人気ブログランキング |
ゼークト理論で「金融士」構想を考えたみた=「無能な働き者」に仕える「有能な働き者」の構想ですね
 ドラめもんさんのモーニングメモをメールで受け取っている方々はご記憶かもしれないが、しばらく前のメールの枕ネタに「ゼークトの組織論」が使われていた(ドラさん、お借りします)。この組織論、ウィキペディアによれば「ゼークトの説であることを示す証拠はないが、広く一般にゼークトの提唱した理論として知られている」そうなので、とりあえずゼークトの理論として使ってみたい。何に使うのかと言えば、反響が多かった下の「金融士」構想についてである。この構想、日本人の組織観&労働観&価値観を考えるうえでかなり含蓄があって、これから色々と取り上げるかもしれない。「金融士」でカテゴリー作ろうかな(苦笑)。ちなみにゼークトはドイツ軍人ハンス・フォン・ゼークト、「ヴェルサイユ条約の下でドイツ陸軍を再建した中興の祖」(ウィキペディア)とされている。
 さて、金融庁の「金融士」構想である。この案、恐らくは金融庁の官僚がオリジナルで考え出したものではないだろうと思う。なぜなら、官僚は金融最前線の現場は知らないかもしれないが、状況を理解・把握する能力は高く、それなりに問題点は把握しているもの(日銀もそう)。従って、唐突に見当違いの案を出すことはしない。それに官僚なるもの、関係者から「キャハハ」と哄笑されて赤っ恥をかく失態は最大の屈辱と受け止める存在(日銀もそう)であり、みなさんがすかさずブーイング&キャハハ攻撃をした「金融士」構想は金融庁オリジナルとは思いにくいわけだ。
 ちょっとネット検索してみたら、こんなニュースがあった。一部引用すると「渡辺喜美金融担当相はかねてから、金融法務や財務会計の専門家の「金融サービス士」の資格創設を提唱していた」という。やっぱり、である。どなたかも指摘されていたように、トップダウンのプロジェクトであったわけですね。
 「ゼークト理論」では、軍人は4つのタイプに分類される。①有能な怠け者②有能な働き者③無能な怠け者④無能な働き者。それぞれが軍隊のどのクラスに向いているかの詳細は、ウィキペディアをご参照いただくとして、「金融士」構想においては、「無能な働き者」になってしまった大臣の指示を受けて、「有能な働き者」である金融庁官僚らが真面目に実行に移した、というこであろうか。まあ、ついでに「資格制度」が権益確保になればいい、というスケベ心もチラッと生じたのかもしれない。
 ところで、金融士が備えるべき能力は以下の通り。
①金融に関する幅広い基礎知識と特定の分野に関する深い専門知識
②金融業において高い付加価値を生み出すための能力
③法令や会計基準といった制度的制約に関する深い知識があり、コンプライアンスと収益性のバランスのとれた判断ができる能力
 ①と③を満たすのは、まさに「官僚的な素質」ではないですか。従って、肝心の②を発揮する能力はないようにも思えるが…。「有能な働き者」(参謀向き=官僚)は「有能な働き者」を増産していく。すなわち、金融士はわが国金融システムを一段と官僚化していくのではないかと考えられる。これも意見として参考にしていただきたいです。

 みなさん、「無能な怠け者」を目指しましょう。そうすれば「有能な怠け者」(前線指揮官向き)のリーダーが自然に輩出され、わが国金融システムの潜在能力は高まる。後は、制度上・風土上の障害をいかに取り除くかだが、これはハードルが高い。
by bank.of.japan | 2008-05-02 22:09 | 金融システム | Comments(32)
Commented by Sさん at 2008-05-02 23:16 x
上記3能力の②ですが、官僚は「付加価値」という言葉が好きなような気がします。前任者とは違うことをやっているという含意なのだと思いますが、実際付加価値が付いているかはかなり疑問な場合が多いです。

早く内閣改造して欲しいです。
Commented by 飛車 at 2008-05-03 00:15 x
金融業における付加価値というのは、貸し借りの金利差+手数料でしょうか?
前者はかなり厳しいように思います。頑張るとするなら後者ですよね。それなら、「手数料収益増やすように頑張れ」って書いた方が、メッセージとしてはわかりやすいような。

というか、「付加価値」は精神論系の人が訳もなく賑やかし的に使う事が多い単語ですので、結構要注意ワードですよね。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-03 00:42
Sさん、どうもです。金融担当大臣には「有能な怠け者」が望ましいです(苦笑)。

飛車さん、どうもです。ご指摘の通りかと。精神論臭いのが鼻につくのは間違いないです。
Commented by うーぱー日記 at 2008-05-03 01:28 x
②金融業において高い付加価値を生み出すための能力
って、ものすごく崇高な価値だと思います、、、、
だって、どの金融機関でも、何人いるの?って人ですから、、、
もし、資格を取るだけでこれだけの能力が備わった人だと、お墨付きを与えてしまうとなると、却って、金融士の信頼を落とすだけの様な気がします、、、、
Commented by えせバンカー at 2008-05-03 03:12 x
付加価値を生み出す能力を評価できず、バランスの取れた判断の出来ない政府のくせに。と皮肉も言いたくなりますね。
Commented by 2級ロム専士 at 2008-05-03 03:21 x
なんとなくですが、「付加価値」って、利用者側のメリットを想定して書いているような気がします。ただ、能力を資格で定義すると、でてくるアウトプットは予想された範囲のものでしかなくて、それ自体によって高い付加価値なんかつくわけないと思いますが。
内閣改造があったとして、この構想をどうフェイドアウトさせていくのか、が見ものですねぇ。(遠い目)
Commented by bank.of.japan at 2008-05-03 14:32
うーぱー日記さん、どうもです。「金融士」のハードルが低いと、価値は落ちて意味はないし、かといって高い付加価値を生み出すのは容易ではない。資格として機能する可能性は低い気がします。

えせバンカーさん、どうもです。確かに。「付加価値」の判断は超難しいです。

2級ロム専士さん、どうもです。「付加価値」は定義が曖昧で、飛車さん指摘の通りに精神論臭い面があります。まあ、パブリックコメントを求めているので、案の消滅は難しい気がします。別なものに化けたりして(苦笑)。
Commented by PK at 2008-05-04 11:27 x
金融業が創造する付加価値というのは、結局、物事に流動性を与えてそれを持続することです。マルクス主義の決定的な間違いはここにありますが、本源的な価値の創造がどこで生まれるか、その過程における市場と金融業者の役割はとても大きいです。
Commented by えせレギュレーター at 2008-05-04 17:14 x
これはまさしく「トップダウンのプロジェクト」。今更、こんな士業が必要だなんて思ってるFSAマンはいないのでは。。。
Commented by とおりすがりの人 at 2008-05-04 18:18 x
ここの書き込みはfsaに書き込むべきですね。
せっかくの機会ですから。
そうでないと、匿名ゆえの憂さ晴らしになってしまいます。
本石町日記さんも書き込んだらどうでしょうか。
Commented by konsai at 2008-05-04 21:06 x
市場が判定を下すゲームの生産性向上を目的に資格制度を導入するなんて、その発想自体が悪い冗談としか思えない。
両者はどちらかと言うと対極にあるものだろう。

仮に大臣が言い出した事だとしても、粛々と試案を作る官僚の姿を想像すると、多分この国はもう終わっているのだろうと思う。
Commented by ktkbtmy at 2008-05-04 21:59 x
有能無能というよりその分野での素人が大臣になることが問題なのだと思います。金融や実業界で働いたことがなく、ずっと政治家やってきた人が最前線で働いて来た人を満足させる施策を打ち出したり、官を監督できるとは思えません。有能なFMや投資銀行マンが大臣になればこんな話は出てこないでしょう。大臣が、その人の経歴ではなく総裁選や選挙の論功行賞で決まるようでは官僚がどうであれ同じことがおきるでしょうね。まあ、政治の世界が金融業界をカスほども考えていないことのバロメータでもあります。
Commented by ぺそん at 2008-05-05 14:17 x
この大臣さん、永田町では金融通の論客として名が通っている不思議
Commented by 通行人 at 2008-05-05 18:32 x
この大臣、金融政策を語るとまともだけど、金融行政は素人。
君死にたもうことな人は、金融行政はまともだけど、金融政策は素人。

両者が別物だと言うことに気がついている人が少ないのが、日本の
金融リテラシーの限界をあらわしている。
Commented by ばたーかっぷ at 2008-05-05 22:21 x
確か山本-渡辺だった頃から金融士構想って日経金融(もはやご臨終ですね・・・)とか金融財政事情でポツポツ出ていたような。
ちょっと手元にソースが無いのですがが、大臣の肝入りという話はその頃から言われていたやに記憶しています。
Commented by PK at 2008-05-06 01:01 x
東大マルクス脳は市場が嫌いだから
日本は、こいつらだけが生きられる場所なんだろうね
俺らには関係が無い
Commented by 通行人 at 2008-05-06 02:48 x
日本版科挙でしょうか
Commented by bank.of.japan at 2008-05-06 22:11
PKさん、どうもです。付加価値の具体的な定義は難しいですが、「金をつける」ノウハウの発達は経済活動の円滑化に資するのでしょう。もっとも、金融取引は管理が難しく、結果的にバブル生成とその崩壊を生じやすいです。

えせレギュレーターさん、どうもです。私もそう思います。

とおりすがりの人さん、どうもです。FSAからのアクセスは官庁系では多めでありまして、まあ読んで頂いているのではないかと推測しております。

konsaiさん、どうもです。私も最初は冗談かと思ってしまいました(苦笑)。困ったものであります。金融業の将来は暗いですね。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-06 22:18
ktkbtmyさん、どうもです。わが国の場合、例えばドクターになっても職の不安が大きく、このことは全般的に専門志向ではなく、なおゼネラリスト志向が強いのではないかと思います。日銀の審議委員も必ずしも金融のプロが選ばれず、これはこれでよしとする風土があるのでしょう。せめて金融・経済系は大臣も含めて専門志向になって欲しいと思います。

ぺそんさん、どうもです。一応そうですね。

通行人さん、どうもです。金融政策はリフレ的です。金融行政は、不良債権問題で「論客」とみなされていたと記憶します。金融政策と金融行政は混同されがちですね。峻別した議論は確かにあまりないです。

ばたーかっぷさん、どうもです。そういう経緯があったのですね。迂闊にも気が付きませんでした…。

通行人さん、どうもです。そうなってしまうと困ります。
Commented at 2008-05-06 23:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by three-hyphens at 2008-05-07 02:46 x
付加価値を生み出すためには,「能力」よりも,「インセンティブ」を上手に扱って欲しいですね.本石町日記さんのおっしゃるとおり,個人の能力よりも,それを使う側の問題でしょう.

この「金融士」構想,「無能なトップが有能な部下を使うとこうなります」という,金融庁自らがあえて示した,壮大な失敗例なのかもしれません.有能な金融庁官僚たちが,それをあえて承知で,自爆覚悟でやったと思いたいです.

金融庁も金融業界も,これを悪しき旧弊の墓標にして,新たな道に進まれることを切に願うばかりです.
Commented by 飛車 at 2008-05-07 11:04 x
付加価値は定義もはっきりしていて、誰でも計算できるのですが・・・。
Commented by 鰻谷。 at 2008-05-07 13:12 x
庇う訳ではありませんが、人材の育成そのものは必要なことだと思います。
ただ、それには新しい資格とかでは無く、three-hyphensさんのおっしゃるとおり、
適切なインセンティブが伴わないと、意味ないですよね。
まぁ、機関投資家における財務運用は金融士以外認めないとかにすれば、
インセンティブにはなるのでしょうけれど。
そのデメリットに完全に目をつぶれれば、ごく一部の「極めて未熟な市場参加者」の排除くらいには役立つと思います。
ただ、マーケットってのはそういう未熟な市場参加者が自然と淘汰されるようになっているものなのですけどね。

とはいえ、マーケットにおける付加価値なんて、資格の勉強なんかでなんとかなるものでは無いですし。。。
Commented by EURO SELLER at 2008-05-07 19:44 x
鰻谷。さん
>機関投資家における財務運用は金融士以外認めない
そんなことしたらまたコンプライアンス不況といわれたり資格取得会社への天下りとか起きてしまうそうですね。インセンティブはその会社が独自に決めれば良いのだと思います。お上が決めることではありません。
Commented by 内務省 at 2008-05-07 23:13 x
やはり、規範のなく、欧米追従のこの状況下では我々の出番でしょうか。
マーケット=神の意思と本気で考えている馬鹿どもにはわからんでしょうな。神の意思とは、リバイアサンの実現ではなく、ある規範(信用ですか)にのっとった人間行動の集約なのですよ。おい金融工学馬鹿。
Commented by 官僚及金融政策 at 2008-05-07 23:35 x
最初は素人ファンに批判されようが、信念を貫き、結果的に思い通りに選手を導き、ファンの賞賛を浴びるてなところが官僚の花道ですよね。
でも今の方々って、最高に盛り上がった局面で、ド素人審判(すみまんせんが野球やったことなくたって審判ルールどおりに)が規範どおりにボークっていって、野球人をしらけさせちゃうのですよ。それで、最後のだから野球はつまらんスポーツで、やっぱり世界的にはサッカーだよねって、いうのだろ。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-08 01:04
非公開さん、どうもです。それは理想的な付加価値の増大のパターンかもしれません。

hree-hyphensさん、どうもです。私もインセンティブの面が大きいと思います。徐々に変わっていくのではないかと期待しております。

飛車さん、どうもです。突き詰めると、ご指摘のように付加価値は「手数料」と解釈されます。ただ、手数料の取り方(引き上げる方法)でバリエーションがあり、なかなかこれと言って示せない、また当局側も「手数料」と簡単に言いたくないのかもしれません。

鰻谷。さん、どうもです。確かに人材育成とインセンティブがうまくかみ合うのが理想的だと思います。これに資格がうまく重なるとさらに良いですが。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-08 01:11
内務省さん、どうもです。マーケット=神の意思と本気で考えている方はあまりいない、というかマーケットも完全ではなく、間違いもあり、しかしそれに替わる良い仕組みがなかなかない、というのが一般的な受け止め方ではないかと思います。

官僚及金融政策さん、どうもです。最初は批判されても、最後は「さすがだ」、「隻眼だった」と賞賛されるのは官民とも共通の花道。なかなかそうは問屋がおろさないのは悲しい現実であります。
Commented by 雲のパン屋 at 2008-05-08 14:42 x
アメリカでは、金融を扱うのに非常に厳しい資格があるって聞きましたけど、それを導入したかったのではないですか?
Commented by 鰻谷。 at 2008-05-08 14:47 x
> EURO SELLERさま
ほんとおっしゃるとおりですね。
お上が何もしなくても、
企業や個人は個々の収益最大化を目指すわけで。

ただ、現実には官の規制が、
(ネガティブな)インセンティブになっている例も、
ままあるわけで。。。

J-SOX対応の混乱も、まさにそう。

かといって、ポジティブなインセンティブを、
お上が設計できるほど、
実務に強いとも思えませんし。

ちゃんとワークしている官の資格規制って、
この業界じゃ、弁護士、会計士、
あと、保険資格とか外務員資格とかぐらいでしょうか。

でも、金融士って(おそらく)マーケットの人対象でしょうから、
そういう人には資格による規制って意味ないと思うなぁ。

アナリスト資格でさえ、外資じゃ、
暇人の取るもの、みたいな扱いだしw
Commented by 鰻谷。 at 2008-05-08 15:05 x
> 雲のパン屋さま
シリーズ7とかですかね。あれは日本でいう証券外務員試験です。
日本のものよりは難しいと聞きますが、
CMAやCFAと比較できるようなものではないと思いますよ。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-09 18:04
雲のパン屋さん、コメントありがとうございます。鰻谷。さんにフォローして頂く格好となりました。鰻谷。さん、多謝です。
<< 「JUDO」と「柔道」と石井選... 「金融士」構想への疑問=現場は... >>


無料アクセス解析