人気ブログランキング |
米経済学者、財政出動賛成派と懐疑派の面々(自分用メモ)
 数ヶ月分溜まっていた新聞(日経です)の記事をスクラップ中、参考資料として興味深いのがあったので、もっぱら自分用メモとしてアップしておきたい。3月27日付の「経済教室」、『財政政策を問う=効果に過大な期待を抱くな』(谷内満早稲田大学教授)より、米経済学者の財政出動賛成派・反対派の分類について。みなさんのご参考にもなれば幸いです。

賛成派
サマーズ国家経済会議委員長
クルーグマン・プリンストン大教授
スティグリッツ・コロンビア大教授
アロー・スタンフォード大教授
フェルドシュタイン・ハーバード大教授
デロング・カリフォルニア大教授(追加)
その他賛成派はコメント欄をご参照のこと。

懐疑派
バロー・ハーバード大教授
ルーカス・シカゴ大教授
サージェント・ニューヨーク大教授
ブキャナン・ジョージメーソン大教授
ベッカー・シカゴ大教授
プレスコット・アリゾナ大教授
マンキュー・ハーバード大教授
テーラー・スタンフォード大教授
マリガン・シカゴ大教授(追加)
その他懐疑派もコメント欄を参照のこと。

 この教室での分類は以上の通り。懐疑派の人数が多いが、実際に懐疑派の学者が多いのかどうかは私はよく分からない。ちなみに筆者の谷内教授は懐疑派で、法人税の引き下げを提唱されている。ここに挙げられた以外で財政出動についてスタンスを鮮明にしている著名学者がいればご教示を。

ps コメント欄でご指摘のあった学者は「追加」として加えておきます。
by bank.of.japan | 2009-08-18 20:45 | FRB&others | Comments(5)
Commented by アングラ at 2009-08-18 21:19 x
ブログの注目度が高いという意味では著名と言えるかな。
クルーグマン教授の盟友であるカリフォルニア大学(バークレー)のデロング教授は当然賛成派です。
Commented by bank.of.japan at 2009-08-18 21:39
アングラさん、どうもです。そうでしたデロング教授がいましたね。追加しておきます。
Commented by noutori at 2009-08-19 10:24 x
シカゴのcasey mulliganも懐疑派(というより反対派)です。NYTのコラムでbakerと論争しています
Commented by plateaux at 2009-08-19 16:22 x
賛成派は星の数ほどいますが、超有名どこだけあげても、ペニンシルバニアのローレンス・クライン、プリンストンのエリック・マスキン、カリフォルニアのダニエル・マクファーデン、ローラ・タイソン、MITのロバート・ソローやフランクリン・フィッシャーということろがいます。

懐疑派・反対派ではジョージメイソンのバーノン・スミスやシカゴのユージン・ファマ、ジョン・コクラン、サム・ペルツマン、ケビン・マーフィー、ハラルド・ウーリヒ、ルイジ・ジンガレス、ハーバードのアルバート・アレシナ、ロチェスターのスティーブン・ランズバーグといったところが、少しは知られているのではないでしょうか。
Commented by bank.of.japan at 2009-08-19 21:14
noutoriさん、どうもです。追加しておきます。

plateaux(くま)さん、どうもです。たくさん紹介して頂きありがとうございました。知り合いの日銀マンらに面々のことをざっと教えてもらいました。参考になります。エントリーに盛り込んでおきます。
<< イキパンとバブル=コカインとドル札 あるメディアが記者クラブを除名... >>


無料アクセス解析