人気ブログランキング |
「リスク限定型」で思うこと=「投資銀行業務はリテールのふりかけ」論
 とある金融専門紙に、「リスク限定型投信」との表現があった。具体的には日経平均連動型の投信で、「株価が1-2年の間に一定水準を超えて下落しなければ3%前後の利回りで償還される商品が多い」という。プロの方々ならお分かりであろうが、これはかつて流行ったEB(他社株転換債)と似た仕組みで、説明内容からは「オプションの売り」が組み込まれていることがうかがえる。となると、「リスク限定型」という表現は微妙におかしい。「一定期間内の一定水準内の下落リスク」は限定されているが、根本的には「リターン(利益)限定型」と称すべきだと思う。
 この手の商品は例えば「特約付き外貨」など数多く存在する。一見魅力的だが、実は大きなリスクを内包するリテール金融商品。恐らくこのブログの読者でこの手の商品を購入している方は少ないと思うが、世間的には相当に普及しているのだろう。自己責任原則の時代になったとは言え、個人的にはハイテク応用ではなく、プレーンな形の金融商品を勧めた方が良心的ではないかと思う次第だ。ただ、知り合いの銀行員は「ハイテクの衣をかぶせた方が良く売れる」と言い、投資銀行部門でデリバティブを担当する知り合いは「われわれはリテール金融のふりかけのようなものさ」と自嘲する。プレーンなものは味気ないが、リスク・リターンは分かりやすい。ハイテクを応用すると、ふりかけの味付けがおいしそうに見えるが、実はこのふりかけ、場合によっては痺れるわけだ。しかも手数料が抜かれ、運用効率は悪く、リスク・リターンは分かりにくい。
 「リスク限定型投信」。私なら「この商品、株価がどんどん上がっても3%程度しか儲かりませんよ」とセールスするだろう。投信会社、どこも雇ってくれないだろうなあ。
by bank.of.japan | 2005-08-02 12:12 | マーケット | Comments(16)
Commented by いちご at 2005-08-02 22:27 x
90%元本保証とかも何で売るのか分かんないですね。最初から投資金額の90%を定期預金にして、残り10%をハイリスクで運用すれば、いいじゃないかと思います。
Commented by bank.of.japan at 2005-08-03 00:46 x
えっ、そんな商品もあるのですかあ。リスクは取りたいけど大損したくない個人の心理をくすぐるのでしょうね。考えたものですなあ。
Commented by ばぶるばすたー at 2005-08-03 00:51 x
以前にも書いたことがあるかもしれませんが、わけのわからないハイテクな話をして今日100で売ったものを、明日買い戻してほしいと言われて75なら買いますよというのが投資銀行業務の真骨頂です。それにリスクは塗してリテールに捨てろというのも投資銀行家の金言です。仕組み物のリテール商品見るたびに数珠出して拝みたくなります。合掌。
Commented by *** at 2005-08-03 09:25 x
丁度、本日(3日)付け某金融紙の1面に可児氏(BOJOB)が「いい話には裏があると思ったほうがよい」と指摘されてますね。
Commented by bank.of.japan at 2005-08-03 11:13 x
バブルバスターさん、ご無沙汰です。「リスクは塗してリテールに捨てろ」という趣旨のエントリーも考えたのですが、ちょっとためらわれました。EBが流行ったとき、ある欧州系のデリバティブ担当者に「これって持ち合い解消の受け皿ですか」とたずねたところ、「そういう発想が出来るならIBに向いている」と言われ、嬉しいような哀しいような。
 ***さん、「理解できなれば手を出さない」(可児氏)との指摘もいいですね。これが基本ですが、特に銀行員が投信営業する場合、顧客は相手を信頼して買う例も多いのでしょう。私の田舎の親戚も「特約外貨」に見事やられました。売りつけた某信託、恨みはしませんが、せめて特約なしの普通の外貨商品にしてくれよ、と思った次第。リテール金融、死屍累々、合掌ですね。
Commented by いちご at 2005-08-03 13:55 x
http://www.tokiomarineam.co.jp/shouhin/index-ken.htm
こんなのとかですね。手数料とかかかるだろうに。
Commented by ・・・みたいな。 at 2005-08-03 14:01 x
一方、ノーリスク・ノーリターン商品と化しているFB。今日の入札も100円。6月以降11回の入札で100円でなかったのは1回だけ!
「両替商」ではネガティブな印象なので、「100円ショップ」ってのはどうかな、と。ダ○ソーとかと提携したりして・・・(笑)。
Commented by bank.of.japan at 2005-08-03 14:53 x
いちごさん、なるほど。下落リスクの限定に目を奪われ、上昇メリットの大半を捨て去っていることを忘れさせるようなPLライン。手持ち資金の10%でストレートに株を買う方がいいですね。
…みたいなさん、ご無沙汰です。100円ショップ、いいですね。ただ、100円ショップの仕入れ値は100円以下。FBを100円で買って100円で売らざるを得ない業者さんの立場には同情します。ところで、替え歌ですが、在庫あれば歓迎です。
Commented at 2005-08-04 19:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-08-04 19:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-08-04 21:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ひまびと at 2005-08-05 03:59 x
いちごさんへ、
「90%元本保証」は、ストライクプライスが現在価格の90%であるコールの買いと同じですよね。(9割定期、1割リスク商品だと、完全にはこうしたペイオフは再現できないです。)
オプションを抱えたIBが、それを外すために、こうした商品で個人に飛ばしているのと推測します。個人の中には、実態もわからないのに、なぜか下限が限定されているオプション的なペイオフを組み込んだ商品に弱い人が結構いるようですよ。
Commented at 2005-08-05 18:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-08-05 18:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tiger_eye_u at 2005-08-08 18:20 x
はじめまして。されど、この手合いの商品は手を変え品を変え毎月のように数百億円規模で設定されています。証券会社はほとんど売っていませんが、銀行が窓版でがんがん売っています。商品性としては、株のインデックスのコールオプションを売ってそのプレミアムをクーポンに充てているものがもっとも多く組成されていて、目先のクーポン収入(2%とか3%とか預金金利と比較すると大台が全然違う率)をぶらさげて勧誘するわけですが、アップワードのポテンシャルを捨ててでもダウンサイドリスクが限定的になるリスク回避的な嗜好を捉えた商品ですね。
損失を嫌がる人間の心理をうまく利用した商品かもしれません。私は買いませんが。
Commented by bank.of.japan at 2005-08-08 19:25 x
tiger_eye_uさん、どうもです。「貯蓄から投資へ」を否定するつもりはないですが、この手の商品の普及を見ると、どうも釈然としないところがありまして。でも、この商品考えた人は、ある意味で凄い才能だなと思うのですが、この程度の商品は簡単なんでしょうかね。
<< 月刊『現代』の感想=読み物とし... 雇用と貸出の最前線=超ミクロの証言 >>


無料アクセス解析