人気ブログランキング |
本日の雑感(半分ボヤキ)=「長短金利逆転」とか…
 ボヤキですが…、すいません。
 まあ、私は業界としては「マスコミ」というところに所属してるんですが、実際にやっている仕事は「マスコミ」という世界からはかなり遠くて(無関係ではないです・念のため)かなり実務的な世界にはまり込んでおるわけです。で、まあ、まれににですが、同じマーケットを見ているのに「マスコミ」でちょっと違った形でそのマーケットの情勢が報じられていることがあるのですね。
 今日は、その違った当該報道(複数?)にはずーっと気がつかなくて、マーケット関係の誰かとの話で「長短金利逆転」というワードが出てきたのです。「何だろう」と思ってマーケット(金利関係のデータ)を改めて見たのですが、私の理解する長期と短期の金利の逆転は見当たらなくて、困ってしまいました。で、その後に「逆転」を報じる報道(複数)を知ったのでした。
 私が理解する「短期金利」は代表的なのは「無担保コール翌日物の加重平均」で、短期でもちょっと長めになれば、TBとか、TIBORとか、LIBORとかの3ヶ月物、もっと長いとそれらの6カ月物、さらにぐーんと伸ばせば2年債(これはもう短期とは言わないが)とかになるんでしょうか。まあ、この辺の詳しい事情は、ドラめもんさん、システム5.1さん、パットメセニーさん(もですよね?)がプロとお見受けするので、詳しい解説はお任せしましょう(と振ってみる)。
 それで「逆転」の話に戻ると、この中で出てくる「短期」は「外資系金融機関」の「一部」が「年度末越え資金取引(=末初取引?)」で取りあがっちゃったと思われる「金利」のことで、これが長期金利よりも高いために「逆転」ということになったのでありましょう。私は、この現象に気がついても、長短の「逆転」という記事を書く発想はなくて、むしろ編集的に「逆転」の記事がなぜ出来上がってしまうのか、その経緯の方が非常に興味深い。この超局地的な一過性の超一部の金利と長期金利を比較することがイールドカーブ形状のデフォルトになってしまうのは恐ろしい(そんなことはないと思うが)。
 気のせいか、このごろ「マスコミ」という世界が随分と遠くなりつつあるような気がする。マーケットの方々は昔からの知り合いがずーっといるので取材上はあまり気にならないのだが、「マスコミ」という世界にいるわが身を振り返るとちょっと孤独感が深まっております。
 最後に改めてボヤキですいません。
 
by bank.of.japan | 2008-03-26 22:56 | マスコミ | Comments(14)
Commented by 100万年前からあったこと。 at 2008-03-27 01:14 x
期末越え、年末超え金利の跳ね上がりは常識ですよね。普通でもよくありましたよ。それを長短逆転てさー。この馬鹿マスコミは情けないやら、だから昔みたいに3MCDが短期の指標じゃないでしょう。あーあ最近の奴らってここまで、常識なのですかね。これも長引いたゼロ金利のせいか、金利のあった時代を知ってる方々が引退したせいか。
Commented by システム5.1 at 2008-03-27 08:36 x
私も見出しを見て、「何のこっちゃ」と思いました。調達レートを消費者金融のそれと置けば、絶えず長短逆転状態(笑)。
Commented by PK at 2008-03-27 08:38 x
僕は日本人として生まれたことに感謝しているが、これまでの人生で損失だと感じたのは、大学へ期待したこと・マスコミにつきまとわれたこと。
不快感の多くはこの二つに源があることを長い時間を掛けて知ったし、
その源にマルクス主義があることを最後に理解した。
Commented by パットメセニー at 2008-03-27 08:54 x
国会と同じく、金利もねじれ現象、なーんて記事にしなくて良かったねw
市場関係者、オール無視です。
Commented by 名無之直人 at 2008-03-27 09:32 x
どらめもんさんの所で該当の記事と解説読みましたが、マスコミの流す情報だけでなく、個人がより適切な情報を流せる時代になっている事を感謝せずにはいられません。機関が一個人に負けててどうするんだという議論はあるでしょうけれども。
Commented by bank.of.japan at 2008-03-27 18:18 x
100万年前からあったこと。さん、どうもです。年度末の恒例行事なのですが、困ったものです。金利のあった時代を知ってる方々が引退したせい、かもしれません。

システム5.1さん、どうもです。私も「何のこっちゃ」でした(苦笑)。

PKさん、どうもです。「マスコミにつきまとわれた」のにはご同情申し上げます。つきまとわれた事情が興味深いですが…。

パットメセニーさん、どうもです。「市場関係者、オール無視」に安堵です。ただ、偉い人がこの記事を読んで市場部門に照会する、という事例はあり得たかもしれません。

名無之直人さん、どうもです。金融関係者のブログ情報は本当に参考になり、私も助かっております。有難いことです。そうした現場からの情報発信がうまく継続・安定化する方策があればよいのですが…。
Commented at 2008-03-27 20:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-03-27 23:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-03-27 23:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-03-28 15:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bank.of.japan at 2008-03-28 18:46
最初の非公開さん、どうもです。マスコミの専門性対応に問題があるのは間違いないと思います。というか、「専門性」をどう扱えばよいのかの方法論が確立されていないのでしょう。根深い問題です。

次の非公開さん、どうもです。資金ポジションは色々あるようで、金利一定に固執すると、オペ負担が強まる、という構図ですね。会計指針は注目です。影響がどう出るのか。今後の不透明要因です。

最後の非公開さん、どうもです。やはり(苦笑)。被害甚大でしたね。
Commented at 2008-03-28 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bank.of.japan at 2008-03-28 22:25 x
非公開さん、どうもです。それはまあ日頃の感じから察するものがあり、震源地にはあまり驚きはない、のですが、やはりこの業界にいて最も哀しいのは、いくら当該報道が???とは言え、「後追い」が報道を正当化してしまう、ということでしょう。まあ、まれにこういうことはあるのですが、かなりやりきれない気分にはなります。まあ、お互いめげずに頑張りましょうね。
Commented by PK at 2008-04-05 08:41 x
マスゴミは、1/22、1/28、2/6、2/20,3/3の暴落に不自然さがないか徹底的に検証してください
<< 下のエントリーの解説=イールド... 国会答弁の雑感=「日銀政策」と... >>


無料アクセス解析