人気ブログランキング |
株急落とスケジュール感の否定
 株価がまた急落した。その背景である米サププライムローン問題とクレジットマーケットの動揺が、どんな感じで終息していくのかは誰にも読めない。コンセンサスとしては「最近の動揺は正常化であり、マクロ経済がダメージを受けることはない」というものだが、本当にマーケットがそういうソフトランディングするかはな形になるか何とも言えないだろう。私は悲観論者なので、実体経済が巻き込まれるシナリオを想像してしまう(そうなって欲しくはないが)。
 さて、日銀の政策運営がどうなるか、である。私は「利上げを見送りたいこともあるから、日銀はスケジュール感を否定してきた」と受け止めている。もとより、フォワードルッキングに自信があるなら、淡々とスケジュールを刻んだ利上げ路線(ピュアな正常化路線)を歩むはずで、そうなっていないのは先行きへの自信が十分に持てないからだと思われる。決定会合に至るまでの間、マーケットの動揺が続くようであるなら、普通なら自信が揺らぐはずで、そういうときは普通は利上げを見送りたいと思うのが心情。そういう心情になることがあるから、スケジュール感を否定してきたのだろう。
 このところの株安は、単に上がり過ぎた株価が調整した、というものではない。過去数年間、好調を続けてきたクレジットマーケットがついに修正を余儀なくされた、という潮目に差し掛かっている。信用膨張の逆転が実体経済を巻き込む信用収縮につながるのか、それともほどよい調整で終わるのか。これを見通せる人はいない。まあ、あまり利上げで勝負する場面ではないように思う。ここで利上げを見送っても、マーケットからブーイングはあんまり出ないんじゃないかと思うのだが…。ダメですか?
 もちろん、これからマーケットが急速に安定化して、株価が再び上昇基調に戻り、未来はバラ色である、という風になれば、利上げでgo!であろうが、このマーケット動向の帰趨がどうなるか見極めがつくにはかなり時間がかかる気がする。
by bank.of.japan | 2007-08-01 21:43 | 日銀 | Comments(5)
Commented by 円は強い子 at 2007-08-02 08:02 x
株価で利上げ云々は円高誘導で利上げと同じくらいトンデモ・・・・
Commented by 害債 at 2007-08-02 09:13 x
資産価格は決定要素とはなりえないですが、フォワードルッキングの一つの要素として、また「確信」にいたるかどうかの一つの要素として黙示的に考慮するのはありでしょうし、それは当然だと思いますが。
Commented by とおりすがり at 2007-08-02 14:34 x
>その背景である米サププライムローン問題

それにしては米国株が上がっても日本株はあがらないこともあるし、米国株が下がると日本株はそれ以上にさがりますね。

米国要因のほかに、日本要因もあるような。
輸出関連株がさせないのは米国要因でしょうが、内需関連がさえないのは国内要因ではないでしょうか?
Commented by 市場参加者 at 2007-08-02 16:22 x
みなさまのおっしゃることはそれぞれごもっともに思えます。クレジット市場の動向の帰趨の見極めがつくには相当長い時間がかかりそうです。その間、日銀がなにもしないかというとそういうわけにもいきますまい。8月には無理の場合でも9月には利上げという蓋然性は高いと考えます(7月ってのは所詮、無理でしたね)。
 サブプライムローンをきっかけとしたクレジット市場の調整は各国金融当局にとっては必ずくるべきものだったのではないでしょうか。低金利の円キャリートレードが規制のかからないファンドビジネスの急速な膨張をもたらしたことに忸怩たる思いがあるような気がします。ファンドいじめ的な発想があるとすれば多少の市場の調整は望むところだったりして?
(米)簡単に利下げはしないよ。
(欧州)好景気→利上げ
(日本)金利差拡大はノー → 利上げ
これって政策協調、、、、
Commented by bank.of.japan at 2007-08-02 20:20
円は強い子さん、どうもです。株価動向は景気先行的に動く場合もありますので、為替と単純に比較するのは難しいように思われます。

害債さん、どうもです。ご指摘の通りかと思います。今回は特にクレジットマーケットの変調(or調整)という根っこの部分でこれまでにない事態が起きてますので、重い考慮があると推測しているのですが…。

とおりすがりさん、どうもです。「内需関連がさえないのは国内要因」も効いていると思います。株の相対的な弱さは心配ですよね。

市場参加者さん、どうもです。8月に見送り、9月にやるかどうかはそのときの金融・経済情勢次第であるとみております。場合によってはやらないかもしれない、と思うのですが。
<< 現時点での日銀トップ人事は…=... 日銀保有株売却、うまくいくとい... >>


無料アクセス解析