人気ブログランキング |
来週からのオペについての考察=臭い芝居はやめてね
 来週から準備預金への付利が始まる。で、オペはどうなるのか。以下のシナリオが考えられる。
①特に変わらない。
②ツイスト(両建て)が強まる。
③金利が下限に行っちゃったりする。
 供給オペで金利が下がるのではないか、という思惑も浮上し、これで短期債買われた面もあるようだが、来週からのオペは基本は①を予想している。付利は必要もないのにそうした面もあり、調節が変わるのはおかしい。淡々とやるでしょう。
②は、資金需要の増大など必要に応じてツイスト化するなら自然だが、必要もないのにツイスト化したら、これは臭い演技でありましょう。付利されたから一生懸命に調節をやっているフリ、という形となる。必要なツイストか、演技のツイストかの見極めは難しい面もあるが、臭い演技はやめてよね、と思う。
③は論外。これはディレクティブ違反である。これやるなら堂々と政策として利下げすべきでしょう。

参考 過去にやった臭い演技のオペ
2003年春、イラク戦争がぼっ発した際に1兆円の供給オペ(北朝鮮のミサイルが飛んで来たときは売りオペ打った→遠くの戦争は買いオペ、近くにミサイルは売りオペ、というジョーク生む)
2005年半ば 当座預金残高目標の一時的な下限割れ容認を受け、わざと下限を割った。
 
by bank.of.japan | 2008-11-14 19:11 | 日銀 | Comments(6)
Commented by LM at 2008-11-15 00:01 x
FRBでは預金利率割れのFF金利がついたりしているんだとか聞きますけどね。でも、日本のコール市場で邦銀が0.3%外銀が0.7%なら、日銀管轄下の邦銀はまず日銀に預金しますかね。

(朝日新聞) 米政策金利の誘導目標は1.0%、日銀の誘導目標は0.3%だが、米国の直近のデーターとなる7日には、FF金利の加重平均が0.27%となった。他方、11日のコールオーバーナイト物加重平均レートは0.306%となり、円金利がドル金利を上回っている。
Commented by Teddy at 2008-11-17 08:57 x
bank.of.japanさん、昔(確か)みたく「コールの低め誘導」という選択肢は先行きもまったくもう可能性としてないのでしょうか?「べき論」としては、確かに分かりにくいし、もろもろの得点も低いでしょうから、おっしゃるとおり、正々堂々が無論いいとは思うのですが。
Commented by bank.of.japan at 2008-11-17 18:41 x
LMさん、どうもです。現状では邦銀、外銀のスプレッドは一時に比べるとかなり縮小したように思われます。まあ、個別では資金を取りにくいところはあると思いますが…。FRBはかなり調節が難しい状況です。余剰資金の吸収が技術的に十分に出来ないのでしょう。

Teddyさん、どうもです。低め誘導の選択肢はありますが、その場合は「低め誘導するぞ」とアナウンスし、低めに誘導する水準もきちんと公表しないといけないでしょう。小幅な利下げ、ということになります。
Commented by とど at 2008-11-18 08:42 x
こんにちは。日経夕刊に輪番増額の話がでたとか、、、皆様どう思われますか?
Commented by Teddy at 2008-11-18 08:52 x
bank.of.japanさん、ありがとうございます。「なお、・・・」ということですね。ところで、②のツイスト、できましたね。足元の低下牽制の意味合いのようですが、グローバル・デフレ(の危険)で、いずれ、短期金利は・・・、一方、財政赤字プレミアムで長期は・・・
Commented by bank.of.japan at 2008-11-19 21:28
とどさん、どうもです。何度かエントリーで触れましたが、技術的には輪番増額は可能です。総裁はしばらく前、会見では否定的な見解を示していましたが。
<< サウジが金買い?=ブログ巡回で... 中曽理事の雑感&原油安による交... >>


無料アクセス解析