人気ブログランキング |
G7終了、感想を書こうと思ったが…
 「愉快痛快(^J^)奇奇怪怪(-_-;)」さんが、またまた格好のエントリー「円安を巡る論議」を先に挙げていたので、私の書くことなくなりました(笑)。とりあえずご覧下さい。
by bank.of.japan | 2007-02-13 18:20 | マーケット | Comments(11)
Commented by 利上げ可能性 at 2007-02-14 12:26 x
どう思われますか?可能性としては。どうも今月の利上げは70%くらいの確率で行われるような気がしているのですが・・・
Commented by bank.of.japan at 2007-02-14 14:18 x
統計は全般に冴えず、そこだけで判断すると利上げ見送りと思われます。一方、確信度合いの差が時間経過で解消するなら、利上げあり、です。結論から言うと、どちらに転ぶのか、分かりません。個人的には五分五分ではないかと。予想として意味ないですが。
Commented by システム5.1 at 2007-02-14 14:37 x
金利市場の参加者に「ある」「なし」のどちらかで答えろとアンケートを取れば、「あり」と答えるのは2~3割といった感じがします。
Commented by システム5.1 at 2007-02-14 14:38 x
本石町さん、1月の件もあって、報道は非常に静かですが、クラブでは、利上げ派がかなり減っていると察しますが。
Commented by H251YYY at 2007-02-14 16:43 x
こんにちは、今月の可能性は相当、低いのでしょうね。12,1月のドタバタで、今回はグロスのポジションは軽いと思います。
Commented by bank.of.japan at 2007-02-14 16:58 x
システム5.1さん、どうもです。確信度合いの「差」を心理学で読むのは勘弁なので、統計が冴えない→利上げ見送り、という素直な解釈でいきたいと思います。金利関係者もそんな見方が多いように感じます。報道が静かなのは、心理分析の世界に入った(そんなもんは判断不能)からでしょう。

H251YYYさん、どうもです。普通に考えると、相当に低い、という印象です。一方、心の問題が解けて、利上げに踏み切るリスクも多少はあるので、みなさんポジションは中立に近いでしょう。あるメガALMは、利上げすれば、思い切り押し目買いできる、と言っていましたが…。
Commented by 通行人 at 2007-02-14 20:30 x
政治だけ見てると利上げするなら今だよなって感じの悪寒はしています。
僕はむしろサプライズ利下げがあっても良いと思いますが。

結局、政策決定会合が景気を見ているのか、あくまで政治的駆け引きをする場であるのかで、判断が割れてしまう。これって、金融調節じゃなくて、ただの博打じゃないのかなと思ったりします。
Commented by bank.of.japan at 2007-02-14 22:37
通行人さん、どうもです。間隙を突く利上げはせこいですね(笑)。やるなら堂々とやるべきだと思います。今の局面で、一番のサプライズが利下げなのは間違いないでしょう。なお、政策判断が割れたのは、基本は景気認識であろうと思います。本当は、全員が先行き見通しで一致してはいないのではないかと疑われるわけです。
Commented by bank.of.japan at 2007-02-14 22:38
訂正、間隙を突く→間隙を縫う、でした。すいません。
Commented by 通りすがりの金融マン at 2007-02-14 23:02 x
為替のエントリーに通りすがりついでで(笑)
利上げの可能性は結構あると思います。ただ、その場合にも当分次の利上げはないという暗黙のメッセージが伴うでしょうし、市場は、ゼロ・インフレと2%のO/Nという「桃源郷」に向けて1年半位の「時間軸」を見込むでしょう。しかし、80年代のバブルはCPIのゼロインフレと2.5%の政策金利(当時は公定歩合)という環境で発生したのです。とすると「第2の柱」を念頭においた場合の「金利の正常化」がそうした「桃源郷」シナリオと果たして整合的になるでしょうか?
Commented by bank.of.japan at 2007-02-14 23:18 x
通りすがりの金融マンさん、どうもです。予想する際の軸足の置き方によって、利上げの可能性は高いようにも見えます。実際利上げされると、総裁会見の内容次第ですが、次は当面ない、との見方が広がるでしょう。この場合、バブルになるかどうかは景気次第であり、高い成長・低インフレ・低金利の組み合わせが実現すればバブルになるリスクは高まります。そうなるかどうかはよく分からないですね。
<< 国債買い入れ増額論の広まり=必... スワップ協定のおさらい=米・独... >>


無料アクセス解析