人気ブログランキング |
日銀って本当に面白いことするね(苦笑)=日銀ヘッジ文学の妙?(追記あり)
追記 アダム・ポーゼン氏が英中銀政策委メンバーになるようですね。クルーグマン教授のブログ「Good move by the BOE」で知りました。ポーゼン氏、財政出動に重きを置く方だと思うのだが、だとすると英中銀の金融政策は…。

 本日は金融政策決定会。今月の景気判断は「大幅に悪化したあと、下げ止まりつつある」となった。見た瞬間、面白いことするなあ、と思った。「大幅に悪化した」というのは過去の話で、今月の判断に盛り込むのは不可解なことだからだ。このやり方では、毎月の判断期間が過去にさかのぼって延長されていく。つまり、「大幅に悪化した」時期を起点に景気動向を記述していくわけだ。年末には「景気は大幅に悪化したあと、下げ止まりつつあり、それから底入れすると思いきや、再び悪化している」となってしまう(笑)。
 で、日銀はそうしたいのか。もちろん違う。ではなぜ「大幅に悪化した」という表現を入れたのか。一般的に景気判断はモメンタム(方向)を示すもの。従って、モメンタムだけ記せば「景気は下げ止まりつつある」となる。これが普通の表現。ところが、これだと「上方修正」がマスコミの進軍ラッパ報道によって高らかに喧伝され、某経済新聞とかもしかしたら出口論暴発かもしれず、債券市場ではスーパーポジショントークが炸裂し、イールドカーブのボラが上ってしまう。ショート好きのディーラー多いですからね(苦笑)。
 そうなると日銀も困ってしまうし、輪番増額論とか余計な思惑も浮上し、景気判断の上方修正で日銀に付き合って欲しい政府(財務省)にしても、そこまでのことは望んでおらず、むしろやり過ぎじゃあねえかあ、と機嫌を損ねるかも知れず、そもそも日銀は先行きに自信なんてあまりないし、「下げ止まりつつある」によって上方修正が一人歩きすることを打ち消すために、「景気の水準は極めて低い」というレベル感を入れ込むことにした。それが「景気は大幅に悪化した」という文言であった。モメンタムを打ち消す水準感の応用編である。
 日銀の心情に素直な景気表現は①「景気は下げ止まりつつあるが、その水準は極めて低い」or②「景気は悪化を続けているが、輸出や生産は下げ止まりつつある」という前回の判断-のいずれかであろう。しかし、①のスタイルを取ると、毎回レベル感を示す必要があり、これまた難儀である。②であると、「前向きな政府に対して日銀は慎重」という対立構図がマスコミに喧伝されるリスクが高い。まあ、そういう事情もあって過去の動きを記すことで、微妙な心理を表現しようとしたのであろう。
 いわゆる日銀ヘッジ文学の妙でありましょう。でも、国語の試験で「日銀が『大幅に悪化した』との表現を盛り込んだ理由を述べよ」とか出たら、誰も答えられないので、一般常識的にはただの悪文です。調統筋によれば、よく使われるヘッジ表現のようで、私のような突っ込みは、ある意味で「良くぞ察してくれた」ということらしい(苦笑)。
by bank.of.japan | 2009-06-16 20:16 | 日銀 | Comments(12)
Commented by なみすと at 2009-06-16 22:45 x
「日銀(ヘッジ)文学」、何度聞いても、聞いただけで笑ってしまします。
Commented at 2009-06-16 23:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bank.of.japan at 2009-06-17 00:25
みなすとさん、どうもです。日銀の幹部も自ら「日銀文学」とか言って苦笑いしていますので…。多少、自覚するところがあるのではないでしょうか。

非公開さん、どうもです。個人的には全く同感です。仕事となると、なかなかそうはいかない面もありますね。で、ブログをやっている、という側面もあるかもしれません。景気はまあパッとしないでしょう、かなり当分の間は…。マーケットはしかし微妙なモメンタム変化にそれなりに上下動はすると思いますが。
Commented by walrus at 2009-06-17 05:38 x
名解説ありがとうございます(この日銀らしさ、久々に琴線に触れました)。米国でも先行き最終需要の弱さについてのFED要人発言が出始めています。米国経済の下振れリスクが日本経済の下振れリスクに直結する状況下、米国出口政策着手前における日銀時限措置解除は極めて考えにくいと思っています。もし日銀が先行したら、世界的利上げ観測の起点になってしまうリスク、或いは円高支援策になってしまうリスク、も考えられます。下振れ警戒が続くなかでは時限措置解除は自己矛盾としか言いようがありません。
Commented by システム5.1 at 2009-06-17 08:24 x
今回の解説、(いつもそうですが)もの凄くうなづけます。最近は総裁発言に市場での材料になり難く、ついつい読み飛ばしてしまいます。
Commented by 小野(東京都港区) at 2009-06-17 12:27 x
クルーグマンさんが9月にゃ米国経済景気後退から脱却と言った、クルーグマンさんが
9月にゃ米国経済、景気後退から脱却と言った、クルーグマンさんが9月にゃ米国経済
景気後退から脱却と言った、・・・ぁ~ぁ、スイマセン!
「だるまさんが、ころんだ、だるまさんが、ころんだ、だるまさんが、ころんだ」、だったかも
しれなぃ・・・・・面立ちが何となく似てると感じた(、クルーグマンさんが・・・だるまさんに。)

「クルーグマンさんが、コケた、クルーグマンさんが、こわれた!、クルーグマンさんが、
 ”なんだこのやろっ”、と興奮した」・・・文学論議の話をおる様な「駄文」失礼しました。
Commented by bank.of.japan at 2009-06-17 19:51
walrusさん、どうもです。ありがとうございます。「余裕」という意味では、日銀は初めて中銀間でポールポジションに立っており、焦ってアクセル踏んでエンスト、ビリになる、というのは避けて欲しいですね(苦笑)。

システム5.1さん、どうもです。トレーディング系の方々には売り・買い材料になりくい総裁会見は困ったものかもしれません。日銀議事要旨になかったですが、銀行券ルールの質問に対する総裁のうんざり感が一番面白かった点かもしれません。
Commented by PK at 2009-06-17 20:04 x
米大手銀シティグループは15日、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)などと共同で、新興国の貿易金融を支援する基金を設立すると発表した。


中国だロシアだのIMF改革論より、こっちの方が面白いね。
Commented by karu at 2009-06-18 02:05 x
u-n
ポジショントークをしつつ、時間的な影響及びその度合いまでやらんといかんのは、BOJだけです。他の政策意思表明団体(決して官公庁ではありません。)は確実に朝刊に間に合う微妙なタイミングで、記者を呼んで「良い落し物あるよ」です。その後はマーケット影響くそ食らえで、法案成立が彼らのメルクマールです。
Commented by 飛車 at 2009-06-18 08:52 x
確かに面白いんだけど、言葉より行動だと思ってしまう。
というか、言葉の解釈で釣られて肝心なことを見逃すことがないように。
Commented by bank.of.japan at 2009-06-18 22:27
飛車さん、どうもです。ご指摘は正論ですね。
Commented by モンテカルロ・モナコ at 2009-06-19 01:54 x
時間軸で決定???

そんなことをやってたのは過去のタコ日銀だけだろ・・・

中央銀行が全てを語るなどとは意味不明の幻想であってほしいものである。
<< 政権支持率の低下は咀嚼が難しい... 能動的読者を捕捉した後の展開=... >>


無料アクセス解析