人気ブログランキング |
大機小機の「欧州人」は誤解している
 本日の「大機小機」は剣が峰氏。「欧州人はかく語りき」と題し、欧州人の弁を借りて内需主導の経済成長を果たせ、という主張だった(と私は受け止めた)。まあ、欧州人が言うように内需主導の経済成長によって生活が豊かになればいい、とは思うが、問題は欧州人の語る内容が甚だ怪しい、ということである。以下、欧州人さんの語りき主なポイント。
①財務省は巨額介入し、円安の決意を表明。金融機関は海外与信を増やし、日銀も歩調を合わせて異常に低い水準まで金利を下げ、資金の海外運用を奨励した。
②おかげで円安基調が維持され、長期の回復が今日まで続いた。
③しかし、国内の回復実感は乏しい。これは資金(資本)が海外に流れたからで、金融機関は流動性を失い、貸し出しに消極的になった。
 まだおかしいところはいくつもあるのだが、この辺で止める。
 まず、①は基本的にはデフレだったので、財務省は巨額介入したわけで、日銀も低金利を続けた。それだけのことだ。円安になるかどうかは時々の外為市場の美人・不美人投票の結果次第であり、たまたま金利差を材料にするのがブームになったに過ぎない。
 ②は一義的には海外経済が非常に堅調であり、日本の輸出製造業が潤ったため。円安はその追い風になったに過ぎない。回復のけん引は海外需要であり、円安は側面的な支援材料である。いくら円安でも海外需要が低迷したら外需主導の成長にならないでしょ。
③は誤解も甚だしい。金融機関はジャブジャブの流動性を抱えている。流動性なくて貸し出しに消極的なのではなく、資金需要が乏しいから貸出が増えないのである。

 欧州人の弁を借りて内需主導経済の必要性を説いても、そのロジックが怪しいと説得力が乏しいのではないか、と思った。ところで、この欧州人。「ロンドンを拠点に活躍する欧州のジャーナリスト」とのこと。もしかして時々日本に関して変なこと書くあの赤い新聞の記者であろうか。こだとすると困ったものである。
by bank.of.japan | 2008-06-25 22:40 | 大機小機 | Comments(8)
Commented by 柿の種 at 2008-06-26 06:45 x
>内需主導経済の必要性を説いても、そのロジックが怪しいと説得力が乏しいのではないか、と思った。

消費税導入前の累進性の高い所得税制に戻せば良い。
消費性向の高い貧困層は金を使いたくても金が無く、一方富裕層は預金するか海外に投資するかで消費に金を廻さないから。

それと官僚の天下り先である特殊法人や公益法人などは、極一部の必要不可欠なもの以外は全て廃止するべき。
民間経済の活力を削ぎ、また日本の高コスト体質の元凶でもある。

さらに産業界を業界団体を使って官僚がコントロールする旧来の体制は、既得権や不平等を生み新規創業や後発企業の意欲を奪い、寄らば大樹の陰的意識を蔓延させて、これまた国内経済の活力を削いでいるのではないか。

Commented by RT at 2008-06-26 09:36 x
本文には関係ないですが、天下りは本当に廃止すべきですよね。
天下りは、形を変えた賄賂・袖の下だということは明らかなのに、
なんだかんだと理屈を言って止めようとしない官僚。
結局は、国民の税金が癒着業者や役人の懐に消えていくんですから、
国の財政が厳しいときに、何でこんな犯罪行為がまかり通っているのか・・・
Commented by PK at 2008-06-26 11:39 x
成長が終わって、新しい事業も利権も生まれなくなっているから、官僚も汚職にしか興味が無いのでしょう。
分権化して複数の官僚組織が競えば、いろんな可能性も生まれるが、
東大マルクス脳がそれを許さないでしょうね
強力な権力を握り締めたまま、資本論を抱いて、どん詰まりの国とともに沈んでいくしかないのです。
うまく行けば共産主義が蘇るかも知れないし
Commented by パットメセニー at 2008-06-26 12:21 x
A県の有力地銀 「本石町銀行 会社説明会」 にて

銀行側 「当行の戦略として、景気の良い隣りのB県に、今後も貸出先を開拓していきます」
欧州人 「A県民の金を、B県にタレ流すとはいかがなものか」
剣が峰 「そうならないために本石町銀行は預金金利を引き上げるべきだ」
欧州人 「さすればA県民に消費意欲が増えて、県内景気も良くなるだろう」
会場一同 「・・・・・」
Commented by ・・・ at 2008-06-26 13:45 x
A県の有力地銀 「本石町銀行 会社説明会」 にて

銀行側 「当行に戦略は有りません。 表向き自主経営を装っているものの、
実は隣りのB県の出先機関なのです」
欧州人 「A県民の金はB県にタレ流し、買い物好きのB県民に使ってもらうべきです」
剣が峰 「そうならないために本石町銀行は預金金利を引き上げるべきだ」
欧州人「さすればA県民の景気は更に悪化し、A県の金は益々B県に流れる事だろう」
銀行側「Yes、sir」
会場一同 「・・・・・」

Commented by ニホンジン at 2008-06-26 15:37 x
酷い言いがかりですね。
量的緩和政策の有効性には色々な議論がありますが、
③のような言いがかりに解り易く反論できるという意味で
日銀にとっては良かったのではないかな、と思いました。
Commented by bank.of.japan at 2008-06-26 21:59
柿の種さん、どうもです。公的部門の無駄の削減、不要な規制の撤廃は賛成です。ただ、金持ちの課税を強化しても、税金で取ったその金は政府が財政で支出するので、資金循環としては効率的ではないかもしれません。

RTさん、どうもです。天下り禁止と人材の回転ドア化はセットで考える必要があると思います。

PKさん、どうもです。日本の風土が社会主義的なのだと私は思います。共産主義=官僚主義で、今の官僚機構を壊しても違った官僚機構が生まれそうな。
Commented by bank.of.japan at 2008-06-26 22:05
パットメセニーさん、どうもです。またまた面白いパロディをありがとうございます。でも、国会議員の一部はこれをパロディだとは思わないかもしれません(苦笑)。

・・・さん、どうもです。銀行の同調はブラックなジョークですが、まあジョークじゃないと受け止める向きもいる(剣が峰氏?)ので…。何というか寂しいものです。

ニホンジンさん、どうもです。欧州人さんの主張では、量的緩和は世界のバブルの元凶という受け止め方なのでしょう。③のようなトンデモ主張は確かにご指摘のような感じにはなります。
<< 日銀外貨資産の起源を紐解く国会... お知らせ=連絡先について(追記あり) >>


無料アクセス解析