「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:替え歌( 44 )
It's raining yen, Hallelujah(ハレルヤ)=Macro Manの替え歌
 ランチタイムのエントリーアップは滅多にないですが、輪番(rinban)を知っているMacro Manが日本円をテーマに替え歌を作っていたので。当エントリーをご覧になったみなさん、午後のブレークをこれでお楽しみください。Macro Manのエントリーの下に元歌のyou tubeが貼ってあり、まあノリ良く歌えます。

この部分とかいい感じ。
It's raining yen
Hallelujah
It's raining yen
Amen

それからこの部分とか笑えます。
God bless mother nature
With some help from the Kampo, too
She took a call from the MOF
And did what she had to do

相変わらずの日本通。これは冗談ですが、思わず「Macro Man=…みたいな。さんor害債さん」説を打ち立てたくなってしまいましたよ(笑)。
…みたいな。さん、この替え歌の出来はどうなんでしょう。ご評価を。
[PR]
by bank.of.japan | 2009-04-14 12:35 | 替え歌 | Comments(7)
替え歌です=政局(赤色)エレジー
 通りすがりの金融マンさんから替え歌いただきました。ありがとうございます。 みなさん、どうぞ。



政局エレジー

党は党とて 何になる 小沢一郎 誠とて
康夫の幸は どこにある 小沢一郎 策士とて
平成余年は 秋も宵(よい) 議会開けば 票も舞う
恐ろしかったわ どうしたの 解散選挙の 夢見たね
浮動層の票も 欲しいよね いえいえ派閥が 保てたら
安倍さんの口から さようならは 云えないことと 想ってた
還元水に 絆創膏 踊りし日々は 走馬燈
党は党とて 何になる 小沢一郎 誠とて
康夫の幸は どこにある 小沢一郎 策士とて
康夫と一郎の 物語 お泪頂戴 ありがとう


原曲「赤色エレジー」 あがた森魚 作詞 八洲秀章 作曲

沁みる歌ですね…。
[PR]
by bank.of.japan | 2007-09-24 22:15 | 替え歌 | Comments(3)
替え歌です、ヤングマン(YMCA)=Fedman (FOMC)
通りすがりの金融マンさんから久々に替え歌頂きました。ありがとうございます。FEDネタです。お楽しみください。

Fedman (FOMC)

Fedman さあ立ち上がれよ  Fedman  今金を出そう
Fedman もう引き締めはないんだから
Fedman ほら見えるだろう Fedman 市場の中に
Fedman リスク取れない ファンドの悲鳴 

すばらしい FOMC FOMC
CDOも担保に取って お金を回そう
そうさ FOMC FOMC
ディスカウントの窓口は 良い子も借りに来る

原曲 ヤングマン(YMCA) 作曲 J・モラリ他 訳詞 あまがいひろし 歌 西城秀樹
[PR]
by bank.of.japan | 2007-08-26 17:32 | 替え歌 | Comments(7)
サザンの「夏をあきらめて」=日銀、あきらめの夏です
 ある証券会社のリポートのヘッドラインが「日銀も泣いてる、あきらめの夏」となっており、これに触発された方から替え歌頂きました。作者不詳さん、ありがとうございます。元歌はご存知サザンオールスターズの「夏をあきらめて」です(私のお気に入り)。
ーーーー

「夏はあきらめて」

株安が響けば 会合が近づく
金利を思い切り 上げるはずの on the board
きっと誰かが金に困り 即日オペで借り切る
長い金利も振れたまま 戻る間もなくて
アメリカが揺れたら キャリーが巻き戻し
望みもないままに あきらめの夏

Darlin' Can't You See
I'll Try To Hike It Up
Darlin' Vote With Me
Let's Get To Be So Fine


安定が戻れば やがて上げの合図
悔しげなタカ派と のりこむ Policy Meeting
うらめしげに及び腰に 柱を見てる立場よ
先のリスクまでずれ込む 気配も見えない
厚めに金を出し 意味シンな談話で
総裁も泣いてる あきらめの夏

Darlin' Can't You See
I'll Try To Hike It Up
Darlin' Vote With Me
Let's Get To Be So Fine


債権にデフォルトが見えりゃ 金が出る
インフレが遠くに ボンヤリ寝てる
このまま金利と
あきらめの夏


ps マーケットコンセンサスでは利上げ時期の先送りとなっておりますが、個人的には利上げ終えんではないかと危惧しております。福井総裁任期中にゼロ金利になれば、金利水準でみると「福井体制」は「いってこい」、金融政策のスゴロクは振り出しに戻った格好となる。こうなる確率はいかほど?
[PR]
by bank.of.japan | 2007-08-21 20:19 | 替え歌 | Comments(24)
替え歌 「Sound of inflation」=バブルへGO!!(日銀版)のテーマ曲
通りすがりの金融マンさんより替え歌いただきました。多謝です。なんと英語版。映画「卒業」の名曲“Sound of Silence”(Simon & Garfunkel)です。「バブルへGO!!パート2(日銀版)」のテーマ曲にいかが、とのことでした。あぁ、宿題エントリーを早くやらないと。プレッシャーです(笑)。

Sound of inflation

Hello tightness, my old friend I've come to talk with you again
Because a bubble softly creeping Left its seeds while I was easing
And the bubble that was planted in my land still remains
Within the sound of inflation

In volatile markets I walked alone Narrow streets of neutral rate
'Neath the screen of a securities house
I turned my collar to the cold and damp
When my eyes were stabbed by the flash of a policy change
That split the night And touched the sound of inflation

And in the naked light I saw Ten million people maybe more
People saving without spending
People spending without borrowing
People buying dollars with irrational exuberance
No one dared disturb the sound of inflation 

"Fools," said I, "you do not know Inflation like a cancer grows
Hear my words that I might teach you
Take my arms that I might reach you"
But my words like silent raindrops fell
And echoed in the wells of silence

And the people bowed and prayed To the IT god they made
And the sign flashed out its warning
In the words that it was forming
And the sign said "The words of the Maestro are written on the Wall Street and Hongokucho "
And whisper in the sound of inflation

原曲 “Sound of Silence” 作詞、作曲、唄 Simon & Garfunkel
[PR]
by bank.of.japan | 2007-03-11 12:20 | 替え歌 | Comments(4)
替え歌です 中島みゆき・銀のタカの背に乗って=こぼれ話も一つ
通りすがりの金融マンさんに替え歌頂きました。ありがとうございます。コメント欄には幾つか替え歌頂いており、エントリー化して「カテゴリー」に収録します。それから…みたいな。さんの替え歌創作は順調のようで、日銀ネタはついに100曲に到達されたようです。おめでとうございます。下の方に日銀北門前で目撃した出来事をこぼれ話ちょっとだけ。

銀のタカの背に乗って

このざわめいた街のどこかで いままさにバブルが生まれている
まだ飛べないハトたちみたいに 僕はこの非力を嘆いている
急げ景気よ 翼に変われ 急げ円安 外圧になれ
まだ飛べないハトたちみたいに 僕はこの非力を嘆いている

物価が上がってくれるまで 震えて待ってるだけだった昨日
明日僕はタカの足元へ崖を登り 呼ぶよ「さあ、上げよう!」
銀のタカの背に乗って 届けに行こう消費の砂漠へ
銀のタカの背に乗って 運んで行こう正常な金利を

失うものさえ失ってなお 人はなおわずかな金利にすがる
ゼロ以下にならないその理由(わけ)は 人が人の痛みを知るからだ
急げ景気よ翼に変われ・・・・・・

綿ぼこりみたいな物価でも 木の芽みたいな頼りない景気でも
明日僕はタカの足元へ 崖を登り 呼ぶよ「さあ 上げよう!」
銀のタカの背に乗って・・・・・・・・

原曲「銀の龍の背に乗って」(作詞、作曲、歌 中島みゆき)



こぼれ話 日銀北門前を街宣車が通過。利上げを評価してました。つまり「利息向上の利上げにつながる福井総裁の大いなる決断に共鳴、共感するものであーる!。職員のみなさん、お疲れ様でーす!」と。今度、来たら企画局総出でお出迎えしないとね。力強い応援団の登場である。批判記事書くのはちょっと怖いすね(笑)。
[PR]
by bank.of.japan | 2007-02-22 19:58 | 替え歌 | Comments(23)
久しぶりに替え歌(二題)です=見落とし投稿を発見
 夜、短期系の方々と忘年会。そこで「…みたいな。」さんの替え歌が話題になり、『名残りオペ』は名曲であった、とのこと。そのエントリーはこちら。懐かしくて久しぶりにエントリーをのぞいたところ、大変なことを発見してしまった。コメント欄に見落としていた投稿二題があったのである。今頃になって大変申し訳ないのだが、でもまだ新鮮であるので、改めて紹介したい。

まずは「通りすがりの金融マン」さんの投稿

スーダラ金融政策(ハナ肇とクレージーキャッツ)

(ゼロ金利)
ちょいと一回のつもりで下げて
いつの間にやらゼロ金利
気がつきゃ短資の墓場でごろ寝
これじゃ経済にいいわきゃないさ
わかっちゃいるけど「上げられない」

(ゼロ金利解除)
一度のデータにかどわかされて
よせばいいのに金利を上げて
挙句の果てには量的緩和
当預30兆の大盤ぶるまい
わかっちゃいるけど止められない

(量的緩和解除、成功ケース)
狙った解除が見事に当たり
利上げに向かって最終コーナー
気がつきゃアジアのグリーンスパン
終りよければ全てはよしさ
わかっちゃいるけどいい気分

(同失敗ケース)
狙った解除が見事に外れ
自民カット来て法改正
気がつきゃインタゲ、土地まで買って
モラル・ハザード何でもありさ
わかっちゃいるけど止められない


もう一つは「…みたいな。」さんの投稿

♪『さくらレポート』をもう一度♪(ばんばひろふみ)

回復が広がっていると 報告がまた来る
デフレを抜け出して 出口を見つけた
緩和局面では 垂れ流してた
潤沢な供給が 今も恋しい
薄いピンク色に 染められた表紙で
バブルだった昔が 鮮やかによみがえる
君も読むだろうか 『さくらレポート』を
調統だけのメモリー どこかでもう一度

僕は当預残と オペを増やして
オペ先懇談会も 時々開いた
解除が決まって エンドを切ってきたとき
もう30兆はいらないさと 国に言いわけしたね
君も読むだろうか 『さくらレポート』を
調統だけのメモリー どこかでもう一度
調統だけのメモリー どこかでもう一度
***

お二方、大変失礼いたしました。この場を借りてお詫びします。
ところで、スーダラ金融政策の「量的緩和解除失敗のケース」にならないことを強く願う。すでに関東軍の批判もあり、心配である。
[PR]
by bank.of.japan | 2006-12-14 01:12 | 替え歌 | Comments(5)
「祝!?解除」で替え歌=♪なごり(雪)オペ♪完全版
 「…みたいな。」さん、この場で事後的にお許しを求めることになって大変恐縮ですが、主として日銀現場部局に向けて量的緩和の解除を祝したいと思い、まずは替え歌を転載させてください。特に金融市場局には格好の歌であると思いましたので。
 ちなみに本業では「本当の『解除祝杯』は一年後=決断直後は美酒だが…」という記事を書きました。向こう一年内(場合によっては二年内)に景気がおかしくなると解除失敗のレッテルを貼られるリスクがあり、今の祝杯は決して解除成功につながるものではない、という趣旨です。
 でも、“腕立て伏せ”みたいなオペから解放されて、市場局のみんな、良かったね。替え歌でも口ずさんでください。なお、替え歌の本家はこちらです。

ps 解除についてのエントリーはしばしお待ちを。

♪なごりオペ♪

札を待つ君の横で僕は レートを気にしている
レベルはずれの札が 入ってる
緩和期に打つオペはこれが 最後ねと
うれしそうに君が つぶやく

なごりオペも 打つときを知り
延ばしすぎた 緩和のあとで
今 出口が来て金利は 高めになった
去年よりずっと 高めになった


動き始めた市場機能に 背中を押され
政策転換しようと している
君のくちびるが「かいじょする」と 動くことが
こわくて下を 向いてた

時がゆけば 再び金利も
目標になると 気づかないまま
今 出口が来て金利は 高めになった
去年よりずっと 高めになった


金利が上がった 市場にのこり
落ちてはとける 当預を見ていた
今 出口が来て金利は 高めになった
去年よりずっと 高めになった

去年よりずっと 高めになった
去年よりずっと 高めになった


(原曲作詞・作曲:伊勢正三、唄:イルカ)
***
[PR]
by bank.of.japan | 2006-03-09 19:43 | 替え歌 | Comments(5)
日銀応援の替え歌 ♪ああ政策に議論あり♪=「水戸黄門」より
最近では「かんべえさん」のところでも活躍されている「…みたいな。」さんからさっそく日銀の応援歌を頂きました。まいど有難う御座います。替え歌の才能が広く認知されるようになったのはうれしい限りです。…みたいな。さん、当ブログも引き続きよろしくです(笑)。
では、お楽しみを。

***
「がんばれ日銀」編

♪ああ政策に議論あり♪(「水戸黄門」より) 原曲名は「ああ人生に涙あり」

調節楽ありゃ 苦もあるさ
不足のあとには 余剰も出る
オペしてゆくんだ しっかりと
下限の維持を ふみしめて

解除は勇気が 必要だ
くじけりゃ政府が ほくそ笑む
あとからバブルに 追い越され
泣くのがいやなら さあ解除

政策 理論と議論あり
そんなに悪くは ないもんだ
なんにもしないで 決めるより
理想を求めて 決めようよ
[PR]
by bank.of.japan | 2006-02-07 00:47 | 替え歌 | Comments(2)
ロンバートに絡んで替え歌です ♪だまって俺について来い♪=ハナ肇とクレイジーキャッツ
 ロンバートに絡んで「…みたいな。」さんから替え歌頂きました。いつも有難う御座います。みなさん、お楽しみください。
-----------


「無責任な日銀」編

♪だまって俺について来い♪(ハナ肇とクレイジーキャッツ)

銭のないやつぁ俺んとこへ来い
ロンバート出すから心配すんな
見ろよ長いオペ ゼロ金利
そのうちなんとかなるだろう

金利のないやつぁ俺んとこへ来い
俺もないけど心配すんな
見ろよ当預残 30兆
そのうちなんとかなるだろう

仕事のないやつぁ俺んとこへ来い
俺もないけど心配すんな
見ろよ萎えている 市場機能
そのうちなんとかなるだろう

わかっとるね わかっとる わかっとる
わかったら だまって俺について来い


注) 「ロンバート出すから心配すんな」→これはマジで日銀の本音です。資金調達手段の一つとして堂々と位置付けて大丈夫。金融庁も了解するはず(まさか「ロンバートに頼らず、自力でやれ」とは言わない、と思う) by 本石町日記
[PR]
by bank.of.japan | 2006-01-13 00:07 | 替え歌 | Comments(2)


無料アクセス解析