人気ブログランキング |
また思い付いた=超簡単なB/Sターゲット政策(別名・無菌豚作戦)
 まあほとんどジョークだが。FRBの「漠たる量的緩和」で中央銀行のB/S規模が緩和度合いの尺度として比較されかねない事態となってきた。そこで、また思い付いたのだが、まさに「B/Sターゲット政策」をやったらどうか。とりあえず簡単にメリット・デメリットなどを整理してみた。
<メリット>
・日銀は簡単にB/S拡大が出来る
・ツイストを重ねるだけ
・エグジットも比較的容易
・資産は傷まない(きれいに太る無菌豚作戦=FRBはイベリコ豚)
・福井前総裁はまさにこれに近いことやったじゃないか
・ターゲット金額がデカイ(今は130兆円弱)ので、マスコミがはしゃぐ。政界も喜ぶ
・金額が注目されれば効くかもしれない
<技術的ポイント>
・ツイスト機動性or能力を高めるために売手レートの上限を撤廃(つまり気に食わないからと言って足きりしない)
<デメリット>
・バカじゃないか、と言われる
・調節課は当座預金残高操作と同様に虚しい。
・規模から中味(質)が注目されたら無菌豚の化けの皮が剥がれる

 バカじゃないか、と言うのはもっぱら調節の分かるインタバンク関係者。ただし、売手指し放題にしたら、大喜びするので「バカとは言わない。喜んで協力させていただく」(資金ディーラー)そうだ。私は、一回だけ言うが、後は言わない。

「豚は太るか死ぬしかない」という小説の題名を思い出した。
by bank.of.japan | 2008-12-18 18:04 | 日銀 | Comments(7)
Commented by とおりすがり at 2008-12-18 18:45 x
人と違って豚のメタボ指数は公表されてませんから、どこからが太り過ぎかは気にしなくていいかもしれませんね。
Commented by かるぱーす at 2008-12-18 21:11 x
量的緩和の担保に民間債権が供出可能となれば、銀行様にとってはこんなにおいしい話はないでしょう。メガの収益は一気に改善して、株価も上昇、貸し出し余力が増えて、一気に信用収縮も改善してなんて考えてますが。
Commented by 本家通りすがり at 2008-12-18 21:56 x
カルパースさんの意見は100%正しい。
でも、このエントリーはそういうことを言っているんではない。
Commented by 植田日銀総裁 at 2008-12-18 23:15 x
壮大なジョークです。誠実、実直、現実的な実務家集団の現体制では、ほぼありえないでしょうね。でもそういう集団が追い込まれて、大真面目になって、一体何が世間にウケるのか、という視点で考え始めると、案外こういうことに行き着くかもしれませんね。そして結果は・・・、予想外に人気者になる。
Commented by かるぱーす at 2008-12-18 23:46 x
本家通りすがり 失礼致しました。時折近視眼なので、目立つコメントだけに反応してしまいます。壮大なジョークを壮大であるほど人をひきつける。所得倍増、日本列島改造などなど。マー金融政策にそれを求めるのは間違いですが、でもおもいっきっていかないと、中途半端だとウソはばれます。という意味で中国を見習いましょう。
そういえば、保有株買取一気に10倍でないと政策的なアナウンスメント効果ないですよね。だってすぐにマスコミ君が薄めてくれるんで。
Commented by 椿ライン at 2008-12-19 00:45 x
 この度も興味深いエントリーご苦労様です~。
 「B/Sターゲット政策」いいですね、バカっぽくて(^^ 企画局は嘆くでしょうけど・・・。
Commented by bank.of.japan at 2008-12-19 01:46 x
とおりすがりさん、どうもです。体内事情(腹の中身)は部外者には良くわからないですから、見かけで判断されるかもしれません(苦笑)。

かるばーすさん、どうもです。華麗なる嘘がつけるキャラならやる価値はありそうですが、白川体制はマジメですので…。

本家通りすがりさん、どうもです。まあ、そういうことです(苦笑)。

植田日銀総裁さん、どうもです。これで人気者になるなら、まあ私の商売は上がったりです。

椿ラインさん、どうもです。これがウケると企画的には成功、市場局的にはやっていられない、という感じかもしれません。
<< 利下げや輪番増額やらCP買いき... FRBのバンド誘導&量的緩和の... >>


無料アクセス解析