人気ブログランキング |
<   2007年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
「連銀貸出」は恥か=米公定歩合の考察
 米公定歩合引き下げに関する海外メディアの報道をいくつかチェックしていたら、興味深いコメントがあった。ある金融機関関係者が「FEDの貸出はあまり使いたくない」と言っていたのだ(アドレスをチェックしなかったので、後で一部引用しようと思ったが、見つからなかったです。すいません)。
 米公定歩合引き下げは、取りあえずアナウンスメント効果はある程度発揮されたが、実際にはどうなのか、について当エントリーでは考察してみたい。その前に「discount window」の表現だが、直訳調では「割引窓口」となる。個人的にはあまりしっくりこないので、ここでは日銀関係者と話するときに使う「連銀貸出」という表現にしたい(discount windowと言うことも多いが)。
 まず大まかに説明すると、中央銀行の資金供給はマクロとミクロに分かれ、前者は「オペ」と称される。インタバンク全体の資金需給に応じて実施されるもので、もちろん余剰があれば吸収の「オペ」が打たれる。一方、ミクロは個別金融機関向けのもので、「貸出」形態が一般的であろうか。この貸出だが、事例としては資金繰りの失敗などが多いので、貸出を受けるのは恥ずかしいことだと受け止められている。
 日銀の場合、昔はこれを制裁的に使う面もあったので、金融機関は貸出を受けるのは大変な事態との思いが強かった。米国はどうかと言えば、仄聞するに、日本ほど大変でないけど、連銀貸出は恥だとの意識が強い(評判にも響く)ようで、ほとんど使われていなかった、ようだ(もちろん地区連銀によって事情は違い、田舎は使われるらしい=この辺の話も結構面白いです)。
 いずれにせよ、日米とも公定歩合は以前は市場金利よりも低いにも関わらず、恥意識やらペナルティへの恐怖感やらで、金融機関が敬遠するシロモノであった。その後、日銀は2001年にロンバート(正式は補完貸付制度)を導入、FRBも確か03年(違ったら指摘を)に導入した(discount windowの呼び名は変わらないが、中味はロンバート)。いずれも機能は同じで「市場金利よりも高いが、機械的に利用できる」ようになったわけだ。
 もとより、制度上は気兼ねなく使えるものとなっても、金融機関側の長年の恥or恐怖意識は変わらないもの。中央銀行としては、気兼ねなく使ってもらわないと市場金利の上限として機能しないので、この点に関し日銀は量的緩和の解除で金利が跳ねないようにするため、盛んに利用促進のキャンペーンを行った(私も当時ブログでいろいろ書いたのはご案内の通り)。おかげでガシガシ使われるようになった。良かったです。
 一方、FRBである。今回は以下のように伝えられている。
「New York Fed President Timothy Geithner encouraged the Clearing House, a group of major banks including Citigroup Inc., JPMorgan Chase & Co. and Goldman Sachs Group Inc., to hold a conference call yesterday. On the call, Geithner and Fed Vice Chairman Donald Kohn encouraged banks to use the discount window and said it was a ``sign of strength,'' the group said in a statement」
 せっかく公定歩合下げても、冒頭に紹介した金融機関のように「借りたくねえなぁ」というところが多かったら、流動性不安の払しょくで実効性がなくなるので、必死の呼びかけを行ったのだろうと推測される。この辺の事情は「Economics, Technology & Media」さんが簡単に触れておられた。まあ、こういう事は慣れの問題なので、米銀も必要なら気軽に利用することになると思うが、実際のところどうなるのかは非常に興味深いところである。
 余談ながら、中央銀行と言えば「金融政策」がすぐにイメージされるが、専門的にはこの手の流動性供給(LLR=レンダー・オブ・ラスト・リゾート機能)が奥深いものがある。特に1990年代以降はやり方が世界的に近代化(?)されつつあり、担保政策も含めるといろいろ考察することは多い。セントラルバンキング全般に興味ある学生さん、この領域は未開拓なので非常にやり甲斐がある研究テーマではないかと思う。
 これにちょっと関連するが、モルガン・スタンレーのフェルドマン氏がウォルター・バジョットの「ロンバート・ストリート」に絡めて、流動性供給を行うにしても金利を下げて実施するのはいかがなものかとの論陣を張っていた(こういう議論、好きだな)。ECBの指値オペ(あたかもロンバート金利を緊急に下げたのと同じ)を念頭に置いたものだったが、FRBの今回の措置にも厳しいかも。

追記 ウォールストリートジャーナルに「Banks have traditionally been reluctant to borrow from the discount window as it is often seen as a sign of weakness.」との一文ありました。やっぱりね。
by bank.of.japan | 2007-08-19 16:44 | マーケット | Comments(14)
FRB、公定歩合下げ=利下げ局面に入るか否か
 前日に続いて飲み会(夜の会合ですね。念のため)あり、エントリーの予定なかったのですが、FRBが公定歩合を下げたと聞き、また幾つかコメントも頂いておりますので、簡単ながら感想を。やや朦朧気味ですので、乱文お許しください。
 FRBのステートメントを見てみたが、明らかに経済のダウンサイドリスクを警戒する方向にスタンスを変更。従来のインフレを懸念する文言はなかった。既にコメント欄で指摘されているように、経済のダウンサイドを懸念するにしては、公定歩合下げでとどめたのは中途半端な感がある。
 FRBの公定歩合は日銀のロンバートと同じであり、その引き下げは「利下げ」ではない。市場金利の上限の引き下げで、まあ市場不安を抑制するスタンスを明確にしたに過ぎない。FRBとしては、足元の混乱が経済に打撃をもたらすリスクを意識しながらも、まずは市場不安の沈静化に努める姿勢を鮮明にし、一方で市場の混乱が沈静化して利下げせずに済む可能性にも期待している、ということであろうか。取りあえずは、利下げする必要があるかどうかを見極めるため、公定歩合引き下げで時間稼ぎしているように見える。これが中途半端な印象を与えるのだろう。
 私自身は、もともと景気動向に悲観的でもあり、また心配していた欧米バブルの崩壊がついに始まったのではないかとの不安もあるため、一気に利下げしていった方がいいのではないかとは思うが、そうする必要もないかもしれない。FRBの時間稼ぎがうまくいく可能性もあるわけだ。
 いずれにせよ、焦点は、利下げ局面に入るか否かであろう。ただ、利下げする姿勢は見せながらも、公定歩合の下げで様子を見ようとしたFRBの行動は、金融緩和の出し惜しみという感がぬぐえない。あのバーナンキ先生にしてはやや慎重な姿勢で、景気悪化に対してビハインドしそうな不安がある。
 日銀としては利上げの目はかなり(orほぼ)なくなり、利下げせずに済めば御の字ということであろうか。決定会合の前に混乱が起きて本当に良かった。
by bank.of.japan | 2007-08-18 01:50 | 日銀 | Comments(11)
OISは実質ゼロ%に=利上げは「期待の正規分布」では異常値
 飲み会があったのでエントリーは予定しておりませんでしたが、SAKAKIさんより円急騰のコメントを頂き、本業で書いたネタ(本日=16日配信)を流用してエントリー化することにしました。やや朦朧としておりますので、乱筆乱文お許しください。
 16日の株価は最安値を再び更新、一時は自由落下状態となりました。円相場も壊れた感じで、NYでは崩壊中のようであります。そうした中、OISはついに10%を割り込み、知り合いによると8%程度だとか。この水準は一応は一ケタの数字が付いているが、デリバティブ関係者によると、「実質的には誰も利上げポジションを取らない状況」とのことで、つまり利上げ観測は「クラッシュ」、「壊滅」、「無」となったわけだ。
 これをクオンツ的に表現すると、正しいかどうか自信がないが、来週の決定会合に向けた市場期待の正規分布において、利上げは「異常値」となったのだろう。OISが10%割れの状態が続く中で利上げを敢行しようとした場合、日銀は現在の世界的な市場混乱が実体経済に影響がないということを説得力をもって説明する必要があろう。
 もとより、実体経済に影響があるのかないのかを予見できるものはいない。利上げはイチかバチかの大勝負となりますね。日銀が一機関投資家なら「頑張れよー」と言っておしまいだが、フォワードルッキングを標榜している以上、「神の予知能力を持たなかった責任を問われる」存在なので、私は日銀のためを思ってのことだが(これは本当よ)利上げは見送った方がいいとの考えだ。
 外は猛暑だが、金融市場は信用収縮の寒波に震えている。もし利上げしたら? そのときは余りの暑さに判断が狂ったということであろう。決定会合の部屋が暑くならないように少し温度を下げたらいかがであろうか。余計なお世話かもしれないが、ちょっと心配なので。
by bank.of.japan | 2007-08-17 01:06 | マーケット | Comments(15)
リスク分散の効果と副作用=ゲリラ化が招く疑心暗鬼
 株急落で今年の最安値を更新、円は急騰。OISは20%を割ったもようで、本日のマーケットは大荒れでありました。この辺はいろいろ報道され、マーケット系のブロガーも取り上げると思われので、論評はそちらに委ねたい。ここでは、最近の市場動揺から感じたグローバル化&金融ハイテク化&リスクの関係について触れたい。既に指摘されていることでもあるが、取りあえず備忘録的なメモです。
 もとより、全部をまとめるのはやや大変なので、日本の不良債権問題を切り口に、リスク分散の効果と副作用について考えてみた。まず、日本の不良債権は、リスクが間接金融に集中した結果、金融システム不安を引き起こした。この点に照らし、証券化という金融技術はリスクを分散させる“効果”があるわけで、金融システムの安定上は好ましいものだと思う。
 もっとも、リスクが分散してしまうと、誰がどれだけ持っているか、は分かりにくくなる。金融取引がグローバル化してしまうと、リスクもグローバルに拡散する。もちろん、リスクは各地の各主体に等しい規模できれいに分散するものではなく、濃淡のある拡散になるのだろう。この結果、あるところでリスクが実現すると、別なところで違った形のリスクが実現しやすいわけだ。
 米国のサブプライムがいろいろな仕組みを通じて欧州インタバンクの流動性危機につながる、という事態は誰も予想していなかった。拡散して見えなくなったリスクが、全く別な地域で意表を突いた形で表面化すると、「次はどこで何が起きるのか」という不安・疑心暗鬼を招きやすい。これは金融市場の心理安定上はかなり好ましくない事態である。
 皮肉なことだが、間接金融にリスクが集中するのは、見えやすい。銀行のバランスシートに汚染物質が凝縮しているのは明確なので、対処方法も汚染状態を情報開示させ、金をぶち込めば済む話である。これに対し、リスクが拡散して見えないと、対処の仕様も簡単ではない。あっちこっちで意表を突いて勃発する危機をもぐら叩きすることになる。その間、金融市場は不安に襲われ、暴走しやすい状況になる。
 間接金融に集中したリスクを「敵の正規軍」とみなせば、分散した見えないリスクは敵の正規軍が軍服を脱いで人民に紛れ込んだ「ゲリラ」なのかもしれない。正規軍との戦いは敵を圧倒する物量作戦で鎮圧可能だが、ゲリラは対応に手を焼く。特に神出鬼没に暴れられると、物量で圧倒しても負けるリスクがある。プルーデンスのオフサイトモニタリングは新たな対応が必要になるわけだが、どうしたらよいのでしょうね。担当者も地下に潜って覆面監視する? 金融のハイテク化が進むと、モニタリングは意外とローテクにヒューミントの強化なのかも。
by bank.of.japan | 2007-08-15 23:38 | マーケット | Comments(14)
日銀、出し過ぎでしょ=ゼロ金利じゃないか(追記・トリシェが緊急声明)
 本日の無担保コール翌日物は加重平均で0.235 %、最低は0.010 %であった。
 昼前後であったろうか、私はあまりマーケットの数字を見ていなかったのだが、誰かが「金利が0.1%で…」とか言っており、何の金利のことかと思ったら、政策金利だったじゃないですかあ。ちょっと驚いた。午後にはゼロ金利になっちゃったが、何となく過ぎ去りし日々を懐かしく思う気持ちにもなったな。イジワルなことを言えば、近い将来にマジでゼロ金利になるという嫌な予感もしたのだが(笑)。
 私は、最初からノーオペで通せばいいんじゃないかと思っていた。最初の1兆円はそれでも加重平均は下がらなかったら、まあしようがねえとしても、結果的には昨日の供給がかなり余計(出し過ぎ)であったわけだ。だからガシガシ吸収していたのね。欧米にちょっとお付き合いしたら、この「ちょっと」が積み最終日も近いとあって「かなりの余計な余剰地合い」を作り出してしまったのだろう。金利上昇への「少し余計」な配慮が、金利を崩落させた格好で、調節のやり方としてはドタバタ感がある。
 でも、今回の事例は、日銀のオペに対する一つの誤解を解くことに使えるかも。ドラめもんさんも酷評していた(今年3月9日分)某社のリポートのことだが、春の株安局面でこのリポートは、『日銀の稚拙な金融市場調節が「世界同時株安」の一因となった』と非難しておった。金利崩落も逆の意味で稚拙なのだが、この非難を逆手に取れば、稚拙な調節によるゼロ金利は世界の株高の一因になるのかも(ならないか)。
 
追記 さっきトリシェ総裁が緊急声明を出した。ホームページでみれます。大丈夫、安心しろ、という内容だが、対応がやや仰々しい感じである。総裁が緊急声明を出さないといけないほど不安要因がある、という風に受け止めてしまうのだが。どうなんでしょうね。
by bank.of.japan | 2007-08-14 22:39 | 日銀 | Comments(16)
市場混乱のBehind the Scenes=ブログ紹介も兼ねて
 レンタルのDVD(映画)は、撮影の裏側(Behind the Scenes)が「特典」となっていることが多い。鑑賞後の感動の余韻に浸る中、シリアスな演技をした役者が笑って出てくると、やや興ざめなのだが、映画マニア(自称です)としては「特典」はうれしい。技術の進歩としてのDVDは有難い。
 同様のことは、マーケットをモニターする側としてはネット進化の一つであるブログの存在が挙げられる。最前線or最前線に近い方のブログはBehind the Scenes=pricesの趣があり、乱高下する価格の裏側(現場)の実態がうかがえる。先週末の混乱相場で、外資系の市場関係者(知り合い)から「うちのデリバティブ担当者が『今まで見たことのない凄まじいデレバレッジングだ』と叫んでいた」と聞いたのだが、後方にいる身としてはその凄さはイメージしにくい。
 週末になってちょっと落ち着いたので、巡回先のブログを中心にやや広めにチェックしたところ、現場の生々しい雰囲気や言い得て妙の指摘など色々と参考になった。ブロガーのみなさん、有難うございます。当ブログの読者の間ではチェック済みの方が多いかもしれないが、一部ブログ紹介も兼ねて取り上げたいと思う。
 まずは巡回先であるTori Boxさんの「Bad day」。クオンツ系の方だったのですね。一部引用させてもらいます。
「バリュー系ファクターが崩落、あっちこっちでクオンツファンドが”ぶちっ”とか”ぼきっ”とか音を発してぶち壊れていく様が目に浮かぶような様相」
「この日も統計的には5σの世界。もはや統計が意味を成さない事態となって、世界各国から悲鳴が聞こえてきそう(というか実際聞こえてきたσ(-_-;))でした。。。」
 私のつたないクオンツの知識として、「2σ」が異常とされているのに、「5σ」とはどんなに異常な世界なのだろう。日銀が週明け臨時会合を開いて当座預金30兆円に戻るのは何σ?
 なお、当該エントリーでは幾つかのブログが紹介(私も紹介済みのcapriさんやコメントもよく頂く害債さん)されており、「positive gamma」さんは参考になります。「中央銀行は市場参加者が知らないことを知っているのではないか?、、、流動性供給のニュースをきいて、そこまで深刻な何かがあるの?という猜疑心はだれの心にも芽生えたと思う」。私がECBオペで受けた印象と重なるところがあり、もしかして世代が近い方のような。
それからこの間コメントを頂いた「wha_man3」(こちらも参考になります)さん経由でも知ったのだが、「いちカイにヤリ」(有名な方ですね)さんの幾つかのエントリーは興味深い。
ちがう映画館が火事だった!」は、この手の混乱(不安が飛び火・連鎖で広がる)の比喩として的を突いていると思った。
 辺境のサブプライム映画館で火事かと思っていたら、各国中銀がインタバンク映画館というメーンのところでいきなり消火活動。人が集まったところで不安を沈静化させるのは、群集心理の抑制も考えないと混乱に拍車がかかる。映画を観ていて消防士が入ってきたら、驚くよね。
 最後にまとめ的なものとしては以下のところが参考になった。
「酔生夢死」さんのこちら。さすがですね。
by bank.of.japan | 2007-08-12 18:47 | マーケット | Comments(8)
ECB緊急・無制限オペの考察
 前日のECB緊急・無制限オペ(本日も10兆円供給、足切りあり)は、日銀&資金関係者の間では「本当に必要だったのか」という疑問も出ている。マネーマーケットを沈静化するためのオペレーションながらも、「突然・大量」であったことが不安を増幅した感もあるため。増長された不安が収まらず、クレジットマーケットの過剰反応が実体経済に悪影響を及ぼせば、歴史に残る「オペ」となるかもしれない。
 銀行間の資金取引は相互信頼によって成り立っており、「出したお金が返ってこない」との懸念が少しでも広がると、一気にシステミックリスクに発展する恐れがある。従って、「不安」があるなら、まずはそれを広げないことが重要となる。この点、中央銀行がどのような流動性供給をすべきかは簡単ではなく、不安のステージによって異なると考えられる。
 まず、一部銀行の資金繰りがひっ迫し、「不安」が局所的にとどまっている場合、中央銀行は目立たぬように流動性を供給し、不安の沈静化を図るのが望ましいと言われる。これは、中央銀行が動いていること自体が不安を招くためで、すべては極秘のうちに済ませてしまうのが理想的だ(もちろん、対象行が債務超過なら金融システムから切り離した処理が必要)。
 一方、不安がかなり広がり、資金の取り上がりを余儀なくされる銀行が増えた場合には、中央銀行が表舞台に姿を現し、見せ金効果を狙って大量の資金供給を行う、という方法が効果的であると言えよう。これは1997年秋の金融恐慌時に、日銀が積み上3兆8千円(記憶に頼った数字で不確かです)をやったのが典型的な事例。
 この点、ECBの15兆円オペは、不安がなんとなく漂う程度の状態でいきなり表舞台に出てきた感が強い。緊急オペでしかも無制限となると、「何か大変なことが起きている」という印象を与え、さほど問題を感じていなかった銀行も不安になって応札するから、巨額のオペになってしまったのではないか。そして、その巨額さが周辺市場に不安をもたらし、キャッシュ需要を高めた可能性もある。
 ECBの調節体系は多くの国を束ねる為に大雑把な仕組みに見える。マクロ調節で流動性対策をやろうとすれば、あの方法しかなかったのかもしれないが、日銀&資金関係者と議論した中では、「オペは打たず、本当に不安があった銀行にはロンバートに駆け込ませる方法も取れたのではないか」というアイデアもあった。
 まあ、今となっては歴史の評価に委ねるしかないが、「中央銀行の流動性対応」というマニアックな視点においては興味深い事例であるのは間違いない。このまま不安が徐々に収まって欲しいと思うが、どうなんでしょう。
by bank.of.japan | 2007-08-10 22:58 | マーケット | Comments(15)
ECBが緊急オペ、しかも無制限=ちょっとまずいかも…-NY連銀はシステムレポ
 先ほど出たニュースを手短に。ECBが緊急オペを打ったようだ。入札にはすべて応じる、とのことで無制限の資金供給である。ECBの金融調節はちょっと変わっており、1週間に1回の定例オペが主体。普段は滅多にオペは打たない。レートの上下動は放置するスタイルである。毎日オペ打ちまくりの日銀を見ていると、何でECBが1週間に1回で済んでいるのか不思議だが、これは準備預金が厚い(流動性が潤沢にある)ため。逆説的には、緊急オペ&無制限のオペを打ったということは、流動性ひっ迫が一時的にせよ起きていることを示唆する。サブプライムローン問題がユーロマネーマーケットの信用不安につながりつつあるのか。一過性で終わるのか。まだ詳細が分からないので、何ともいえないが、ちょっとまずい感じである。
 続報です。緊急オペには49の金融機関が応札。総額は950億ユーロ程度。10数兆円である。デカい。国がたくさん集まっているから規模がデカいんだろうが、でもデカいなあ。一過性の流動性ひっ迫で済めばいい(多分そうなると期待したい)が、これ続くと大変ですよ。外為市場ではユーロが激しく落ちていますな。昼間から4円近い下げ、これもでかいです。株は軒並み下落。米金融市場の反応は…。
Star Prince JUGEMさんのTBでも触れられているが、ドルLIBORも上昇しており、NY連銀はシステムレポを実施した。ダウも寄り付きは200ドル以上の下落であった。今(零時過ぎ)は少し戻している。
 さて、欧米インタバンクでなぜ流動性ひっ迫が起きたのか。これは正直、予想外の展開である。インタバンクの資金取引は経済全体を循環するマネーの心臓部であり、ここがおかしくなると深刻な事態になりかねないことは、われわれ日本人なら1997-8年のインタバンク恐慌で経験済みである。クレジットマーケットの動揺が真性の信用不安に転化しつつあるとはちょっと恐ろしくてそうは思いたくない。恐らくは偶発的に発生した一過性の流動性ひっ迫ではないか(とみなしたい)。害債さんもコメント欄で指摘されているように、何となく不安が募る局面で、インタバンクに参加する幾つかの金融機関が念のために防衛的な資金繰りを行い、それで慌てた向きが金を取り始め、連鎖的に金の回り方がきつくなったという、つまりは不慣れが原因ではないかと考えられる。
 こういうとき、自慢できる話ではないのだが、金融システムがクラッシュ寸前に至った金融危機を経験したわが国は、まあ何というか落ち着いていられる、という優位性はある。金融政策の運営では危なっかしい日銀だが、流動性対応は抜群のノウハウを誇り、金融危機を潜り抜けた歴戦の猛者連中は今だ現役なので、これは珍しいことだが、ECBが緊急オペを打ったとき、日銀が頼もしい存在に見えちゃいましたね(笑)。
 日銀、明日はノーオペ、または売り手で、堂々たる姿勢を見せたらいい。結構、かっこよいと思うな。まあ、外銀のビッド次第だが…。
by bank.of.japan | 2007-08-09 20:50 | マーケット | Comments(18)
OISは上昇、統計は冴えず=機械受注、景気ウォッチャー、貸出
 本日、OISが上昇。70%近い水準まで達した。前日午後からヘッジファンドが払っていた(金利上昇を見込む)と言われている。一方、この日の経済統計は冴えず、機械受注は大きなマイナス、景気ウォッチャー調査は悪化、貸出統計も失速傾向であった。OIS上昇(=利上げ観測増大)はよく分からない動きである。一昨日は50%前後で、これが急に上がった背景には何か材料があったんですかね。ご存知ならご指摘を。
 一連の冴えない統計で気になったのは「景気ウォッチャー調査」である。DIの推移を見ると、きれいに右肩下がりになっており、水面下に没していっている。一昨年前半の「踊り場」局面と似ており、嫌な感じである。今回のDI悪化では、梅雨明けの遅れや台風4号、中越沖地震といった天候・災害の要因もあって、多少割り引いた方がいいかもしれないが、悪化トレンドに変わりはない。
 さて、金融政策である。今月は例年よりも大分遅くて22、23日に金融政策決定会合が開かれる。現時点では何も決まっていない(はず)。従って、どうなるかは分かりません。個人的には、私の心の中のOISは低下しているので、やらない方がよいのじゃないのと思っている。というか、もう利上げしなくていいのじゃないかとも思っている。
 マーケットの反応としては、決定会合が近づくにつれ、その間にサブプライムローン問題がガタガタせずに日米株価が安定的に推移していけば、OISは上昇していくのだろう。「利上げ観測台頭」というヘッドラインもどこかで出るんでしょうね。政策委員会9人の「確信度合いの総和」が利上げの限界閾値を超えたら利上げ決定になるのだが、これは「心の問題」である。そこを把握する作業は、サイコセラピストの領域ですね。
 「OISが70%超えていたらやるよ」というのが楽でいい。
by bank.of.japan | 2007-08-08 23:05 | マーケット | Comments(6)
プール・セントルイス連銀総裁の“倫理的”発言=気持ちは分かるが…
 東短リサーチ・加藤さんのリポートを読んでいたら、サブプライムローン問題に関して米セントルイス連銀のプール総裁が興味深い発言を行っているのを見つけた。加藤さん、一部お借りします。具体的には以下のところである。
「今年の市場は、悪い関係者や酷い貸出慣行を懲らしめていると判断すべき」
「悪事を行ったり、間違った判断をした人々は罰を受けるものだ。打撃を受けている企業やヘッジファンドは報いを受けるにふさわしい人々である、という証拠が集まりつつある」
 プール総裁は、知り合いの日銀マンによれば、非常に有名な学者であり、ボードの中ではややハト派(違ったらご指摘を)に位置する。マーケット動向については、距離を置いた冷静な発言が似合いそうなキャラで、懲らしめているとか、罰を受けるものだとかのフレーズは、随分と過激である。
 イケイケドンドンで投機に突っ込み、シナリオが狂って爆沈、という図は、傍から見ていれば「ざまあみろ」で、私もそう思わないでもない。個人的には、プール総裁の気持ちは大変良く分かる。しかし、金融当局の高官としては公式の場ではあまり言わない方がいいような気もする。
 サブプライムローン問題を契機にしたクレジットマーケットの動揺は、健全な調整である可能性は高いが、かといって安心も出来ない。場合によっては、マクロ経済に影響が及ぶかもしれない。「罰が当たった」と今は倫理的な観点から物を言えても、クレジットバブル崩壊が経済に深刻な影響を与えたら、言った本人が青ざめてしまう。これで利下げしなきゃいけなくなったら、なんだか市場に復讐された形である。
 今日、ある日銀幹部と会った際、プール総裁の発言が話題になった。このとき、二人して同じことが思い浮かんだ。昔々、某国の中央銀行総裁がバブル潰しで世界から喝采を浴び、某国では「平成の鬼平」として奉られたことを。バブルが潰れる様はそれはそれは小気味良いものだが、後始末は大変である。
 某国、すなわちかつての日本と今の米国を比較するのは間違いだろうが、私としては米クレジットバブル崩壊→米景気後退→日本ドツボとなって欲しくないので、米連銀総裁が「天誅である」的なことを言う姿はデジャブーのようでちょっと落ち着かないです。気にし過ぎですかね。
by bank.of.japan | 2007-08-07 21:45 | マーケット | Comments(12)


無料アクセス解析