人気ブログランキング |
米国会にも頓珍漢な議員がいるのですね…=バーナンキ議長も苦笑
 わが国の国会論戦は倒れそうなやり取りが多いが、米国も似たことがあるようだ。既に報道されているが、バーナンキFRB議長の議会証言で、ある議員が同議長の経歴をポールソン財務長官のと勘違いし、「あなたはゴールドマンサックスのCEOだったが…」と問い詰めようとしたらしい。
 詳細については、私と限りなく同業の匂いがするが、それにしてはかなりのグルメでいらっしゃる「奇奇怪怪」さんが詳しい。You Tubeの動画もあり、生を見たい方はご覧ください。
 ウォールストリートジャーナルに寄せられたコメントも紹介されてあるが、かなり手厳しい。
 辞めろ! 首だ!とかはありがちな批判。そのほかには、
「It is so sad to realize that our “representatives” are representative only of the least intelligent and least productive members of our society」とか、
「If only unshackeled from dumb laws and regulations and exhorbitant taxes, 300+ million Americans will always make better decisions for themselves than 12 FOMC monkeys, or 535 Congressional doofusses, or xN state/local legislatures/boards, etc」というものある。
 ちなみに、わが国の場面で、私が一番倒れそうになったやり取りを紹介したい。
まずは民主党ニュースの「【参院予算委】円議員、資産デフレの解決を強く要求」をご覧頂きたい。この中に「円議員は、失われた国富を国民の個人金融資産で穴埋めするために2004年の新円切り替えに伴う預金封鎖が検討されている問題を追及した」とある。これに対し、塩川財務相は「そんなことは全然考えていない」と否定した。
 これはリアルで見ていたが、困った。やり取りを速報しなきゃいけない立場であるものの、「預金封鎖は全然考えていない=塩川財務相」というヘッドラインですからね。まあ、スルーさせました。他社も同様であったようだ。
 このときの国会議事録はこちらです。議事録の真ん中辺りです。面白いです。
 「これで、何ですか、二〇〇四年で新円切替えを機にこの国富の穴埋めをするつもりということがちまたで言われていますし、どうもそのようなんですが、これは突然国民に、今これだけの資産が目減りしていることを一切言わずに突然預金封鎖するおつもりなんでしょうか。昭和二十一年の金融緊急措置令をおやりになるつもりなんですか」
 新札発行がなぜ切り替えになり、それが預金封鎖に発展するメカニズムは私には不明であった。また、1500兆円の穴は計算上の数値に過ぎず、会計上のロスではない。何だろうね。
 竹中大臣の答弁の一部である。
 「円委員は第二次世界大戦のときとも比較されましたが、あのときは我々が持っている輸送船がなくなり、工場が焼けてしまってその資産のフィジカルなロスというのがあったわけでありますけれども、今回はそのフィジカルなロス、例えば領土が狭くなったとかいうそういうことではないわけで…」
 竹中大臣に座布団一枚ですね。

 この手のやり取りをヘッドラインで打ちまくったら、それが「日本オワタ」の引き金になるんじゃないか。

「私が別に経済学部を出ていなくて、経済の専門家ではないからとおっしゃって、何か読み過ぎじゃないかなんというそういう失礼な言い方はやめていただきたいんですけれども。それこそ大事な点を全く御存じなくて、後で恥かきますよ」
 うーん、塩川大臣は「本の読み過ぎ」と指摘しただけで、そんなことは言ってないんだがなあ。
by bank.of.japan | 2008-01-18 22:06 | マーケット | Comments(7)
Commented by EURO SELLER at 2008-01-19 00:42 x
ミンス党のHPに書き方からすると,この党は頓珍漢を頓珍漢と理解されていないようですね。どういう質問をするか政府にはコピーが回っても党執行部に回らない党があるわけないですしね。
Commented by 通行人 at 2008-01-19 01:46 x
>この手のやり取りをヘッドラインで打ちまくったら、それが「日本オワタ」の引き金になるんじゃないか。

打ちまくったら、その社が「オワタ」でしょう。
Commented by 通りすがり@USA at 2008-01-19 04:01 x
ハンク長官とベン議長を人違いした米民主党下院のセンセイですが、どうか皆さん許してあげてください。こちらは議院内閣制じゃないので、議会センセイにとって閣僚はそれほど身近な存在じゃないんです。予算委員会にベン議長が登場することもまれなんです。この国も、Senateのセンセイ方は、もっとずっと平均レベル高いですから。それに、長い議会証言の後半、やや退屈になってくるあのタイミングでの爆笑には、救われるものがあるんです…。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-19 10:47
EURO SELLERさん、どうもです。当時は確かに資産デフレが深刻で、預金封鎖関係の書物も幾つか出ておりましたが、国会でやり取りする話ではないだろうと思いました。

通行人さん、どうもです。確かに…。

通りすがり@USAさん、どうもです。なるほど。たまにはそういう人もいらっしゃるのですね。You Tubeの場面も、まあ多少和みの入った爆笑という感じも受けました。これに比べると日本は…。
Commented by 通りすがり at 2008-01-20 07:40 x
そんな円議員がどんな人か調べたら、民主党の副代表なんですね。
もしかして、本当はとっくに「日本オワタ」になっているのに。
各社とも気の毒なので隠しているなんてことないですよね…。
Commented by 来輝 at 2008-01-21 15:18 x
なるほど。
この手の発言が伏線となって、何ら経済学的な分析も考察もない、最もポピュリズム的なガソリン税廃止論へつながっているんですね。
I see.
Commented by bank.of.japan at 2008-01-21 22:20
通りすがりさん、どうもです。国会でのやりとりはすべて議事録に出ているので、隠しているということはないです。まあ、何を速報するか、という時点でフィルタリングはしてますが…。

来輝さん、どうもです。ポピュリズム的ですが、供給ショック的な原油高への広く薄い財政支援であろうと私は受け止めており、一国民の立場としては廃止して欲しいなあ、と思っております。
<< 予防的政策運営の心境=高層ビル... 前田氏(東レ名誉会長)&グリー... >>


無料アクセス解析