FRB、「出口」が怖いツイストオペ
 FRBがツイストオペに踏み切った。こんなのが「政策」になるほどFRBは追い込まれた格好だが、金融政策の実践面で考えると、当面は「微害微益」ながらも「出口」に際して「超有害無益」となりかねない調節手法である。いわゆる買った資産の暴力的な売り切りを余儀なくされる可能性があり、汚い話だが、「中央銀行がゲロを吐きまくりながら出口を出ていく」恐れがあるわけだ。基軸通貨国だけに世界中がゲロまみれになるだろう。なぜ、そうなるかの解説。メルマガでは、そのメカニズムを金融政策のヒモ理論で解説を試みる予定。
 まあ、その前にマーケットは勝手にゲロっておりますね。ヤク切れのような症状でありましょうか。

リンク集
A Little Inflation Can Be a Dangerous Thing
There Are Worse Things Than Inflation
Bank Deposits increase Sharply
Is this man the next Fed chairman?
Rethinking central banking
Why Was Fed Statement Late? 20th Century Technology
GOP: Fed’s move reveals Obama’s failures
The Fed's Latest Moves May Fall Flat, Experts Say
[PR]
by bank.of.japan | 2011-09-24 14:05 | FRB&others | Comments(0)
<< 欧米が大変なので相対的に日銀へ... 日米欧中銀がドル資金供給(技術... >>


無料アクセス解析