人気ブログランキング |
<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
マニア向けですが、本日の日銀論文はお勧め
 日銀企画局が「主要国の中央銀行における金融調節の枠組み」という論文を出した。これだけで政策的なインプリケーションを読み取るのはかなり難しいので、それは割愛。ただし、金政政策にマニアックな関心を持つ方にはお勧めである。各国の金融調節体系は市場金利の上限、下限を設定し、その間で政策金利を動かす金利コリドー(回廊)にそろいつつあるが、インタバンクの事情は銀行券・財政等要因などそれぞれ異なる。その異なった資金需給の中で、コリドー調節の違いが把握しやすい論文となっている。
 金融政策に興味を持ち、マニアへの道を歩み始めたとき、理論方向にいくケース、調節体系に向かうケースがある。もちろん両刀もOK。私は最初は前者であったが、あいにく経済学の素養がないため、「ああ言えば、こう言う」政策理論系の議論がだんだん机上の空論のように思え、「まあ、好きにやれば」という境地に陥りやすくなった。一方で、調節体系はかなり面白い世界であり、未だに興味が尽きない。課制はなくなったが、企画局の区割りでいけば、一課(金融政策)よりも二課(調節企画)が面白いわけである。
 共通担保は最高だ、とか、CPオペは邪道じゃねえか、とかワーワー盛り上がって議論するのは日銀の中ですらかなりオタッキーな部族であり、あんまりいない。そんなオタク向けの論文である。なお、こういうマニア向けの論文が出たということは、幹部にオタクがいる、ということを意味する。何を隠そう、白川方明理事である。間もなく退任し、京都大学公共政策大学院の教授に転進する。「趣味、セントラルバンキング」と言われる白川理事は、私など足元にも及ばないスーパーオタクであり、退任は非常に寂しい。もっとも、これからは政策とのしがらみ抜きで議論できるので、それはうれしい。
 今回の論文は、白川理事の置き土産でもある。白川さん、ありがとう御座います。
by bank.of.japan | 2006-06-30 23:23 | 日銀 | Comments(4)
本石町は『台風の目』である=朝日報道や外貨定期などへの反応は…(追記あり)
 日本橋本石町、つまり日銀界隈にいると、今回の福井総裁の拠出問題がどうなるのか、まったく不明である。ときどき日銀マンから「どうですか、どうなるんですか」と不安交じりの質問を受けるが、私にも読めない。世間では批判の嵐が吹き荒れているのだろうが、ワイドショーでどのように報じられ、全国の「お茶の間」でどんな反応が起きているのか、定量的には計れない。
 日銀の通常モニタリングルートは金融市場や金融機関を対象にしており、そういったところが急にワイドショーのノリになるわけではないだろうから、平時が続いているのだろう。これはあたかも台風の目に入ったような状態である。つまり、世間では程度は不明ながら嵐が吹き荒れているのは分かるが、日銀が普段接触する近場は平穏なのである。こういう状態は日銀マンらにはむしろ不安であろうと思われる。
 本日は朝日新聞(朝刊)が、村上ファンドの投資スキームを詳細に報じて、福井総裁の答弁の整合性を問うていた。一方、民主党によれば、福井総裁は預貯金のうち12万ドル相当の外貨預金(定期)を保有している、とのこと。為替オペレーションとの絡みで、民主党は「(保有資産として)グレーゾーンではないか」と批判している。いずれのことについて世間がどう反応するかは、やっぱり本石町は『台風の目』の中にあるので、読めない。
 私自身はどう思うかだが、朝日報道ではイソログさんが解説されている通りであろうと思う。また、下記エントリーのコメント欄で、 元IB現PBさんが指摘されたことに概ね同意するものである。一方、外貨預金だが、「円通貨の番人」の親玉が外貨を持つのかよ、との批判を浴びやすいのは当然として、預金時期がデフレ下なら私財も駆使して緩和策(円売り・ドル買い)を行った、との解釈も成り立つ。量的緩和拡大中なら、緩和効果を高める個人オペレーションであろう。
 結果的に李下に冠を正すような行為をした人物は「怪しい、怪しい」と言われると、ますます怪しく見えてしまうもの。そして、違うと抗弁すれば、それが怪しさを増す悪循環に入りやすい。「台風の目」に入った日銀はじっとして嵐が治まるのを願うしかない。願いがかなうか、私には分からない。

PS 介入メカニズムの中でインサイダーは可能か。まず、介入実施は財務省が決める。そして日銀に命令する。日銀は介入エージェント(介入はどこの銀行に入るわけではなく、エージェント契約を結ぶ必要があるはず・違ったら指摘を)となった銀行にオーダーを出す。このとき、エージェント行が介入を即時処理する必要があるのか、自分のポジションとして飲んでいいのか、この辺は私は分からないが、インサイダーやるなら知る必要があろう。また、介入が効くかどうかは不明で、インサイダーがうまくいくか分からない。総裁が介入情報を知るには、財務省と日銀のホットラインを傍受する、または介入があったら即知らせくれるよう為替課に頼む、しかない。そして、介入前のわずかな瞬間に外貨預金を設定する必要がある。うーん、そもそもそんなことする総裁じゃないし、物理的には無理っぽいね。

追記 日銀によると、外貨預金は民間時の設定とのこと。従って、現職インサイダーはまったく関係なし。もっとも、総裁就任時に解約すべきだった、との批判あるんですかねえ。そういう声は疲れるなあ。
by bank.of.japan | 2006-06-29 22:05 | 日銀 | Comments(13)
W杯と「魔の4年サイクル」、一番嵌まったのは日銀かも
 以前、「恐怖の4年サイクル=量的緩和解除は…」というエントリーを書いた。また、「Toshihiko Goldilocks, Bear come back?」とのエントリーも書いた。この4年サイクルをサッカーW杯、または米大領の中間選挙に重ねるかはお好み次第だが、日本においてこのサイクルにかなり嵌まったのは日銀かもしれない、と思った。
 株価の調整、そしてサッカー日本代表が敗退。サッカーファンの多い日銀にはいずれもショックで、そして福井総裁の村上ファンドへの資金拠出問題である。三重苦でありますね。株価は最近は落ち着くような動きで、もしかしたら健全な調整である可能性が出てきた。サッカーは4年後に向けて改めて期待を持てばいい、という気持ちの切り替えが可能。しかし、総裁問題はどうなるか予断を許さない。下のエントリーで書いたように、なお辞任を余儀なくされる可能性は残るわけだ。
 Toshihiko Goldilocksは、あくまでも「福井日銀」という意味であった。そして、この場合のベアはベアマーケットのベア(弱気)のつもりであった(または景気後退のベア)。しかし、襲い掛かってきたベアは「お茶の間の批判」という対処の難しいシロモノであった。私もどうしたらいいのか分からない。このベア(熊)、日銀に批判的なワイドショーのキャスターらの顔をしているのだろう。
 対豪州戦の敗退と同時に日銀を見舞った「魔の4年サイクル」。日銀がその危機を背負った分、経済の不幸が軽くなったのではないか、とジンクス的に思うこのごろである。日本経済に100の不幸が降りかかるとして、日銀がその大半(例えば90)をかぶれば、経済の不幸は10で済む。そう思えば、日銀マンも多少は前向きになるのではないか。とういうわけにやっぱりいかないだろうなあ…。
by bank.of.japan | 2006-06-28 21:37 | マーケット | Comments(0)
焦点は「2月解約」と村上ファンド捜査の行方
 福井総裁が夫人の分も含めて資産公開した。ワイドショー的にはこれをネタに盛り上がる(あんまり気分のいいものではない)のだろうが、焦点は引き続き「2月解約」の経緯であろう。そして村上ファンドの捜査の行方ではないだろうか。
 現時点では、「村上氏の志に対する疑念の蓄積の結果」という福井総裁の言い分を信じるしかないが、これを覆す材料が出てくると、辞任やむなしとなる公算が大きい。その意味では、村上ファンドの捜査が今後どこまで進展するのかが注目される。
 この問題では「切込隊長」が興味深いエントリーを書いている。ぐっちーさんも以前、アングラマネーとの絡みを指摘していた。私は、ライブドアから村上ファンドに向かった地検特捜部の捜査が、単なる粉飾決算やインサイダー取引を摘発することが狙いだったのかは疑問に思っている。
 仮に切込隊長の指摘する事件の構図が存在する場合、その全貌において福井総裁のポジションがどこに当てはまるのか、そしてその中において、賢明なる福井総裁にあるまじき判断ミスである「解約行為」がなぜ行われたのかが浮き彫りになるのではないか、と思われる。
 避けるべきは、事件が(私から見て)中途半端に終息し、その一方で「濡れ手に泡」という批判に抗し切れずに総裁が辞任を余儀なくされることであろう。肝心なところが不明なまま、なぜか端っこにいた総裁が善意を仇で返され、見当違いの批判で消えていく。こうなると、なんだか不条理劇のようである。
by bank.of.japan | 2006-06-27 22:37 | 日銀 | Comments(7)
金融政策のインサイダー成立要件=そもそも日銀の景気判断は…
 世間的な見方として、福井総裁の今回の行為が結果的にインサイダー取引のように受け止められることはさておき、マクロ経済に影響を及ぼす金融政策を運営する日銀職員が、インサイダー疑惑を受けないように資産保有を徹底的に厳しくすると、究極的には無一文にならないといけない。考査をやっている以上、職員の預金先の選定も疑わしいし、給与振り込み先の選定も疑惑の対象となりかねない。現金保有も危ない。デフレ容認の金融政策を運営するインセンティブが生じるからだ。この辺のことはbewaadさんが既に指摘済み。
 ここで金融政策でインサイダーが成立するかどうかを改めて考えたのだが、そもそも論としては、政策運営の前提となる景気判断が正しいかどうかが重要な要件ではないか、と思った。振り返ってみて、少なくとも私が着任した1997年春以降、日銀の言い分に沿って資産運用するとボロボロになったのは間違いない。総じて不況(orリスク)を過小評価し、回復を過大評価する性向があり、特に後者の典型は2000年8月のゼロ金利解除であった。
 当時の日銀執行部は追加利上げを内部で検討しており、それを正当化するために短観DIを応用したテーラールール(海賊版)で中立金利を1%と設定。不良債権問題を超過小評価したうえで持続的回復軌道に乗るとのシナリオを置いていた。日銀を信じてJGBショート・株ロングのポジションを作って最高利食いポイントの到来を待っていたら即死状態に陥るのは必至であったろう(今まで持ってるなら利食えるかも)。
 日銀は金融政策運営というインサイダー情報を握っているのは確かだが、そのネタはこれまでのところは景気見通しが誤っていたという観点に照らすと「ガセネタ」であった(これからは黄金ネタかもしれないし、糞ネタかもしれない)。なお、量的緩和という政策についても、日銀はマクロ効果を信じていなかった(「三〇兆円高地の攻防戦」参照)ので、日銀ロジック上は「量的緩和解除」はネタではあるものの、売りでもない買いでもない中立ネタである。
 マニアックな視点では、福井総裁をインサイダー犯扱いするのは、政策判断と政策効果を認めるようなもので、ある意味では日銀の力量を尊重していることになる。つまり、福井総裁のインサイダー疑惑を否定するのは私としては可能なのだが、それは「日銀は無能である」との主張に他ならない。さらに、プルーデンス情報も例の高度化路線に絡んでインサイダー疑惑を思う存分否定することは可能であるが、出入り禁止のリスク大なので、もうこれ以上は論評しない。
この路線で福井総裁を擁護すると、ご当人は激怒しよう。

本日の一言 日銀は得てしてガセネタを抱える哀しいインサイダーである

ps 数年前、『円の支配者』という本が出た。当時、かなり売れた記憶がある。私は途中まで読んで嫌になった。この誤った日銀のイメージをどう正そうかと思った。その方法は一つしかなかった。いかに日銀が円の支配に失敗したかを述べることであった。日銀を擁護するために日銀に怒られるのはバカらしい、という結論に達した。

これ、本業でも書きましょうかね?
by bank.of.japan | 2006-06-23 22:42 | 日銀 | Comments(12)
閑話休題・六本木族氏の主張=モノ作りで良いのか、それしかないのか
 閑話休題的にしばらく前の日経新聞「大機小機」のネタ。六本木族氏がなかなか良い指摘をされていた。具体的には、全上場時価総額は約600兆円と1989年当時を回復。しかるに、当時の銀行時価総額シェア23%は現在12%に縮小し、これに対し製造業は42%から50%に拡大。「経済のサービス化が進む一方で、わが国はモノ作り国家の様相を深めている」とし、海外人材の使いこなし、現地企業の買収展開力を含めた、本格的なグローバル経営力を有した企業の台頭を望みたい、と結んでいる。
 モノ作り国家の様相が強いことは、過去何度かの景気循環における回復が外需主導であったことにも表れていると思う。今回の景気回復も、構造改革の成果と指摘されるが、私は依然として外需頼みの側面が大きく、これは大分前にbewaadさんが分析されていたことに同感する次第だ。景気回復の実感が乏しいと言われるのも、グローバルの好況に競争力のある製造業が乗れる一方、非製造業の商圏がもっぱら国内に限定されるためであろう。もとより、労働人口は非製造業が圧倒的に多く、世界経済拡大の恩恵は及びにくい。
 では、六本木族氏の主張のように、非製造業、中でも銀行のグローバル化は可能であろうか。理想としては、私もそうなって欲しいと思う。ただ、個々ではグローバルに活躍できる金融マンは増えていると思うが、日本人総体として金融に向いているかどうかは何とも言えない。銀行業に対する過度な公共性の要求、「額に汗する」という労働価値観、金融で儲ける(=楽して儲ける)ことへの反感などは、銀行業の将来を暗くする。コマーシャルバンクが優秀な人材を引き付け、でも儲かり過ぎることが批判されやすい風土では能力に見合った給与はもらいにくい。
 銀行が世界に出て行く一番手っ取り早い方法は国内でバブルを発生させ、有り余ったマネーで世界中の不動産を買い捲る、シンジケートローンに薄利多売の攻勢をかけることであろう。そう、80年代後半のあの再来である。無理だろうが…
by bank.of.japan | 2006-06-22 23:13 | 経済 | Comments(8)
出資問題と「福井帝政」の陥穽=“たくさんの福井さん”症候群
 福井総裁が就任したとき、「速水共和国から福井帝政へ」という記事を書いたことがある。私が日銀ウォッチを始めた97年春、福井氏は副総裁として日銀の実権を握っており、98年春の日銀法改正時の総裁昇格が確実視されていた。当時から福井氏はカリスマ性が強く、幹部らは「福井さんはこう思っている」、「福井さんはそれには反対だ」とか、やたらと福井さん福井さんと言っていた印象があった。福井“カリスマ”副総裁を慮るゆえに福井さんの虚像が多数発生する現象、私は密かに『たくさんの福井さん症候群』と名付けた。
 翌年、営業局汚職事件が発生。福井副総裁は松下総裁と共に去り、事態収拾のために清廉潔白の人物と目された速水優氏が総裁に就いた。日銀マンにとってはカリスマ性がなかったのが幸いし、さらに「マル卓」消滅によって日銀内の言論は自由闊達になった印象を受けた。経済環境に恵まれず、政策運営は冴えなかったが、旧法時代に比べると行内は随分と風通しが良くなったように思われた。
 そして福井総裁の就任である。私はかつての福井さんを仰ぎ見るムードが形状記憶合金のように甦るのではないかと恐れ、冒頭の記事を書いた。福井体制の政策運営ぶりを見ると、総裁トップダウン型が特徴である。幹部が仰ぎ見るまでもなく、福井総裁は自分で決めて政策を打ってきた。もとより、「迷ったら飛べ」という政策判断はロジックの一貫性に乏しく、量的緩和を増やした経緯は無視して解除に向かった。その間、景気がうまい具合いに動いたのは、福井総裁が恐ろしいほどの強運に恵まれていることを示している。
 幹部が仰ぎ見る体制において、総裁がプライベートのことを内部に相談することはなかったのだろうと思う。総裁は自らの判断に自信を持っていたはずで、村上ファンドの解約もさほど問題にならずに済むと考えたのかもしれない。解約の前に行内の誰かに相談したら、「解約しないほうがいい」というアドバイスがあったはずで、これには多くの日銀マンも同意するところだ。出資問題における日銀の情報発信は、真実一郎さんんがご指摘されるように、小出し&騒ぎ拡大という極めてまずいパターンをたどった。
 総裁が率先して打ち明けたはいいが、備えのなかった事務方は情報も十分に揃わないためにダメージコントロールする余裕がなかったのだろうと推測される。コメント欄で胡桃(注)さんがご指摘されたように、時には総裁の判断を覆す右腕がいなかった、またはそういう役目の幹部を総裁が作らなかった、というのが帝政の陥穽だったのだろう。福井総裁、恐らくは解約した行為を深く悔やんでいるのではないか。帝政は率いるトップの機動的判断が正しいと素晴らしい常勝軍となるが、悪材料の判断でつまづくとダメージは大きい。この局面をしのぎ、景気もシナリオ通りに動いて数次の利上げが達成して任期を終えるなら、福井総裁は名君となる。

注 胡蝶さん→胡桃さん、でした。すみません。
by bank.of.japan | 2006-06-21 22:56 | 日銀 | Comments(4)
本石町の長い一日=さて、「お茶の間」との対話は…
 さて、福井総裁の村上ファンドへの拠出金の状況である。国会に提出され、夕方には日銀が対外的に公表した。総裁は日本記者クラブで講演し、案の定厳しい質問に遭遇。夕方は急遽開かれた会見でも質問攻めにあった。(批判のトーンはやや落ち気味の感あり→数字が出たのでその料理に焦点が向かったのか?)。いずれにせよ、数字公表によって当面の山場となる20日という長い一日は終わった。
 ここから先は、元本も含めた返上、総裁月給の3割を半年返上、役員内規の見直しなどを打ち出した日銀と「お茶の間」との対話がどうなるか。これでこの問題が終息するのか私には予見不能である。私は「福井日銀」の金融政策にはかなり批判的だが、総裁個人の件はどちらかと言えばbewaadさんの見解に近い。しかしながら、日銀は世間の心証(いくらそれが曖昧な感情論でも)が悪化するのは好ましくないと思っている(だから元本返上までしている)のも事実。従って、いくら総裁を擁護しようとも、世間の心証が極端に悪化すると、総裁は辞任せざるを得ない状況に追い込まれる公算が大きい。取り合えずは明日のワイドショーでしょうか。

金融政策関係では、福井総裁は講演で「フォワードルッキングで正しい判断をし、早めに小刻みにじっくりと政策対応しないといけない難しい局面に差し掛かっている」と述べた。
「早めに」は会見では「フォワードルッキングのこと」と説明していた。のけぞりました。日銀マンは苦笑であった。キンサキ叩き売られたようですね。総裁のアドリブは危険である。これこそ本業なんだから自重して欲しいもの(内規がないのが残念)。
「10兆円で岩盤に到達」と改めて岩盤発言(この情勢では無視されるが)。

ところで元本返上するのは、気持ちの表れだとしても、私財放棄はやり過ぎの感あり。意地悪な向きは、それだけ捨てられる金持ちなんだと思うのではないか。なんだか不思議な国である。
by bank.of.japan | 2006-06-20 22:50 | 日銀 | Comments(4)
野田氏が審議委員に就任=多分「大勢派」へ
 先週末で退任した中原真審議委員の後任として、野田忠男氏が就任した。中原氏と同様に銀行出身(第一銀行、第一勧業銀行、みずほフィナンシャルグループを経て、直近は中央不動産会長)である。会見は、ご本人にとっては不運ながらも、福井総裁の村上ファンドへの出資問題に絡んだ質問が大半を占めた(全般は慎重な言い回しで答弁)。
 金融政策や経済情勢の認識に関する質問はわずかであったものの、特に異論は示されず、概ね日銀の見解に沿った考えなのだろうと思われた。中原前委員は総裁以下の大勢派とは時に距離を置く提案(物価参照値を真っ先に提唱したり、量的緩和の解除に反対)を行ったが、野田委員は会見内容からは特に強い持論は聞かれず、恐らくは「大勢派」に属するとみられる。
 ちょっと興味深かったのは「屈折点」という表現を使ったこと。最近の金融政策運営をフォローする際に印象に残った言葉だと推測されるが、「屈折点、すなわちインフレクションポイント」と言うのは総裁用語で、それが伝染したのかなと思った。日銀企画畑と都銀企画畑が似ているのかどうか分からないが、言葉使いからは両者会い通じるものがあるのかもしれない。

さて、福井総裁の村上ファンドへの出資問題だが、明日の運用資料の国会提出が山場となりそうだ。ワイドショー的には「どれだけ儲かったのか」が焦点となるのだろう(この展開にはちょっと付いていけない)。私個人は2月に解約した「動機」と村上ファンドへの捜査の行方が鍵を握るとみている。特に後者の行方に注目したい。
by bank.of.japan | 2006-06-19 21:31 | 日銀 | Comments(7)
拠出問題の嵐は続く=せっかくの岩盤発言が…-途中経過です
 なかなかまとまった時間が取れない状態が続いております。箇条書きにて途中経過を。
・前日の会見 当座預金残高の削減で「岩盤に到達」と発言。私としては“岩盤”との表現にうれしい限り。ただし、村上ファンドへの資金拠出問題の嵐に飲み込まれた。この問題さえなければ岩盤発言で盛り上がれたのだが…。総裁、もしかしてこのブログ見てるんだろうか。
・今日から新積み期間始まる。郵政公社のブタ預金は「準備預金残高」から除外され、「その他」へ。これについて論評したいが、時間なし。

さて拠出問題である。前日の国会答弁・会見、本日の国会答弁を通じて、説明するほど心証が悪くなる循環にはまった感が強い。
今後予想される展開
・20日までに運用状況を提出→また一波乱?
・その後は総裁の出番なし→嵐が静まるのを待つ
・ただし、村上ファンドの捜査展開次第では嵐再開?
・また、総裁の答弁を覆す材料が浮上すると万事休す?

ワイドショーも巻き込んだ状態になっているので、私には予想のつかない展開である。「福井日銀」の政策に批判的な私だが、福井さん自身は決して悪意の人ではないだけに残念である。法律違反したわけではないものの、「李下に冠を正す」行為によって中央銀行の信認がゆらぐ現実があるのは、この間、議論した日銀マンらも認めている。この問題、もっと触れたいのだが、今しばらく時間が十分取れそうもないです。すいません。

W杯の豪州戦に負けて以来、トホホの状態。こんなことで忙しくなるとは…。総裁、就任時に解約しといてくださいよ~。
by bank.of.japan | 2006-06-16 14:13 | 日銀 | Comments(16)


無料アクセス解析