米SF連銀サイトの『FRB議長ゲーム』を試してみたら…
 東短リサーチ・加藤さんのメールで知ったサンフランシスコ連銀のサイトにある『FRB議長ゲーム』を試してみた。場所はこちらです。説明をあまり読まず、適当に3回やってみたのだが、いずれも解雇されてしまいましたよ(苦笑)。みなさん試してみてください。
 3回やってみての感想は以下の通り。
1回目 最初は利上げ過程から入るのだが、私は(ハト派なので)グリーンスパン流にメジャードペースで小幅な利上げを繰り返した。そしたらインフレが加速しちゃいました(反グリーンスパン的プログラムなのだろうか?)
2回目 1回目の教訓を基にタカ派路線で臨む。途中までは良かったが、ハト派への果敢な転換が遅れてデフレ突入(トホホ)。クビです。
3回目 多少トラッキングレコードは良くなったが、失業率はややオーバーシュート、物価はややアンダーシュートでこれまたクビ。
 このゲーム、もちろんフォワードルッキングに金利を操作する必要があるのだが、金利変更幅とそのタイムラグの長さ、効果の度合いをいかに見極めるかがポイントですね。
 ある日銀マン(いわゆる“企画の人”、つまり『企画士』です)はこのゲームを試してみたいと言っていた。私のヒントがあるのだから、『企画士』らは簡単に『再任』を勝ち取らないとね。3回続けてクビだと、『企画士』失格ではないのかな。政策委の方々もいかがですか。

ps 1回目で成功した方はご報告を。失敗の報告も歓迎です。また、成功の秘訣を掴んだ方はぜひご教授を。

その他 金融緩和方向に「量的緩和」ゾーンを作ったら面白いと思った。
[PR]
by bank.of.japan | 2008-05-29 20:52 | マーケット | Comments(33)
Commented by 椿ライン at 2008-05-29 21:13 x
 面白いゲームをご紹介いただきありがとうございます(^^ フォワードルッキングが大事なのはよく分かりましたが、情報が新聞の見出しだけなので、せめて長期金利くらいのマーケット情報が欲しいですね(株から為替まで、言い出したらキリがないのですが・・・)。

 個人的には、「インフレ率を2%近辺に保て」といきなりインフレターゲット的なルールになっているのが微笑ましかったです。ミシュキン理事の辞任でFRB理事が3人も空席になる状況ですから、ゲームの成績優秀者にはスカウトが来たりして?
Commented by 北の書生もどき at 2008-05-29 22:24 x
ご無沙汰しております。
始めて3回連続失敗しましたが、4回目で漸く再任されました(笑)。
このゲーム、成功の秘訣は大胆な政策変更ではないでしょうか?
25bpだの50bpだのチマチマせず、
いきなり400bp利上げ!デフレの兆しが見えたら600bpの利下げ!
あとは政策効果をじっと待つ・・・現実感は全く無いですけど(苦笑)
Commented by jonen at 2008-05-29 22:46 x
5回目で無事再任されました。自分なりに掴んだコツは以下の通りです。

・利上げ→利下げ、利上げ→利下げ、といった政策転換をするときは中途半端にやらず一気にやる。too little, too lateは評価が低い
・一気にやるとは言っても、一回で動かす金利の幅は最大で1.5%ぐらい。できれば1%ぐらいで抑えないと、その後失業率とインフレ率のボラティリティが大きくなりすぎてコントロール不能になる。
・一発目の方向変換で1%ぐらいサプライズ利上げor利下げをしたら、次の回はその半分ぐらいの追加利上げor利下げを行う。3回目は2回目の半分。3回目以降は当初の目標を達成するまで0.25%の連打。
・政策金利を動かしても、すぐに失業率やインフレ率は動かない。どこかの厨銀のように「金利を操作しても無意味」とはアフォなことは考えず、目的を達成するまで時間をかけて0.25%の利上げor利下げを果敢に続ける。断固たる姿勢を見せることが大切。
・量的緩和のコマンドがないので、金利の糊しろがあまりない状態でデフレに陥るとほぼ回復できなくなる。手段が金利しかないならインフレよりデフレの方が圧倒的に怖い。

こんな感じです。
Commented by ある経済学者 at 2008-05-29 23:17 x
おもしろいですね。

ポイントはいかに新聞報道を無視して、データだけをにらむかですね。
オイルショックや株価暴落といったニュース以外は新聞の見出しは単なる後追いですよね。

いちど民主党の方々にやっていただきたいものです。
Commented by bank.of.japan at 2008-05-30 00:18 x
椿ラインさん、どうもです。変数が多いと操作は難しいかもしれません。市場との対話は十分成立している、という前提でしょう。日銀の場合は?ですが。ミシュキン理事の件は驚きましたね。どうしたんでしょうか。

北の書生もどきさん、どうもです。4回目はいい感じではないでしょうか。超大幅な変更はゲームとは言え、抵抗感ありますね(苦笑)。マジメに考え過ぎかもしれませんが。

jonenさん、どうもです。詳しいコツの伝授、多謝です。政策転換時の果敢さは重要なポイントという感じです。デフレへの対処は確かに難しいです。物価が下を向いたときには一気に下げで対処しないと反応しないですね。

ある経済学者さん、どうもです。見出しは確かにかく乱要因なので、ひたすら統計見た方がいいかもしれません。
Commented by EURO SELLER at 2008-05-30 00:45 x
面白いゲームをありがとうございます。4回目でなんとか再任されました。始めはインフレが3%以下になるようにFFレートを一気に上げていく。最高は8%ぐらいまでかな。インフレが下向き曲線になったら,75BPSぐらいづつどんどん下げて最後は0.5%までいきました。
http://22.dtiblog.com/e/eurofunda/file/FEDGameResult.jpg
コツは,デフレ・インフレが顕在化しないように先回りして行うこと,失業率よりインフレ率のほうが重要でオーバーランしないように気をつけることかな。
Commented by EURO SELLER at 2008-05-30 00:53 x
税金や公共事業までコントロールしたい方はこちらのマンキュー版大統領編のゲームをどうぞ。金利のコントロールの代わりはMoney Growthでコントロールします。
http://www.worthpublishers.com/mankiw4/content/pga_menu02.htm
Commented by とおりすがり at 2008-05-30 01:17 x
一発で再任されました。前期から今期にかけての微妙な「変化幅」と「変化幅の変化」に目を凝らして両方のターゲットの先読みをし、0.5%刻みでレートを動かして、ターゲットまわり約1%以内の振幅に抑えました。フィリップスカーブを含む3変数の動学システムになっているのかも。期待インフレ率は入っているのかなぁ。あとで、めちゃくちゃに動かしたら新聞記事が期待インフレ率の上昇を示唆するようなヘッドラインになったので、入ってそうです。試行錯誤で定常状態(ターゲット変数が変化しない状態)を作り出してから金利変更したところ、効き始めるまでのラグが結構ありました。
Commented by dogpoo at 2008-05-30 08:25 x
2回目で再任されました。インフレ時には失業率にドル安時にはインフレ率に重点を置いて大胆にやりました。
Commented by よみかきそろばん at 2008-05-30 10:48 x
いつも読ませてもらってます。はじめてコメントします。

3回目に再任され、そのあと7回連続再任を勝ち取りました。やりすぎw
最後は任期満了時でインフレ2%ジャストでホールインワン。失業率は5.18%でした。

コツというか、雑感。
・潜在成長率は3.5%と仮定されているのでは?
・2%のインフレ目標と合わせると、中立金利は5.5%。
・なので、最初の利上げは一気に6%まで。やや引き締めに。
・ショックが起きたら、適切な方向に、200ぐらい一気に調整w
・2四半期も放置すると、政策効果が鮮明に。
・その後、100ずつ、中立方向に戻す。
・物価と雇用がオーバーシュートしそうなら、レートもドテンでオーバーシュートさせる。
・変動が落ち着いてきたら、5.5%上下0.5%で微調整。

難しいのはオイルショックへの対応ですね。
どうも物価高がはげるまで金利放置、その後緩和、というのがよさそうなのだが。
これって、現実そのまま?でも、資源高が反転するとは限らないですよねw
Commented by Ph.D Candidate at 2008-05-30 11:26 x
一度目で再任されました。
大胆な金利シフトと、景気安定期におけるこまめな金利上昇シフトが
再任されるポイントだと思います。
インフレの芽は些細なところある、という事を実感させられます。
Commented by 飛車 at 2008-05-30 11:58 x
4クオーターくらいに外生ショックの号外がランダムに来るみたいですね。いきなり利上げの芭翁流は、その後のイベント次第で四苦八苦しますので、ショックが起きるまで様子見した方が良い感じです。租税の還付で景気過熱したり、ドル高で景気悪化したり、イベントは色々あるみたい。
「新しい石油精製技術」ってのが来ていきなりインフレ率が下落したときは、雇用が悪化しなかったので放置しておいたらそのまま定常路線に回復して最後は2%インフレで再任されました。金利は一切いじらずでした。

物価に対して雇用が先行してます。雇用の変化方向を見て運営すると、フォワードルッキングにいける感じ。潜在成長率3.5%と中立金利5.5%は同意。金利を動かす時は100~200bp単位で1回で動かし、2クオーターは失業率の様子を見ることかな。

P.S.
インフレ率は-3%までしか表示されません。この状態でゼロ金利にすると時間はかかりますが自律回復してきます。実質成長率が3.5%で常に0.5%ののりしろが用意されている感じです。量的緩和コマンドがいるとは思わないけど、どこぞの国をシミュレートするために流動性の罠は入れて欲しいような(汗
Commented by BOB at 2008-05-30 12:48 x
1回目で再任されましたが、Fed guru reapponted で宜しいんでしょうか? 臨機応変にアクションは起こしつつも 連続してアクションは起こさず 途中でドルが暴騰、暴落と為替に悩まされましたが 後半はデフレにも悩まされ続け 着地は インフレ率 0.32% 失業率 5.6%程度となりました。 もう一度やると絶対解任されますね。(笑)
Commented by くもすけ at 2008-05-30 13:40 x
4回目で再選。本当に議長になったつもりで、「利上げ期待されているみたいだから、とりあえず0.25%上げてみて…」とか「くぉー、インフレ止まらねぇ~」なんて考えながらやるのが楽しいですね。

日銀もこういうの作ってくれればいいのに。「福井総裁監修」だったら各方面からネタにされるだけでしょうけど、「白川総裁監修」だったらみんな真面目に注目するのでは。

Commented by コピー at 2008-05-30 16:03 x
一回目で再任されました。面白かったです。
ポイントについては皆さん指摘されてますので、違う視点を。

何度か遊びで試してみましたが、
初めからゼロ金利政策を採ると、イベントによって違いは出ますが、インフレ率45.14%達成しました(ドル安イベント時)
また、FFレート19%を初めから維持し続けて失業率21.17%を達成しました(笑)

Commented by システム5.1 at 2008-05-30 18:08 x
最初から再任され、4回連続で再任され、辞任しました(笑)。為替と原油が錯乱要因ですが、大きな問題ではないでしょう。コピーさんがやられたように、極端に走ってみると面白い。
Commented at 2008-05-30 23:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 飛車 at 2008-05-31 00:00 x
ゼロ金利政策で、自然失業率は1.5%と確認。FFレートの上限があるので、インフレ率があまりに加速すると戻って来れなくなりますね。デフレ方面だとCPI-3%が下限でゼロ金利でも戻ってこれるのと対照的です(しつこいかw。NAIRUは5%という事でよいのかな。

前レスのイベントは石油精製技術ではなく、エネルギー改善みたいな奴でした。新聞チラ見しかしてないので記憶が曖昧。一番やるせないイベントは減税ですね。利上げで相殺しないといかんので。
Commented by 電車でGO at 2008-05-31 01:40 x
なんか皆さん気分は議長でやってるけど、内容的には表題のようなゲームじゃないかと思うのでよ。気分は運転手。早めにブレーキかけて、所定位置までいかない。ブレーキかけすぎて、乗員が将棋倒し、ということで、中間疾走の間から、ブレーキかけたり、慣性走行したりってやつですかな。
違いはその局面での緊急事態想定があるかかな。ですがこれも電車運行ではあったりして、突然の横風突風で脱線とかね。これを電車でGOで入れれば、多分ロジックの同じゲームでしょう。
Commented by 通行人 at 2008-05-31 02:37 x
いや、議長の仕事って、まさにそれでしょうw
Commented by 経済学者 at 2008-05-31 06:01 x
何も変更せずに、1発で再任。
失業率4.86% インフレ率2.01%
Commented by 星の王子様 at 2008-05-31 07:10 x
小生は2回目でFed guru reapponted となりました。一度インフレが加速すると制御が困難でインフレ重視が基本のように感じました。
Commented by ttori at 2008-05-31 09:20 x
私は3回目で再任。モメンタムの方向をみながら、まさに”フォワードルッキング”で大胆に50bp~75bpの利上げ・利下げをしました。
かといってインフレモメンタムの初期に大幅利上げをしたら(2回目)めちゃくちゃなデフレになりました(笑)。まさに日銀的?
Commented by PK at 2008-05-31 20:54 x
アングロサクソンのやり方を真似しても人間は幸せにはなりませんよ
こいつらこういうゲームで指標化して多数を操るんだから
政治の大統領制や株の先物指標とプログラム売買、学問のノーベル賞
みんな同じ 反応を揃えさせるために
ダウのチャートの読み方覚えれば馬鹿でも儲けられる 餌付けだよ
Commented by bank.of.japan at 2008-05-31 21:54 x
みなさん、それぞれゲーム結果をお知らせ頂きありがとうございます。一発目で再任の方がチラホラいらっしゃいますね。とりあえずタカ派で攻め、その後は果敢な緩和が正攻法かと思いきや、経済学者さんのように何もいじらずに再任というのもアリなのですね。
 個人的には「債券市場の反応」というのを一要素として取り入れると面白いかなと思いました。大幅な利上げ&利下げで長期金利が乱高下する様は悲鳴が聞こえそうで(苦笑)。

非公開さん、どうもです。じっくり読んでみます。大森さんも大変だと推察されます。

PKさん、どうもです。ダウのチャートの読み方、そう簡単ではないような気もしますが、まあ私はあんまり才能がないので、儲けられないです。
Commented by 電車でGo at 2008-06-01 00:08 x
だから、実態経済のわからん奴が政策実行しちゃうと、おかしな結果になるのだよね。総裁いわく足もとではなく、もっと先ですよね。という意味でリニアな線路上でしか、このゲームは想定していないし、ましてや計量モデルなんて本気で思ってる人はおめでたいよね。
でそんな感覚でやるから、現実経済では死者がでるのよ。もっと真剣にやれば。
Commented by ham at 2008-06-02 13:22 x
グリーンスパンさん、バーナンキさん、今までボロクソ言ってごめんんさい。
と言う結果でした。
Commented by 揺蕩 at 2008-06-02 15:19 x
スイス国立銀行には、URLのようなゲームもあります。
参考にするデータは「real output growth」「inflation」
「real interest rate」「nominal interest rate」となってます。
が、バージョンが古いすぎるため、動作環境が限られるのが難点だったり。。。
Commented by bank.of.japan at 2008-06-02 21:34
hamさん、どうもです。ゲームとは言え、簡単ではないと思いました。今はみなさんのヒントがあるので、うまくいきますが(苦笑)。

揺蕩さん、どうもです。ご紹介ありがとうございます。今度トライしてみます。
Commented by 電車でGO at 2008-06-02 22:02 x
ということで、後ろから電気機関車が、突然近づいてきたとか、運転手がちっと居眠りしたなんてことが、あるわけで。バブルの時も資産価格が異状にあがっても、金融政策に柱は当時のCPIであるわけで、その時おいらは、CRBインデックスはインフ指標でならないのでかすねといったら、馬鹿扱いですよ。でどうよ。
しかし、誰も反論できないの、計量系経済学者もどき君たち。
特にわけもわからず、フィリップカーブなんていった日にははさー。ここに数式表してくれよ。
Commented by 電車でGO at 2008-06-02 22:32 x
いつもおちゃらけやってますが、ここまで原材料価格(ほぼ輸入物価価格かな)があがったという、久方振という3倍はねーだという状況において、あなたはどういう経済運営をしますかですよね。
私はとにかく、この異状な上昇が終わるまでは名目賃金の上昇を容認するべき、だと思いますが。いかかですかね。
Commented by bank.of.japan at 2008-06-03 00:51 x
電車でGOさん、どうもです。ただのゲームとして楽しむ方が多いのではないかと思います。実際の金融政策はもっといろいろ考えるのだろうと思います。現状の供給ショック的なインフレにおける金融政策は、個人的には利下げもありかと思いますが、まあ日銀は様子見を続けるのだと予想します。名目賃金は容認するしないの以前に上がっていない、むしろ下がり気味ではないかと思うのですが…。
Commented by 通行人 at 2008-06-03 20:57 x
というか、誰に何をどう怒ろうとしているのか、皆目検討がつかない・・・
<< 何かと思えば「CTA」のことだ... 「コモフレーション」下の長期金利は… >>


無料アクセス解析