人気ブログランキング |
「政治力学で武藤氏が犠牲になったのは大変残念だ」
 表題は、武藤総裁案を否決した12日午前の参院本会議の採決で棄権した民主党の川上義博議員の談話である。個人的に武藤氏と懇意であったことで棄権されたのだが、否決の実情が談話通りであるのは間違いない。まあ、日銀総裁人事が最悪の形で政局に翻弄されることになった、ということであろう。残念というか、脱力感を覚える。
 民主党の行動は、一部のコメンテーターには「日銀至上主義」を志向しているように見えるだろうが、①日銀がそもそも至上主義を志向していない②民主党にその主義があるなら、それにふさわしい人事案を出すはず-で、つまり反対のための反対(飛車さんの言う野党としてのお仕事を徹底してる)に過ぎない。実際、民主党の否決に衝撃を受けたのは日銀でもあるし。
 中央銀行の総裁として望ましい条件を100%満たす完璧な人は残念ながらいない。英語に堪能、経済学&金融市場に精通、国際的な知名度が高い、政財界に広い人脈を持ち、各界の信頼が厚い、清廉潔白である、マネジメント能力が高い、論理展開が首尾一貫しつつ、危機に際しては的確な判断を柔軟に下せる-。まあ、挙げるときりがない。
 私自身は総裁になって欲しい方はいるが、上記の条件を満たすには至らない。いずれも弱い点があり、各種条件を総合判断すれば、武藤氏に軍配が上がるのが現実だ。これはしばらく前にbewaadさんがお書きになっていたように「webmasterが知り合いの日銀関係者から聞く限りにおいて、武藤副総裁は日銀プロパー職員からも高い評価を受けていることが非常に大きい」からだ。ちなみにbewaad氏の知り合いの日銀マンはかなり筋が良いようで、「榊原先生におかれましてはその放言癖が、二代続けて放言癖のある総裁に悩まされ続けてきた日銀プロパーの神経を刺激する」の太字部分は実に言い得て妙である。
 ちなみにBaatarismの溜息通信さんがエントリーのタイトルに「昔陸軍、今民主党かな?」とお書きなっっているが、知り合いの日銀マンも民主党の対応について「昔もこうやってムードで戦争に突入していったんだろうなあ」と感想を漏らしていた。
 弱体化したリーダーシップの下、声のでかい一部のハードライナーが意味不明の理屈を掲げ、主戦論を展開。野合集団をまとめるには指導部は主戦論に乗るしかなく、敵対勢力との対決に流れていく。敵の差し出す案はいんじゃないかと思っていた向きは沈黙を余儀なくされる。
 ある外資系証券会社の英文レポートは以下のように海外に発信された。お借りします。
 「DPJ’s opposition reflects not only the party’s opposition to the ruling government, but also division within the DPJ itself. The anti-Ozawa faction within the party was strongly opposed to the government’s proposals for the BoJ positions, likely forcing Ozawa to back up the hard-liners in order to retain control of the party. That said, the various reasons offered by the DPJ for rejecting the nominations of Muto and Takatoshi Ito
(nominated for Deputy Governor) are rather flimsy at best, and investors are raising renewed questions about the DPJ’s ability to govern.」
 まあ、内向きの民主党には関係ないでしょうけど。

ブログ界隈より
役人日記さん
「民主党は、政策を実現したいのではなく、ただ政権が欲しいだけなんだと、最近やっと理解できた気がします」
 
昨日紹介した金子洋一さん
「私は痛飲しました。なぜかって?それは聞かないでください。ブログを読んでくださっているみなさまならお判りになるかも・・・人間酒に逃げたくなるときもあるもの。人生思い通りにならないことが本当に多いものだと痛感します。私はしばらく冬眠します。ではみなさまお休みなさい」
 ご同情いたします。ゆっくりお休みください。
 
by bank.of.japan | 2008-03-12 23:22 | 日銀 | Comments(18)
Commented by マルセル at 2008-03-13 00:16 x
グリーンスパンさんが議長になったのは61歳のときですが、ルービンさんが財務長官になったのは50歳半ば、日銀総裁は年寄りの名誉職ではない、自民党のように人材がいなければ話しは別ですが、できるだけ還暦前の若い人の方が良いのでは、首相の1ヶ月空白より遙かにマシでしょう、総裁が58歳の白川さんだと問題があるのですか?
Commented by 民間と官官の間 at 2008-03-13 00:45 x
まー結局民間でも元bojobでしたしね。で平蔵とか木村某なんて選択はboj&大蔵エリート君としては許されないのですよね、そこわかっているなら、民主党もさーきんざい分離じゃなくて、東大出のエリートはだめってストレートにいえばいいのに。金融政策なんてはっきりいって誰でもできるよ。まー昨日びboj理事の会見聞けばな。
Commented by bank.of.japan at 2008-03-13 01:37
マルセルさん、どうもです。総裁若返りは良いと思います。与野党どっちでも総裁は若い人を選べ、という主張があればよかったのですが。

民間と官官の間さん、どうもです。東大出&法学部&財務省主計畑はダメ、ということでしょうかね。ところで、竹中平蔵氏は一橋大学だったと思いますが…。
Commented by 星の王子様 at 2008-03-13 06:22 x
方言癖と複数回でてきますが放言癖でしょうね 欧米の理解だけでなくアジアの理解も必要な要職ですから白川氏はいいと思います。
Commented by PK at 2008-03-13 08:01 x
bewaadは、お金が負債であることすら分かっていない。
今回の騒動でのヒステリー・大袈裟な報道は、ライブドア潰し・小泉潰し・安部降しの時と全く同じ。東大法を頂点とするピラミッドの拒絶反応
Commented by aki at 2008-03-13 08:52 x
木村某なんてまともな仕事してたことあったけ?
個人的にはGSやメルリで現地の奴らとやり合ってしかも
負けなかった人間に、副総裁ぐらいやってもらいたいんだけども。
Commented by dell at 2008-03-13 08:53 x
>実際、民主党の否決に衝撃を受けたのは日銀でもあるし。

それはどうでしょうかねぇ?
少なくとも、参院で一度否決されるシナリオは想定していたと思いますけど。
まあ、日銀としては最終的には武藤総裁でということなのでしょうけれども、ここでいったん否決されて、新総裁に財金分離問題で釘を刺せたことは、そのまますんなり就任されてフリーハンドを確保されるよりむしろ良かったのではないでしょうか?
武藤さんは新総裁に就任しても、山口さんが就任した場合と同じことしかできないかもしれませんね。
Commented by Teddy at 2008-03-13 12:09 x
BOJのヘッドが一時不在でもなんとかなるのではと思いたいですね。というのは、南半球にいいお手本があるからですね。
制度が多少違いますが、2002年にNZ中銀総裁が政界に突如転身して、副総裁が2ヶ月あまり代行したのですが、その間政策変更もしています(1回、25bp上げ)。
Commented by osome at 2008-03-13 12:14 x
『民主党は立党以来、一度もマクロ経済政策について語ったことはない。だから、どのような金融政策をする総裁を望んでいるのか、誰も分からない。』 (3月7日付 中川秀直氏のWebsiteより)
まったくその通りだと思います。
Commented by leonrosa at 2008-03-13 14:54 x
bank.of.japanさんは、何故、武藤総裁案に賛成なのでしょうか?
副総裁を5年経験し、財務省出身者として、財務省及び首相官邸との調整能力をかっているのでしょうか?(当然、日銀内部にはその能力を利用できるという思惑があるでしょうが。)
武藤氏の略歴を見ると、主計局育ちですね。理財局の経験がないので、マネー循環を扱った経験がない。現下の情勢では、これは致命的な欠陥のように思います。
勿論、副総裁、理事がそのカバーをするのでしょうが、それなら、誰を頭にもってきても同じ。武藤氏に固執するのは、出身母体財務省ということになります。
白川副総裁は、理知派で実務経験も豊富ですので、政府提出案は、武藤(名誉)総裁、白川(副)総裁、伊藤副総裁という構図にも見えます。
その見方からすると、民主党は結果として、絶妙な同意、不同意をしたともいえます。
間違っていますでしょうか?
参考:バブル経済の経験から学ぶべき教訓とは
http://www.boj.or.jp/type/pub/nichiginq/out015.htm
Commented by 一読者 at 2008-03-13 15:36 x
武藤不同意はともかく、伊藤不同意は民主党のわけわからなさを象徴しているように思います。それならば共産党のように全部不同意の方がまだ一貫性を感じます。
Commented by PK at 2008-03-13 16:48 x
日本中が民主党を非難していますが、
私は、自民党もようやく民主党と競えるレベルまで駄目になったと考えています。これまでは民主党よりはマシという判断でしたが、今は同等です。決して冗談で言っているのではないです。
良い組み合わせではないが、ダメな自民党とダメな民主党の対等な二大政党制の時代に入ったと思います。
競争すれば、やがて良くなるという点で楽観的です。
Commented by 過去官僚終了形 at 2008-03-13 20:18 x
武藤も福井同様に村上ファンドに出資してたらしいね。
福井は売らずに持っていたが、武藤はゼロ金利解除の直前に売り抜けたらしい。

これってインサイダー取引だろ。
この問題を軽く扱いすぎてるんじゃないか?
福井にしても問題発覚時に即刻解任されて当然だったが、武藤は更に酷い。

日経新聞記者のインサイダー取引事件に次いで、最近公認会計士が監査担当企業の株式投資を行いインサイダーで逮捕されていたが、こんな日銀総裁を認めていたら示しが付かないだろう。

先日のアホ通産次官の発言といい、日本は株式市場を軽視しすぎだ。
銀行や郵便局で国民の金を集めて官僚主導で配分を好きに決めていた、かつての官僚黄金時代の悪しき弊害に思える。
これは大問題だよ。
Commented by luke at 2008-03-13 21:53 x
> インサイダー取引

そういう理由を民主党が挙げているなら話は別ですがね。
で、伊藤さんは?
Commented by bank.of.japan at 2008-03-13 22:01
星の王子様さん、どうもです。直しておきました。白川氏だけ同意されてもまあ困る、というのが日銀の受け止め方でしょう。早く決めて欲しいです。

PKさん、どうもです。民主党にも東大法卒の方はいらっしゃるはず。ダメとダメな政党の競争がまともになるには相当時間がかかりそう。

dellさん、どうもです。日銀も財金分離論はバカらしい、と思っておるようです。

Teddyさん、どうもです。まあ不在でも業務執行上は支障はないですが、中銀ボスを決められない政治センスが問われるでしょう。それに人事でもめる理由が意味不明ですから。

osomeさん、どうもです。情報提供ありがとうございました。
Commented by bank.of.japan at 2008-03-13 22:14
leonrosaさん、どうもです。武藤氏の能力・人柄をもっともよく知るのは日銀マンであり、彼らは彼らでシビアに上を評価しています。その彼らが総裁候補として評価するのだから、与党案は妥当だと思います。過去のキャリアがどうあれ、5年も副総裁を務めると、別に実務の細かい話は知らなくても必要な知識は十分身につくでしょう。会見等の対応も、見事なものです。

一読者さん、どうもです。「与党案に反対」が唯一のロジックなら、まさにご指摘の通り。

過去官僚終了形さん、どうもです。ご指摘の件、私は聞いたことはないです。日本が株式市場を軽視しているのはそうだと思います。
Commented by dell at 2008-03-13 23:30 x
>日銀も財金分離論はバカらしい、と思っておるようです。

今まで日銀に従順だった武藤さんが、総裁になった途端手のひら返しをするのを恐れた人達も居たんじゃないですか?
Commented by bank.of.japan at 2008-03-16 20:47
dellさん、どうもです。ご指摘のようなことは聞いたことはないです。何かご存知でしょうか。
<< ドル安(円高)進行、100円割... 民主党、伊藤氏も拒否なの!!=... >>


無料アクセス解析