「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:FRB&others( 66 )
日銀は現状維持&リンク集
 日銀の金融政策決定会合は現状維持となった。この間、FRBはツイストの吸収を実施。国債を買うための余地を作り始めた。ユーロは国債の格下げが実施されたりして、なおゴタゴタが継続中。相対的に日本の金融経済は静かな状況が続いている。足元で取り上げるべき新たなネタは浮上していないので、今週のメルマガは前からやろうと思っていた解説モノと小ネタを取り混ぜて構成する予定です。「バーナンキ議長の本音」、「日銀の金融政策運営における柱の使い方」、JGBのネタ、国債先生のネタなど。

リンク集
Fed Treasury purchases: How big is big?
Monetary policy and democracy
What If the U.S. Dollar’s Global Role Changed?
What Do We Mean When We Use The Word Uncertainty?
Does Ben Bernanke Deserves a Break?
Solow: Keynesian Economics Has Become Dramatically Relevant Again Today
What Do You Call This ‘Recovery’?
A Recession in Our Minds
Mankiw: The IS-LM model
links for 2011-10-08
Ah Yes, LM (Wonkish)
In The Long Run We Are Undead
[PR]
by bank.of.japan | 2011-10-09 17:29 | FRB&others | Comments(2)
FRB、「出口」が怖いツイストオペ
 FRBがツイストオペに踏み切った。こんなのが「政策」になるほどFRBは追い込まれた格好だが、金融政策の実践面で考えると、当面は「微害微益」ながらも「出口」に際して「超有害無益」となりかねない調節手法である。いわゆる買った資産の暴力的な売り切りを余儀なくされる可能性があり、汚い話だが、「中央銀行がゲロを吐きまくりながら出口を出ていく」恐れがあるわけだ。基軸通貨国だけに世界中がゲロまみれになるだろう。なぜ、そうなるかの解説。メルマガでは、そのメカニズムを金融政策のヒモ理論で解説を試みる予定。
 まあ、その前にマーケットは勝手にゲロっておりますね。ヤク切れのような症状でありましょうか。

リンク集
A Little Inflation Can Be a Dangerous Thing
There Are Worse Things Than Inflation
Bank Deposits increase Sharply
Is this man the next Fed chairman?
Rethinking central banking
Why Was Fed Statement Late? 20th Century Technology
GOP: Fed’s move reveals Obama’s failures
The Fed's Latest Moves May Fall Flat, Experts Say
[PR]
by bank.of.japan | 2011-09-24 14:05 | FRB&others | Comments(0)
今週のリンク集
8月29日分のメルマガ用です。随時加えていきます。

Why do we become better drivers during recessions?  
(ワシントンポスト紙のブログ、8月20日)

Waiting for the Fed to act 
(Econbrowser、バーナンキへの期待その1 8月21日)

Some preliminary thoughts on Bernanke's 2011 Jackson Hole Speech 
(CalculatedRisk、期待その2 8月21日)

How Much More Can the Fed Help the Economy?
(ニューヨークタイムズ紙のブログ 期待その3 8月24日)

Dollar Watch
(Econbrowser、8月25日)

Bernanke: We’ll Wait and See, but No Changes in Policy for Now
(economistsview、バーナンキ議長講演の反響その1、8月26日)

Bernanke highlights September FOMC meeting, Suggests more Fiscal Stimulus
(CalculatedRisk、反響その2、8月26日)

A few articles on Bernanke's Speech
(同、続き 8月26日)

Recovering From a Balance-Sheet Recession

(ニューヨークタイムズのブログ、ローラ・タイソン、8月26日)

Jackson Hole
(The Big Picture、8月26日、良い論評)

Money Creation
(economistsview、8月27日、ヤップ島の石の貨幣・近代版、興味深い)


Keynes/Bernanke

(クルーグマン教授、8月26日、コメント欄に秀逸なのがあり)
[PR]
by bank.of.japan | 2011-08-26 17:06 | FRB&others | Comments(0)
バーナンキ議会証言を受けたQE3のお祭り
これもメルマガ用のメモ。

CalculatedRiskより
 →Did Bernanke shift on QE3?
 This isn't like Jackson Hole last year when Bernanke telegraphed QE2. If this is a shift in tone, it is slight.
 ジャクソンホールの時のような強い示唆ではなく、ほんのちょっとの示唆かも。

Economist's Viewより
 リンク集。QE3関係がチラホラ。

zero hedgeより。
the Chairsatan  バーナンキ議長のことなのね。
Fed is prepared to confirm its madness by doing for the third time what failed twice already まあ、そこまで酷評する必要はないと思うが。

 前号メルマガで解説したように、ビハインド・ザ・カーブの緩和になると思う。
[PR]
by bank.of.japan | 2011-07-14 21:30 | FRB&others | Comments(0)
BIS年次リポート・金融政策パートの結論部分
メルマガ解説(BISビューの増長?不幸の金融政策)の補足資料用
http://foomii.com/00016
http://magazine.livedoor.com/magazine/26
踏み込み過ぎの主張&少し方向も違うと思う。

Summing up

In the current monetary environment, policymakers face several daunting
challenges. The increase in the size and complexity of central bank balance
sheets resulting from unconventional monetary policies and foreign reserve
accumulation creates risks that, if left unchecked, could eventually impact
monetary policy credibility. At the same time, soaring commodity prices have
pushed headline inflation rates up to uncomfortable levels in many economies,
while tighter capacity constraints have heightened the risks of second-round
inflation effects. These increased upside risks to inflation call for higher policy
rates, but in some advanced economies this still needs to be balanced against
the vulnerabilities associated with continuing private and public sector balance
sheet adjustments and lingering financial sector fragility. However, the prolonged
period of very low interest rates entails the risk of creating serious financial
distortions, misallocations of resources and delay in the necessary deleveraging
in those advanced countries most affected by the crisis. Moreover, some
emerging market economies show signs of a renewed build-up of financial
imbalances.
Tighter global monetary policy is needed in order to contain inflation
pressures and ward off financial stability risks. It is also crucial if central banks
are to preserve their hard-won inflation fighting credibility, which is particularly
important now, when high public and private sector debt may be perceived as
constraining the ability of central banks to maintain price stability. Central
banks may have to be prepared to raise policy rates at a faster pace than in
previous tightening episodes.
[PR]
by bank.of.japan | 2011-07-04 00:02 | FRB&others | Comments(0)
「余裕をもった?最終走者」、成長基盤オペとは…etc
 先週のメルマガの案内、忘れてしまいました。こちら、です。

今週は以下を予定しております。
・余裕をもった?最終走者 
ECBのトリシェ総裁が利上げを示唆した。英米も?その方向かもしれない。で、日銀はどうなの、どうするの、どうすればいいの、という内容です。

・成長基盤オペとは…
 最近、メディアではチラホラ話題になっております。このオペは資金需給を均すマクロのものではない、やや不思議な手段です。どう受け止めるべきか、について考察する予定。

・スイス中銀と日銀の違いは…
 大量介入して外貨でロスが出たスイス中銀の信認を問題視する向きがあるが、前にも触れたようにこれは実はおかしい。積極的にせよ、受動的にせよ、外貨を持つことが危ないなら、日銀もまた似た問題を抱える、のではないか、ということについて。

あと、幾つか検討中のものがありますが、どれにするか決まったら案内します。内容はあくまでも予定で、最終的に変わる可能性もあります。念の為。
[PR]
by bank.of.japan | 2011-03-05 17:35 | FRB&others | Comments(1)
メモ キング総裁と記者のインタゲ虚構をめぐるやりとり
 イングランド銀行のインフレーションリポート関連は以下。会見フルテキストのほか、Webcastで聴くこともできる。
http://www.bankofengland.co.uk/publications/inflationreport/irlatest.htm

会見録は16ページの最後から。Webcastは34分過ぎから。
Paul Mason, BBC Newsnight:
「… at an increasingly rapid rate. Now somebody took the decisions that have led to this situation where the outcome is double the target. If that was any other part of life, in business or the economy there would be a big question asked about who took the decisions and what those decisions were. And I think people will understand that it's tough doing this job, there are surprises everywhere. But who was it who revelled in the fall of sterling? Who was it who printed £200 billion worth of quantitative easing? Who was it who took interest rates to zero bound? I mean, it was this Committee, and therefore you can't sit there and say - oh we've missed the target by a factor of 100%, but there's nothing we can do about it. People want answers to that」
Mervyn King:
「What would you have done, Paul? I seem to remember that you were very …」
Paul Mason, BBC Newsnight:
「 ... Put me on the committee and find out」
Laughter
Mervyn King:
「All of us, I'm sure, have enjoyed listening to you over the last two or three years about policy. Not once, not once, Paul, have you argued strongly that there should have been a significant tightening of monetary policy and that the economy needed to have a much deeper recession. My point to you is simply this -would you have had us deliberately raise interest rates by a significant amount in order to induce a much deeper recession; raise unemployment in order to push money wages down in the way that it has happened in Ireland and Greece and Portugal, in order to meet the inflation target in the short run; running a serious risk - which you would have been the first to point out to us, if we'd been here today in that position - you would have been saying, Paul, the first thing is - gosh look what you've done; maybe you've hit the inflation target in February 2011, but given the short run cost shocks that the UK economy has faced, you surely must be expecting a substantial undershoot in 2012 and 2013? And you would have been right. That is the explanation of what we did」
Paul Mason, BBC Newsnight:
「You're right there, Governor, but there is one problem. And that is that if we take that as a rational discourse, maybe there was nothing that could have been done without crashing the economy, that the target is a fiction, that's the problem - that the target, just to ordinary people is not anchored in reality. And so if everything
you did was necessary and it has doubled inflation above the target, then we're just - surely you're the experts not the bloke on the street, you're the ones in the position to say to the Chancellor- this target is just a fiction.」
Mervyn King:
「No, I don't think it's a fiction. And it's not…」
[PR]
by bank.of.japan | 2011-02-22 20:21 | FRB&others | Comments(1)
資源高で微妙に揺れるFRBの金融政策、バーナンキ議長の「定例会見」=日経新聞、第二の柱への傾倒
 今度のメルマガではFRBを中心に取り上げたい。
① 資源高の主因として、FRBのQE2を挙げる論調が多い。国債を大量に買うと、ドルがじゃぶじゃぶと放出され、資源市場に流れ込んでいる、というわけだ。資源投機の源泉をFRBの金融緩和に求める見方である。もちろん、FRBとしては、このロジックを受け入れるわけにはいかない。資源インフレ抑制のために引き締めに動かなくてはならないからで、先般の記者会見で、バーナンキ議長はQE2の資源高犯人説をきっぱり否定した。
 正しい否定ではあるが、金融政策の運営自体は微妙に揺れる可能性が高いことを解説してみたい。

② バーナンキ議長が記者会見の定例化を検討している、と伝えられている。透明性の向上という観点では議長が直接対話する場を設けるのは理念的には正しい。ただし、理念的に正しいことが、正しい対話を生み出すとは限らない。現実は「話せば分かる」というものではないからだ。
 現状、先進国でバンバン記者会見をしているのは日銀やECB。英米はあまりやらない。私は4年ロンドンにいたが、その間、イングランド銀行の総裁を「生会見」で見たのは一回だけだった。ベアリングズが破たんしたときであった。個人的には、露出は最低限にとどめ、できればあまり生対話はしない方がいい、と思う。その理由を解説する予定である。

③ 日経新聞の論調が少し変わってきた。資源高を受けて「第二の柱」に傾倒してきた感じである。初めての試みだが、メルマガのクローズドな媒体というメリットを生かして、日経新聞の読み方とその影響など考察してみたいと思う。

 解説は、ゼロ金利解除の議事録の続編であります。まず、①解除劇の失敗はピンポイントで見るより、その前からの政策運営の流れが重要だ。その点を検証する②解除劇がその後の政策運営に与えた影響③次回議事録の見所-などを取り上げたい。
 今回も内容盛りだくさんなので、私の履歴書オマケは割愛します。
[PR]
by bank.of.japan | 2011-02-06 15:09 | FRB&others | Comments(2)
FRBはお札を刷っているのか=それはどんなオペレーションなの?
 FRBが国債買い入れを決めた。これに絡んで、巷間言われるのは、「お札を刷って金がジャブジャブになり、ドル安になる」ということ。この「お札を刷る」とはどういうことだろうか。中央銀行が金融政策を実行する場合、それはすべてオペレーションに落とし込まれる。金利政策だろうか量的緩和だろうが信用緩和だろうか、それらはすべてオペレーションを通じて行われるわけだ。
 では、「お札を刷る」というのは、どういうオペレーションなのか。「日銀が金刷ればいい」とか言われるが、どういうオペレーションをやったらよいのか。この辺を次回のメルマガで取り上げたい。
 このほか「副作用論という記者会見の罠」、「日銀文学の形骸化」など取り上げる予定であります。
[PR]
by bank.of.japan | 2010-11-06 23:12 | FRB&others | Comments(0)
Friedman on Japan=クルーグマン教授の量的緩和否定論
 メルマガのご案内。今度のテーマは「展望リポートと白川日銀の変身」&「NY連銀の対話」、解説は「リフレ政策の時間差波及の難題」を予定しております。解説は少しwonkish。私の履歴書も続く見込み。お知らせもあります。こちらです。

 表題はクルーグマン教授のエントリーより。

 別なところでフリードマンの主張が紹介され、それに教授が反応したものだが、内容は“流動性の罠”ではベースマネーを増やす(=量的緩和)ことをやっても効かない、というお馴染みのもの。

・フリードマンの主張(かつて日本について書いたこと) 
日銀は公開市場操作で国債を買い、銀行のリザーブを増やしてやれば、ローンなど増えるだろう。そうしてもしなくても、マネーサプライは増えていって、1年やそこらで経済は拡張していくのではないか。

・これに対するクルーグマン教授の見解
 Well, they did that: staring in 2000, the BOJ nearly doubled monetary base over a period of 3 years.
And the money just sat there. Banks did not, in fact, expand loans.
In fact, Japan’s experience is a key element of the case against monetarism.
Just printing notes does not work when you’re in a liquidity trap.
→日銀は実際にそうして3年でベースマネーをほぼ倍増したが、このマネーはリザーブに滞留したままで、銀行はローンを増やさなかった。実際のところ、日本の経験はマネタリズムに反するものだ。流動性の罠ではプリントマネーしても効かない。

補足 プリントマネー(札を刷る)は、札をばらまく、という印象を与えるが、これは「お金をくれてやる」という行為ではない。公開市場操作で国債(ほぼお金に近いもの)を買うのは、銀行に金をくれてやっているわけではない。この点、FRBが国債を買うのも、金をばらまいている(ヘリマネ)わけではなく、金融システム内でリザーブをじゃぶじゃぶさせているに過ぎない。米銀がこのリザーブを元手に投融資を活発化させるかどうかが、つまりポートフォリオリバランスが働くかどうかが鍵を握る。&国債購入で金利が仮に下がり、それで企業・家計が反応して消費をするか、がポイント。
[PR]
by bank.of.japan | 2010-10-30 00:25 | FRB&others | Comments(1)


無料アクセス解析