人気ブログランキング |
現時点での日銀トップ人事は…=考えてもあまり意味がない
 と某誌の観測記事を読んでそう思った。総裁・副総裁は来年春に交替し、日銀は新体制に移行する。どんな顔ぶれになるのか、いろいろパターンはあるだろうが、これは想像するのは楽しいが、所詮決めるのは政府だし、その政府が先の総選挙の自民大敗でこれからどうなるのかさっぱり分からない以上、想像は想像でしかない。まあ、考えるだけ不毛かもしれませんな。
 この時期、観測記事を書くのは非常に苦しいと思う。商売上、書けと言われたら、かなりつらい作業になる。基本的に確たる見通しがない中、あれやこれやとそれっぽいことを書き連ね、それなりに行数を稼ぐ作業。うーん、難しいだろう。なかなかうまい締めに持っていけそうもない。せいぜい、参院が民主党支配となることで、「国会同意人事が難航し、日銀トップ人事も不透明感を増した」ぐらいしか言えない(これぐらい誰でも言えますね)。案の定、例の観測記事も苦しいストーリー展開であった。
 それと某誌に3人の理事をめぐる面白おかしいコラムがあった。まさに「面白おかしい」内容で、私にはストーリー展開が意表を突いた(聞いた事がないシナリオという意味です)。ちょっと残念だったのは、些細だが、重要な間違いがあったこと。具体的には「来年早々に退任を迎える3人の理事」という部分。事実は、来年春に退任する理事は一人だけ。残る二人の理事はまだ任期が続く。3人の一斉退任が前提になったコラムでもあるので、これはやや拍子抜け。ところどころ「笑える」文があったので、まあ酒の肴にはなりそうです。
 なお、この手の早過ぎる観測記事で、ある人を有望視する書き方は、逆にその人を不利にする方向に働きやすいので、私はそういった力学が記事の背景にあるんじゃないかと気になる。そう考えると、前哨戦の前哨戦が始まっておるのですかね。考えすぎか。今あるネタで苦し紛れに書いた、ということであろうか。

ps 日銀内は特に次期体制に関する話題で盛り上がっている感じは全くないです。「政府が決めること」ということで達観してるんじゃないかな。つまらないけど、そうなんですよね。現時点で誰も判断材料ないし。
by bank.of.japan | 2007-08-02 22:39 | 日銀 | Comments(12)
Commented by walrus at 2007-08-03 18:23 x
まさか日銀総裁人事が政争の具になるとも思えませんが。私は、政策を決めるのは人ではなく状況である点において、誰が総裁になろうと結果はあまり変わらないと思っています。例え竹中さんになっても。この見方、皆さんはどう思われますか?
Commented by bank.of.japan at 2007-08-03 18:50
民主党も人事案件では単なる嫌がらせの反対をするような愚かなことはしないと期待したいですね。人事が進む局面での経済状況が一つのファクターにはなるかもしれません。竹中氏がなった場合の影響は、もしかしたら結果的に変わらないかもしれませんが、職業的には就任後のプロセスが興味津々です。
Commented by 武藤さんが・・・ at 2007-08-03 22:15 x
武藤さんはよほどの環境変化がない限り相当苦しくなりましたね。http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070803/skk070803005.htm
こちらはまだ発言はありませんが、小沢路線からすると竹中さんも相当苦しいだろうと私見としては思っています。
Commented at 2007-08-04 00:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 椿ライン at 2007-08-04 01:01 x
 毎度興味深いエントリーご苦労様です。
 武藤さんが総裁になった暁には、副総裁にジャーナリスト枠を復活させて本石町日記さんに執行部に入って貰いたいものですね(^^ 日銀プロパーと大蔵官僚が交互に就任する悪しき慣習が続くかどうかはともかく、学者でも政治家でも、総裁は人物本位・能力本位で選ばれて欲しいもんです。
Commented by bank.of.japan at 2007-08-04 13:23
武藤さんが・・・さん、どうもです。現時点では両者ともに苦しいように見えますが、まあ政局がどうなるか次第ですので…。展開は読めません。

非公開さん、どうもです。なるほど。やっぱりそうでしょうね。妄想は面白いです。

椿ラインさん、どうもです。私は論外(笑)として、「学者でも政治家でも、総裁は人物本位・能力本位で選ばれて欲しい」と期待したいです。
Commented by 本石町裏通りのおでん屋 at 2007-08-06 00:35 x
 半年先のことはわかりませんが、5年前から「次の人」が内定しているかのように喧伝されるのもどうかと思いますよ。  
 日銀プロパーにしても、10年先か15年先の総裁を予め決めているようで。いや、もっと早くから決めているのかも。そんな決まり方でも困る。
  「出戻り」とか、「出直し」があると、世代交代を遅らせ、人事全体が滞ることになるので、それも困る。日銀も財務省も、内心ではそう思っているでしょうし、民間会社の社長人事を巡っても、この事情は同じでしょうね。さりとて、あまり若手を据えると大失敗することもある(その事例は、推して知るべし)。そういう事態も困る。
 民間や学識経験者。う~ん。骨が太く、肝が座っていて、国会の「禅問答」や「珍問答」にも平然と対応できる。そういう人材がいれば、日銀総裁よりも、議員バッジを付けて総理にしたいところ。
 日銀総裁人事よりも、次の総理探しのほうが、この国に差し迫った重大問題。日銀は、政策委員の中で誰かが職務代行をやれば良い(総裁、副総裁に事故ある時の、当然代理として。まさか、リスク管理にうるさい日銀が、予め事故代理者を決めていないはずはなかろうに)。
Commented by bank.of.japan at 2007-08-06 18:31
本石町裏通りのおでん屋さん、どうもです。一国のトップが大丈夫なのか、と言われている中で、中央銀行のトップをめぐってやきもきするのはまあ確かに優先順位が違いますね。それに、まだしばらく先の話でもありますから…。いざとなれば代行でも回るでしょう。ご指摘のようにリスク管理は最近の日銀のBCPブームをみれば代行面もばっちりかと。
Commented by PK at 2007-08-07 12:06 x
米国民主党と理論闘争が出来る人で無いと日本を守れない。
外貨準備は、過去の流動性危機や日本のアジアにおける準備銀行的地位を考えるとGDPの5~10%持ってもいいと思う。
また、為替の水準は名目一人当たりGDPが先進国平均を上回っているなら重商主義的だとは言えない。
日本の困難は、米国民主党のような保護主義者が敗戦国の黒字国に向かって威圧的威嚇を繰り返し、対外投資を抑制する意図的政治的圧力にある。日本人は名目で先進国水準の価値になったあとは、対外投資や自分達の労働時間について自主的に決めていかないといけない。
また、財務省は外貨準備を計画的に減らすべきだ。そうしないと中国諸共に狙い撃ちにされる。
民主党系の経済学者と理論闘争できる日銀総裁を希望します
Commented by bank.of.japan at 2007-08-07 22:26
PKさん、どうもです。外貨準備についてかなり強い関心を持ち続けていらっしゃるようですね。現状では能動的に減らすのは現実味が薄いように思います。ところで、学者と理論面で真剣勝負できる総裁となると、候補者はやはり学者にならざるを得ないでしょう。霞ヶ関や与野党と対話でき、学者としての能力も高い人物は非常に限られるかもしれません。誰か適任者いますか?
Commented by 千林豆ゴハン。 at 2007-08-08 01:39 x
はじめまして。

よくあったのは、竹中平蔵日銀総裁指名説ですが
今回の選挙結果で、それは潰えたとおもうのですが
いかがでしょうか?
Commented by bank.of.japan at 2007-08-09 13:27
千林豆ゴハン。さん、どうもです。民主党側からは竹中総裁の可能性に否定的な発言もあるようですね。ただ、人事はしばらく先の話なので、誰がどうなるのか、良く分からないです。
<< プール・セントルイス連銀総裁の... 株急落とスケジュール感の否定 >>


無料アクセス解析