人気ブログランキング |
閑話休題 “だんこんの世代”=修正される機会のなかった勘違い
 北畑次官のエントリーで「団塊の世代」が熱い議論となったが、これで思い出したことがあった。
それは、ある金融機関の方に2、3年前(?)に聞いた実際にあった話である。
 ある金融機関がミーティング(勉強会や相場会議などの類ですね)を開いた。その中で日本経済の構造問題が話題になった。
 このとき、講師役となった方が「やはり“だんこんの世代”が問題なんですよね」と指摘したそうだ。聞いていた人たちは「何の世代?」と思ったそうだが、その後何度か「だんこんの世代」という言葉が繰り返された、という。
 そのうち、みんなは講師がどうやら「団塊の世代」を「だんかい」ではなくて「だんこん」と勘違いしていると察しがつき、「塊」を「魂」だと思い込んでいることも分かった。でも、誰もその間違いを指摘することもなく、ミーティングは終わった(と聞いた気がする)。
 確かに「塊」と「魂」は字が似ており、印象として「団魂の世代」に見える。そう思い込んだ人がいても(実際にいたのだが)おかしくはない。ただ、一般的にはこの手の勘違いは学校のテストとか受験とか、誰かとの会話とか、いろいろな場面で修正される機会があるはずで、そういうこともなく、勘違いが生き延びてきたのは凄い確率である。
 本当は、この手の間違いは指摘した方がいいのだが、その結果として当人に恥をかかせることにもなり、間違いの修正は結構難しいものである。上記のミーティングで誰も指摘しなかったのは、分かる気がする。その結果として勘違いが続いてしまったのかもしれないが…。
 まあ、私もこの手の勘違いはあり、他人事ではない。むしろ、かなり身につまされる話であり、もしかしたら重大になる勘違いをいまだにしている可能性もあってちょっと不安だ。
 みなさん、このブログで間違いに気が付いたら指摘してくださいね。
by bank.of.japan | 2008-01-15 22:11 | その他 | Comments(15)
Commented by 通りすがり at 2008-01-15 23:14 x
女子アナさんもやってますね。
http://www.youtube.com/watch?v=AifZmypUSxk
Commented by bank.of.japan at 2008-01-16 00:45
これは驚きました。通りすがりさん、どうもです。かなりメジャーな勘違いの一つなんでしょうかね。
Commented by 害債 at 2008-01-16 06:48 x
ウチの家人も同じ間違いしてました。これはメジャーでもあり、また発音的にかなりまずい間違いなので必死で訂正した記憶があります。
Commented by 壱万円札 at 2008-01-16 12:01 x
以前、フジテレビの「とくダネ!」で「眉間の縦皺」を「こかんのたてじわ」とアナウンスしていた男性アナウンサーがいました。MCの小倉氏が訂正していましたが、重い空気が漂っていました。
Commented by とおりすがり at 2008-01-16 13:23 x
「だんかい」の世代では・・・
といって、露骨に訂正するのではなく、気がつくようにいってあげるのがいいでしょう。
Commented by Teddy at 2008-01-16 13:33 x
大人(おおむね成人して以降)になってからの間違いの指摘は、bank.of.japanさんの提起通り、ホントに難しい。特に目上(含む上司)のそれですが。
ちょこっと関連しますが、思い出すのは、小生はテーブル・マナーにそれほどうるさいほうではないですが、昔いた会社の上司のものの食べ方、その際たてる音を思い出します。異人さんとの会食(洋食)で特に困りました。もう失笑を買っているんですよ、相手から。テーブル・マナーなんてお国それぞれではありますから、小生の西洋コンプレックスなんですかね?これはとおりすがりさんの「気付かせ」も無理なのでは?
Commented by 飛車 at 2008-01-16 15:52 x
正直に告白します。僕も同じ勘違いを長いことしていました。気が付いたのは、多分21世紀になってしばらくしてからです・・・。読み方の間違いは、文字情報でしか接していないときに発生します。団塊という言葉も、自分的には文書の中でしか見ない単語で、テレビで団塊世代の大量定年とか色々言われるようになって、やっと間違いに気づいた次第。そういえば中学生の頃BASICのWIDTH命令の読み方を知らなくて、自分で適当に読んでいて赤っ恥かいたこともあり、結構みな知らず知らずやっていると思います。

中には2ちゃんねるの「(←何故か変換できない)」みたいなユーモアで気づいたものも結構あるのではないでしょうか。
Commented by EURO SELLER at 2008-01-16 19:04 x
私も以前の「大磯小磯」思い違いもそうですが,中学まで銭湯を「ぜにゆ」と読んでいました。もちろん,銭湯に行ったことは無いわけではないのですが,「~の湯」とか書いてあっても現場に銭湯という漢字が書いてなくて,音と漢字が日常で乖離したケースではこういう間違いが生じやすいと思います。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-16 21:47 x
みなさん、いろいろとご経験を披露くださりありがとうございます。

害債さん、どうもです。特に女性の場合は即座に直してあげた方が良いのは確かですね。

壱万円札さん、どうもです。アナウンサーの場合は究極の公衆の面前ですので、空気が重くなるのは仕方ないです。大変な商売だと思います。

とおりすがりさん、どうもです。そういうさりげない感じで修正するのが理想的です。もっとも、なかなかそうできないのが現実かもしれません。

Teddyさん、どうもです。マナーは私も自信がないので、知らずに恥をかいている可能性が高いです。フォークとナイフの使い方もでたらめで、面倒くさいのでフォークだけで済ませちゃうとか(笑)。スープを音を立てずに飲むのは、意識しないと難しいです。これを直すのは至難の業かも。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-16 21:56 x
飛車さん、どうもです。やはり、かなりメジャーな勘違いなのですね。ちょっと違う形の勘違いですが、私は野球の「かためうち」を「片目打ち(片目をつぶって球を打つ)」と思っておりました。間違いを指摘されたのが、大学に入ってから。みんなの前で間違いを指摘され、大笑いされました。自分で気がつくのが一番良いです。

EURO SELLERさん、どうもです。漢字の読み違いは私もかなりあります。音と漢字の乖離は徐々に収束するのですが、収束から漏れるケースもいろいろとあるのでしょう(何が漏れるかは人それぞれですね)。
Commented by うお at 2008-01-16 22:36 x
単なる言い間違えですが、よりによって(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=rPjdzG7K4GE

Commented by bank.of.japan at 2008-01-16 23:09
ちょっとトチッたのでしょうが、確かに「よりによって」ですねえ(笑)。
Commented at 2008-01-17 01:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 薬屋 at 2008-01-18 01:55 x
間違いというコンセンサスの存在する「だんかい」と違って、「代替」は「だいがえ」でももはや変換できるくらい普通の言葉なのでしょうか。漢字自体が違うわけではないから、むしろ比較するなら「年棒(笑)」でしょうか。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-18 20:00
薬屋さん、どうもです。変換できるのですね。知らなかったです(苦笑)。年俸=ネンポウが正しいのでしょうが、「ネンボウ」と言ったりするので、年棒と思うかもしれません。参考になりました(笑)。
<< OISが映す日銀の姿はいい感じかも 景気ウォッチャー、墜落中(日銀... >>


無料アクセス解析