人気ブログランキング |
OISは上昇、統計は冴えず=機械受注、景気ウォッチャー、貸出
 本日、OISが上昇。70%近い水準まで達した。前日午後からヘッジファンドが払っていた(金利上昇を見込む)と言われている。一方、この日の経済統計は冴えず、機械受注は大きなマイナス、景気ウォッチャー調査は悪化、貸出統計も失速傾向であった。OIS上昇(=利上げ観測増大)はよく分からない動きである。一昨日は50%前後で、これが急に上がった背景には何か材料があったんですかね。ご存知ならご指摘を。
 一連の冴えない統計で気になったのは「景気ウォッチャー調査」である。DIの推移を見ると、きれいに右肩下がりになっており、水面下に没していっている。一昨年前半の「踊り場」局面と似ており、嫌な感じである。今回のDI悪化では、梅雨明けの遅れや台風4号、中越沖地震といった天候・災害の要因もあって、多少割り引いた方がいいかもしれないが、悪化トレンドに変わりはない。
 さて、金融政策である。今月は例年よりも大分遅くて22、23日に金融政策決定会合が開かれる。現時点では何も決まっていない(はず)。従って、どうなるかは分かりません。個人的には、私の心の中のOISは低下しているので、やらない方がよいのじゃないのと思っている。というか、もう利上げしなくていいのじゃないかとも思っている。
 マーケットの反応としては、決定会合が近づくにつれ、その間にサブプライムローン問題がガタガタせずに日米株価が安定的に推移していけば、OISは上昇していくのだろう。「利上げ観測台頭」というヘッドラインもどこかで出るんでしょうね。政策委員会9人の「確信度合いの総和」が利上げの限界閾値を超えたら利上げ決定になるのだが、これは「心の問題」である。そこを把握する作業は、サイコセラピストの領域ですね。
 「OISが70%超えていたらやるよ」というのが楽でいい。
by bank.of.japan | 2007-08-08 23:05 | マーケット | Comments(6)
Commented by Eco at 2007-08-09 01:10 x
こんばんは。ESPフォーキャスト調査なんかを見ても、8月か9月に「やる」という予想が一般的ですね。もしこの通りになった場合、「半年に一回」という説明はわかりやすいと思う一方で、「何故7月でなくて8月(or9月)だったのか?」という疑問に答えを出すのは難しそう・・・。私は未だに「1月に見送って2月に利上げ」した理由を理解していませんが、その再現となると、会社の中でその辺の解説&次の利上げ時期予測を担当する者としては、再びとってもキツイ時期になりそうな予感がしています。
Commented by walrus at 2007-08-09 01:19 x
米国では、「FED10月利下げ8割織り込み」の反動が出てますね。国内であと見るべき指標はGDPぐらいですが、福井さんは既に低成長公算について予防線を張っており、本石町さんご指摘の通り、今後、市場動向が安定度合いを増してくれば「心の問題」は自然治癒していくのでしょう。サブプライム個別爆弾があと二週間でどれだけ暴発するのか、暴発に対し、米市場がこれまでのようなボラティリティーを見せ続けるのか、注目です。最近、米国市場の乱高下に対する日本市場の感応度は徐々に低下してきているように感じられます。「8月利上げあり」に一票。
Commented by 害債 at 2007-08-09 02:25 x
中川幹事長が辞任されることがほぼ決まりで、27日に内閣改造だとすると、政治的には8月しかないのでは、とか思ったりしてますが・・・。
Commented by bank.of.japan at 2007-08-09 13:38
Ecoさん、どうもです。タイミングの取り方は、極めて心理的なもので、それこそ日銀にも分からないでしょう(笑)。「決め」の問題なので、あまり考えても建設的ではないと思います。

walrusさん、どうもです。会合まで安定的な地合いであれば利上げが行われる可能性は高いですね。心の問題を抱えた中央銀行は、対処が厄介です(笑)。

害債さん、どうもです。マーケットがこのタイミングで織り込んだ状態なら、まあご指摘のような状況もあることで、やった方がいいのでしょうね。ただ、先行きがどうなるかは不透明で、不運が起きぬよう祈願するしかないです。
Commented by 来輝 at 2007-08-13 01:46 x
日銀が金融政策の幅を広げたいという気持ちはわからないでもないですが、ここは一歩退いて待って欲しいですね。
十分な成長力が確認されてからの利上げで全く遅くないように思います。
Commented by bank.of.japan at 2007-08-13 12:46
来輝さん、どうもです。外貨・外銀中心にインタバンクで資金ひっ迫も起きておりますので、利上げ見送りも当然という雰囲気になるんじゃないかと思います。
<< ECBが緊急オペ、しかも無制限... プール・セントルイス連銀総裁の... >>


無料アクセス解析