人気ブログランキング |
「M資金」と「日銀秘匿ダイヤ」=米国債13兆円で思い出した国会議事録こぼれ話
 イタリアで米国債13兆円を持ち出そうとして邦人?が拘束された事件があった。この米国債、偽造だと思われるが、何らかの詐欺に使おうとしていたのかな、と想像した。で、そのときに思い出したのが、しばらく前に国会議事録で見つけた終戦直後の日銀ダイヤ秘匿事件であった。本土決戦に備えて旧軍が備蓄した戦略物資(貴金属含む)の一部が日銀地下金庫にも秘匿されていたとされる事件である。この事件、私は知らなかったのだが、国会議事録で偶然にこの事件に絡むやり取りを見つけた。
 昭和22年03月29日、衆議院決算委員会における世耕弘一議員の質疑である(当時はまだ帝国議会)。

○世耕弘一君 (略)三月十七日に私の手もとに屆きました摘發の情報、提供者からの報道によつて、實は日本銀行内の地下室の交易營團の金庫の中に、ダイヤモンド約五升あるということを報告を受けたのであります。ところが場所が場所でありますのと、あまり莫大な數量であるのとあるいは前田君のおつしやつたように、國際關係にも及ぼすことが多かろうと存じまして、實は極祕裡にその眞相の調査を進めてみたのであります。その情報によりますると、まんざらうそでないということの判斷をするに至つたのであります。そこで日にちはちよつと忘れましたが、三月十六、七日と記憶いたしますが、前政務次官で役所に關係のあつた方を通じて、實は日本銀行總裁にこういうような情報がはいつておるから一應金庫を封鎖してもらいたい。こういうことを申し入れたのであります。(以下、略)。

 この事件、帝国議会から現国会にも引き継がれ、委員会でも審議されている。事件の顛末は、私自身は詳細には知らないのだが、ネット検索などで調べたところ、大半の秘匿物資はGHQに押収されたようである。ただ、米軍将校による不正な持ち出しもあり、謎多き事件であったようだ。秘匿物資の一部は闇に流れたとかの噂もあり、これが「M資金」のネタ元になったのですね。
 この世耕氏の役回りは、質疑だけではよく分からないのだが、どうも事件の調査に当たっていたようで、ダイヤの一部をめぐる秘密の取引があるとの情報を察知して警察と協議したり、摘発の時に撃ち合いになるのではないか、といった話もしており、終戦直後の騒然した世情がうかがわれる。終戦前の秘匿する光景とか、日銀地下に持ち込む様子とか、街頭での刑事の張り込みとか、想像すると何だか映画のようなシーンが頭をよぎった。この議事録、よい読み物でもあると思った。興味ある方はどうぞ。
 イタリアで押収された米国債も、そのまま海外に持ち出されたら、何らかの詐欺に使われた可能性があるのかもしれない。普通、国債を券面で見ることはないですからね。知らない人は騙されます。ご用心。
by bank.of.japan | 2009-06-14 23:15 | その他 | Comments(14)
Commented by きまぐれコメント at 2009-06-15 00:28 x
 日本国内でもありますよ。「国債還付残高証明証」というやつです。国債そのものではなく、それと引き換えに国債の交付を受けられるものというところがミソです。額面数兆円のものもあるそうです。日銀の売手だって、そんな金額のものはないでしょうに。http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/za072.htmをご参照。
Commented by 348ts at 2009-06-15 01:11 x
私もこの記事関連でM資金詐欺とか色々と知りました。
しかし、米国債の現物ってみたことないのですが、あるのですか?
確か日本の国債は完全電子化されたと思いますが、米国はまだなのでしょうか?
ハリウッド映画のテロリストとかが「無記名の米国債を用意しろ」とかよくいっていましたが・・・

日本人というのもどうやら怪しいようですね。
過去にも香港人や朝鮮人が日本人になりすまして、国際的な偽造紙幣や債券で詐欺を繰り返しているようです。
しかも日本人と名乗れば通関も甘くなるので好都合らしいです。

しかし、イタリアはその40%を徴収できるらしいです。
本物だとするとイタリアの財政に大きな影響を与える規模ですねw

しかし、金額の大きさに比して、日本メディアでの取り上げられ方が小さすぎるので、なにかの力が働いているとかいう憶測を呼ぶのも分かる気がします。
ぜんぜん続報がない・・・。
Commented by 348ts at 2009-06-15 02:08 x
続報?
この事件意外と大きな展開があるかもしれません。
ttp://zerohedge.blogspot.com/2009/06/guardia-di-finanza-to-bloombergdie-welt.html
なんか素性のわからない情報で恐縮ですが・・・
なんと!
中川昭一の怪メールまで登場しましたw
また偽メール事件にでもなるのでしょうか?
Commented by 39歳無職 at 2009-06-15 09:17 x
全然余談ですが、世耕弘一議員って、世耕弘成参議院議員の祖父なんですねえ・・・
聞いたことのある苗字だと思ってググッてみたら。
裏事情とか何か聞いているのかな?
Commented by さよさん at 2009-06-15 09:48 x
▼1345億ドル分の米国債押収、イタリアで日本人2人逮捕
ttp://sankei.jp.msn.com/world/europe/090614/erp0906142111002-n1.htm

▼TARP資金の残り、推定額下回る1096億ドル=米政府監査院
ttp://jp.reuters.com/article/domesticEquities2/idJPnJT834643620090331
>ガイトナー長官は前週、1345億ドルが利用可能としていた。

私の携帯の暗証番号も1345
世界は狭いです(笑)
Commented by PK at 2009-06-15 12:21 x
陰謀論的視点からの批判は必要。
「日本人が大金を移動させる」イメージが刷り込まれた。
これが、どう使われるか。
Commented by grasppmacro2008 at 2009-06-15 13:55 x
まったく今回のエントリーとは関係ないお話で申し訳ないのですが、本ブログの「替え歌」は面白すぎ!腹がよじれる!こういうのも、もっとやってほしい!とはいっても、簡単には作れないと思いますが、、、。

ちなみに、飲み会に連れて行ってもらったとき、いきなり、

「ウルトラマン太郎を歌います」と言い始めた。みんなだまって聞いていると、

「ウールトラの父がいる、ウールトラの母がいる、、、、」ではじまって、

しばらくすると、間奏でいきなり、

「敵が攻めてくる!」「誰だ!」「民主党だ!」と一人で叫んで、その後

「タロウ、アソウ、タロウ、ウルトラマン、アソウ!」

と、ここでみんな大爆笑。いやはや、こんなおっさんがDeputyとか、ましてやGovernorにならなくてよかった、、、。なっていたら日本が傾いていた、、、。民主党が反対したおかげだ。民主党万歳!

って、おっさんて誰よ?笑っていただけました?(あの、ここだけの話ですよ、オフレコですよ、って、もう世界に向けて発信されちゃった。あーあ。)
Commented by O山O at 2009-06-15 16:17 x
お疲れ様です。非常に興味深いニュースでしたが あまり取り上げられませんねぇ (笑)
どうみても日本人ぢゃ ないと思えますが そういう事にしておくのが
一番 無難なのでしょうねぇ~
Commented by bank.of.japan at 2009-06-15 21:08
きまぐれコメントさん、どうもです。情報、ありがとうございます。参考になります。

348tsさん、どうもです。本物だとすると、余計に謎を呼ぶかもしれません。続報がないのは、当局の追加発表や現地での続報がないからだと思われます。

39歳無職さん、どうもです。裏話とかあると面白そうです。

さよさんさん、どうもです。偶然の一致にしてはでき過ぎですね(笑)。
Commented by bank.of.japan at 2009-06-15 21:12
grasppmacro2008さん、どうもです。替え歌は、市場関係者など読者から頂いたものが大半で、みなさんの才能には脱帽です。興味深い替え歌ですね。察するものがありますが、まあ、ここでは触れないようにしましょう。

O山Oさん、どうもです。謎めいた事件ですので、いろいろと背景を想像してしまいます。
Commented by 北の書生もどき at 2009-06-15 21:34 x
こんばんは。当時はダイヤまで貯めこんでいたのですね。オソロシイ。
(以下、6/7日のNHKスペシャルの受け売りなのですが)
第2次世界大戦頃のBOJと言えば、これは有名な話なのかもしれませんが、横浜正金銀行NY支店に、当局への届出なしで、巨額のドル資金をこっそり預金していたそうです。
結局はNY連銀による検査で発覚したらしいですが、昔のBOJは(もしかして今のBOJも?!)結構アングラな事柄に手を染めていたんですね。
Commented by bank.of.japan at 2009-06-16 01:00 x
北の書生もどきさん、どうもです。その番組は見ておりませんが、その資金は日銀勘定分か、政府預金の一部だったのか、興味深いです。
Commented by 飛車 at 2009-06-17 23:55 x
中川メール笑いました。まんまナイジェリア詐欺メールのパクリじゃないですか。ちょっとチープすぎですね。

昔、出資詐欺の勧誘現場に何回か顔を出す羽目になったのですが、詐欺師な人たちは僕たちが思ってる以上に小道具に半端なく金をかけて本物であるように見せようとします。今回押収された国債もその類の偽造でしょう。少しでもスケベ心があると、奴らのにわかには信じがたいような小道具の類を、心のよりどころにして信じたくなってしまいますので、そういう人が狙いだと思います。他人ごとだと思ってみてると、「なんだ?この馬鹿げた金額は?真面目に詐欺する気あるのか?」って思っちゃいますが、逆にこれくらいやると騙される側のリスクとリターンの関係が狂っちゃって、そうは言っても途中まで騙されてみようかみたいな感じでずるずる行っちゃいますので、成功率は逆にあがるそうです。結婚詐欺が荒唐無稽な経歴であるほど成功率が高いみたいな。

あと、こういうのは、陰謀論めかして騒ぐ人がいると、それをネタに詐欺の題材にしちゃう人が出てくるから、そーっとしといて良いのかなと思います。
Commented by PK at 2009-06-22 08:49 x
【コラム】2邦人が隠し持った米国債、ドルに思わぬ難問も-ペセック

ほーら、始まった
<< 能動的読者を捕捉した後の展開=... ベースマネーと物価安定を巡るF... >>


無料アクセス解析