人気ブログランキング |
rinbanを国際協調に応用する方法=思いつきです
 国債買いきりオペ(rinban)の増額は、日銀的には負債要因(高水準の銀行券残高)に基づく技術的な対応(日々の調節が楽になる=効率化)だが、増額は緩和的な措置と受け止められやすい。債券市場は「需給がしまる」と受け止め、長期金利は低下する可能性が高い(機関投資家は嫌でしょうが、財務省は歓迎ですね・笑)。まあ、緩和が必要なとき、本当は「利下げ」なんだが、その前の「緩和の振り」として使えなくもない(量的緩和時代にはいろんな“振り”をしているので、経験済みである)。
 さて、ここから先は、私の思いつきである。世界経済の雲行きがますます怪しくなり、米国が金融・財政を出動させ、欧州も利下げし、国際協調の雰囲気が強まって日本も何かしないといけなくなったとする。このとき国債買いきりをうまく利用できないものかと考えた。考え付いたのは以下の方法でありました(利下げしてもいい。その場合は、併せ技になります)。
 財務省は円売り・ドル買い介入する。買ったドルで米国債を買う。米国は財政出動で国債発行が増えるので、それをファイナンスする格好となる。円売り・ドル買い介入すると、外為特会はFB発行が増える。そのまま増発させてもいい。短期債市場は別に崩れないでしょう。だが、せっかくなので、日銀も協調の環に参加して国際イベントを盛り上げたほうがいい。
 そこで、外為特会はFB増発分を長期債発行に振り替える。この長期債は日銀の買い入れ適格とする。日銀は市中発行されたこの国債を市中から買ってもいいし、直接引き受けてもいい。後者の方が協調体制に強力に加わった感じが出る。
 この案のメリット
・円安になる(少なくとも対円でのドル下落を防げる)
・米財政のファイナンスをサポートできる
・国際協調を盛り上げられる(rinbanは海外でも有名)
・日銀の買い余力は30兆円近い。しかも技術的対応に過ぎない
 デメリット
・なんでしょうね。外為特会のリスク増大? 対米依存強まる? でももともと特会は既に100兆円以上も外貨資産があり、いまさらリスキーと言ってもねえ。経済は相互依存関係にあり、米経済が助かるなら、対米輸出を通じて日本も助かる面がある。デメリットあればご教授を。

 この案の技術的検証点。外為特会で長期債を出せるか、出せない場合、出すようにする手続きは大変なのか。

 まあ、思いつきのアイデアですので、このエントリーはスルーしていただいて結構です。思考実験として関心ある方はコメントどうぞ。

ps この国債買い入れ増額は、外為特会の発行分を吸収するので、理屈の上では既存需給は変化はないので、長期金利には中立ですね。
by bank.of.japan | 2008-01-30 23:20 | マーケット | Comments(31)
Commented by レッドスパン at 2008-01-31 05:51 x
それにしても、日銀の運のなさ、間の悪さというのは本当に一体全体どうなってるんでしょうか。各種指標に照らす限り、私自身は利上げに反対でしたが、日銀が利上げ路線に走り出した当初は、4・6位で、4割位の勝ち目はあったのだと思います。
しかし、その大前提の国際的な資金の好循環が、利上げ路線をとり出してまもなく崩壊するというのは、本当についてないなぁと思います。イビチャ・オシム氏によると、指導者にとって知識は極めて重要だそうです。それがないと話にならない。
しかし、指導者に最も必要なもの、それは「運」だそうです。世の中エリート街道を歩み、かつ、すねに傷がある人は、大抵スキャンダルを暴露されて撃沈する訳ですが、その発覚率はもちろん100%ではないでしょう。そう考えると、過去にスキャンダルの経験がある人というのは少なくとも「運が良い人」とは言えなさそうです。次期日銀総裁、副総裁は知識、そして運を持ち合わせたハッピーな人がなることを期待したいと思います。
Commented by システム5.1 at 2008-01-31 08:36 x
国債買い入れ増額の必要性を指摘する声が少しずつですが、広がっているようですね。一方、「償還玉をロールオーバーしないことと成長通貨の安定的供給という本来の目的とをどう整合させるか」など、議論の余地も多くあるでしょう。ここにご登場される皆さんはレベルが高いので、お考えをお聞きしたいです。なお、この議論は、先のエントリー「大学入試センターの問題はおかしい」につながると思います。
Commented by route138 at 2008-01-31 09:25 x
そもそも論ですが、日本の円売り・ドル買い介入が、国際的に(とくに米国から)容認されるでしょうか? 皆さんのご判断はどうですか? 数年前のように、日本がマクロ経済政策の手段を使い尽くした状況ならともかく、今は、例えば利下げ余地もあるわけですし‥‥。
Commented by ちゅう at 2008-01-31 10:24 x
これがデメリットでは?
http://krugman.blogs.nytimes.com/2007/12/29/why-we-havent-had-a-recession-so-far/
Commented by luke at 2008-01-31 11:43 x
長期債買い切り増額・外貨買いはリフレ政策の定番というか、お勧め緩和策というか、ゼロ金利の頃もやるべきだったというか、反対する理由は思いつかないですね。

溝口・テイラー介入のとき同様の信頼関係が維持されているなら、米国からのクレームもないでしょう。「サブプライム対応への協調」を謳うなら政治的にも楽かもしれません。

溝口介入は(溝口・テイラー両者があちこちで公言しているとおり)財務省主導のデフレ脱出策だったわけですが、日銀と協調できる部分があるならめでたいという他ありません。今までは、お互いに後ろから撃たれるのを恐れてるのか、協調なんて感じられなかったわけですが… (日銀が「金融緩和でデフレ脱出に責任をもちます」と言ったとたんに緊縮財政政策をやるとか、大規模な為替介入をやったのを不胎化されちゃうとか、財政出動の一方で利上げされちゃうとか…)

足を引っ張り合わずに、政治的な抵抗なく協調できる手段をみつけられれば、お互いハッピーだと思うのですが。
Commented by luke at 2008-01-31 11:44 x
> (日銀が「金融緩和でデフレ脱出に責任をもちます」と言ったとたんに緊縮財政政策をやるとか、大規模な為替介入をやったのを不胎化されちゃうとか、財政出動の一方で利上げされちゃうとか…)

こういうことがあったというわけではなく、こういうことを恐れてお互いに動けないのかも、という話です。念の為。
Commented by PK at 2008-01-31 12:48 x
このパターンは、アメリッポン体制そのものです。
2~3年前まではアメリッポン体制で後20年はいくと思っていたのが、中国や産油国の台頭で訳が分からなくなってしまいました。
米国は、地政学+アメリッポン体制の中国版(日本と中国を入れ替え)で行くつもりが、イラクで石油支配に躓いて、計画が頓挫したのでしょうか?もうしばらく見ないとこの後のことはわからないように思えます。

こういうファイナンスをして、イラクに30万以上を大増派するのが結局安くあがるんじゃないのかな。
Commented by パットメセニー at 2008-01-31 15:03 x
1月31日 雀荘「本石町」にて・・・

ムトウ君「ロン!これで私がトップ確定ですね」
バラ君「何だよ通らないじゃないか、ザワワ君が通るといったのに。あれ、いない」
ハト君「さっき毎日新聞の記者と出て行きましたが」
カン君「バラさん、後ろにヤマグチ君とウエダ君がいるので代わってください」
外野のマッチ君「ムトウさん、今のリンバン、ってどいう手でしたっけ?未だによく分からんのですが」
Commented by 傍観者 at 2008-01-31 19:30 x
 いつも参考にさせて頂いております。
金融界の方はこのパターンの方法論がお好きなようですが、本当にデフレ脱却に効果的なのでしょうか。もうゼロもしくは超低金利を何年やっているのでしょう。現実には功を奏しているとは言えません。
 仮にあと5年後効果なくとも、まだ緩和が足らない。と主張なさるのでしょうか。日銀の金融緩和がかえって国内のデフレを誘発していると考えるほうが素直だと思うのですが。
Commented by dell at 2008-01-31 20:28 x
>傍観者さん

緩和が足らないもなにも、現実には引き締めをしているじゃないですか。
そもそも、物価が貨幣と財との交換比率である以上、貨幣の供給をいくら増やしても物価が変動しないはずがないでしょう(もしそうなら、それこそ日銀は日本国債を今後発行分も全て買いきってしまえばいいわけで、そうすれば日本国は国民から徴税する必要が一切なくなりますw)。
現実に、日銀の量的緩和政策は当の日銀がその解除を決定するほどに効果をあげたじゃないですかw
残念ながらその解除の決定が時期尚早であったため、日本経済はいまだにデフレ低成長に苦しんでいますがw
Commented by 傍観者 at 2008-01-31 21:00 x
>dellさん
 素人考えなのですが、ゼロと比べれば確かに引き締めなのですが、今の日本の状況にとって0.5は引き締めなのかな?
 利上げ後の最近のCPIはプラス基調だし、このぐらいでぼちぼち言ってくれればと思っています。もっともこの先もし利下げしてうまくいけばそれはそれでよいのですが、私は待ちくたびれてしまったのです。
 低成長デフレの時代にどっぷり浸かった社会人生活しか知らないので、もうデフレでもいいと諦観していることも私の思考に影響があるやも知れません。
Commented by 飛車 at 2008-01-31 21:16 x
>傍観者さん
2000年8月のゼロ金利解除によって、日本はゼロ金利でもまだ金利が高い状態に陥りました。金利はゼロ以下にはできないので、ゼロでも高い状態のまま自然治癒を待つような状態が長く続きました。問題は、今が治癒が完了した状態かどうかという事です。完了していないのであれば、0.5%の利上げでも2000年8月と同様の悪影響を与えます。
なお、2000年8月のゼロ金利解除の影響は、ほぼ1年後の2001年秋口に顕在化しました。0.5%に引き上げたのは2007年2月ですので、そろそろ1年ですね。

ちなみに、もうデフレでもいいという諦観こそが、低金利じゃないともたない経済の原因である「負のインフレ期待(デフレ期待)」ですね。むしろインフレになるから、早めにお金を物に変えるべきだという生活防衛・企業防衛活動が起きて初めて治癒完了といえます。というわけで、昨今のインフレ報道には期待しています。実際はまだコアコアCPIやGDPデフレータレベルではデフレ継続中なんですがね。
Commented by 飛車 at 2008-01-31 21:17 x
>>レッドスパンさん
「運」のせいにできるのは、人事を尽くした人が天命を待つ状態の時だけだと思います。少なくとも、金融政策的にはデフレ払拭に対して人事を尽くしきったとは僕は思えません。
むしろ、ITバブル崩壊に続き、サブプライムローン問題のお陰で、利上げタイミングのミスが糊塗されているわけで、「日銀は何と言う強運なんだ」と思ってしまいますw
Commented by dell at 2008-01-31 21:27 x
と言うより、デフレ脱却も確認できないうちに量的緩和をやめたり金利を上げたりすること自体が異常でしょう。おかげで、CPIはいまだゼロ近傍をさまよっています(CPIには上方バイアスが存在すること、デフレータやコアコアCPIは依然マイナスであることにも留意してください)。
デフレやゼロインフレは投資や雇用を抑制し、経済成長を阻害します。だからこそ、FRBなどは躍起になって金融緩和を行っているのです。
デフレ低成長が続けば、福祉も年金も医療も財源不足で崩壊してしまいます。のみならず、国民は夢や希望を失います。そのことだけは忘れてはいけないと思います。
Commented by dell at 2008-01-31 21:29 x
上記は傍観者さんへのレスです。
Commented by 植田日銀総裁 at 2008-01-31 21:38 x
外為特会で米債を買って、特会の負債は日銀が買切るということは、途中を省くと日銀の米債引受になりますね。それもいいかもしれません。しかしこのまま行くと米金融システムに資金投入できるのは米政府でもなくアラブ、チャイナマネーでもなく、親米の日本や台湾の外貨準備だけになってしまうような気がしてきました。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-31 23:33
みなさん、多くのコメント頂きありがとうございます。もっぱら私向けと思われるものに対応致します。

レッドスパンさん、どうもです。組織のリーダーにとって、「運」は大事だと思います。いろいろ異論はあるかと思いますが、グリーンスパンも運が良かったのかもしれません。日銀次期指導部の運の強さを期待したいです。

システム5.1さん、どうもです。成長通貨の供給の仕方はそろそろ本格検討した方がいいかもしれません。輪番オペは最近、短国オペ化している(この辺の事情は技術的で、解説頂くと多謝ですが)ようで、この状態が定着すると、資産サイドの回転が速くてコマネズミオペになりますね。入試センターの問題につながるのはその通りです。

route138さん、どうもです。日本側の事情もさることながら、米国の事情次第だと思います。金融緩和・財政出動でドル安が強まると、米国も容認(水面下で)するのではないかと…。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-31 23:41
ちゅうさん、どうもです。ドル安は確かに米輸出を促進しますが、為替市場が穏やかに動くかどうか不透明で、場合によっては急速なドル安のリスクもあり、この場合はトリプル安も懸念されます。まあ、介入は急激な相場変動を阻止するもので、穏やかなドルの減価なら米国は歓迎かもしれません。

lukeさん、どうもです。lukeさんの観点では賛同されるのは良く分かります。

PKさん、どうもです。日米財政マネーの連結、アメリッポンは言い得て妙ですな。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-31 23:47
パットメセニーさん、どうもです。ひねりの効いた(効き過ぎた?)パロディで、何度か読み返した次第ですが、最後のセリフはワロタですよ(笑)。

傍観者さん、どうもです。私は、0%も0.50%も大差ないとの立場なのですが、それでもどっちかを選べといわれたら、0%の方がまだいいかな、と思います。これは負債が多いか、資産が多いかで、分かれますが…。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-31 23:51
植田日銀総裁さん、どうもです。ご明察です。日銀が資産に外貨を保有しているのも、かつての円売り・ドル買い介入のバックファイナンスを行った残滓ですね。私は、極論かもしれませんが、外交力・軍事力もないのに、円の国際化と言うより、円のドル化でいいんじゃないか、と思ったりします…。
Commented by 通行人 at 2008-02-01 03:24 x
>まあ、思いつきのアイデア

lukeさんのご指摘のとおり、溝口介入と同じ手法ですね。溝口介入の非不胎化率は、誰かの推計では50%でしたが、これでは100%。
もちろん政府と日銀が協調しないか、するかの違いです。
Commented by システム5.1 at 2008-02-01 08:38 x
本石町さん、解説するのはやぶさかではないのですが、まず、「償還玉をロールオーバーしないことと成長通貨の安定的供給という本来の目的とをどう整合させるか」に対する皆さんのご意見を拝聴したいと思っています。もちろん、その後でおっとり刀で出て行って、これが正解なんていうことは致しません(笑)。そもそも、私の解説が正解とは限りません。素直に、ご意見をうかがいたいところです。よろしくお願い致します。
Commented by PK at 2008-02-01 10:25 x
僕は、日本の問題は、人口と敗戦だと思っているので、金融ではこれ以上やれることはないと思いますし、アメリッポンも米国にその気が無いと考えます。
今、僕なりの理屈で期待が持てるのは、朝鮮・モンゴル・中央アジア圏からの労働力移動ですね。言語的な特徴から、この方面と親和性が強いと考えています。韓国は経済力がありますから市場規模も大きくなりますし。(但し、米国に米韓FTAでアジア分断の先手を打たれてしまいました。対中政策とこのFTAで僕は米国は信頼しなくなりました。個人的には、米韓FTAは破綻して欲しいと思ってます。これは世の中のためにならない。筋が悪すぎます。)
Commented by bank.of.japan at 2008-02-01 22:13
通行人さん、どうもです。そうですね、非不胎化比率という概念では100%ですね。もちろん政府・日銀の協調がないと、成立しないですが。

システム5.1さん、どうもです。意見は拝聴したいという気持ちは私もあります(ただ、かなりマニアな話題なので、反応は未知数ですが)。

Pkさん、どうもです。労働力移入はどうなんでしょうか。なお抵抗感が強いような。人口減のマイナス影響をどこまで甘受するか次第でしょう。
Commented by 無理では at 2008-02-02 20:47 x
すでに米韓FTAは一部破綻してるのでは。
ただ彼らは目先のことばかりで(日本もいえないのですが)、自国の市場や農業と北朝鮮をどうこうするってのがないような気がします。
そして一番の問題はやたら回りが対日で煽るというのもあるでしょう。
米国もそこまでアジアに介入したくないという割に、北朝鮮で脅してますが、おいしいところだけほしいという状態でどうなることやら。

人口減といってますが不法就労の問題があります。
といいますかかなり日本は流入してますから表立ってどうこするより、まずそれらをどうするかからしか国づくりはないと思います。
急がば回れとなるしかないような。
Commented by システム5.1 at 2008-02-04 08:46 x
ただ、そこを理解できないと、先のエントリー「大学入試センターの問題はおかしい」に関しての理解も深まらないと思います。本石町さん 
Commented by PK at 2008-02-04 16:59 x
人口の問題は、人が自分の老化になかなか気づかないし、認めたくない気持ちと良く似ています。
遅かれ早かれ誰もが渋々認めることになるでしょう。
僕は、もう当然視しているので、どうしたら良いか先行して考えています。
外国人受入れの場合は、臓器移植と同じで適合性の問題があると思います。そういうことを考えると韓国・北朝鮮・モンゴル・中央アジアだろうと思います。政財界では中国人が公認の人身売買利権もあって有力なんでしょうが。
外国人を入れる段になった時に、思い出してくれれば良いです。
Commented by bank.of.japan at 2008-02-04 20:35
システム5.1さん、どうもです。確かにそうですね。ただ、理解が進むかどうか。B/Sの観点で金融調節(含むrinban)を考えるのが、まだ一般的ではないのかもしれません。

PKさん、どうもです。どうしても移民の受け入れが必要になったとき、適合性は一つの焦点になるかもしれません。まだ、なかなか現実味はないですが。
Commented by PK at 2008-02-05 11:02 x
中央銀行も、ひとつのB/Sとして、市場に対して他のB/Sと相対化された存在になってきているので、市場の特性を把握して、自分のB/Sを変化させることで情報を継続的に発して、流動性の状態や将来の予測の文脈を形成するように努めないといけない。

市場の流動性にたいする感覚では、日銀より政府や財務省の方が酷い。株式市場や為替市場のカクカクぶりは東大マルクス頭の硬直性の表れ。
移民問題も人市場の流動性問題の一部と考えた方が良い。
流動性の状態は突然変化するが、市場の流動性をよく管理する社会が環境に最も適応できる。
Commented by システム5.1 at 2008-02-06 12:05 x
ドラさんが詳しい解説をされてますね。
Commented by bank.of.japan at 2008-02-06 20:38
システム5.1さん、どうもです。私の舌足らずなところを補ってもらったようで。参考になりました。

PKさん、どうもです。ご指摘の件、なかなかイメージするのが難しいですが、なんとか考えてみたいと思います。
<< 「現状維持+時間軸」を考える=... 名ばかり店長の考察=マクロ経済... >>


無料アクセス解析