人気ブログランキング |
<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
明日は大量吸収ですね=最近のオペは金利(上昇)に過敏かも
 年度末となった本日、日銀は大量に資金を供給(報道されておりましたね)した。今日の供給はオーバーナイトなので、明日は大量に吸収される((これが報道されるのか不明。まあ、されないでしょう・苦笑)。また、年度末に向けて資金をかなり供給したので、準備預金の積みがそれだけ進捗(準備預金ニーズが減少)するので、次の積み最終日(4月15日)までは資金が余り気味になっていく。吸収する日が多くなるのであろう。
 年度末はいつも資金需要がタイトになり、日銀の資金供給が増えるのは恒例行事。去年の金融調節がどんなだったかもはや全然記憶に無いが、そんなにガンガンと供給オペ打っていた印象はない。ちなみに前年度末の無担保コール加重平均は0.715%。本日は0.641%でありました。ある程度の金利上昇を容認すればそんなに供給オペやる必要なかったのではないか。
 マスコミ的には「大量供給」に「米サブプライムローン問題」をこじつける解釈になるのだろうが、まったく無関係ではないものの、まあ普通の年度末であったのではないですか。それでも供給が目立ったのは、欧米が資金供給で協調しており、日銀もその中に(当事者ではないけど)一応は入っているので、まあお付き合いのような感じで資金供給を強化した、というところでしょうか。
 でも、不必要な演技が形而上的なものなら、その場限りで済むが、実際には余計に金が打ち込まれており、これは後で回収しなきゃいけない(そうしないと金利が下がる)ので、フォローの作業が伴う。あと、調節体系との関係で論評すると、ちょっとした金利の上昇にも過敏に反応するような資金供給するなら、ロンバート下げた方がよいのではないかな、と思った。これは本業でも書いてみよう。
 ロンバートを下げずに調節で対応すれば、「オペ打ちまくる」→「汗をかいている」、まあ日本人好みの「意味がなくても頑張る姿」という印象は与えられる…。そうなんですか?
by bank.of.japan | 2008-03-31 22:04 | マスコミ | Comments(3)
下のエントリーの解説=イールドカーブ比較の基本
 当ブログの読者は金利関係の方々が多いとは思うが、中にはFX系、株系など金利から遠い方々もいらっしゃるかもしれないので、下のエントリーの解説、すなわちイールドカーブを比較する際の基本的なことを念の為に述べてみたい。ドラめもんさん、システム5.1さん、パットメセニーさん、すみませんが、私もマーケット最前線で債券やスワップを手がけているほどのプロではないので、おかしな点や捕捉すべきところがあればご指摘ください。なお、長短金利逆転については、ドラめもんさんの27日&28日の分をご参照ください。
 まず、長短金利を比較する際、重要なことは同じ金融商品の金利を比較しないといけない。一般的に「長期金利」と言えば「10年物国債の利回り」を指す。従って、国債の短い物の利回りが「短期金利」となる。具体的にはTBやFBなどの金利ですね。もっとも、これら国債の期間は数ヶ月-1年で、短期とはいっても幅がある。それにあまり流動性もないので、自由に動く市場金利とは言い難い面もある。まあ、国債は長い物は30年債とかあるのだが、短いところから長いところまでを見渡した場合、市場で頻繁に売買される(流動性が高い)期間は10年とか、5年とか、ポツポツとしか存在しなくて、それに財務省が10年債を小刻みに発行しているもので、流通性が良くない銘柄とかあったりして、きれいにイールドカーブを描けない、という事情もある。
 そこで、(最も期間の短い)短期金利として登場するのが「無担保コール翌日物」である。これは無担保なんだが、邦銀の多くがやり取りする翌日物の金利なら「無担保であってもクレジットリスクはほとんどない」という前提条件があり、まあ「一日物国債利回り」とみなせなくもない。
 ただ、債券市場の方々が「長短金利」という時には期間の比較はいろいろあり、しかも無担保コールを取引するインタバンク市場は、債券の方々は関わっていないので、「長短金利」の「短」は「無担保コール翌日物である」と強力に定義されているわけではない。
 多少、言い方を変えて一般的な概念としての「長短金利の比較」を定義すると、長期と短期の金利を比べる場合、いずれも①クレジットリスクがない②ベンチマーク的な存在である(=異常値ではない)-といったことが肝要になる。「長期金利」(10年債の利回り)は流動性がある市場取引において成立した利回りであり、ベンチマーク的な存在である。一方、無担保コール翌日物(の加重平均)は、日銀が誘導する政策金利であると誰もが認めるベンチマークである。従って、流動性がほとんどないがゆえに簡単に跳ねてしまう年度末前後の資金取引(末初取引)をベンチマーク的な「短期金利」と認識するのはおかしいわけです。
 なお、金利関係の市場はいろいろあって、各ゾーンで参加者が違ったり、扱う商品によっても参加者が異なったり、短期金融市場とは言っても、その中では業態や商品によって顔ぶれが違ったりして、何と言うか「多民族国家」のような様相を呈しているので、簡単には説明しにくい。まあ、おいおい機会があればこの辺の事情も触れていきたいと思います。
by bank.of.japan | 2008-03-29 01:56 | マーケット | Comments(12)
本日の雑感(半分ボヤキ)=「長短金利逆転」とか…
 ボヤキですが…、すいません。
 まあ、私は業界としては「マスコミ」というところに所属してるんですが、実際にやっている仕事は「マスコミ」という世界からはかなり遠くて(無関係ではないです・念のため)かなり実務的な世界にはまり込んでおるわけです。で、まあ、まれににですが、同じマーケットを見ているのに「マスコミ」でちょっと違った形でそのマーケットの情勢が報じられていることがあるのですね。
 今日は、その違った当該報道(複数?)にはずーっと気がつかなくて、マーケット関係の誰かとの話で「長短金利逆転」というワードが出てきたのです。「何だろう」と思ってマーケット(金利関係のデータ)を改めて見たのですが、私の理解する長期と短期の金利の逆転は見当たらなくて、困ってしまいました。で、その後に「逆転」を報じる報道(複数)を知ったのでした。
 私が理解する「短期金利」は代表的なのは「無担保コール翌日物の加重平均」で、短期でもちょっと長めになれば、TBとか、TIBORとか、LIBORとかの3ヶ月物、もっと長いとそれらの6カ月物、さらにぐーんと伸ばせば2年債(これはもう短期とは言わないが)とかになるんでしょうか。まあ、この辺の詳しい事情は、ドラめもんさん、システム5.1さん、パットメセニーさん(もですよね?)がプロとお見受けするので、詳しい解説はお任せしましょう(と振ってみる)。
 それで「逆転」の話に戻ると、この中で出てくる「短期」は「外資系金融機関」の「一部」が「年度末越え資金取引(=末初取引?)」で取りあがっちゃったと思われる「金利」のことで、これが長期金利よりも高いために「逆転」ということになったのでありましょう。私は、この現象に気がついても、長短の「逆転」という記事を書く発想はなくて、むしろ編集的に「逆転」の記事がなぜ出来上がってしまうのか、その経緯の方が非常に興味深い。この超局地的な一過性の超一部の金利と長期金利を比較することがイールドカーブ形状のデフォルトになってしまうのは恐ろしい(そんなことはないと思うが)。
 気のせいか、このごろ「マスコミ」という世界が随分と遠くなりつつあるような気がする。マーケットの方々は昔からの知り合いがずーっといるので取材上はあまり気にならないのだが、「マスコミ」という世界にいるわが身を振り返るとちょっと孤独感が深まっております。
 最後に改めてボヤキですいません。
 
by bank.of.japan | 2008-03-26 22:56 | マスコミ | Comments(14)
国会答弁の雑感=「日銀政策」とか、「(失われた)預金利息」とか
 本日は、白川、西村両副総が裁衆院財務金融委員会に呼ばれて答弁。印象に残ったのは、以下の通り(個人的なメモも兼ねて)。

「日銀政策」
佐藤ゆかり議員 久々に見た。相変わらず「日銀政策」と言っていた。金融政策=日銀政策。ちょっと不思議な語感である。機会があれば聞いてみたい。財金分離論に絡んで「国債買い入れ」の在り方を問う。白川副総裁、想定問答に沿った答弁(調節上の必要性)。この答弁を起点に民主党の批判に向かうと思ったが、なし。惜しい。

「(失われた)預金利息」論
民主党議員 相変わらずの「低金利によって預金利息が失われた」論。まあ、この手の質問は与党にも同調する向きがあるので、国会答弁の恒例行事としてあきらめるしかない。ただ、日銀幹部に対し、「昔の金利水準を前提に失われた預金利息を計算すると、…何百何十兆円となるのだが、この計算でいいのか」という質問はゲンナリ感覚える。これは日銀に対し「1+1=2でよいのか」と問い、「ハイ」という答えを引き出すようなもの。日銀としては、昔の高い金利水準を前提とした計算に対しては、その計算の根拠を問われているわけでないので、「その前提条件では計算通り」と答えざるを得ず、結果的にあたかも日銀が低金利による失われた預金利息論に同調しているかのような印象を与えてしまう。まあ、それを狙っているのでしょうがね。

「痛みを知れ」
これも民主党議員(多分)。低金利で利息が減ったことへの痛みを知るべきである、と詰め寄る。「クールヘッド、ウォームハート」のノリだったのか知らないが、そもそも経済の苦境(つまり経済全体の痛み)を和らげるための低金利政策だったのではないか、と思った。まあ、個人的には「先生のご指摘、分らないでもないのでございますが、金融政策に感情はございません」と白川副総裁には答えて欲しかったな。この答弁、議員は逆上するのだろうか?

「ヤジ」
西村副総裁の答弁中にヤジ。どんな内容かは聞き取れず。西村副総裁、ちょっと気が散った様子(慌てた?感)。これを潜り抜けていけば、答弁の安定感(大局的判断をも伴う)は増すと思った。


追記 「ドン・コーンみたい」-。白川副総裁の実務に立脚した安定感ある答弁への最大限の褒め言葉はこれでしょう。
by bank.of.japan | 2008-03-25 22:21 | 日銀 | Comments(5)
クルーグマン教授の疑問をめぐる考察=一つのポイントは突いている
 下のエントリーのコメント欄で、stupid-marketさんからクルーグマン教授の興味深い疑問を紹介していたので、これについて簡単な考察を行ってみたい。マネーマーケットのマニアなネタですので、興味ない方はスルーを。ある意味、金融調節上の極めてテクニカル、すなわち日銀病的?(苦笑)なネタです。でも、クルーグマン先生、結構鋭いところに目を付けてくるなあ(感想)。
 クルーグマン教授がニューヨークタイムズのコラムで示した疑問点はこちら。興味ある方はご参照ください。ちょっと乱暴にまとめると以下の通りであろうか。
・TB金利がメチャ下がった。FFよりも凄く低い。TB3ヶ月は0.5%以下?(詳しい方、ご指摘を)
・FRBはFF金利(現在2.25%)を1%まで下げるとか予想されている。でも、TBの売買を通じてFF金利を誘導するのだろうが、こんなにFFとTBにギャップあったらFF下げられるのだろうか。
・フェデラルファンド(FF)っていう資金は無担保なんだが、オーバーナイト物もこんなプレミアムが付いたらFRBはFFの誘導できないの?
 結論から言えば、クルーグマン教授の疑問は根拠がないわけではなく、FFを誘導できない可能性はある。「possibly dumb」ではない。まず、現状のTB金利の急低下である。この背景については、ある方から非公開コメントの形で概略を頂いたので、箇条書きにて紹介します。ある方さん、多謝です。
・かなり強烈な「質への逃避」が起きている
・株安を眺めた買いも入っている
・決算要因の買いもある(バランスシートにTBを入れ、資産の安全性をアピール?)
・NY連銀は保有TBの満期償還を進め、TB需給の緩和に努めているが、追いつかない。
このほか、休場日にフェドワイヤーが稼動し、連銀から債券借りた向きが返却しなければならない状態だったことも、TB需給をひっ迫させたもよう。
 こうした「質への逃避」が継続し、一方で無担保資金にプレミアムが発生する状態が続くと、FFの誘導は困難になる可能性はある。日本だと1997年秋の金融恐慌でこれに近い状態が発生し、日銀は猛烈なる積み上を行って何とか乗り切った。また、若干状況は違うが、日銀内でも誘導金利は無担保資金でよいのか、という問題意識はある。例えば、都銀が預金超過に転じ、もっぱら外銀が取り手に回ると、無担保コール金利はプレミアムが付きやすい。このプレミアムを解消しようとすると調節に付加がかかりやすい。このため、有担保の短期金利(例えばレポ翌日物とか)を誘導目標にすべきではないか、というわけだ。
 クルーグマン教授の疑問点は、誘導金利が果たして無担保資金でよいのか、それとも有担保(国債裏づけ)が良いのか、という中央銀行の問題意識に重なる。まあ、無担保資金でも翌日物だったらプレミアムはほとんど付かないのが平時の姿だが、米インタバンクは信用不安によって誘導金利のあり方を改めて浮き彫りにしたと言えるだろう。
by bank.of.japan | 2008-03-24 00:28 | マーケット | Comments(9)
?&白川&西村=本日も箇条書きの雑感モード
 下記エントリー、多くのコメントを頂き、ありがとうございました。一つ一つにレスしたいところですが、なお脱力感漂うこのごろ、頂いたご意見を参考にさせてください。すいません。本日も箇条書き&雑感モードで。
・田波氏は否決 これにより日銀新体制は「?&白川&西村」と相成りました。?はどうなるのでしょうか。
・田波さん、たった一日だけの「時の人」になりました。面識はないですが、“捨て駒”になるのを覚悟して総裁候補の打診を受けたのでありましょう。お疲れさんです。
・西村さん、副総裁就任おめでとうございます。恐らくはご本人が境遇激変に一番驚かれているのではないかと推測する次第です。「葉っぱではなく木を見よ」、「木ではなく森を見よ」、「森ではなく山を見よ」でしょうか。
・白川さん、よろしくお願いします。シナリオは狂いましたが…。現下におけるFEDアプローチorBISアプローチの成否。私は前者の立場で、議論をさせて頂きたいと楽しみにしております。
・福井総裁、お疲れ様でした。過去5年、ドラマ的には堪能させていただきました。様々な意味でダイナミック&諸行無常(栄枯盛衰)でありました。
・会見は「区切り感」がなかったのは仕方ないです。後任不在とあっては「終わったー」という気持ちにはなれないです(マスコミもまた半端感あります→だってまだ人事取材が続く→切れ目ない)。
・日銀は確かに「マシン」、そして「マシンとして優秀」です(笑)。現場は千本ノックへっちゃらのミシュラン組みがそろって、とても優秀ですからね。「0.5%で現状維持」の自動操縦ボタンを押したら、インタバンクがどう荒れようとも異常な実務能力を発揮してコールレートをほぼ一定に維持し続けるでしょう。初期型or先進型ターミネーターはいくらでもいます。

・このごろ民主党の顔がテレビに映ると何だか気分が悪い。
・共産党の安定感は凄い。筋の通し方は清清しい。
by bank.of.japan | 2008-03-19 22:01 | 日銀 | Comments(48)
①武藤・伊藤・白川→②田波・西村・白川→③?
 突然変異を繰り返している…
 ある日銀マンと電話中に②案が報じられ、彼は“絶叫に近いに絶句”でありました。
 明日はどうなるの?
 個人的には①がもっともバランスが良いと思うが。
激しい脱力感…。なので本日は箇条書きにしました。
 
by bank.of.japan | 2008-03-18 20:13 | 日銀 | Comments(33)
最近のマーケット傾向&FRB等の対応のまとめ=今後は…
 このエントリーは私の記憶などを元に最近の市場混乱(終わりの始まり?)とFRB等の対応を個人的なメモとしてまとめたもの。経緯等で参考のご意見あれば助かります。

3月5日ごろ 「ヘッジファンドのマージンコールが急激に増大」との観測
3月7日    JGB・スワップスプレッド拡大が顕著→激しいポジションクローズ(継続する)
         FRB、TAF供給の増額など発表
3月11日   G10資金供給で再び協調&日銀会見
         FRB エージェンシー債を国債貸出の担保に(※)
※エージェンシ債は持っているが、レポで資金調達できず、連銀貸出にアクセスできない金融機関の資金繰りを間接的に助けるスキームではないかと理事会見で質問。
3月12、13日 トラブった金融機関としてベアー・スターンズの名前を聞く(FRBのスキームの目的がクリアに)
3月14日 FRBとJP・モルガン、共同でベアー・スターンズの資金繰りを支援
3月16日 FRB、休日なのに①公定歩合引き下げ②プライマリーディーラーを連銀貸出の直接対象とする貸出スキームを設定③ベアーを救済合併するJPモルガンに300億ドルの特別融資

この間、激しいポジションクローズが継続。ドル&株は急落。イールドカーブは脈絡無き動き。17日は債券先物が急騰、長期債は売られる展開。ロングエンドは国債・スワップが逆転。

考察 FRBの対応はもっぱらイベントに応じて資金繰り支援を断続的に強化していく対症療法の印象。日本の状況に照らすと1997年11月の金融危機ぼっ発(山一特融など)に近い。マーケットはベアーの次がどこかと恐れると状態。マーケットが求めるのは、金融機関の負債サイドの揺らぎを防ぐのではなく、証券化市場のクラッシュによって毀損した資産サイドのテコ入れ。FRBによるエージェンシー債買いきりor証券化商品やエージェンシー債の公的な買取機構創設(FRBのファンディング付きか。
by bank.of.japan | 2008-03-17 21:23 | マーケット | Comments(11)
民主党の「当面のマクロ金融政策について」
 付き合うのが空しいので、民主党ネタは打ち止めにするつもりだったが、愉快痛快奇奇怪怪さんのところで興味深い事実が指摘されていたので、おまけのネタとして紹介。

2003/01/29
「当面のマクロ金融政策について」

民主党「次の内閣」

○ 国民生活はまさに破綻の危機に直面している。このままデフレがさらに深化することになれば、単に経済の問題にとどまらず、既に顕在化している自殺や犯罪の増加、ヤミ金融の跋扈などの形で国民生活そのものが破滅しかねない。民主党は、デフレと正面から戦う。

○ このためには、マクロ的な金融政策も重要である。日銀は、すでに大規模な量的緩和を実施しているが、こうした政策を継続・強化し、デフレをストップさせ、国民生活を守ることに全力を傾注すべきである。具体的には国債買いオペの増額、適格担保の範囲拡大などを積極的に検討すべきである。

○ ただし、現在政府与党の一部で意図されていると伝えられるような、ハイパーインフレをも招きかねないような調整インフレ論には与しない。日本銀行による株式・土地の買い入れなど「何でもあり」の金融政策は、日本銀行やその発行する通貨への信頼を大きく損なうものである。

○ 民主党は、適切かつ強力なマクロの金融政策と、ミクロの金融仲介機能の回復によって中小企業やNPO等の事業への融資を進め、「予算の構造改革」とデフレをもたらす根本問題の解決によって、デフレ阻止と経済再生を実現していく。

以上

民主党のホームページはここ


自民党の方々、この点は突っ込むべきでは。
by bank.of.japan | 2008-03-14 18:50 | 経済 | Comments(24)
ドル安(円高)進行、100円割れ=民主党、それでも利上げですか?
 外為市場でドル安(円高)が進行、夕方に一時1ドル=100円割れた。米FRBのエージェンシー債を担保に取る措置の効果は長続きせず、米金融資本市場では改めてリスク回避で国債が買われ、クレジット物が売られる展開となり、景気後退懸念が改めて浮上し、ドル安が進行した。
 この円高を受けて、岡村・日本商工会議所会頭は「急激な円高には耐えられない企業が多い。為替安定のために政府と日銀に早急な対応を求めたい」と要請。桜井経済同友会代表幹事は「現在のような円高が進行すると、輸出低迷、株価下落などにつながり、経済のさらなる減速が懸念される」との認識を示した。
 低金利が嫌いな民主党、預金利息は多いのが好きな民主党。ドル安(円高)が進行する中、それでも低金利を脱するため、預金利息を増やすために利上げを求めるのですか? ドル安がさらに進行し、政府・日銀が円売り・ドル買い介入&金融緩和をやろうとするとき、民主党は総裁人事案に反対した理由を貫くなら、政府・日銀の対応に反対を表明すべきであろう。
 本当に反対しちゃったりして…(苦笑)。
by bank.of.japan | 2008-03-13 22:41 | マーケット | Comments(20)


無料アクセス解析