人気ブログランキング |
FEDの準備預金付利が機能しない訳=下限金利下回るFF
 東短リサーチ・加藤さんのリポートで知ったのだが、FEDの準備預金付利が機能jせず、FFレートがゼロ近辺に落ち込んでいるのは、ドルインタバンクで付利対象外の参加者がいるからですね。利下げした日本よりもFFが低いのはどうしてかなと思っていたのだが、同リポートで合点がいった。まあ、これだけ各国中銀がドルを散布すれば付利対象外の先にもドルが流れ、それがFFを押し下げるのが仕様がない、と言えるだろう。
 リポート内容を少しお借りしますね。フレディマックやファニーメイなどGSE、それと国際機関などは、FEDに当座預金口座はある(注)けど付利される対象ではない、とのこと。従って、当座預金に入れても無利子である以上、余ったドルはインタバンクに放出する、という形となる。ここから先は推測であるが、各国中銀のドル供給が大量かつ断続的に行われた結果、金融機関は大量のドル超過準備を持つに至った。
 中央銀行からのドル供給を受けた金融機関は結果的に市場から調達量が減少(またはクレジットラインの関係で取りにくい面もあるだろう)。一方で、資金をインタバンクで運用したいGSEなどの金融機関は低いレートで出さざるを得ない、という構図であろうか。クレジットの関係で出せる先が少ないことも低利運用となっているのかもしれない。
 FEDとしてこれを打開するには、付利対象先を広げるぐらいしかない。または、英中銀やスイスのように日銀に追随して売手という吸収手段を導入し、売手対象にGSEなどを加えるといったことが必要となる。まあ、FEDとしては無理に誘導目標維持するよりも、流動性供給を優先するのに精一杯なのだろうと思われる。

注 「当座預金を持っている」との前提は私の判断です。この点、確認してみます。
by bank.of.japan | 2008-11-10 22:55 | マーケット | Comments(1)
Commented by PK at 2008-11-12 13:34 x
やたら国王だの皇太子だの来日しますね。
中国が天皇を利用したのと同じかな?

日銀は5~10年先の失業率の見通しをどう考えているのでしょうか?
<< 中曽理事の雑感&原油安による交... 山野井語録続き=極みに立つ者の... >>


無料アクセス解析