人気ブログランキング |
日米密約の「無利子預金」=米国側の利益処理は…
 沖縄返還に伴う密約自体にはさほど興味はないが、無利子預金では米国側がどんな利益処理をしていたのか気になった。利益をリアルに現実化するには、FRBのシニョリッジの一部を切り分け、連邦政府に納付するときに識別する必要がある。これ、本当にそんなことしていたのか疑問であり、仮に隠れ補填みたいなものだったにしても、計算上の「利益」に過ぎなかったように思う。
 まず、無利子預金というのはFRBが常設しているファシリティ。特段珍しいものではなく、各国の預金を受け入れるスキームは中央銀行としては一般的なサービスだ。日銀も各国の預金を受け入れている。営業毎旬報告の負債側にある「その他預金」である。直近では280億円ぐらい。過去見ると、ちょこちょこ変動しており、どこの国だか知らないが、出し入れはしているようだ。
 で、この預金からの利益計上である。シニョリッジはB/S全体から計上されるもので、一部の負債から特定の利益を捻出して別計上するものではない(と思う)。日本が無利子預金から米国に利益を献上するなら、FRBは毎年、一億ドルの負債に見合った利益を金利変動に応じて別立てで連邦政府に納める必要がある。これ、決算はどこも透明にやっているので、別計上したら、これ何?という騒ぎになる。そもそも密約に基づく利益補填を決算上で分けたらバレてしまう。
 実際に預金は無利子で存在したが、そこで生じる利益は計算上のものでしかなく、しかも金利で変動し、いくらになるのかも分からない。返還当時の金利がそのまま続くと仮定したらいくらになるね、まあ気持ちして受け取っておきます、とその場限りで話した程度のことで、リアルに毎年ありがたいと思って受け取っていたわけではないだろう。
 FRBから上がってきたシニョリッジの一部が日本の協力預金をネタにしたものだと米政府で感謝していた人はほとんどいないのじゃないのか、と思った。それにしても金額がやけに小さいのが肩透かしであった。現在、外為特会で100兆円以上の大量の米国債を買っているのに比べると1億ドルとは…。
 ちなみに今でも無利子預金していると、短期運用で計算するとほぼゼロ金利なので、利益的な貢献はほぼないですね。
by bank.of.japan | 2010-03-14 18:03 | その他 | Comments(7)
Commented by himaginary at 2010-03-15 00:41 x
ご指摘の通りだとすると、それこそ先日再開されたSFPの財務省口座と同じ話で、FRBとして1億ドル分資産が余分に運用できて、その分が米政府への国庫納入金に上乗せされた、ということなのでしょうね。

>ちなみに今でも無利子預金していると、短期運用で計算するとほぼ
>ゼロ金利なので、利益的な貢献はほぼないですね。

今はFRBがMBS運用で大儲けしている時期なので、むしろ今やっていた方が貢献していた、という気もします。
Commented by 害債 at 2010-03-15 06:00 x
金融機関に対して取引関係のある企業が行う、一種の期末協力預金みたいなもんでしょうかね。
Commented by tatsu at 2010-03-15 12:09 x
期末協力預金っていうのが一番近いんじゃないですか?ファシリティー供与というサービスを受ける身(日本)としては、ある程度残高を維持しないといけないのは当然のことで、しかも当時は今ほど通信事情もよくないわけで、時差のある国の口座決済ですから、多めに置いて貰わないと、サービスできまへん、って感じでFRBに言われたんじゃないんでしょうか?それを、むしろ日本側が密約って今更のことのように言っているだけのような気がします。
当初からアメリカ側は密約とは考えていなかったような気がするんですけど、、、、私だけなぁ?
Commented by bank.of.japan at 2010-03-15 22:13
MBS運用で大儲けしている時期なので、むしろ今やっていた方が貢献していた→負債と資産の紐付きは難しいですが、そういう見方藻可能です。

まさに期末協力預金のような存在かもしれませんね。

密約というにはあまりにもファジーなマネーフローで、米国側もさほど意識していかなかった印象は受けます。
Commented by カナリーワーフ at 2010-03-22 01:23 x
本石町さん ご無沙汰です。へー、こんなことがあったんですか、ていうような出来事ですね。日本は米国との戦争に負けましたが、ソ連と中国と韓国に対しては、直接戦争に負けたわけではない(向こうが国民に対してどのように説明しているかはともかく)。にもかかわらず、ソ連と中国と韓国に領土を不法占拠されたままです。一方で、米国は、わが国を力でねじ伏せた事実上唯一の国で、太平洋の全域で平均年齢19歳という若い自国民を何万人も失っておきながら、まずもってその「戦果」として手に入れた沖縄を返還するということ、それを(他の密約と並んで)金でけりをつけてやる(しかも決して巨額ではないし、しかも運用益だけでしょ?)というのは、なんと「敵ながら話せる奴」かと。
Commented by カナリーワーフ at 2010-03-22 01:24 x
連投失礼します。今の民主党は、なんというか、地元の番長(=自民党)をやっつけて、妙な自信をつけた新興の番長が、端っから勝てるはずのない隣の高校の番長(=米国)と喧嘩をしたくてうずうずしている、という構図ににているかと。
Commented by bank.of.japan at 2010-03-25 20:53
その民主党も最近は支持率低下で喧嘩する気力も失せつつあるような。なんともぐだぐだな感じです。
<< 新型オペの供給を強化しましたよ... 最近の金融政策情勢の雑感 >>


無料アクセス解析