人気ブログランキング |
The world according to ZIRP(追記あり)
 最近、ぼんやりと思っていることです。ZIRPはご存知かと思いますが、「Zero Interest Rate Policy」のこと。ゼロ金利政策ですね。先進国の金利はゼロに収れんしていくのではないか。あくまでもドルの信認は維持されるとの前提です。「ザープの世界」にはなって欲しくはないですが。
 簡単ながら備忘録として。
 追記として、ゼロ金利に収れんする理由。簡単に言えば、資産バブル崩壊の進行&金融システム不安(信用収縮)&実体経済の悪化などの負の相乗効果がどんどん強まり、先進各国はとことんまで金利の引き下げを余儀なくされる、というものです。

 そう言えば、10年ほど前、確か99年10月だったと記憶するが、ボストン連銀主催のセミナーがあった。テーマは「低インフレ下の金融政策」で、これはインフレとの戦いに勝っても、別な敵であるデフレとの戦いは大変じゃないのか、という問題意識が強まっていたため。もちろん、念頭にあったのが、ゼロ金利に陥った日銀という哀れな存在である。
 セミナーでは、ゼロ金利に追い込まれた場合の策がいろいろ提案されたのだが、まあ一番の策は「don't go threre」、つまりゼロに行っちゃう前にあらゆる手を打つ、であった。でも、バブルがど派手に壊れたら、行っちゃうんじゃないかと思う。

「みなさん、ゼロ金利の世界へようこそ」とBISで白川総裁が挨拶したら…。どんな反応が返ってくるんでしょうね、雨宮企画局長。
 
 明日は短観ですね。大企業・製造業DI、マイナス転換でしょうか。プラス維持でもいずれマイナスにはなると思いますが。
by bank.of.japan | 2008-09-30 20:45 | 経済 | Comments(16)
Commented by 植田日銀総裁 at 2008-09-30 21:17 x
ここにコメントすることじゃないのかもしれませんが、ヨーロッパ諸国の処理は案外早いですね。フォルティス、デクシア、ハイポ・リアルエステート、B&B、グリトニルと矢継ぎ早に公的資本注入や国有化により処理されていきます。公的資本注入という根本的な方法というのもポイントだと思います。発覚するまでは良くわからずいきなり出てくるのだけれど、処理する時は早くしかも根本的。国のあり方がアメリカと違うからなのでしょうか。アメリカに比べて政府の力が強いのでしょうかね。王国も多いですし。政府が一声上げれば即処理完了(というか王家・政府・金融が一体なのでしょうか)。という印象です。ヨーロッパから分かれ出てきたアメリカは、一応理屈を通して自分たちの力で片付けようとしている。けれど混乱している。
ちなみに日本の場合は“その場の空気”が処理して来たのでしょうかね。金融システムの維持にもお国柄が出ると思ってしまうのですが気のせいでしょうか。
Commented by dell at 2008-09-30 22:37 x
>矢継ぎ早に公的資本注入や国有化により処理されていきます。公的資本注入という根本的な方法というのもポイントだと思います。

それでは問題の解決になっていないのではないですか?
公的資本を注入してもバランスシートにはCDOなど売れない証券化商品が残ったままですよね?それではこの先も評価損が膨らみ続けるリスクがあるし、バランスシートは不安定なままです。
CDOなどの証券化商品をBSから落とすことこそ根本的な方策であり、証券化商品の市場が十分に機能していない現状では、これら証券化商品の公的な買取り機構が必要でしょう。しかるに、ヨーロッパではそうしたことは行われていませんよね?これでは根本的な方策とは言い難いと思われます。
Commented by 小野(東京都 港区) at 2008-09-30 23:43 x
「EUには単一の機構として金融を監督する組織が無い」、といま武藤さん
(財務次官→日銀→大和)がTV東京でおっしゃってらっしゃいました。
Commented by PK at 2008-10-01 00:13 x
武藤が頻繁に露出するのって、東大マルクス脳のかもし出す空気だよね。
満州国以来の日本国独特の空気。
Commented by 植田日銀総裁 at 2008-10-01 00:28 x
>しかるに、ヨーロッパではそうしたことは行われていませんよね?これでは根本的な方策とは言い難いと思われます。
おっしゃる通りで買取機構は必要と考えております。ただ、現在進行しているシステミックリスクは”数週間かけて買取機構をワークさせる”という施策では間に合わないほど、そのスピードが速く連鎖的であると感じたので、このような表記となりました。言いたいことは、ヨーロッパというのはECBのような連合組織ではコンセンサス形成に時間がかかるのに、こういう時の各国の対応は以外に早いものだな。と言うことでした。言葉の使い方が正確ではなく申し訳ありません。
Commented by 一国民 at 2008-10-01 01:52 x
すみません、金融は全くの素人ですが、非常に恐ろしい事態が進行している、という認識でよろしいんですよね?

我が国への影響が非常に心配です。
我慢我慢をこれまで強いられてきた者として、更に我慢をしろといわれる事態になると・・・

Commented by とおりすがり at 2008-10-01 09:49 x
>国民さん
何だそんな事かとおっしゃるかも知れませんが、
物事壊すのは簡単でも、作り上げるのには時間掛かる。
一度崩れた信用を取り戻すのは、難しいということです。
Commented by Teddy at 2008-10-01 13:31 x
昔、破綻<後>の金融機関から資産を買い取ったRTCは、徐々にしか機能しませんでした。株と景気とクレジットの底は大分先でした。ましてや、利用すれば「報酬カット」?が入った場合、破綻前の金融機関がどの程度<自発的に>債券を売るのか、見ものです。ごく目先では、「フェア・バリュー」(時価)会計の凍結が効きそうですが、苦しみを長引かせるだけではないかと。
Commented by うどん蹴りχ at 2008-10-01 14:39 x
ザープの世界の前に『タープ(TARP) の世界』に入っているようですが…

金利,というか利息ゼロといえばイスラムを思い出してしまいますが。
中東諸国はそろそろドルペッグをどうするか、考えている頃かもしれません。
クウェートはもうやめてますしね。


Commented by PK at 2008-10-01 17:04 x
米国民主党で、日本は左翼政権
戦前の日本が滅んだ組み合わせが・・・・
70年ぐらいで国家の寿命の最初のピークが来るらしいから、
これから10数年は戦前と同じ波乱が来るのかもね
基軸通貨としての決済機能が不全状態の時に、議会がああでは、もう半分見切りをつけられたでしょ?ドルは。
心の底でシラーと来たと思いますよ 世界中が。
Commented by dell at 2008-10-01 21:10 x
>言いたいことは、ヨーロッパというのはECBのような連合組織ではコンセンサス形成に時間がかかるのに、こういう時の各国の対応は以外に早いものだな。と言うことでした。

そういうことなら了解です。

しかし、わが日銀もいつまでもGDPデフレータマイナスを続けていないで、早急なデフレ脱却が望まれますね。それこそ、日本のできる最大の世界貢献と思えるのですが・・・。
Commented by three-hyphens at 2008-10-02 00:08 x
果たして買取機構にそれほどこだわる必要があるのか疑問です。日本の経験を思い出すと、むしろ金融庁の鬼のような資産査定による価格切り下げ(と、それを吸収する公的資本注入)がポイントだったかと思います。

欧州の公的資本注入だろうが、米国の買取機構だろうが、その後でどこまで価格を切り下げて需要を呼び込めるかに注目しています。

流動性危機といっても、所詮価格の問題に帰着しますから。
Commented by bank.of.japan at 2008-10-02 00:43 x
植田日銀総裁さん、どうもです。確かに欧州は知らぬ間に公的資金が入っちゃった感じです。まあ、公的関与の強い地域性もあり、あまり抵抗感がないという感じでしょうか。フランスとか官僚国家ですので。

小野さん、どうもです。なるほど、そうでしたか。

一国民さん、どうもです。とおりすがりさんの説明(多謝です)にように失われた信認の回復は容易ではないです。影響は既に本日の短観にも出ております。これから厳しくなります。

Teddyさん、どうもです。確かに資産買取は価格の折り合いが難しく、日本はあまりうまくいきませんでした。あまり楽観しない方がいいでしょう。

うどん蹴りχさん、どうもです。うまいですね。これからもドルペッグは難しいでしょう。切り上げが必要かもしれません。
Commented by bank.of.japan at 2008-10-02 00:46 x
PKさん、どうもです。気に入らないかもしれませんが、ドル急落の際は日本は介入必至のように思われます。

three-hyphensさん、どうもです。ご指摘、賛同です。まだまだ試練は続くでしょう。そして公的資本の出番となるように思います。
Commented by PK at 2008-10-02 12:49 x
米国は人口増えてるから実物経済への影響を少なくして時間を買えば、日本の失われた10年よりより回復は速いんでしょうが、ガタガタにしつつありますね。CDSとかは5年契約だとかいうから5年経てば崩壊の連鎖性はなくなるでしょう?
ドルは基軸通貨として決済の高速道路を提供していたのが、今は関所だらけのガタガタ道になってしまった。
Commented by とおりすがり at 2008-10-02 18:06 x
日本のゼロ金利政策はデフレとの組み合わせだったですが、海外のゼロ金利政策は民間所得の上昇を伴ったインフレになっていきそうですね。そうしないと政治も経済も持たないでしょうから。
<< 「TARPの世界」になれば…=... スワップ協定を拡充です=10中... >>


無料アクセス解析