スイスの無制限介入&G7
 スイス中銀が6日、スイスフラン高を抑制するため、対ユーロでの上限を固定化する措置を取った。自国通貨の上限突破は無制限介入で死守することになるが、その覚悟が問われるのはこれから。メルマガでは、技術的な観点から覚悟の度合いを考察してみたい。また、今回のスイスの無制限介入で、日銀やFRBの置かれた状況、今後の対応など考えてみたい。メルマガの内容は為替一色となりそう。メルマガはこちらも。

 この週末、G7が行われたが、もとよりこの会議は「集まる。そして問題意識の共有を図る」のが目的であり、各国の政策にダイレクトな影響を与える具体策などはもともとない。マーケットイベントとして注目すると、まあ空振りであり、そんなのは過去10数年続いている。マスコミ的には派手な「国際会議」だが、各国金融トップが現状に対して共通の問題意識を持ったかどうかが重要である。

以下は今週のリンク集。

Treasuries, TIPS, and Gold (Wonkish)
Swiss FAQs
More on Transatlantic Cash Flows
Golden Cyberfetters
Following the Swiss lead
Europe on the Verge of a Political Breakdown
The end of this blog. The beginning of Wonkblog
[PR]
by bank.of.japan | 2011-09-11 11:04 | ユーロ | Comments(0)
<< 日米欧中銀がドル資金供給(技術... 9月5日分のリンク集=野田政権誕生 >>


無料アクセス解析