業務連絡です=本日の日銀人事は…
 もっぱら当座預金取引先や関係省庁など日銀事務方の人事に関心が高い方々向けの業務連絡みたいなものですが、本日の人事(一部の局長・審議役)はかなりサプライズでありました。あらゆる事前予想を裏切った人事であり、これが出た瞬間、日銀全行的にどよめきの声が挙がったようであります。いろいろ予想は聞かれたが、全然かすりもしなかったです(苦笑)。
 サプライズの一つは、金融機構局長の大幅な若返り。理事になった前局長の山本謙三氏(理事昇格は予想通り)は51年組だが、後任の田中洋樹局長は56年組。年次重視の発想では、日銀も他省庁と同様に上が詰まってポスト不足に悩んでいるので、51-52年前後でゆっくり回していくと思われたのが…。良い意味で裏切られた。
 白川体制、金融政策はノイズなく、現実的にやり、人事も基本的には予定調和的(年次重視ではこれが現実的)にいくと思っていたのだが、本日の人事は日銀にしては珍しく、不意打ちを食らわせたなあ。中の人達もそうだったと思うが…。
 今回の人事が予想を裏切ったことで、今後の人事もサプライズがあるのではないかと期待される。まあ、いろいろ予想されておるのだが、その通りになるのかどうか。楽しみであります。その他、この人事で思ったこと。
・少なくとも二人の局長は続投なのだろうか。
・ウィング体制は事実上消滅ですね(山本理事が金融市場、金融機構の両局を担当)
・局体制の見直しがあるのではないか
・サプライズの根本分析は興味深い
・理事の分担はこのままで行くの?
[PR]
by bank.of.japan | 2008-05-12 22:03 | 日銀 | Comments(7)
Commented by ある経済学者 at 2008-05-13 01:38 x
部外者にはサプライズだと言うこと以外、全く内容が理解できません。。。意図的なのでしょうが。

もう少し、マニアックではないが、日銀及び金融政策に関心のある部外者にわかるように書いていただけるとありがたいのです。ここくらいしかこの手の記事は読めないので、是非期待しています。
Commented by osome at 2008-05-13 16:35 x
日銀のように保守的と思われがちな組織で、入行年次の順送りだと思っていたら、一気に5年若返った人事をやるとは、「白川新総裁、案外やるかもよ」って感想は部外者にも十分に伝わる内容だと思うのですが。それを「全く理解できません!」と書かれた日には、本石町さんも大変ですね(しかも、最初に断り書きもあるのに)。

ところで白川新総裁ですが、「景気の下振れリスクに配慮(でしたっけ?)」とか、「原油高のせいでインフレだけど利下げもあり得る」と言及するなど、予想を裏切ってというと失礼ですが、非常に真っ当な金融政策をやってくれる可能性を感じたのですが、尚早でしょうか?
Commented by bank.of.japan at 2008-05-13 18:22 x
ある経済学者さん、どうもです。内輪向けのネタで申し訳ありません。もともと内輪向けで始まったブログでして、たまにこういうネタも交じるのはお許しください。もとより、ご期待に沿えるネタも取り上げますので、引き続きよろしくお願い致します。

osomeさん、どうもです。総裁講演の発言を見ると、リスクの上下方向をフォローしており、まさに中立スタンスでどちらにも対応する構えです。市場との対話もうまくいっているのではないでしょうか。福井さんも本当はこうなるはずだったのですが、前向き&勝ち気&パフォーマンス的発言がノイズとなってしまいました。白川日銀の今度の対応が真っ当かどうかはみなさんのご判断なので、ここはじっくり見守りましょう。
Commented by ある経済学者 at 2008-05-13 23:26 x
そうですよね。こんなはなし、きちんとした解説お願いしたら、かなりな字数になるでしょうし、いえないことも多いでしょうからね。

経済学者としては、日銀の内部での研究の位置づけ、及び経済学系の人々の扱いがどうなっているのかに興味があります。私は在米なのですが、ご存知のようにFRBやBank of Canada、ECB、Bank of Englandと比べると、本当に経済学理解してるのかなという局面が多いので。。。(研究のアウトプットは言わずもがなですが。。。。)
Commented by bank.of.japan at 2008-05-14 00:30 x
ある経済学者さん、どうもです。興味深いご指摘ですね。私は経済学を専門に学んでいないので、むしろ経済学者として日銀の研究がどう見えるかは非常に関心があります。先般、ある方と日銀ドクターを有効活用するインセンティブについて議論したことがあり、今度機会があれば取り上げようと思います。
Commented by しつこい人間 at 2008-05-14 04:20 x
僕にとってサプライズは「予想通り」とおっしゃる理事昇格のほうです。懲戒を何度もくらっても理事になっちゃうのって、いったい日銀の懲戒処分ってなに? 日銀の人に聞いてないけど、みんな思ってるんじゃないかな?
Commented by とおり at 2008-05-14 09:50 x
ある経済学者さん
>日銀の内部での研究の位置づけ
「日銀理論」なら採用する。日銀理論は日銀病のもとです。
http://hongokucho.exblog.jp/7972046/

>経済学系の人々の扱いがどうなっているのか
「日銀理論」を唱えれば、上に行けます。今の総裁はラッキーでなりましたが、日銀理論の信仰・普及者です。
日銀内では日銀理論があるので、標準的な経済学の知識・理解は不要、場合にとっては有害であります。
<< 文化を変えてまで東京を国際金融... 「労働形態として最高の姿」と「... >>


無料アクセス解析