人気ブログランキング |
ケイジアン会議、日銀、そしてバーナンキ
 ツイッターは文字制限があるので、主としてメルマガ用の備忘録をこちらで。

ケインズの「一般理論」75周年会議が英ケンブリッジで開かれた。
こちら。
クルーグマン教授も参加した。
 そして西村副総裁も。こちらは、ウッドフォードの発言趣旨
 ウッドフォードは、純粋なインタゲ派(物価水準)という印象があったが…

日銀の量的緩和。中途半端という指摘はあるものの、nominal GDP never moved at all despite the huge amount of money “printed”.→クルーグマン教授。

さて、日銀もケイジアン的である。実際、小泉政権が発足した時のことを思い出した。

バーナンキ議長がかつての日銀批判について質問を受けた。クルーグマン教授のかつての揶揄(バーナンキサン)が影響を与えているのだろう。で、バーナンキ議長はどう思っているのか。そして、日銀は。まあ、なんだかんだ言っても、日本人で最もバーナンキ議長に近いのは白川総裁。かつての批判をあげつらっても、二人の関係は二人にしか分からない。近く、BISでも会うのだろうし。

 FOMC&会見を終えたFRBの金融政策。次のアクションは「引き締め」との予想らしいが、本当だろうか。現時点では、政治的なポーズであり、実際はどっちもありだろう。
 共和党がFRBに批判的であり、ノーベル賞のダイヤモンド教授の理事就任が阻止されたのは、FRBにかなり心理的な影響を与えているのではないだろうか。

 ただし、本気で緩和するなら、「ドル安」という手を使わないと効かないだろう。ポートフォリオリバランス効果は曖昧模糊なので。

特則オペ、あまり評判がよくない。督促という声もあった。忘れずにメモ。
by bank.of.japan | 2011-06-23 21:08 | その他 | Comments(2)
Commented by 星の王子様 at 2011-06-25 09:54 x
久々の更新ですね 当方も3月からずっと多忙でこれから都内の研究会に向かいます 米国株が米国景気懸念で軟調ですがアジア株は堅調 デイカツプリング?
Commented by bank.of.japan at 2011-06-26 16:56
どうもです。まさに備忘録でときどきアップします。よろしくです。
<< BIS年次リポート・金融政策パ... G7協調介入、日銀大量供給&緩... >>


無料アクセス解析