人気ブログランキング |
「金融士」構想への疑問=現場は既に十分優秀であろう(追記あり)
 金融庁が「金融士」構想を明らかにした。こちらである。詳しくは当該ページの「具体的な内容」のファイル(http//www.fsa.go.jp/news/19/sonota/20080430.pdf)を参照して頂きたい。
 当ブログで何度か指摘していることだが、「労働者」としての日本人の質は決して劣ってはおらず、むしろ高い(と私は思う)。「現場は優秀だが、経営がダメ」or「現場が優秀だからこそ経営がダメ」で、これは「実務は超優秀だが、政策がダメじゃん」の日銀をみると良く分かる。
 で、金融士構想である。まず「金融機関の多くは、高度な金融商品・サービスの提供という点で外資系金融機関の後塵を拝しており、また、金融商品取引法施行時の混乱に見られたように、金融監督当局と金融機関、事業会社等の現場との間で、必ずしもコンプライアンス意識の共有が図られていない状態にある」との問題意識がある。
 そのうえで「国際金融センターにふさわしい金融の専門知識やスキルを持った人材の厚みを増していくこと、当局と現場との間で共通のコンプライアンス意識を有する人材を確保していくことが、金融・資本市場の競争力強化にとって最も重要な課題の一つ」として、金融士を育成するわけだ。
 これを簡単に言えば、日本の金融がしょぼいのは人材がバカだから、と言っているに等しい。もっぱら現場の能力不足によって金融が欧米に劣後している、という発想であり、これは「兵を鍛えれば肉弾で戦車に打ち勝てる」に通じるものがある。これ以上資格を取り、頭を良くしてどうしようと言うのか。弁護士、公認会計士、不動産鑑定士、博士、税理士、etc。世の中は既に「士」だらけである。「士」のピラミッドをさらに高くしたいのだろうか。
 そんなことよりも
・通産次官が「デイトレはバカだ」という方が問題だ
・「額に汗して働け」という価値観でホリエモンを有罪にする司法が問題だ
・多重債務者は可哀想だという発想で上限金利を下げてノンバンクを叩き潰したのが問題だ
・過剰な消費者保護で金商法を導入したのが問題だ
・スコアリングモデルを推奨しちゃうような金融当局のセンスが問題だ
・検査で金融機関を「幼稚園児扱いする」(某金融機関幹部)のが問題だ
・金融機関に「非常識な時間に非常識な依頼をする」(同)金融当局が問題だ

 笑ってしまったのは以下の部分である。
「規制当局や中央銀行においても、高度化、複雑化する金融市場に対応できる人材の育成・確保が急務になっている」
 現場をいくら優秀にしても野党が支離滅裂な発想で総裁人事を迷走させたら意味ないじゃないか、と思った。それに、当局の人材をさらに優秀にしても「さよなら絶望官僚さん」が「やっぱり霞ヶ関ゲットーから出ないと迫害を受けるままだな。僕はマゾでも聖人君子でもないし、『たとえ他から何を言われても自分自身が仕事の意義を信じていれば』と思えるほど心が強くはない」とこぼすような職場環境ではスーパーな人材の流出を加速させるだけである。
 金融庁はあまり政治家先生に怒られないのかな…。


追記 みなさん、瞬く間に多くのコメント多謝です。おいおいコメントをお返しするとして、金融庁は「『金融専門人材について (基本的なコンセプト)』に対して意見募集している」ので、当エントリーとコメントを意見として採用して頂ければ幸いであります。担当者殿、どうかよろしくお願いいたします。
by bank.of.japan | 2008-05-01 21:39 | 金融システム | Comments(32)
Commented by xxxmitaina at 2008-05-01 21:49
「金融」を「政治」に読み替えて、「政治士」構想もお作りいただきたいものですなあ(笑)。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-01 21:54
みたいな…。さん、どうもです。そのノリだと「報道」に読み替えて「報道士」構想になる、とか(苦笑)。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-01 21:57
失礼。「みたいな…。」さん→「…みたいな。」さんでした。
Commented by 金融政策士 at 2008-05-01 22:34 x
要するに商売ですよ。資格をとるための教育でカネ儲けができるし、資格をとった後の「継続教育」でもカネがとれる。そう踏んでいるひとがいるんでしょう。金融庁の役人もそういう教育機関を天下りできるわけですしね。ライセンスビジネスって、成功すると、ものすごくおいしいですからね。
Commented by 北の書生もどき at 2008-05-01 22:42 x
ご無沙汰しております。
今回の金融士構想を見た瞬間、かの『三〇兆円高地』攻防戦(http://hongokucho.exblog.jp/4368743/)で因幡准将が提唱した『教練高度化路線』(「戦果が上がらないのは教練度が低いからだ」)の逸話を思い出しました。ヤレヤレ。
もっとも、「規制当局や中央銀行においても、高度化、複雑化する金融市場に対応できる人材の育成・確保が急務になっている」という事実認識はその通りだと思います・・・より実態に近い表現は、「規制当局や中央銀行において”は”」なんでしょうけれども(苦笑)。
Commented by テキサスロングホーン士 at 2008-05-01 22:42 x
日本の常識は世界の非常識の典型例ですね。世界中見渡して、「金融士」などという資格は見たことがありませんし、聞いたこともありません。そんなに資格資格というなら、米国MBAの資格で十分でしょう、金融機関で働く分には。
Commented by ただの銀行員 at 2008-05-01 22:44 x
金融関係資格としてはすでに証券アナリストがあり、英語も視野に入
れれば米国CFAがあります。両資格ですでに「金融士」の領分を十分
にカバーしています。いずれのカリキュラムも長い歴史を経ており、
短時間で「金融士」の資格を作って太刀打ちできるのでしょうか。
時間と税金の無駄遣いであるうえ、既資格取得者にも失礼千万な話
です。
渡辺大臣におかれても、まずこれらの試験を率先して受けて、合格し
ていただきたいと思います。それから議論をはじめるべきでしょう。
Commented by ぽん at 2008-05-01 22:47 x
でも、検査官が金融士持ってたら、首を捻る様な指摘が減るのでは?
それはそれで銀行側にとっても、変な指摘されて、それで体制変えた途端に次の検査で全部ひっくり返されるなんてことはなくなるでしょう。
でも、銀行側が曲解していることも多いんですけどね。
Commented by うお士 at 2008-05-01 23:36 x
金融士と聞いて、FFのジョブみたいだ、かっこえぇーと思った私は、ただのゲーム脳ですかそうですか。そのうち、金融士補佐とか、上級金融士とか、派生商品がでてきたりしてw
Commented by a-kun at 2008-05-01 23:45 x
いやあ、「金融士」構想の記事をみたときには冗談だと思っていましたが、これってまじめなネタだったのが驚きです(笑)
弾の飛び交う最前線でHFや外資系証券会社とやり合っている身から言わせてもらえば、彼らも大概なもんですよ。(仕事で付き合いのあった某欧州金融機関の債券担当者はバーベルブレット分析も知らなかったが、兆円単位のポジションを持ってたりしました。)正直、民間では既に人材交流は大きく進んでいますので、企業間の格差は大きくても国籍の差はほとんどないと思います。
Commented by PK at 2008-05-02 00:03 x
最近先物の勉強をさせてもらってますが、あれは理論ではなくてアメリカンフットボールだと思います。
時価評価でいぶり出したリスクを先物というボールに載せて、売買契約を事前に結ばせ、あとは肉弾体当たり攻撃で追い込むだけです。2月の4度の暴落はそういうノリだったのではないでしょうか?
Commented by 害債士 at 2008-05-02 00:04 x
ここまで露骨な天下り先確保作戦は・・・。それにしても、リンク先に示されていた「金融専門人材」の資格のイメージ(案)にある「外国金融専門人材」が基礎科目の試験を通過しなおかつ専門科目も簡単そうに見えるのですが、これは海外MBAとかそういう人々を念頭においているのでしょうかねぇ。
最終的にはこの資格がないとできない業務を作ってしまうのかとおもいきや、
金融士(仮称)の資格は、我が国金融界においてビジネスやコンプライアンスのレベルアップを図るためのものであり、医師や弁護士のように法律で業務独占規定を設ける国家資格とすることまでは必要なく、また当面は現実的でもないと考えられる。ただし、この資格が有効に機能するためには、国民から認知、信頼されることが不可欠であり、何らかの公的関与は、当然必要である

とありますから、やはり単なる天下り先確保でしょうね。
Commented by 私たちは二流規制官庁 at 2008-05-02 00:47 x
すみません。ぼくらは政治家先生とかマスコミ様のいうがままに、大局にたって金融行政なんてやらせてもらえないのです。とかく規制しても、本当に怖い人たちと既得権益の人たちには本当に怖いので絶対行政指導しません、なのでサラリーマン金融業界をいじめているのです。
Commented by Willy士 at 2008-05-02 02:01 x
この資格ができると、米系証券会社勤務の無免許カリスマクオンツが新しいデリバティブ商品を開発して捕まったりするんですかね。
Commented by ロム専士 at 2008-05-02 04:29 x
いつもロムさせていただいております。
形をかえたハコモノ行政ですね、という印象です。
こういうハコをつくる政策しか思いつかないことの方がより問題なような気がするので、どなたかがいっていたように、まず「政策士」から始められたらいかがと。
Commented by EURO SELLER at 2008-05-02 07:10 x
自己責任が言われる世界で資格があれば十分なのか。全くの否です。
逆に,防衛のためには資格に関係なく勉強せざるを得ないと思います。
これはIT業界の情報処理の資格と同じですね。
Commented by PK at 2008-05-02 07:43 x
日本の市場はプロを増やすより、個人のレベルを上げた方が防衛力を上げることになると思います。現物の株と先物ミニを組み合わせた運用の仕方を一般化すれば、外資の仕掛けに強くなるでしょう。それは為替にも言えることで、国富ファンドよりミセス渡辺のレベルアップの方が良いです。
オプションでも売ってばかりでは、ボラをコントロールできる覇権国に敵うわけがありません。知恵のある個人層が厚く存在すれば、ボラが下がってひ弱な日系金融のオプション売り戦略を支えてくれるかもしれません。
Commented by システム5.1士 at 2008-05-02 08:01 x
「日本の常識、世界の非常識」「冗談だと思った」「天下り先確保」「形を変えたハコもの行政」などなど、皆さんのご意見の通りだと思います。私ですか? 報道を見たとき、椅子から転げ落ちました(笑)。
Commented by Baatarism at 2008-05-02 09:50 x
ここは金融庁顧問となった高橋洋一氏に、渡辺大臣へ諫言して欲しいものですね。彼ならば、役人のやり口も知り尽くしているので、ストッパーとしても適任でしょう。
Commented by パットメセニー at 2008-05-02 12:27 x
「いつもお世話になっております」
「今後とも宜しくお願いします」
名刺交換をいたしますと、皆さん資格がいろいろと入っておりますが、ここに金融士も登場するのか?(邪魔だよね)
ところで、私の手元にある、金融庁の方やSECの方の名刺には、そういうものはない。
あらら、頭取にも見当たらないわ。エライ人には必要ないでしょうね。
Commented by 鰻谷 at 2008-05-02 13:41 x
米国と日本の一番大きな違いは、金融のインフラですよね。
プレーヤーレベルのレベルでは無いわけで。。
御当局の方々はよほど日本の金融マンのレベルが低いと思い込んでいるようで。。

なんだか疲れてきました。

とりあえず、金融当局(大臣の含む)の方々に、
最低限CMAかCFAの取得を義務付けた方が、
よほど国益に資すると思うのですが。。。

国一よりはよほど簡単ですしね~。
Commented by ぽん at 2008-05-02 16:22 x
>バットメセニー様
あの人たちは、わざわざ、資格を隠して名刺を作っている人もいますよ。
Commented by 元銀行調査マン at 2008-05-02 22:18 x
教育に異常な重きをおく日本人の「信仰」に悪乗りして、天下り先を増やそうとする筋悪さにはあきれる。既にFP、証券アナリスト、証券外務員資格などで十分。「金融リテラシー教育」で「貯蓄から投資」への流れを促がそうとする無駄な運動より、さらに質が悪い。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-02 23:41
金融政策士さん、どうもです。「ライセンスビジネス」という新たな利権団体の誕生となると先行きは暗いですね。

北の書生もどきさん、どうもです。確かに高度化路線のノリに近いですね。お上が指導するという発想こそが時代錯誤的のような…。ところで准将はもうすぐ退役ですね。

テキサスロングホーン士さん、どうもです。同調していただき、ありがとうございます。ちょっと新鮮な気分です。

ただの銀行員さん、どうもです。ご指摘の通りですね。どうせなら金融士のハードルを高くして、当局の偉い人から取ってもらうとか。あっ、そうすると、当局に長く在籍するor偉いだけで有資格になっちゃいますね(苦笑)。

ぽんさん、どうもです。金融士が実効性ある資格なら、検査官がまとも?になるメリットはあるかもしれません。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-03 00:03
うお士さん、どうもです。「なんとか道士」の士、という不思議感も漂う士ですね。日銀企画士というのはどうなんでしょうか。調節士、考査士、発券士、業務士、士をつけるとかっこいいかも(苦笑)。

a-kunさん、どうもです。「資格」よりも実力なのでしょう。それに、外資系で働いている方々は「日本人」ですので、ご指摘のように国籍の差はないですね。知り合いのヘッジファンドマネージャー(英国人)も普通です。

PKさん、どうもです。ご指摘のような状況もあり得るとは思います。

害債士さん、どうもです。ご指摘の意向が透けて見えるようなこと自体が終わった感をかもし出します。外国債券専門士とかできちゃうのでしょうか。

私たちは二流規制官庁さん、どうもです。まさに悲哀ですね。ご同情申し上げます。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-03 00:39
Willy士さん、どうもです。資格なき金融マンは「闇金融士」として取り締まりの対象になったりして…。

ロム専士さん、どうもです。「人的ハコモノ」行政士になってはいかんですね。

EURO SELLERさん、どうもです。正論です。資格志向は、実力主義の思考停止の面があって結果的に官僚的(社会主義?)風土を強めかねないです。

システム5.1士さん、どうもです。私も目が点になりました(苦笑)。

Baatarismさん、どうもです。そうですね。高橋氏の行動に期待したいと思います。

パットメセニーさん、どうもです。エライ人は、エライということだけで、免除です。エライ=識見が高い、資格を超越している、ということかも…。

鰻谷さん、どうもです。疲労感を覚える構想でもあります、確かに。ご指摘の件、実行させたほうが国益に資するでありましょう。

元銀行調査マンさん、どうもです。資格が単なる形式主義の延長であるなら害は大きいです。金融教育と、教育を付けるとまともそうですが、「うまい話はウラがある」という常識論で片付く話でありますし。困ったものです。
Commented by 梓人 at 2008-05-03 21:18 x
専門性を重視したとしても、日本の組織内部における「年功序列」的構造を変更しないと、結局、留学して米国MBAとっても、日本の大企業又は官庁にうんざりして、外資に移籍するようなことになってしまいますよね。個人的には、伝統的に「ジェネラスト」の要請も重きをおいてきたこともあり、仰るように、日本の金融機関のかたがたが欧米と比肩してそれほど、優秀とは思っていません。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-06 23:06
梓人さん、どうもです。ご指摘の事例は日銀も含めてよく聞きます。結果として、ゼネラリストとして優秀な人材が(日系の)金融機関にとどまり、横ならびの風潮に埋没していくのかもしれません。
Commented at 2008-05-07 00:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-09 18:05
非公開さん、どうもです。セカンドライフは今のところ不明。来週には分るかもしれません。
Commented by at 2008-05-11 22:59 x
>金融庁はあまり政治家先生に怒られないのかな…。

大蔵省以来一番叩かれて、結局、政治家の奴隷になることを割り切った人達ですからね。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-12 19:57
あさん、どうもです。西村銀行局長がサンドバッグ化したのは酷かったです…。奴隷になって欲しくはないですが。
<< ゼークト理論で「金融士」構想を... 白川体制で初の「展望リポート」... >>


無料アクセス解析