人気ブログランキング |
私が都銀株主ならチャンスと言いたいが…=米銀の支援要請
 既にぐっちーさんがお書きになっているが、私も都銀の株主なら今回の米銀からの支援要請は「チャンスじゃないか」と言いたい。でも、難しいだろうな。リスク取っても失敗したらメチャ叩かれそうな風潮ですからね。サブプライムだって「損失規模はこんなだ!!!!」と叫ぶような見出しが並ぶわけですから…。
 支援内容は、例の米国版CCPCへの出資だが、それに素直に応じるのはもちろん騙されるリスクもあるので、うまく立ち回る必要がある。ただ、先方は頭を下げてきている(はずでしょ?)ので、徹底的に条件を叩くべきだと思う。こっち(邦銀)だって足元見られて不良債権をバルクで叩き売りせざるを得なかったのだから、今度は逆ですよ、当然。CCPCへの出資じゃなくて、「条件次第ではおたくに直接出資してもいいよ」とシティやバンカメ、JPモルガンに持ちかけてもいい。
 問題はその先である。「私の履歴書」で田淵氏が指摘していたように「日本人には外国人を使いこなせない」では話は終了となる。ただ、それでもなおうまく使って欲しいなあ、という淡い期待はある。アングロアメリカン系の金融機関がヘタる機会は今回を逃してしまうともう当分ないのじゃないかと思うし。何かうまい手はないだろうか。私が考えたのは以下の方法。
 ライアーズポーカーのうまい日本人傭兵を集め、ファンド(箱)を作る。そこを経由して金を流す。傭兵が本気になって働くインセンティブを与える。直接支配がうまくいかない場合は間接支配を試みるしかないわけですね。仕組みをうまく作ってきちんとワークするように見張るのは大変ですが。対外的には、オータナティブ投資の一環としてちょろっとハイリスクな投資やりました、でいいのじゃないですか。どうせ国内的には運用難が強まるでしょうから…。
 ただ、「大丈夫なのか」、「いいのか」と行内・行外で騒ぐ奴らは消えないだろうなあ。一番のリスクは金融庁が不快感を示すこと、そして役員が「失敗した場合の株主代表訴訟が怖い」と言い出すことであろうか。まあ、そうなったら内需の低迷と運命を供にするしかないですね。
by bank.of.japan | 2007-12-12 20:38 | 金融システム | Comments(23)
Commented by durian at 2007-12-12 22:35 x
間に1つ強面のファンドをかませるというのは良いアイデアかも知れませんね。
頑張れ!ニッポン!
Commented by 害債 at 2007-12-12 23:18 x
最近の監督官庁さまはコンプライアンスと適法性重視で内容には余り口を挟まないようですね。まあ能力の限界もあるのでしょうけれど。チャンス。がんばれニッポン。
Commented by EURO SELLER at 2007-12-12 23:20 x
まともな和製投資銀行があれば人材もそれなりにいるはずなんですが…踏み上げ太郎さんとぐっちーさんを引き抜くわけにも行かないし。
Commented by 植田日銀総裁 at 2007-12-13 00:46 x
基金に出資ではなく、投売りされるアセットを買う。ないしは金融機関に直接出資がより良い投資行動と考えます。
Commented by nhcjpn at 2007-12-13 00:51 x
面白い発想ですね。
90年代までは、時価総額から言って、邦銀にも米国の金融機関か小型の投資銀行を買うチャンスはあったんですけど、その後の不良債権処理で沈んでしまいましたね。今回は久しぶりのチャンスなのでしょう。
ただ、邦銀の人材難とリスクテークセンスのなさは、その通りです。
Commented by 雲のパン屋 at 2007-12-13 01:01 x
上記な案を実行する実行力があるならば失われた10年というのはなかった。
今、日本人はおじいちゃん達先祖の遺産で食いつないでいる馬鹿息子って所でしょうか?
Commented by PK at 2007-12-13 09:29 x
金融商品としてではなく、実物に近いところで買って長期保有し再生させるというのが良いと思います。その方が日本人には向いている。
予想される長期に渡るドル安は米国人の価値が下がることで、企業に有利です。日系企業が不良住宅債権の集中する地域に進出すればいい。米国への移民は止まらないでしょうから底に達すれば大きく下がることはないでしょう。問題は水資源で、米国の土地は水の豊かな場所の不良資産を取っていくべきです。
Commented by ネタ at 2007-12-13 09:49 x
>ライアーズポーカーのうまい日本人傭兵、ファンド(箱)を作る。
何人で、いくら?
具体的な話がなければ、単なるお話ですね。
このブログ自体がお話ですからね。
本当のアイディアは話されるはずないですから。失礼しました。
Commented by Teddy at 2007-12-13 12:11 x
bank.of.japanさん、上の「ネタ」さんのコメントは削除して下さい。言いがかりに近いコメントで、不愉快です。
Commented by kit at 2007-12-13 12:19 x
時々読ませてもらってますけど、
11/27のブログでは
「中東マネーの打診買い?=ちょっと早い感じ」
となっていて、半月たったら
「私が都銀株主ならチャンスと言いたいが…=米銀の支援要請」
ここまでの心境の変化がよく判らない、書いてないので、
胡散臭い話と見られるのは仕方ないかと。
まあどっちにしろ来年は大変な年になりそうで、
本石町日記を読んで学ばせてもらいますw
Commented by bank.of.japan at 2007-12-13 12:38
durianさん、どうもです。どこかお勧めの強面ファンド、ありますかね(笑)。邦銀には今度こそ頑張って欲しいものです。

害債さん、どうもです。なるほど。中味より規則重視なら、チャンスかもしれません(笑)。「能力の限界」に感謝でしょうか。

EURO SELLERさん、どうもです。人材はいるんだと思います。問題は、マネジメントが使いこなせるかどうか、なんですが。踏み上げ太郎さんとぐっちーさん、いいですねえ。

植田日銀総裁さん、どうもです。直接出資はいいですね。昔、住友銀行がGSに出資したのはいい判断であったと思います。
Commented by K at 2007-12-13 13:17 x
ヘッジファンドの皆さんは何処へ行ったのか?
まず、彼らに出してもらえば良いではないのか。
それとも、ハゲタカも食わない?
Commented by bank.of.japan at 2007-12-13 13:26
nhcjpnさん、どうもです。今回がチャンスである場合、どう生かすかは試されるところでしょう。全体として邦銀が人材難で、リスクテークセンスのないところは否定できないところですが、でも何とかチャンスを生かして欲しい、という淡い期待はあります。かなり淡い期待ですが…。

雲のパン屋さん、どうもです。ご指摘の通りかもしれません。今後、製造業の比較優位性(これが遺産なら)をどこまで保てるかが将来を命運を握っていると思います。

ネタさん、どうもです。当事者はアイデアを言わないor言えない、非当事者は話すが、それは「お話」である、というのはそうだと思います。本当のアイデアが話されるブログをお探しになった方がよいと思います。

Teddyさん、どうもです。公開ブログですので、色々なコメントがつくもので、私としては(個人への誹謗中傷など除いて)強制的な削除は考えてないです。ただ、お気遣いには感謝いたします。有難うございます。
Commented by bank.of.japan at 2007-12-13 13:26
kitさん、どうもです。もう少し細かくフォローし、背景説明も詳しく書いていけば、変化の推移が読者にも伝わると思いますが、いかんせん時間的な余裕や対応能力の問題もあり、取り上げ方が断片的になり、急にスタンスが変わったように見えるのは申し訳ないと思います。力不足であることをお許しください。相場が崩壊(or調整)するとき、局面としては押し目買いのチャンスですが、真の底値は分からないものです。この辺の説明(と言っても私の考えで「お話」とみなさるかもしれませんが)を加えればよかったですね。
Commented by bank.of.japan at 2007-12-13 13:35
Kさん、どうもです。まあ、達観すると投資条件に帰着するのでしょう。投資余力のあるヘッジファンドなら、オイシイ条件なら必ず金を出すので、まだ出でない、というのは条件が折り合わないのかもしれません。ただ、条件闘争もあまりに粘るとチャンスを逃すかも知れず、難しい判断でしょう。邦銀の不良債権をバルクで買った投資銀行も100%の確信はなかったと思います。
Commented by 飛車 at 2007-12-13 21:55 x
うーん。個々の企業判断だから、外野がどうこう言う問題じゃないと思う。
国策として「無理やりやらせる」というのはもっと変な話だし。
Commented by Leonrosa at 2007-12-14 00:08 x
直感的には、PKさんの「実物に近い所を選んで買って、長期再生させる」案に賛成!
バルクの砂粒の中から、名寄せしたら個々の住宅に行き着くものに対し、半値8掛け5割引きで買い取る。
但し、ひき肉から牛が再生できないなら、手出し無用でしょう?
Commented by bank.of.japan at 2007-12-14 18:41
飛車さん、どうもです。もちろん個々の判断です。まあ、淡い期待の表明でしょうか。

Leonrosaさん、どうもです。日本人は金融ゲーム苦手なので、実物系を叩いて買うのがいいのかもしれません。
Commented by fredy at 2007-12-23 11:45 x
メガバンクといったって、単独では生き残れない銀行(銀行員)の集団。極めて保守的で、頭は悪くないが、切った張ったが出来る人間も極めて限定的です。だから、そんな邦銀メガバンクが、1ショット5,000億ドルの出資をしないように、株主が2割の株価下落というブレーキをかけたのではないでしょうか。
Commented by fredy at 2007-12-23 14:59 x
すみません。1ショット50億ドルの間違いです。
Commented by bank.of.japan at 2007-12-24 23:56 x
fredyさん、どうもです。収益性は低いですが、まあ国内を牙城に生きていくのがメガバンクの妥当な路線かもしれません。斬った張ったの得意な人材は外資系に流れるでしょうし。日本の風土は、メガバンクに斬った張ったを求めていないのかもしれません。
Commented by ろくでなし at 2008-01-04 00:43 x
邦銀のカルチャーは向こう100年経っても変わらないでしょう。

だいたい、頭取を初めとする役員の報酬は少な過ぎ、少しでも退職金を増やしたいが為に現職にしがみ付くことしか考えておらず、斬新なアイデアを持って収益機会を飛躍的に増大させるなんてことは誰一人考えていないのではないでしょうか。

この点に関しては、監督官庁及び日銀にも大きな責任があると感じざるを得ません。国益を考える立場にあるのであれば、(護送船団の時代ではないものの)邦銀が世界の市場の主要プレーヤー相手にどのように伍していくべきかを考え、そのビジョンを民間に対し示すといった高い次元の指導・監督を行うべきであり、コンプライアンスや事務ミスの指摘に血道をあげることがその本分ではないと思います。

野村證券が米国においてサブプライム住宅ローン証券化事業で大損を出したことは記憶に新しいですが、むしろ日本の金融界の中で最もグローバル化している企業と賞賛されるべきで、国内回帰で一方的に向かうことは残念でなりません。
Commented by bank.of.japan at 2008-01-04 21:57
ろくでなしさん、どうもです。概ねご指摘に賛同するものであります。当局が高い次元でビジョンを示すこと自体は本来は、本末転倒なのですが、つい最近まで護送船団行政を続け、そこから脱したかと思えば、コンプラ・事務ミスのミクロレベルでうるさく指導する、というのはやはり絶望感を覚えます。金融マンとして優秀な人材は外資で働き、その方々が日本の金融を変えることを期待したいと思います。
<< 欧米中銀、慌てた感がありますな... 「円キャリー解消→日銀の国債売... >>


無料アクセス解析