人気ブログランキング |
伊藤先生、随分と日銀的なご見解ですね
 知り合いの市場関係者の方から、伊藤元重・東大大学院教授のインタビュー記事を送ってもらった。今年の金融政策に関する所見を述べたもので、東京新聞に掲載された。何というか、ある意味で日銀以上に日銀的な所見で、読んでいてちょっと気恥ずかしかったですよ。具体的には以下の部分である。
①金融政策は金利の上げ下げでなく、他国と比較してどの水準にあるかが重要だ
②日本は0.5%と圧倒的に低く、超緩和状態である
③だから中長期的に金利を上げざるを得ない
④目先の難局を乗り切るために拙速に金利を下げるとやっかいな問題(バブル)を招く
⑤日銀もその点を気にしている
 ①から③はいわゆる正常化論のたぐいで、また「金利差が円安(バブル)を招く」との発想も垣間見える。日銀は確かに口ではそれっぽいことを言っているが、実際には純粋な意味での正常化論は放棄しており、「第二の柱」のトラップにはまって正常化論的なことを言わざるを得ないのが実情(と受け止められる)。まあ、日銀の立場に配慮されたのだろうが、経済学的に他国との金利格差を重視する金融政策ってのは為替ペッグに近く、そうしろとおっしゃっているのかな。よく分からん。金融政策は各中銀がそれぞれの国の経済・物価情勢に応じて適切に運営すればよいのであって、金利差はその結果に過ぎない、というのが筋論であるはず。
 ④は、利下げでバブルが起きるなら、それは今の日本経済には歓迎すべきことなので、問題でも何でもない。利下げすべきでしょ。日銀が利下げして世界経済のエンジンになるなら、世界中から感謝される(特にFRBはそうだろう)。なお、日銀は(利下げで)バブルが起きることを気にしていない。金利水準にのり代がない、利下げしたって効果がない、といったことを気にしている(と思う)。ちなみに緩和手段としてどうするのか、についての議論は別にタブーではなく、素直に議論に応じる雰囲気ですね。
 このインタビュー、日銀マンにとっては「俺たち以上に日銀タカ派的で、どうしちゃったの伊藤先生」という感じであろう。教え子も多いようであるし。今度感想を聞いてみよう。
by bank.of.japan | 2008-01-10 00:02 | 日銀 | Comments(18)
Commented by 飛車 at 2008-01-10 01:05 x
あらら・・・

他国との金利差を一定にするってことは、為替レートのコントロールが念頭にあるんですかね。国内景気のための金融政策を放棄すると言っているのと一緒なわけで、景気対策は財政政策に割り当てますって事なのか、それとも景気対策なんて国がやるべきことではないという極右なスタンスなのか。

それとも、アメリカが利下げしたから、日銀も利下げしなさいって事・・・なわけないかw

為替なんて七転八倒させとけばいいんですよ。貿易やってる企業がヘッジに気を遣わなければならなくなるだけの事っす。
Commented by テキサスロングホーンズ at 2008-01-10 01:41 x
国内の物価安定(ならびに経済成長)を目的とするにせよ、金融政策の為替レート波及経路は重要だと伊藤先生は言ってるんだと思います。金融政策の波及経路は大きく分けて金利経路、クレジット経路、為替経路だと言われていますが、そのうち為替経路は各国の実証結果を見る限りかなり重要なウェイトを占めています。また、為替経路のインパクトは各国の金利との比較で決まってきますので、国内の物価安定のみを目的にするにしても、現状認識としての内外為替差を無視することはできません。

もちろん金融政策の為替経路が重要であるということ自体がそれをもって為替レートをターゲットするべきということを含意するわけではありません。この点は峻別するべきだと思います。
Commented by 植田教授>伊藤教授 at 2008-01-10 02:23 x
日銀に秋波を送っているということでしょうか?
Commented by EURO SELLER at 2008-01-10 04:45 x
元重先生終わっていますな。蔵書の中に著者があったかも…
まあ,ポジショントークというのもいろいろしがらみがあるのでしょうが,1だけは絶対いただけないです。そもそも金利政策の第一の目的を逸している発言です。為替レートの変動は我々のお小遣いにくれてやるぐらいでいいのですよ。
Commented by EURO SELLER at 2008-01-10 04:46 x
↑すいません
著者->著書
Commented by システム5.1 at 2008-01-10 08:11 x
原文を見ないと何とも言えないですが、特に①は意味不明ですね。
Commented by ちゅう at 2008-01-10 09:24 x
へー、金利の水準は他国との比較が重要だが、物価上昇率は他国より低くても問題無いということですか。いやー、大変勉強になりますね。
Commented by 一読者 at 2008-01-10 15:30 x
東京新聞を検索しても見当たらなかったのですが、引っかかってきた別の記事によれば、植田、伊藤隆敏の両先生とならんで伊藤元重先生も新総裁候補に挙げられていました。ただ、いくら日銀にいい顔をしても選ぶのは政府なんでちょっとなあと思います。
Commented by 椿ライン at 2008-01-10 19:58 x
 毎度ご苦労さまです~。

 現物を見ましたが、私も①は意味不明でした。政策のトリレンマや金融政策のバイアスはともかくとして、政策金利を他国と比較して決めるというのは聞いたこともないので・・・。
 そういえば、10日付の欧州系レポートでは、日銀総裁候補として伊藤隆敏さんの名前があっても、伊藤元重さんの名前は出ていませんでしたね。まぁ官邸マターですから何があってもおかしくないのでしょうけれども・・・。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-10 20:42
飛車さん、どうもです。米利下げに自動追随ならまだしも、利下げは問題がある、とのことで、単に低金利であることが良くない、という発想に思われます。どうしたもんでしょう。

テキサスロングホーンズさん、どうもです。日本語での投稿、すいません。英語対応が難しいもので。お手数ですが、よろしくお願いします。伊藤先生の発言を前向きに行間を読むと、ご指摘のようなことになると思います。もう少し、このところは噛み砕いて発言した方が良かったかもしれません。噛み砕いたものの、掲載紙側の都合で省かれた可能性もありますが…。

植田教授>伊藤教授さん、どうもです。日銀マンの一般的な感想がそれですね(笑)。

EURO SELLERさん、どうもです。①の部分は、日銀マンですら首をかしげるところでして。困ったものです。

システム5.1さん、どうもです。原文読んでも意味が分かりにくいのでし(笑)。

ちゅうさん、どうもです。金利正常化の発想が強過ぎるインタビューになった経緯が興味深いです。持論なのか、それとも日銀の情報を誤解されたのか。なんでしょうね。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-10 20:42
一読者さん、どうもです。色々名前が浮上しておりますが、時期が迫るほど、武藤さんになるんじゃないかと思ったりします。

椿ラインさん、どうもです。インタビューを見る限り、不思議な論調でした。結果的に他の候補者に利する形になったのかも…。
Commented by Willy at 2008-01-12 13:15 x
武藤副総裁のうまいところは、おそらく日銀プロパーほどタカ派ではないけど、植田さんや、伊藤隆敏さん、竹中さんほど緩和派ではないという点ですね。それで、次期総裁の件は、日銀・政府の両方から支持を得ている。日銀に秋波を送るとしたら、プロパーよりもタカ派(に見える)というのは誤った選択だと思いますね…。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-12 22:27 x
Willyさん、どうもです。武藤副総裁は多分、自然体として中立なんだろうと思います。日銀執行部の全般的な雰囲気としては、推測するに、タカ派はちょっと困るよな、というものでしょう。
Commented by ラスト何マイル? at 2008-01-13 23:28 x
本石町日記さんの、このコメントが一番驚きました。特に「のり代」の部分、ほんとですか!?

「日銀は(利下げで)バブルが起きることを気にしていない。金利水準にのり代がない、利下げしたって効果がない、といったことを気にしている(と思う)。」
Commented by walrus at 2008-01-14 00:25 x
ラストさん、では全く政策運営の非対称性は想定する必要はないという理解でいいのですね?審議委員のなかには市場機能云々、或いは0.5未満は異常時対応といった声もあるようですが。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-14 23:57 x
ラストさん、どうもです。もっと金利水準が高ければ、ダウンサイドリスクへの対応も違うものになるのではないかと思われます。これは私の受け止め方ですが、90年代後半以降の景気判断が下方硬直的であったのは、のり代が少なかったからではないかと見ております。
Commented by ラスト何マイル? at 2008-01-17 01:08 x
金利水準が高ければ、そりゃあ実質金利が相対的に高いのでしょうから、ダウンサイドリスクへの対応が違うのも当然だと思いますが、それは「のり代」うんぬんの議論とは全く違う次元だと思います。ゼロを挟んだ非対称性は当然にしてあると思いますが、それも「のり代がない(ゼロが近い)から必要な利下げをしない」という議論を正当化するものではないと思います。のり代を作るための利上げとか、のり代がないから利下げしないとかってのはちょっと・・・。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-17 19:14 x
ラストさん、どうもです。「必要な利下げ」なら実施すると思いますが、問題は「必要である」との判断に至る過程に時間がかかるかもしれません。予防的に動けず、結果的に事後的に動くことになりやすいと思われます。さすがに私も何が何でも利下げせずに粘り切る(そういう姿を見てみたい気もしますが・笑)とは見ておりません。
<< 「北畑次官の誤算」=本気だったのか… 吸収オペ連発っすね=年末出し過... >>


無料アクセス解析