人気ブログランキング |
カナダ中銀が「時間軸政策」を導入(資料用)
 もっぱら自分用の資料として。

 カナダ中銀が利下げ&時間軸政策を導入した。以下、声明文より。

21 April 2009

Bank of Canada lowers overnight rate target by 1/4 percentage point to 1/4 per cent and, conditional on the inflation outlook, commits to hold current policy rate until the end of the second quarter of 2010

カナダ中銀の政策金利はコリドー。準備預金の付利は0.25%で据え置き。上限金利は0.5%。フロア金利に政策金利を合致させた形で、恐らくは翌日物金利は0.25%に概ね張り付いた状態で推移。これを来年第二・四半期末まで続ける方針を表明した。

 この時間軸政策の目的は以下の通り。
With monetary policy now operating at the effective lower bound for the overnight policy rate, it is appropriate to provide more explicit guidance than is usual regarding its future path so as to influence rates at longer maturities.
 政策金利の将来のパス(低金利政策の継続期間)をより明確にすることで、イールドカーブのフラット化を促すことを狙っている。

 カナダ中銀の経済物価見通し。
 The Bank expects core inflation to diminish through 2009, gradually returning to the 2 per cent target in the third quarter of 2011 as aggregate supply and demand return to balance. Total CPI inflation is expected to trough at -0.8 per cent in the third quarter of 2009 and return to target in the third quarter of 2011.
 今年一杯は若干のデフレ状態続くが、来年から上向き始めて2011年第三・四半期には2%の物価上昇。低金利政策の持続期間は物価のプラス転換時期にほぼ合わせている感じであろうか。

 今のところ、このカナダ中銀のが最も鮮明な「時間軸政策」となっている(他中銀のはまだ十分にチェックしておりません)。
by bank.of.japan | 2009-04-22 20:26 | FRB&others | Comments(0)
<< 共産党・大門先生の質疑(保存用) 「世界は利息に飢えている」=N... >>


無料アクセス解析