人気ブログランキング |
通貨スワップ協定を締結!=ポイントやら雑感やら
・日銀に抜かれた。悔しい…。そろそろかと思って構えに入った瞬間であった。
・本日の日銀は挙動不審。総裁挨拶が代理になる、いろいろ電話してもなぜか席にいない人が多い、人の出入りがせわしない。まあ、こういうときは要注意でありますね。
・記者レクは坂本&高口企画役(企画二課長と調節課長、前任・後任のコンビ)。両氏とも課長としてのデビュー戦。高口氏、なぜかスタッフ席に座ろうとしたのには苦笑した。

協定に至る背景
・リーマンの法的破たんで各種金融市場の流動性が一気に低下。
・為替スワップ市場も流動性が落ちる。
・邦銀は外貨融資が増大中で、その調達は円投が中心。
・為替スワップの機能低下で円投ルートの外貨調達がひっ迫。
・この影響でドルキャッシュのターム物金利がぶっ飛び始めた。
・FRBも困った。日銀も困った。で、協定に至る。
・決定会合に間に合わず、臨時会合を開いたのは状況がそれだけ切迫したため。

協定の補足
・ドル供給のためのスワップ協定であり、為替介入とは無関係
→為替介入(米国のドル防衛)するときの協定はどうするのか?

今後の関心事項
・ドルはいずれじゃぶじゃぶになる。
・FRBは吸収手段がない
・金利ゼロの容認? 量的緩和に移行。
・妄想だが、日銀のドル建て売手? 代理吸収?

教訓 世界の各金融センターにそれなりの拠点を持つグローバル金融機関を(ファジーな基準で)法的に破たんさせてはいけない。決済機能が部分的に麻痺し、デフォルトリスクを高め、世界中の市場参加者の疑心暗鬼を強め、流動性低下に拍車がかかる。


ps 忘れないうちに。あまり目立たなかったが、今週の日銀の対応はナイス。リーマン破たんでフェイル多発を見越したのか、国債貸し出しの条件を緩和したのはワザあり。スワップ協定もすばやい(FRBの泣きが入ったのかもしれないが)。
by bank.of.japan | 2008-09-18 21:50 | 日銀 | Comments(17)
Commented by 植田日銀総裁 at 2008-09-18 23:03 x
今日はあわただしかったですね。正常な金融機関までも巻き込まれるシステミックリスクが生じていました。清算、決済不履行が引き起こす恐怖を肌で感じました。本日施策発表となって良かったと思います。ただし今後もソルベンシー、クレジットの問題は残りますし、資産処理、売却等は続きます。FRBは実質的な量的緩和に既に突入していると思います。バランスシートの右側で増える分は政府預金と付利したリザーブということになりますね。ゼロ金利ではない量的緩和だと思います。
Commented by bank.of.japan at 2008-09-19 01:17 x
植田日銀総裁さん、どうもです。法的破たんのリスキーさを思い知らされました。結果的に各中銀をさらに巻き込む事態に発展してしまいました。破たんするにしても、決済に負担かけないやり方を考えた方がいいでしょう。ドルは循環しにくいだけで、潜在的にはじゃぶじゃぶ状態です。機動的に吸収しないとゼロ金利&量的緩和になりますね。
Commented by 名無之直人 at 2008-09-19 03:22 x
ドルがじゃぶじゃぶになっている(なっていく)理由って、米国債離れが水面下で加速しているからとかですか?もしそうだとすると、各国中銀が協力しても吸収は難しそうなんですが、各国がドル建て債で強引に吸収を図るとか・・・?その場合の金利(や償還)設定とかかなり難しそうなんですがどうなんでしょう。
Commented by PK at 2008-09-19 04:24 x
従軍慰安婦問題以来、反米なので、騒ぎながらも米国を疑っている醒めた面がある。アングロサクソンは頭がいい。表に出ない。代理人を使う。

サブプライム問題を実物的な構図で見ると、
アジアの開発途上国が自国で使わない分を、米国が貧乏人の家として作りまくった。これは騒動が終わった後に、米国に50年近く残る。

一方、金融面としてみると、現在の騒動になる。
その貧乏人の負債は、債権としては希釈して混ぜてそこらじゅうに売りまくった。また、CDSというもので破産の保険も作って、そこらじゅうに買わせた。引き受けさせた。米国が負担する部分はかなり少なくなっているのではないか?

一連の騒動は、壮大な踏み倒しの仕掛けであるという疑いが常に頭の片隅にある。
Commented by PK at 2008-09-19 05:23 x
現在の指導世代は団塊の世代だけれども、この人たちは、戦前の日本を意思的に潰した連中と、おそらく、同じ役割をするだろうと思う。
引退した河野洋平などは典型だと思う。彼が大好きな中国人は、日本人と人種は同じだが文化はまるで違う。肩入れすべき対象ではない。
戦後の日本は、米国の世界支配戦略とマルクス主義者の敗戦革命の申し子。日本人は60年以上前に民族としてはすでに死んでいる。
三島の自殺は、本当の日本人が必ずたどり着く場所だ。
Commented by パットメセニー at 2008-09-19 07:23 x
このヘアカットの数値はいかがなものなんでしょうか?どらめもんさんに聞いてみたい。
臨時会合ってあるんですね。次回の利下げはぜひ「臨時」でサプライズ(違)
Commented by 日乃出 at 2008-09-19 08:14 x
もしかして米財務省がFRBの代わりにドルを吸収することは可能なのでしょうか?
Commented by Teddy at 2008-09-19 09:30 x
アジア危機のアジア諸国のIMFでの苦しみとくらべて、米国はいいよね、と妻の談。いや、そういうことではなく、とややしどろもどろの小生。
とりあえず、この先にあるのは、「金融システム救済=米財政赤字爆発=インフレ(の誘惑)」なのか、「金融クランチ=米家計と米金融機関の過剰債務圧縮=クレジットの<需要低迷>による(日本型)デフレ」なのか、がよく分からないでいます。
Commented by とおりすがり at 2008-09-19 09:37 x
巡りが悪くなって信用が崩れたら元も子もないですし、流動性確保のために出来る事は何でもでしょうね。アメリカはダイナミズムの国だし、50年後の事なんて誰にも判りっこないんですし、今が大切だと思っているでしょう。

だから決してバブル退治のような愚かな事はしないでしょう(日本の教訓も学んでいるでしょうし)。
Commented by ham at 2008-09-19 14:18 x
バーナンキ先生は日本の不良債権処理をよく研究してただけあるなぁ、と感心します。
更にこれからどう収拾するんでしょうね。
まぁ先行きよりも目先なんとかしなければならなかったので仕方は無いんでしょうが。
また、自国株が下げても見守っているだけので、
アメリカが困るとなんでもする日本ってどうなのよと疑問を持たないわけでもございません。
まぁ何を今更、なんですが。
Commented by 通りすがり@東銀座 at 2008-09-19 17:29 x
昨日の6中銀協調が、日本時間午後の発表となったのは、やっぱり「総裁に記者会見させたい」という日銀の強い意志なんでしょうか。米東部時間では午前3時という信じられない時間帯でした。それでもFedのホームページにはきっちり時間通りにリリースが出ましたけど。これまで日米欧中銀の協調というのは、介入にせよほとんどが、日本時間深夜(アメリカもヨーロッパも営業時間)に出てくるもんでしたが、今回の措置(中身はたいしたことないと思いますが)で、「異例」だったのは、何といってもその発表時間だったような…。
Commented by bank.of.japan at 2008-09-20 19:34 x
名無之直人さん、どうもです。じゃぶじゃぶのドルはもっぱら手元流動性の確保に使われております。いずれ不安が収まるとドッと市中に回るので、この吸収は大変です。一方、米債は優良担保としてニーズ増大となります。

PKさん、どうもです。証券化は結果としてリスクを世界中に分散。米一極集中にはならなかったです。

パットメセニーさん、どうもです。臨時は二回目です。臨時の利下げはびっくりですね。

日之出さん、どうもです。ご指摘の件はエントリーで簡単に解説したいと思います。

Teddyさん、どうもです。どっちでしょう。RTCの効果がどうなるか。ちょっとデフレっぽくなる感じですが。

とおりすがりさん、どうもです。悪化も早いけど、回復も早い、という風になることを期待しています。でないと日本は厳しい。

hamさん、どうもです。連銀は奮闘しておりますね。リーマンの法的破たんは避けた方が良かったとは思いますが。RTCに期待したいです。
Commented by bank.of.japan at 2008-09-20 19:34 x
通りすがり@東銀座さん、どうもです。かなり状況がひっ迫した結果、たまたまあの時間になったのではないかと。邦銀外貨調達もひっ迫感があったようなので。ドル供給が東京タイムに発表されたのはまあ格好はつきました。
Commented by 小野(東京都 港区) at 2008-09-23 23:30 x
「不良資産買い取り」は万全を期して、そのあと必要な資産増強は「日本にやってもらう」・・・??

リーマン(野村)やモルガン(三菱)の報道を聞いてなんとなくそうしたことがふと脳裏を
よぎってしまった。おととしぐらいだったか、「中国工商銀行」など時価総額で、日本の
メガバンクも買収可能、なんてささやかれてたような気もするんですが、あれもなんかまるで

うそのよう・・・・・結局のところ「三角合併」も日本じゃシティの日興コーディアル、たった
1件ぽっちだったと・・・・・


買い取り対象は、住宅ローン担保証券(MBS)、債務担保証券(CDO)ということで、
もう
「モノライン」などはまったく心配なくなる、 ってことなのかな(、先日来こだわってる様ですが(汗)・・・)
「CDS(クレジットデフォルトスワップ)」の部分ばかりが世間じゃもっぱらおおきくとりあげられてる、
って
印象ですけども(、まぁ当然かもしれませんけどね)・・・・・
Commented by 小野(東京都 港区) at 2008-09-23 23:31 x
(資産増強ではなく)資本増強、でした。
Commented by bank.of.japan at 2008-09-24 23:27 x
小野さん、どうもです。邦銀には欧米銀に資本を入れる千載一遇のチャンスではあると思います。ただ、問題はその後に相手をうまく利用できるかどうか。80年代後半はあまりうまくいきませんでしたので、今度こそうまくやってほしいとは思いますが。
Commented by 小野(東京都 港区) at 2008-09-28 12:56 x
リーマンは野村に2ドルで買収されたとさわがれてるようだったですね。三菱東京UFJは
ともかくとして、ついうっかりリーマン等と投稿してしまってたようでした。ウォール街が
あのような状態で、同じ金融での再就職も見送る人々が多く出始めてる、等とももれ
伝わってくるようですが、それでも超優秀な人材や、あるいはそれこそリーマンの様な
部門は、まだ多くの所から引く手あまたなのかもしれないなどともふと考えてしまいました。

最新のエントリーの伊藤忠丹羽会長の見解等も気になりますが、今後の推移に
とりあえずは注目したいと思います。(買収ないしそれを検討し始めた日本の各金融機関を)
<< 大久保先生が金融市場の英雄にな... 決定会合とかAIGの公的支援と... >>


無料アクセス解析