人気ブログランキング |
公示地価、出ましたね=平均プラスでも中味は…
 マスコミ的に喧伝されるのは「全国平均、16年ぶりのプラス」であろう。中味は、都心の一部の急上昇、地方圏はなおマイナスの継続という二極化の進展ではないかと思った。手元にBNPパリバ証券のレポートがある。分析内容の一部をちょっとお借りします。
「3~4割と高い上昇率を示した地点もあり、バブルを懸念する向きもあるとみられるが、こうした地点が域内に占める割合は、住宅地が0.2%程度、商業地は3%程度」
「都市圏の地価回復は、都心部へのヒト・モノなど経済資源の集積が進んだ影響が大きく、生産性ひいては土地の収益性を高めているため」
「これはバブルとはいえないだろう」
「国土交通省によると、東京都心部の地価水準は、上昇したといっても、1984年の水準に過ぎない」
 もちろん、一部ではバブル的な価格形成もあるかもしれないが、全体として見た場合の地価は「下げ過ぎからの正常化」ではないかだろうか。しかも、地方圏では下落が続いており、「平均でプラス」というのは資産面からのデフレ脱却と言うにはまだ距離がある。ほんの一部の過剰な動きを心配するのではなく、全体的にもっと地価は持ち直して欲しいと期待するのがいいように思う。日銀「第二の柱」として地価がリスク要因として現実味を帯びる事態は、困ったというよりも贅沢な悩みでしょう。
 なお、金融庁が取引の公正性・健全性に注意を払うのは正しいと思うが、地価そのものに関心を向けるのは、私はちょっと目的が違うのではないかと言いたい。資産価格をコントロールしようとするとろくなことにならない。それがバブルの貴重な教訓と思う。

ps 城山三郎さんがお亡くなりになった。哀悼に意を表明したい。世間的にはまだしも、本石町的には「小説日本銀行」は名作であり、あの中で描かれた日銀特有の遺伝子はなお続いている面があるのではなかろうか。世代交代が進み、遺伝子が薄れるのを期待したい。
by bank.of.japan | 2007-03-22 22:00 | 経済 | Comments(16)
Commented by dell at 2007-03-22 23:20 x
>日銀「第二の柱」として地価がリスク要因として現実味を帯びる事態は、困ったというよりも贅沢な悩みでしょう。

ところが、そのリスク要因でないものをリスク要因と妄想するから困るわけで・・・。
実施問題、日銀は再利上げを急ぐのではないでしょうか。90年の時やゼロ金利解除の時と同じ過ちだけは繰り返してほしくないものです。
Commented by bank.of.japan at 2007-03-22 23:30 x
dellさん、どうもです。うーん、どうでしょう。私は再利上げは急がない、と見ておるのですが…。年内はもうないかもしれない、と思う口です。甘いすかね(笑)。
Commented by dell at 2007-03-23 00:01 x
だといいのですが、私は年内にあと2-3回はあるんじゃないかと見てます。無論、そんなバカなことをしないでほしいと望んでやみませんが・・・。
Commented by 飛車 at 2007-03-23 02:10 x
福井総裁は「アメリカ利下げするなー・・・」と祈っているでしょうね。きっと。
Commented by 本石町さんへ at 2007-03-23 05:32 x
私が金融庁の方々から聞く限り、「地価」そのものに彼らは関心を持っている訳ではないと思います。本石町さんもご承知かとは思いますが、金融行政にも共通することとして、彼らは「有事」であるとの認識から今までは違法行為等にもあまりとやかく言わないというスタンスをとっていました。もちろん、そんなことで良いのかという批判はあってしかるべきな訳ですが、金融危機が騒がれている時に、いちいち全ての違法行為を取り締まっていたら、間違いなく日本経済は破綻していたことでしょう。
Commented by 本石町さんへ at 2007-03-23 05:37 x
その点で、(マイナス成長が今後ずっと続くのではないかという意味での)「有事」は完全に終ったわけで、あるとしても「調整」程度で、今後日本経済がマイナス成長に回帰すると踏んでいる人は専門家の中にはほとんどいないと言って良い状況だと思います。その意味で「有事」は終わりました。
「有事」の終わりとともに、いわば「特例措置」的な違法行為の見逃しをやめつつあるのが今の局面でしょう。地価に関して言うなら、経済の建て直しを優先するあまり、現在の状況では不動産の価格形成に関する規制はほとんどしてこなかったような状況です。そして、多少怪しげな状況があることは知りつつも、「お目こぼし」をしてきたと言って良いでしょう。
こういった今の状況を見逃すということは、中期的に見ると日本経済のためにはなりません。なぜなら、実体以上に資産価格が形成されることになってしまい、資産価格の推移に安定性を欠くことになるからです。
Commented by 本石町さんへ at 2007-03-23 05:45 x
今、金融庁が考えているのは、地価の上昇を無理やり下げようということではなく、業界人であれば誰もが知っている、一部に見られる「不適切な」価格形成に関する規制をしていこうということです。
例えて言うなら、本来は25%しか地価の上昇が起きないはずの地点で、38%の地価上昇が起きていて、実体以上に価格がつりあがっている13%分が「インチキ」であるとした場合、金融庁が目指しているのは、違法行為を取り締まることで、実体どおりの25%の価格上昇を目指そうということです。
不動産ファンドや不動産鑑定士の周辺に、決して少なくない範囲で怪しげな動きがあると金融庁は見ていると思います。彼らは地価の上昇に危機感を持っているのではなく、耐震偽造事件同様の、不正な行為を規制しようと考えているだけだと思います。
そして、不当な価格引き上げを阻止した方が、地価の上昇局面は長期的に持続させることができるというのが歴史の教訓だろうと思います(実体による裏づけがないものは最後には必ず崩壊する)。
Commented by 本石町さんへ at 2007-03-23 06:15 x
なお私自身は景気の動向も見極めつつ金融庁は動くと思っています。バブル経験者も霞ヶ関には多いですから、一気に市場をダメにするようなことは彼らもしないと思います。
ただ、来年度にかけては公示地価が50%~最大70%上昇するのではないかと言われている地域もあるくらいですから、その中に法に抵触する不適切な行為がないかは彼らは見ていくということになるのではないかと思います。
Commented by at 2007-03-23 08:26 x
横レスだが、彼らが「不適切」かどうかを決めるのなら、完全に社会主義だわな。
Commented by すなふきん at 2007-03-23 08:41 x
土地問題についてはど素人ですが、素朴な疑問です。土地に限らずモノの「実体に即した適切な価値」ってだれがどうやって決めるんですか?というか恣意的に決められるそんなものがあるんでしょうか。市場原理に任して決まる価格以外のものがあるとでも?「あ」さんの指摘にも通じますが・・。
Commented by とおりすがり at 2007-03-23 09:45 x
バブルだと言い切れる人は、「適切な価格」がわかるのです。
もちろん皮肉ですが、頭のいい官僚・日銀官僚にはわかるようです。
Commented by 本石町さんへ at 2007-03-23 10:20 x
「あ」さん、「すなふきん」さんへ(私が理解するところの金融庁の考え方)

①官僚に「適切な」価格がわかる訳ではありません
②しかし、法により禁止された価格吊り上げ行為がそこに存在すれば、少なくともそこで設定された価格が、水増し分を含む「不適切な」価格形成であることはわかります
③ゆえに、法により禁止された行為は取り締まろう

という極めてシンプルなロジックだろうと思います。
違法行為の取り締まりによって価格形成の適正化を図るには、「適切な」価格水準を知っておく必要はありません。
「価格」を規制しよう、というのではなく、「違法行為」を取り締まろうというだけの話だろうと思われます。ご納得頂けますでしょうか。
Commented by 続き at 2007-03-23 10:31 x
「価格形成」と「価格」は似たような概念でややこしいですが、両者は全く異なるものです。
「価格」を官僚が決めるとしたらそれはまさに計画経済そのものです。しかし、今、金融庁がやろうとしているのは、法律によって規定された違法行為を取り締まろうということであって、「価格」や「価格水準」(同じものです)に介入する気は全くないと思われます。
そうではなくて、今マーケットでついている値段が形成される上で、そこに違法行為がからんでいないかを監督していこう、というだけの話で、これは日本に限らず他の国でも行われている普通のことがらです。
Commented by bank.of.japan at 2007-03-23 13:02 x
dellさん、どうもです。市場関係者でもなかなかそこまでの利上げを見込む向きはいないように思われます。

飛車さん、どうもです。FRBが利下げすると、日銀はきついですね。日米経済がデカップルし、日本が単独上昇すれば別ですが…。

本石町へさん、どうもです。私はどっちかといえば、「あ」さんや、「すなふきん」さん、「とおりすがり」さんの意見に近いですが、本石町へさんのご指摘には別途感想を述べたいと思います。
Commented by osome at 2007-03-23 15:24 x
「本石町さんへ」さん、
『法により禁止された価格吊り上げ行為』があったとして、なんでそれを金融庁が取り締まるのですか? 中身がよく分からないけれど、それって公取の仕事じゃないの? 『特例で見逃してきた』とおっしゃるこの数年も、金融庁ほど時期も考えずに行政処分を乱発している官庁を他に知りませんが・・・。
Commented by K at 2007-03-23 16:57 x
>彼らが「不適切」かどうかを決めるのなら、完全に社会主義だわな。

それは「社会主義」とは関係なく、「人治主義」とか言われるものでしょう。
イギリスでも、商売の為にサウジアラビア関連の汚職捜査を打ち切るなど、「人治主義」は存在する。
<< 価格の不適切性の見極めは難しい... このブログの使い方=日銀志望の... >>


無料アクセス解析