人気ブログランキング |
総裁自ら「長距離砲」=焦点は解除の方法へ
 福井日銀総裁。大阪での記者会見で、量的緩和の解除時期について「来年度入り前から入り後の数カ月」と発言。ウーン、自ら“長距離砲”を撃ってしまったかあ。新春から晩春と幅はあるが、いわゆる「春」に解除ということになった次第。随分と勝負に出るのが早い。今後の焦点は解除の仕方。幾つかパターンは考えられるが、それについては追ってまた。
 日銀内、解除機運は充満している感が強い。こうなると、もはや解除への流れは止まらないと思う。2000年春と同じような感じである。「デフレ懸念払しょくは展望できた」と国会でいきなり言い放った速水総裁。解除三条件の一番目も満たさぬうちから解除意図を鮮明にした福井総裁。状況的には似てきた。私は、日銀の運は悪いと思っているので、ビハインド・ザ・カーブの政策運営を取った方がよいとのスタンスである。幸運を祈るのみ。

なお、こういう重大な変化の局面でもあり、参考までに速水優総裁の講演より以下を紹介。
「変化を必要とする時に、日本銀行の総裁という重責を負い、たえず座右においている有名な神学者Reinhold Niebuhrの"Serenityの祈り"を御披露して私の話を終らせていただきます。
"God grant me the serenity to accept the things I cannot change, the courage to change the things I can; and the wisdom to know the difference." 」

邦訳= 「神よ、変えることのできるものについてはそれを変えるだけの勇気を、変えることのできないものについてはそれを受け入れるだけの冷静さを、そしてこの両者を識別することのできる知恵とを与え給え」
by bank.of.japan | 2005-09-29 20:34 | 日銀 | Comments(14)
Commented by gogogogo5555 at 2005-09-30 10:21 x
解除の意味が多少異なると思うんですが。。。ほぼはっきりとゼロ金利は続けると言った上で、もう金融調整は「量」を基準にしないよという意味で量的金融緩和を解除すると言っているのでは。だとすると何ら変わりませんし、いきなり6兆円になるまで、何のオペ打たないなんてことはないでしょう。何ら現在の市場が織り込んでいる以上のことでないと思います。むしろ利上げまであると決め込んでいる短期カーブには修正圧力になると思います。債券市場はご指摘のヘッドラインで一度売られ、全文を見た後買われました。
Commented by システム5.1 at 2005-09-30 10:35 x
gogogogo5555さんに基本的に同感です。後は、日銀当座預金残高が下がった時、(仮にゼロ金利をキープできるそれが10兆円だとし)その際、流動性低下によって債券が売られるという見方が広がらなければ良いでしょう。もっとも、債券市場ではそういう見方、「量的緩和が債券の好需給を支えた」という発想はほとんどないと思うので、心配無用でしょうが。
Commented by bank.of.japan at 2005-09-30 12:15 x
一応、量的緩和解除=ゼロ金利政策への復帰、が市場でのコンセンサスのようですね。日銀内でもそういうアイデアはありますが、やり方はまだ固まっていないような感じです。
Commented by システム5.1 at 2005-09-30 12:35 x
「市場との対話」を標榜する以上、コンセンサスに沿うしか結論はない。
逆らったら反乱を起こすよ、という市場の意思表示だったりして(笑)。
Commented by システム5.1 at 2005-09-30 12:35 x
「市場との対話」を標榜する以上、コンセンサスに沿うしか結論はない。
逆らったら反乱を起こすよ、という市場の意思表示だったりして(笑)。
Commented by gogogogo5555 at 2005-09-30 12:43 x
いやいや、今回の場合市場の方が全然早いです。長期金利だけを追ってる方は、QE解除や株高に金利がほとんど反応していないと思っているようですが、短期(特に3年まで)はすでに1年以内の利上げまで織り込み済みです。これは市場の中でも解釈が大きく異なっているということでしょう。むしろ金利と向き合っている市場参加者の理解は日銀のタカ派を追い越しています。いづれ短期金利カーブはキャリーとロールダウンというかたちで修正がなされることでしょうか。
Commented by システム5.1 at 2005-09-30 13:41 x
金先市場が早いのは通常の姿ですよね。昨夏もしかり。おっしゃる通り、今回は市場との解釈の違いが明確です。ただ、債券には中短期債も存在しているので、長期金利だけを見ている人(そういう人は債券市場にはあまりいないでしょうが)と限定するgogogogo5555さんの指摘は正しいです。
Commented by システム5.1 at 2005-09-30 13:47 x
もう少し正確に書くと、反応した結果、今の長期金利の水準というのが答えでしょうね。ですから、債券市場は量的緩和解除を無視していないということになります。これだと、gogogogo5555さんと同じ主張ですね。「いやいや」とはどの部分を否定したのでしょうか(笑)。
Commented by gogogogo5555 at 2005-09-30 13:54 x
結構たくさんいますよ、長期債ウォッチャーが。先物を含めてたオフバランス市場はヘッジファンドの資金の割合がかなり大きいので、どうしても外人主導の動きになります。彼らは別に円金利のみ見てるわけでなく、国内投資家のように「プロ」ではありません。近年は海外でのパフォーマンスが芳しくないので、円リスクのエクポージャーを拡大がすのが主流になっています。計算に必要なコンベンション以外はほとんど知識がない新規参入組みがわんさかいるわけです。彼らの円金利の市場は10年国債金利と10年先物です。短期金利など見てる人は稀で、そういう(まともな)人々は過去5年の低金利で皆去ってしまいました。
Commented by gogogogo5555 at 2005-09-30 14:13 x
織り込む程度の問題と思います。スワップカーブを見ると2年先の1年金利が現在0.90%です。2008年の大増税に向けて2007年は議論か高まる年に、この金利になっていますかね?ちなみに10年後の1年金利は2.5%で10年たっても(リスクプレミアムを含めて)低金利は脱してないと言ってる割にです。政府債務残高が名目GDPの170%で少子高齢化の国は、いつれ対外赤字国になってつぶれます。(管理された?)ある程度のインフレを起こす以外に実質的な残高を減らす方法は見当たりません。それはカーブを立たせる以外ないはずですが、その兆候はまったく見えず、むしろ逆に動いています。
Commented by システム5.1 at 2005-09-30 14:14 x
私はやはり相対的に少ないと思います。まず、国内勢にはほとんどいません。海外勢でも、6月辺りは円のキャリー・トレードを主張される方が多かったです(当時、欧米に出張しましたが、この話ばかり)。また、相対的な数ではディレクションよりレラティブ・バリュー系が多いでしょう。3、5、7、10、20年等でカーブ・プレイ、スワップ・スプレッド、ボックス等々(これだけではないですが)を行うわけですから、長期金利以外の水準も見てますよ。債券相場を先物に特化するのであれば、長期金利だけ見ている比率は大きくなるでしょうが、やはりこの市場は現物主役ですからね。私は海外勢に関しては、まともな人が去ったというよりまともな人が残った、もしくは進化を遂げたと考えています。もちろん、いまだに素人はいます。
Commented by システム5.1 at 2005-09-30 14:17 x
織り込む程度に関してですが、それはgogogogo5555が考える見方であって、市場が別の視点から期待形成をしているということではないでしょうか。10年国債利回りは7年近く、2%割れで推移しています。その見方が市場に正しく浸透すれば、もっと早く金利は上がっていたのでは。
Commented by システム5.1 at 2005-09-30 14:19 x
失礼しまhした。敬称が落ちてしまいました。gogogogo5555様。
Commented at 2005-09-30 22:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 総裁&審議委員のちょっと目につ... あなたが日銀企画マンなら >>


無料アクセス解析