人気ブログランキング |
日銀のゲリラー性rinban増額=「ストッパ」的なものの考察
 しかし、マスコミのrinban人気は凄いですね。総裁会見は次から次に質問が続き、政策変更よりも注目度が高かったですよ。これを政策にしたら、マスコミはゼィゼィ、ハァハァ、目の色も変わるんじゃないかと思った(苦笑)。まあ、冗談です。それにしても、白川総裁はパーフェクトなテクニカル答弁でした。この手の調節テック系の話になると、白川総裁はサイボーグのようになりますね。まあ、rinban狂想曲は10年ぐらい前からそうなので、今後もそうなんでしょう。マーケットは先物がびくっと動いた程度でしょうか。クールな反応でしたね。
 食事中の方には申し訳ないが、とりあえずの解説。rinbanの位置付けは何度も取り上げたので、繰り返しません。既にご案内のように日銀国債ポートは比較的デュレーションが短くて、ゲリラー状態にあるんだが、今年に入って始めたゾーンニングでもあんまりゲリラー状態に変化がなかった。ゾーンニング、つまりゴミ銘柄の分別で恐れていたのは、燃えにくいゴミ(長いのや変な物など消化しにくいやつ)を枠一杯食わされて便秘化することだったが、これまでのところそうでもない。じゃあrinban目一杯食ってみっかと4000億円増やした。ゲリラー症状のままの増額です。とりあえず。目一杯食うのは打ち止め感を出したかったんじゃないですかね。
 これまで食う量、出る量ほぼ拮抗だったが、これからは徐々に「食う」のが上回ってゴミ銘柄の詰まった国債ポートが銀行券残高の上限に向かっていくことになる。その間、食った物の消化期間が長くなるのか、短くなるのかはよく分からない。消化の早い短い物を食わされる量が減り、長いもの、変な物の比率が高いと、「ストッパ」みたいな効果がちょびっとずつ働く。ゲリラー症状がわずかに改善していくわけだ。まあ、どうなろうがどっちでも良い。そもそも保有国債の乗り換えルールを変えてゲリラーになったのは日銀自身ですから…。
 これから先は妄想。ゲリラー日銀にとっての究極の「ストッパ」を考えてみた。これは国債引き受けしかない。長いものを生で食う。理論上、30兆円食えばゲリラーはほぼ解消である。ただ、問題は吐き戻しのリスクがあること。吐く必要はないんじゃないかとテクニカルには考えているんだが、まあ私は当事者じゃないので、日銀が吐き気を覚えるかもしれないでしょ。で、本当に吐かれたら困るので、これはMOFがゲロ袋を用意した方がいいかもしれない。日銀保有国債の途中償還に備えた準備金とか。銀行券76兆円が恒久的だとすると、まず30兆円引き受け、その後償還きた国債を新発に乗り換えていくと、rinban消えます。メデタシ、メデタシだ。そうなると、調節はとても楽になるよね。
 そうか、金融市場局がオペの究極の円滑化のために技術的国債引き受けを提案すればいいんじゃないか。執行部提案で十分にいけるんじゃないだろうか。今度聞いてみよう。

念のため 私は幸いにしてストッパ系の薬を愛用する体質ではありません。適当に検索して見つけたのだが、これ、有名なんですか?
by bank.of.japan | 2009-03-18 20:12 | 日銀 | Comments(14)
Commented by A- at 2009-03-18 22:09 x
いいんじゃないですかね、ちょっとずつインフレになって、20年も経てば石が混じってても消化できますよ。
Commented by PK at 2009-03-18 22:34 x
今の日本は日銀でもってる。
定額給付金の連射と日銀の国債買い入れ増額をじわじわ進めればいい。
公共投資で資産市場にお金を廻してはいけない
なるべく消費財の市場に散布しないと。

相続税軽減と引き換えに、預貯金に課税はできないのだろうか?
預貯金から日銀券に追い出せば、上限が少し上がる
Commented by Cru at 2009-03-19 00:08 x
わたしゃ日に三回行く日もありますが、幸い内勤なんで、必要性を感じた事がありません。
「ストッパ」ですか。はじめて聞きました。
理想を言えば「ビオフェルミン」で体質改善したいところ。

ゴミの政府保証と、定額給付金増発(PK氏に賛成)のための国債引き受け。
持ちつ持たれつ良い関係が築けると良いですね♪
そのためにはやっぱさっさと解散かなぁ?
Commented by bank.of.japan at 2009-03-19 00:37 x
A-さん、どうもです。みんなが引き受けだ!、引き受けだ!と騒がなきゃ、オペは簡単に出来るのですが。まあ、難しいです。

PKさん、どうもです。現状、中銀は世界的によくやっているんじゃないでしょうか。ECBは財政方面がばらばらという制約で動けないですが。

Cruさん、どうもです。ビオフェルミンは確かに有名ですね。私は、極めて稀に調子悪いことありますが、正露丸2-3粒でokです。定額給付金をありがたく頂戴してしばらく仏壇に置いておくと言っていたご老人の姿はなかなか良かったです。何で反対するんですかね。
Commented by 非日銀 at 2009-03-19 01:38 x
日銀券と国債保有のルールを金科玉条とみてはいけない。
へんてこなもので縛って体調悪くなるのは自業自得でしょう。
Commented by PK at 2009-03-19 08:22 x
定額給付金は、マスコミ(米中の日本操作機関)の反宣伝効果が無ければ
今の日本経済の特効薬になる
欧米が不景気な時には円安に向かうし、給付金で消費を刺激すれば、さらに円安に押すだろう。
株価は予想収益の回復で幾分は下支えされる
企業からの税収危機で地方自治体の公務員も数年後には間違いなく消費増税の賛成に回る。
新技術に基づく製品も続々出てくるので、更新投資消費も期待できる。2~3年頑張れば、状況がかなり改善する
1~2年給付金でしのいで、その後は新製品発売と諸費増税の前倒し効果で消費を繋ぐ。
Commented by tatsu at 2009-03-19 10:30 x
いつも楽しく拝見してます。
私はこのリンバンなるものの位置づけがよく分かってないので、今回の例えが、どういう意味なのかピンと来ていません。宜しければ
過去取り上げた時のページに飛ぶリンクを教えてください。
Commented by PK at 2009-03-19 11:27 x
公共投資で有効な分野は、最も長期にわたる迂回生産である子どもの養育に関する社会的共通資本でしょう。
私人による財の交換で成り立った社会は、声ない弱者の分配を減らす。
グローバル化で被害を受けるのは、途上国の弱者と先進国の若者・子どもです。知らず知らず自然とこの分が削られて財が交換される。
若者と子どもの分配分を公正に確保し、効率よく使うのなら公共投資は意味がある。
Commented by bank.of.japan at 2009-03-19 18:30
非日銀さん、どうもです。あまりに金科玉条のような扱いにすると、後で困る事態になるのではないか、と思います。輪番(減額・停止)ショックが起きるリスクも否定できないので。

tatsuさん、どうもです。07年1月29日、2月14日に関連エントリーありました。まだあると思います。気づいたらコメントします。
Commented by モンテカルロ・モナコ at 2009-03-19 23:36 x
日本銀行の資本金  1億円?
これにプラスして内部留保で 自己資本は 約6兆円らしい?
紙幣発行量は75兆円のようである?
6/75=0.08  あれ???

ゲロが得意なのは口の曲がった某首相。
ある前提を肯定すれば、性格まで泉ちゃんに似てきて、下克上的になってきたのです。

MOFはこれから本格的に叩かれそうである。
公述人のY教授・I教授は歴史認識が的確で実に論理明快である。
実に参考になる意見表明である。
現実と論理の狭間はあるとしても、MOFはエリート集団ではないのである。せこさとかコジエではダメ・ダメなのよ。
Commented by 小野(東京都港区) at 2009-03-20 23:37 x
日銀にも金融にも関係無い話で大変恐縮、なのですがタイトルでふと思い浮かんでしまって
ツィ投稿したくなってしまいましたm(_ _)m 東証2部4574「大幸薬品」(=正露丸)上場しました(笑)

株価のほうは・・・(汗)・・・・・あと、ついでに(コレまた関係ないですが)少しまえのスミス&ウェッソンに
関係ありそななさそな話も少々m(_ _)m今TV東でやってたんですが武器ビジネスも、現在この世界的
不況のなか活況の兆し顕著とのこと、らしいです。武器そのものばかりか武器技術やあと北朝鮮に代表
されるようないわゆる「データにのぼらない」取引等も活況化してるとの事。ちなみに、全体の輸出No1は
今更あえていうまでもないかもしれませんがむろんアメリカ。
Commented by tatsu at 2009-03-22 15:54 x
Bank.of.Japanさん
早速のお返事、どうもありがとうございました。早速ご紹介の日のコメントを拝見しました。
特に2/14のコメントでの議論等を見ると、この問題は高尚でかつ理論的なバックボーンが必要であり、なお且つ国債需給等への影響から、極めて実務的な議論でもあると理解しました。だから日銀もハイレベルな決定事項にしているんですね。今日の内容もよく理解できました。
最後に、私はストッパー愛用者です。
Commented by 星の王子様 at 2009-03-22 17:00 x
ストッパはメトロ(地下鉄)で広告を見たことがあります。
日銀はやりすぐないようにしてほしいですね。米国の状況を見ると国債買い入れは金利低下通貨安につながるので、国債引き受けも慎重に願いたいものです。米国はカリフォルニアはじめ地方の財政が危機的状態ですが日本の地方自治体も相当厳しいですから。
Commented by bank.of.japan at 2009-03-22 17:56
tatsuさん、どうもです。高尚というか、かなり技術的であるのは間違いないです。負債に対する資産構成として国債の持ち方をどう考えるか、というのが基本ですが、デュレーション変化とか読みにくく、難しいです。ストッパ、それなりに有名なようですね。

星の王子様さん、どうもです。広告もあるのですか。参考になります。rinbanの位置づけは当面変わらないとみられるものの、中長期的には財政マネタイズの側面が強まる可能性はあるかな、と思っております。状況次第でしょうか。
<< 米国版rinbanの変遷=おま... 日銀劣後ローンをめぐる雑感=ポ... >>


無料アクセス解析