人気ブログランキング |
「北畑次官の誤算」=本気だったのか…
 ちょっと日がずれたが、『YENの漂流』が取り上げた「北畑次官の誤算」である。旧通産省の中堅官僚時代にシルバーコロンビア計画(懐かしいすね)を発案した張本人の話である。円安のせいで老後を海外で過ごす夢が崩れたことを取り上げたものだが、運が悪かったね、というだけの話で、誤算とかいうんじゃなくて、単に見通しが甘かったに過ぎない。でも、私が一番びっくりしたのは、北畑氏がスペイン移住に本気であったことだ。計画を打ち上げた責任を果たす(言行一致)という意味ではご立派だが。無理して移住することはないでしょ。
 みなさん、この記事ではいろいろご意見あるだろう。知り合いの市場関係者もいろいろ怒っておりましたが(苦笑)。個人的には以下の感想を持った。
・海外移住するかどうかは個人の勝手。国が音頭を取るもんじゃない(これは計画への批判)。かつて移民の失敗例(ドミニカ)もあった。
・退職金2000万円と年金月20万で海外で優雅に過ごすという計画は、ちょっとした為替変動で崩れる程度のもので、リスク管理としてメチャ甘なのではないか。というか無謀でしょ。計画がうまく行き過ぎて大量の老人を送っていたら、本当に「海外姥捨て山」になったかもしれん。
・退職金と年金で海外で過ごしたいならどうぞ勝手に。ただし、円安になって生活が大変だと言ったって、それは海外移住に伴う当然のリスクなのだから、(円安に)文句を言うのは筋が違うでしょ。
・国力低下(による円安)で老後を海外で優雅に過ごす夢が崩れた、みたいな印象の記事であったが、何で俺たちが団塊世代の優雅な海外生活を支えるために必死こいて働き、国力を増大(円高にする)させなきゃならないんだよーーーーーーと思ったな。
・日本で暮らせばいいじゃないか。
・財務省の津田次官ら同期入省組は「(北畑は)本当にスペインに行くんだろうな」と“監視する会”を立ち上げた、とあったが半分冗談でしょ。北畑さん、スペインが憧れの地であるならまだしも、“監視”を意識して無理に移住するこたあない。短期ステイでお茶を濁す手もある。
・変動しやすい為替を切り口にする記事はやはり書き方が難しい(これは職業的な観点での感想。参考になります)。
・そのうちユーロバブルが崩壊してすげぇ円高になるかもしれない。そしたら円高だ、大変だ、とマスコミは騒ぐんでしょうなあ。
by bank.of.japan | 2008-01-10 21:22 | マーケット | Comments(29)
Commented by K at 2008-01-10 21:32 x
NHKクローズアップ現代でも、海外移住に失敗した人達・騙された人達を紹介していましたね。成功例は出てなかった。
Commented by 壱万円札 at 2008-01-10 21:51 x
以前、東南アジアのどこかの国に退職金と年金でメイド付きで優雅に暮らしている日本人がテレビ番組でありました。別にスペインに固執しなくてもと記事読んで思いました。
Commented by (ま) at 2008-01-10 23:40 x
太字部分についてですが。
「老後を海外で優雅に」はさておくとしても、娯楽の幅も経済的な
余裕も少ない時期を耐え忍んで働いて、今の豊かな日本社会を築い
た世代には多少なりとも恩返しが必要ではないかと思っています。

私の世代は生まれた時から車ありカラーテレビありクーラーも幼
稚園の頃にはあり、長じるにつれ、ウォークマンが出てビデオが
出てCDが出て、円高と格安航空券で海外旅行も気軽に行け、会
社に入れば週休二日でした。
感謝しなければ、と思っております。
Commented by Sさん at 2008-01-10 23:57 x
私もこれを見てびっくりしました笑
メチャ甘ですよね。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-11 00:25 x
Kさん、どうもです。その番組、見てなかったですが、余程の金持ちでない限り、海外移住で優雅に過ごすのは難しいと思います。お金があっても、海外に馴染めるかどうかの問題もありますし…。

壱万円札さん、どうもです。コスタ・デル・ソルで優雅な引退は、ちょっと甘いすよね。でも、地中海にあこがれる人は、東南アジアには行きそうもないような気がします。

(ま)さん、どうもです。おっしゃられることは理解可能ですが、団塊世代はわが国の指導層にほぼ該当し、国力が衰退したと嘆いても、それはそれで因果応報ではないという気もします。就職難に直面した若い世代は年金も十分にもらえず、世代的に逃げ切る団塊層への恩返しという発想はあまりないかもしれません。

Sさん、どうもです。まあ、ご指摘の通りでして。
Commented by fredy at 2008-01-11 01:26 x
私も読みましたが、わざわざこのシリーズに掲載されるほどの価値のある話しではないですよ。日経新聞も(ブラック)ジョークをシリーズに挟むようになったのでしょうか?「海外姥捨て山」より「海外墓穴」の方が相応しいと思いますが。
Commented by 団塊アフターバンカー at 2008-01-11 01:30 x
>太字部分についてですが。
>今の豊かな日本社会を築い
>た世代には多少なりとも恩返しが必要ではないかと思っています。
冗談じゃないですよ。
団塊アフターの失われた世代の我々は会社を追われるか、あるいは、
賃金の上方硬直性で入社当時のままの賃金で我慢せざるを得ない、
一方団塊前後の世代はバブル崩壊後も賃金の下方硬直性の享受を
受けて、退職金も保障されている、そういう人たちに感謝なんかありま
せん。
Commented by EURO SELLER at 2008-01-11 05:03 x
最近,日経はディテールは書いてくれても骨子が定まらないコラムや特集が多いなあと思います。まだ,産経の特集のほうがぶれないぞ。(オンラインで読めるし助かるし…)

>変動しやすい為替を切り口にする記事はやはり書き方が難しい
あたりはずれで叩かれるだけでなく,円高でも円安でも双方にステークホールダーがいるので百家争鳴ですからね。
Commented by kumakuma1967 at 2008-01-11 05:20 x
退職するまでに5世帯用アパートを現地で購入してれば何の問題もなく普通に現地で暮らすか、売っぱらって大金持ちとして日本に居るかの選択できてますね。....いやはや。輸出で通貨高のドイツ人がヨーロッパ中の不動産を買いまくってたのとか知らないのかな。「ドイツなどの年金生活者」は出身国年金所得+現地事業所得になってないか?普通。

確かに同情は全くしない(笑)。
団塊の世代は年金についても短期低額しかかけてない世代だしなぁ。(まっとうに必要な掛け金を払い始めたのは1990年代後半からだし、1951年4月以前に産まれた世代は20年加入で支給資格あり。)
彼らがリーダーになった10年間を見ると、どちらかというと「失われた十年を築いた」と言った方がいいかもしれませんね。
Commented by 通りすがり@USA at 2008-01-11 07:21 x
この記事は一行も触れていませんが、シルバーコロンビア計画のころ、あるいは、つい7-8年まえごろまでに、コスタデルソルでリゾートマンションないし別荘を買った人は、スペイン不動産ブームでかなりの評価益を出していると推測します。円評価なら、ユーロ高によって、さらに評価益は膨らむでしょう。この次官氏も、実はうまく買っていたりして。とにかく、ここに住んでいる日本人にしろ、儲けた人は、儲かっていると日経記者には言いません。
収入は年金の円で、生活費はペソ(ユーロ)という操業をすれば為替リスクがつきまとうのは当たり前。逆にスペインで資産を買っていれば、大儲けだったわけです。要するにそれだけのことじゃないでしょうか。
それより「団塊世代論」の方が熱いみたいですね。
Commented by すなふきん at 2008-01-11 07:42 x
たしかに団塊は「逃げ切り世代」ですよね。だいたい豊かな日本社会を築いたのは団塊なんですかね。むしろ先行世代の貢献が大きく、団塊は好景気の中で引く手あまたの就職時期を過ごし、終身雇用に守られてきてタイミングよく現在退職時期に当たっている人が多いわけで、果実を最大限享受しただけに思えてしょうがないんですが・・。
Commented by システム5.1 at 2008-01-11 08:18 x
団塊世代に対する皆様の評価にはアグリーです。今後、退職金、年金でどんどん消費していただくことで貢献していただきたいです。もちろん、高度成長期に働き手として、経済を支えたことには感謝しております。
Commented by Eco at 2008-01-11 11:27 x
次官だったら退職金も2,000万どころじゃなくて、国内で普通の生活してりゃあ余裕綽々でしょうに。
Commented by Teddy at 2008-01-11 14:32 x
通貨安がけしからん、という論調でまとめたがっている特集なので、儲けているという話は聞いたところで、シカトするでしょう。新聞なんてそんなものです。通貨は、安いのも高いのも一長一短、短期間の過度の変動だけが好ましくない、という割り切りが(市場参加者はともかく、一般の人には)望まれます。
団塊世代には、現役世代としては多くの方々同様「同情」なんかしません。年金が賦課方式である以上、既得権をてこに(おおむね)うまく逃げ切ったなという凹世代のやっかみしかないです・・・そういえば最近の「経済教室」で選挙制度を年齢別にすべき、という提案がありましたね。詳細は忘れましたが、ハイエクも似たことを提唱していました。
Commented by Mosi lager at 2008-01-11 17:43 x
その記事は読んでないですが、海外移住を推進すると、国内消費は減るし、消費税収入は減るし、税収も国力も減る一方だと思いますが。
Commented by ゆーき at 2008-01-11 19:46 x
自己の積み立ての結果による年金だったら海外移住でもなんでもしてくれと思いますが、世代間扶助の現行の年金システムでなんで海外に行った人の年金を全額ださなきゃいけないんでしょうかね?
国内にいればまだ国内需要になりますが海外にいかれたのでは全くの持ち出しにしかなりません。
はっきりいって現地の一般生活レベルの年金だけだせばいいと思います。
Commented by PK at 2008-01-11 20:30 x
東大京大と朝日岩波の左翼に、特別年金を渡してスペインで暮らしてもらえば日本は安泰。
メディアを罰する仕組みが無い以上、追い出すしかない
失われた10年でも肉を切らして骨を絶つことができなかった。
特に安部の坊ちゃんの体たらくが大きい。福田は論外。
もう、この国はどうにもならん。
スペイン移住も、後から見ればよい結果になっているかもしれない。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-11 22:53
fredyさん、どうもです。為替を切り口すると、どうしても為替動向に焦点があった事例を紹介せざるを得ず、記事が矮小化するリスクがあります。特集は先にテーマが決まるので、私はフォローする書き手にむしろ同情的になっちゃいます。まあ、海外移住も自己責任原則ですので、墓穴を掘るリスクは覚悟すべきですね。

団塊アフターバンカーさん、どうもです。団塊世代も色々で、辛酸なめた向きも多いでしょうが、雇用・年金の観点で世代間比較すると、恵まれた世代であると私も思います。格差が広がる中、「海外で優雅な引退生活」という設定は反感買いやすいです。

EURO SELLERさん、どうもです。為替の見通し記事など、まあ外れることが多いです(笑)。また、円高(or円安)を想定した経済情勢の記事も、為替の反転で簡単にひっくり返ります。為替は難しいです。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-11 23:05
kumakuma1967さん、どうもです。確かに。早い時期に海外(欧州など)で不動産買って、既に売ってたら大もうけです。
>彼らがリーダーになった10年間を見ると、どちらかというと「失われた十年を築いた」と言った方がいいかもしれませんね
 これはそうだと思いますよ。

通りすがり@USAさん、どうもです。kumakuma1967さんもご指摘のように、うまく利食った向きもいると推測され、そういうおいしい目にあった人はあまり言わないでしょう。団塊は、その下の世代から見ると、批判が多いですからね。

すなふきんさん、どうもです。団塊の上の世代の貢献は大きいと思います。戦争世代は苦労しますから、何とか支えたいという気持ちはあります。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-12 00:58
システム5.1さん、どうもです。確かに退職金は国内消費してもらった方がいいです。円安はまさにそのための調整機能かも。

Ecoさん、どうもです。為替動向にびくびくするぐらいなら国内にいて余裕の生活送った方がましですね。

Teddyさん、どうもです。日本人はどうしても為替動向に一喜一憂しがちな傾向が強いです。ご指摘のように、実体経済から乖離した過度な変動は望ましくない、という割り切りが必要だと思います。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-12 01:04
Mosi lagerさん、どうもです。ただでさえ人口減少に直面しておりますので、引退世代でも国内にいてもらった方がよいですね。

ゆーきさん、どうもです。現行の年金システムを前提に海外移住で優雅な引退と言われても、オイオイという感じです。為替を切り口にするにしても、年金制度の不公平感をまず議論して欲しいですね。

PKさん、どうもです。ある意味で積極的な棄民ですね。過激な案で、受け入れ側が拒否するかも。
Commented by Willy at 2008-01-12 12:59 x
円安になる前から「老後は海外移住で安く生活する」というのはネタだと思っております。

例えば、マーサー社から出ている物価指数を見ると分かりますが、米国人が海外で米国並みの暮らしをした場合、どこに住んでも生活費はそんなに変わらないことが分かります。例えば、ニューヨークの生活費を100とした場合、インドのムンバイでも84.9です。東京の物価は比較的高く算出されていますが、これは100平米の高級マンションを借りるというような前提があるからで、東京の家賃は月4000ドル以上と計算されています。

もちろん、現地人並みの生活を覚悟して日本に一時帰国もしないとすれば安く上がるでしょうが、そこまでの覚悟がある人はあまりいないでしょう。

ケーススタディーにしても、そもそも、既に海外に移住しているような日本人は、あの世代にして外国語が堪能でかなりの情報収集能力のある先進的な人たちなわけで、そんな人達がお金に困っているとは考えにくいんですよね。

逆に、私が、外貨を売りたい金融機関の社員とか円高に手を焼く官僚だったとしたら、「夢の海外移住」みたいなストーリーを積極的に買いたいところですけど。
Commented by 害債 at 2008-01-12 19:48 x
ワタクシはシルバーコロンビア計画が発表されたとき、あまりの荒唐無稽さに驚きました。そしてそれが単にネタではなくどうやらまじめに考えていたということを知り、再度驚きました。結構「日本の恥」と思った記憶があります。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-12 22:34 x
Willyさん、こちらにもコメント多謝です。まあ、実際に行っちゃった人は、リッチ&事情通である、と思われます。行きたい人は勝手に行っちゃうもので、そうした人達は実はあまり困っていないのでしょう。

害債さん、どうもです。人のライフスタイルを国が音頭をとる、ということ自体が終わっている感はあります。統制的風土なのか、ちょっと怖いですよね。
Commented by 大阪府民 at 2008-02-09 10:19 x
発表してしまった個人目標が頓挫するのはままあることですが、発言者が経済産業省の事務次官であり、後述するようにデイトレーダー批判など、一貫していらず且つ無邪気とも思える点に強い不安を覚えます。
一番は想像力の欠如です。「何で俺たちが団塊世代の優雅な海外生活を支えるために必死こいて働き、国力を増大(円高にする)させなきゃならないんだよ」等の意見を知らないか無視していること、経済産業調査会でのリップサービスもしかり、「堕落した株主」と批判せずデイトレーダーを利用して株価を上げ経済活性化してやろうという姿勢くらい見せていただきたいと思います。その方がスペイン行き実現に近づく。私も、一般的にはデイトレードは推奨できる取引方法ではないと思います。が、実際には機関投資家含めかなりの人間が実行しており、テクニカル分析や噂やオカルトで動く方もいます。次官いうところの「バカ」もいるのが外の世界であり現実社会です。長期投資・ファンダメンタルズ重視で行うとしても、そういう存在がいることを理解した上で行うべきでしょう。
Commented by 通行人 at 2008-02-10 01:24 x
ダメな人が次官になるというのは、いい人がいなくなった証拠で喜ばしいでしょう。
経産省はどうでもいい役所だから人畜無害です。
そんな所の人をとりあげるだけむなしくならないのか>マスゴミさん
Commented by bank.of.japan at 2008-02-11 11:57 x
大阪府民さん、どうもです。「デイトレーダーを利用して株価を上げ経済活性化してやろう」という発想がないと金融立国は難しいでしょう。というか、デイトレは日々の市場流動性の一翼を担っているに過ぎないと思うのですが、次官には金融市場の観点はないのかもしれません。

通行人さん、どうもです。達観すると、そうかもしれません。経産省の影が薄いのは確かです(苦笑)。
Commented by 飛車@泥酔 at 2008-02-13 04:02 x
大企業のプロがやってないと駄目という人が結構いて、「市場原理だから」と言い訳するのですが、よくよく聞いていると、完全競争市場の成立条件の1番目に来る「市場参加者のアトム性」は全く無視していたりして。それで良く市場原理とか言うよなみたいなw。変なことを言う人は世の中に一杯いるというか、テレビに良く出るような人ほど、B層向けにキャッチーな事を言わなければいけない立場なので、変な発言てんこ盛りだったりするのが世の常ですよね。

デイトレードは1日の中でクローズする取引で短期の裁定を担当しているわけで、道徳的視点で批判するようなものではないし、一般のネット取引の個人投資家は副業で株やってるのでデイトレードはできないし。この辺の区別がついていないんじゃないかなぁ。まあ個人投資家は絶対に情報の点ではでかい投資家にはかなわないと思う。
あと、60近辺の方って70オーバーの方みたいな深みは無いので都合が良い時だけ道徳持ち出したりするようなインチキ臭が凄くするんですよね。

>>通行人さん
経済産業省はどうでも良い役所になって以来、環境問題に変な口出しして困るんですけどw
Commented by bank.of.japan at 2008-02-13 20:32
飛車@泥酔さん、どうもです。キャッチーな事を言わなければいけない立場なので、変な発言てんこ盛りだったりするのが世の常ですよね、はそうだと思います。60前後の方々は、もちろん話の合う人もいるのですが、世代としてくくると、その上の世代の方が信頼感はあります。戦火に見舞われた世代はサポートしたい気持ちはあります。
<< 景気ウォッチャー、墜落中(日銀... 伊藤先生、随分と日銀的なご見解ですね >>


無料アクセス解析