人気ブログランキング |
巨鯨が泳ぐと色々波紋が起きますな=嗚呼、郵貯よ、哀れなる存在よ
 財政等要因に組み込まれ、インタバンクの資金需給では民間から隔離された存在であった郵貯は、いきなり出て行けと言われ、泳ぐ気もなかったのに、民間の海で泳げと言われ、「えぇーーー」と内心思いつつ、泳ぎ始めてしばらくが経った。世間的には窓口の風景とかが民営化の象徴として報道されたが、マネーマーケットでは巨鯨の泳ぎがいろいろ波紋を巻き起こしている。まあ、テクニカルには非常に興味深い現象が見られ、職業的には「とても面白いものを見せてもらっている」と感謝しているのだが、嗚呼、巨鯨よ、哀れなる存在ではないかと同情する。
 何が起きたか、箇条書きに並べてみたい。
・まず、予兆があったのは、日銀輪番オペ。やたら残存期間の短い債券が打ち込まれ、長期資金を供給するはずの輪番が短期オペ化した。
・最初は、何が起きたか不明だったが、誰かが必要に迫られて残存の短い債券を打ち込んでいるのが判明してきた。
・その誰かは、どうやら郵貯であった。しかし、その理由は最初は不明だった。
・徐々に理由が明らかになった。手元資金が大きく振れないように、保有国債の償還のこぶをならしているらしかった。
・これは郵貯的には合理的であった。それしか方法がないからであった。
・だが、残存期間の短い債券を打ち込まれた証券会社はその処理に困った。
・目をつけたのは銘柄は何でもokの日銀輪番だった。
・これをゴミ箱に使えばいいじゃないか、となった。輪番は短期化し、入札結果が甘くなって債券相場の売り材料になった。
・郵貯って邪魔じゃねえか、という批判が起きた。「泳ぐな」という声も挙がった。「寝てればいい、俺たちがよけるから」という指摘もあった。
・郵貯系の偉い人にこの辺の事情を聞いてみた。「だってちゃんと泳げといったじゃないか。泳ごうとしてるんだよ。何言っているんだよー」的な答えだった。私は「そうですよね」と思わず同調した。
・日銀はこの件であまり物を言いたくないみたいだった。
・私は言った、「おたく、郵貯のゲロ袋でしょ」と。
・ゲロ袋になった日銀国債ポートは短期化した。食ったものがすぐに出ちゃう「ゲリラー」症状が悪化しちゃったのであった。

結論 国債のメチャでかい塊りの巨鯨を民営化すると、ばちゃばちゃ泳いでしぶきが上がり、中央銀行のオペがゲロ袋になって、当該中銀はゲリラー化する。

雑感 ちゃんと泳げよな、泳げるよな、と言われ、いざ泳ぎだしたら、やっぱ邪魔だよな、泳ぐなよ、といわれた巨鯨は悲哀に満ちた存在である。ロバート・デ・ニーロの「フランケンシュタイン」をなぜか思い出す。
by bank.of.japan | 2008-05-21 22:15 | 日銀 | Comments(30)
Commented by マーケットインパクト at 2008-05-21 22:33 x
ということで、巨大投資家はインデックス運用しかできないということで、郵政、簡保、年金は過去数十年、同じことをやってきたのですよ。でも今は民間金融機関ですが、馬鹿でもわかるけど、年金と郵政がSWFよろしく自主運用したらさー、材用機関は全てつぶれるわけなんですよ。わかるかね。ちなみに年金の自主運用以前に日本版SWFは相当活気的なことやってきたのにな。
Commented by 郵貯は日本をだめにする。 at 2008-05-21 22:37 x
うーん民営化の意味って全然理解せれてないよね。普通考えれば馬鹿でもわかるでしょ。国鉄とNTTとはサイドが違うのよ。
Commented by 財政投融資、自主運用、特別会計 at 2008-05-22 00:24 x
てなわけで、大蔵ー財務省がさー。他の省庁が自主運用やるといったとたんに、公務員宿舎はごくつぶし野郎になるわけですよ。でも郵政宿舎だけはりっぱだったよね。そんな野望を見せないで、財投にみついでたからな。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-22 00:59 x
マーケットインパクトさん、どうもです。巨大投資家は巨大であるがゆえに身動きが取れないです。財投機関の将来は厳しいですが、つぶれるかどうかは何とも。どうなんでしょう。

郵貯は日本をだめにする。さん、どうもです。民営化しない方が良かったと個人的には思います。

財政投融資、自主運用、特別会計さん、どうもです。続きのコメントのように思いますが、郵政宿舎が立派だったとは知りませんでした。
Commented by 名無之直人 at 2008-05-22 09:25 x
ゲリラーですか。不謹慎ですが思わず吹きました。

日本銀行はこの件で物を言いたくないのはわかります。だって彼らは郵政民営化に何の責任も無いもの。
あえて言うなら民営化を唱えた政治家とそれを後押しした世論と人々でしょうか・・・。

昨日の日記のコメントに飛車さんが書かれていた、「誰が利子を生み出して、そして支払っているのか」を理解していない向きが多すぎるのだと思います。理解してれば、郵貯を民営化して彼らはどうやって利子を生み出すのか、考えてみれば何が起きるのかはすぐ想像はついた筈なんですが。
Commented by Teddy at 2008-05-22 09:32 x
bank.of.japanさん、やや本旨とはズレますが、郵貯銀のブラックロック指名に、邦銀のB/Sで(パーリアの感がある)米家計のリスクの引き受けへの道を拓く遠謀を指摘することは可能でしょうか?
Commented by PK at 2008-05-22 10:48 x
郵貯の外資との提携の後は、日本国債の動揺、日本経済崩壊ですかね?
Commented by Ph.D Candidate at 2008-05-22 10:55 x
債券市場で郵貯が動いただけでその状況なら、株式市場はもっと凄いことになりそうですね。
年金のアロケーション規制が緩和された時を思い出します。

米国の家計のリスクを引き受けるのは、銀行部門ではなく保険部門での方が良いと思います。もし受け入れるのであればですがね。
Commented by haha at 2008-05-22 12:08 x
そりゃ今までと変わって困るやついるわな。そいつら頑張れ。しかし、ここのwebmasterは、通っぽい話する割に「民営化しない方が良かったと個人的には思います。」とか、テレビみたいな事を言うよね。あぁ、そーゆー人なんですっけ?
Commented by Baatarism at 2008-05-22 12:49 x
経済学的観点から言えば、郵貯を廃止して代わりに個人向け国債を売っておけば済む話なんですが、郵便局員の雇用問題に手を触れられなかったので、民営化になったんでしょうね。
Commented at 2008-05-22 13:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 水田X at 2008-05-22 16:21 x
泳げ!鯨くん 毎日毎日ぼくらは官僚の下でいじめられてやになっちゃうよ。 。。。。はじめて泳いだ民営の海 って感じでどなたかつくってください。
Commented by 拍手!! at 2008-05-22 19:36 x
この問題は昨年末頃から始まっていますが、債券相場が調整してようやく注目されてきたことです。それをここまで比喩するとは大笑いです。このネタは日銀は嫌がりますねー。財務省にバツが悪いんでしょうか。事実上の確信犯で国債管理政策から身を引いている訳ですから。。。もう武藤さんも居ないし、財務省出身の審議委員は来ないから関係ないのかな。
Commented by 30兆円 at 2008-05-22 20:57 x
どうもです。鯨が泳ぐとコバンザメみたなのも出るし、えせ鯨も出てくるし、、、。困ったものです。
Commented by 椿ライン at 2008-05-22 21:22 x
 洒落っ気に溢れるエントリーご苦労様です~。
 きょうも輪番をきっかけに債先が1円超下げて驚きましたが、ゆうちょ銀の立場なら痛しかゆしですよね。ここは株主の財務大臣にバイバックに応じて貰い、市場の波乱要因を減らした方が良いような気が・・・。
Commented by 拍手!! at 2008-05-22 21:32 x
pcの調子が悪くてなんか4回も出てます。すいません、削除してください
Commented by 鷹鳩 at 2008-05-22 22:28 x
輪番があるとお昼休みも気が休まりませんね
債先の動きが激しすぎでもうだめぽ…。鯨のせいなのかシカゴのせいなのか、よーわかりませんが。
本日も前場こそ1円下げましたが、大引けにかけて花火が打ちあがりました。。。
Commented by 植田日銀総裁 at 2008-05-22 23:43 x
そもそも、日本は短期金融市場の大きさ(というか準備預金額)対比、財政赤字額、国債発行額そのものや財政資金が一度に集中して動く額等(税揚げの額、年金支払いの額、国債発行償還額)が大きすぎる(財政の動きが大きく且つ分散化・効率化されていない)上に、さらに巨大な金融機関にその変動が集中しています。テクニカルに言えば日銀当座預金の変動額が大きすぎるのです。それを非常に肌理細かく、O/Nの金利がピタリ誘導目標に向かうように大量且つ短期の供給・吸収両サイドのオペを駆使して調整をしようとするからこのようなことが起きるのだと思います。これは郵政を民営化したから起きた問題なのかもしれませんが、要は状況に合わせた金融調節を行えば良いのだと思います。O/Nのボラティリティーをもっと許容するとか、準備預金のキャリーオーバーを認めるとか、準備預金に付利して当座預金が大きく変動しても金利が変動しにくくするとか、思い切って買切りオペの量を増やすとか、そういうきわめて技術的問題で解決できるはずです。だから本当は別に民営化する、しないの問題と絡める必要はありません。
Commented by 植田日銀総裁 at 2008-05-22 23:47 x
つづき:もっと言えば郵貯が民営化しようがしまいが関係なく、もともと非効率的な日本の財政資金の動きと金融調節との適切な関係を模索する必要があるのだと思います。ただ、日本人はそういうキッチリとした細かいことするの好きですから、まあやむを得ないのかも知れません。秒単位で細かく設定されている通勤電車のダイヤ、工場のライン、成田空港の管制塔。みんな同じ類だと思います。でも山手線にスピードの違う特急を同時に走らせたり、カローラのラインでランドクルーザーを同時に作ろうとしたら、JRやトヨタも、「そりゃ無理だ!」と言う様な気がしますが・・。ちょっと昔の映画「交渉人 真下何某」で地下鉄のコントロールセンターが出てきましたが、日銀の調節現場を想像してしまいました。日銀にも線引き屋がいるんでしょうね。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-23 00:12
名無之直人さん、どうもです。ゆうちょ銀は現状ナローバンクなので、経費大幅圧縮するか、業務多角化のいずれかを目指すしかないです。先行き超厳しいです。

Teddyさん、どうもです。あまり遠謀めいたものはないように思います。何とも言えません。

PKさん、どうもです。自滅の道は歩まないと信じたいです。

Ph.D Candidateさん、どうもです。サブプライム問題で流動性が乏しくなるなど、地合いが悪いのが裏目に出ました。多少配慮した泳ぎになるかもしれません。

hahaさん、どうもです。個人的感想も漏らします。備忘録として。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-23 00:16
Baatarismさん、どうもです。私もそういう見方です。

非公開さん、どうもです。コメント多謝です。参考になります。

水田Xさん、どうもです。このネタで替え歌できるのは…みたいな。さんぐらいなものでしょう。期待したいです。

拍手!!さん、どうもです。ありがとうございます。大分前から何となくわかっていて、何気に書いてしまいました。ダブりは調整しました。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-23 00:25
30兆円さん、どうもです。いわゆるちょうちん系でしょうか。まあ、儲かるチャンスはいくらでも利用されるのが市場ですね…。

椿ラインさん、どうもです。まあ、ある種のサポートも民営化にそぐわないので、難しいかもしれません。今日輪番あるのは知らなかったです。

鷹鳩さん、どうもです。米金利も上がっており、ちょっと地合いが悪かったです。ボラ、相変わらず高いですね。

植田日銀総裁さん、どうもです。プロ的な視点でインフラ&構造問題をご指摘頂き、ありがとうございます。まさにご説明されたことが重要であろうと思います。もう少し背景を入れた補足的なエントリーをアップしようかなと思います。このまま財政規模が膨らむ中では、何とかしないとインタバンクの資金循環が難しいかもしれませんので。いつまでも職人芸ではもたないような気がします。
Commented by 昔はげろ袋だった郵貯 at 2008-05-24 00:59 x
我々のときはオープンMでは、最後のNCDげろ箱=郵貯、年金でしゅたよ。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-24 21:47
昔はげろ袋だった郵貯さん、どうもです。NCDの購入先は「投資家」と一般には呼ばれておりました。なるほど…、やはり。
Commented by あsh at 2008-05-25 13:19 x
すごいおもしろいです。リスク管理しようと思ったらどっかにげろ袋が必要になりますもんね。昔みたいにげろ袋として働き、財投につっこんでればすんだ時期は過ぎたのだと思います。この資金規模になると外国に振り分けてリスク取っていかないといけないけど、穴が空いたときどうなるのかすごい楽しみです。
Commented by もと郵貯 at 2008-05-25 19:33 x
本石町日記さん
日銀かわいさのあまり郵貯民営化に反対なのはよくわかりますが、郵貯をげろ袋のままにできないでしょう。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-27 20:25 x
あshさん、どうもです。リターンを増やす場合には、外貨建ても含めてリスクを取らないと収益的には厳しいように思われます。逆説的には、穴が開いて大変なことになるほどのリスクは取れない、のでしょう。

もと郵貯さん、どうもです。もともと国債買いきりは、銘柄ベースでは受動的ですので、「ゴミ箱」になるのはまあスキーム上は仕方がないですね。
Commented by 元年金 at 2008-05-27 21:52 x
知っていてとぼけていらっしゃると、思うけど第二の国家予算財政投融資で、郵政、年金、簡保は苦労したのですよ。だから年金はわざわざ、理財からとんでもねー金利で金借りて苦労して、自主運用したらてめーの食い扶持で、野党のどもに目のかたき。ちなみ年金資金の30パーセントはあんたらがいうところの外債、外株へ投資されておりその大半の運用機関は名だたる欧米の運用j機関。もっと勉強したら。
Commented by 昔のオープンマーケット at 2008-05-27 22:25 x
でもその昔、NCDのセカンダリーマーケットがあったとさ、市場参加の農民達はその頃悪代官様に年貢を収めるよりは、ということとで、エンド米を勝っていただいただよ。郵貯様は神様だ。
Commented by at 2008-05-28 00:46 x
泳ぎにくければ、泳ぎやすいサイズになっていくのが自然の摂理。全部国が見てたら、そういう力学は働かないからもっと肥大化してただろう。
<< 「あるMBAの憂鬱」を「アリと... 「(特定の)利害に配慮した金融... >>


無料アクセス解析