度が上がったのでしょうな。そして運にも恵まれた、というわけであろうか。で、これで思い出すのは「超人水兵、超人オペ=現場が優秀だから経営がダメ?」というエントリーである。
 視力3.5の「超能力水兵」ではないが、各国中銀から見て「超能力調節兵」がいるわけであろうか。でも、オペ能力が1000分の1単位で向上しても、まあ何というか、少し哀しい面もある。政策委員会がホールインワンでフォワードルッキングの金融政策を決める方がずーっと良いのですよ。政府においては、日銀トップに超能力(or超運が良い)総裁を任命して頂きたい。現場は楽になります。日本全体に言えることですが…。

ps オペを現場で決めているのは、入行10年前後?の若手(企画役の手前かな)。「オペ担当」と呼ばれている。調査統計局の「バランス担当」と並ぶミシュラン組のポストらしい。新人のみなさん、目指しましょうね。ただし、激務なので「任期は大体1年が限界」とのこと。
by bank.of.japan | 2008-04-02 21:17 | 日銀 | Comments(5)


無料アクセス解析