バーナンキ議長の“日銀病”的証言=クルーグマン教授の日銀擁護?論
 本日は二題を簡単に紹介。まずは、バーナンキ議長の議会証言から一つ。私は、前もどこかで書いたかと思うが、市場機能論には懐疑的で、インタバンク市場がどれだけ細ってもゼロ金利にしていいんじゃないか、という立場だ。現実には、バブルが崩壊した局面で各国中銀は非伝統的な緩和策に打って出たが、準備預金に付利するなどして、どこもゼロ金利にはしていない。
 FRBもゼロ金利は避けており、市場機能が大事だと思っているのだろうが、これをバーナンキ議長が実際に口にするとは思わなかった(過去、言及したのかもしれないが)。ウォール・ストリート・ジャーナルのこちらより。
 “Because if rates go to zero, there will be no incentive for buying and selling federal funds — overnight money in the banking system — and if that market shuts down … it’ll be more difficult to manage short-term interest rates when the Federal Reserve begins to tighten policy at some point in the future.”
→金利がゼロになれば、フェデラルファンズをやりとりするインセンティブがなくなり、それでマーケットがなくなれば、将来のいずれかで引き締めするときに短期金利をマネージするのがより難しくなる。

 一瞬、白川総裁が英語で話しているのかと思いましたよ(笑)。バーナンキ議長はもちろん利下げの選択肢は排除していないのだが、マーケット実務をごちゃごちゃ述べるのは日銀病とか言われがちでありまして、その典型である市場機能論をバーナンキ議長が語るとは本当に意外でありました。白川ドクトリン、浸透ですね。

 もう一つはクルーグマン教授の日銀をある意味擁護していると思わせるような「Japanese Monetary Policy (Wonkish)」というエントリーより。スコット・サムナー教授が日銀を強く批判しているのだが、これに対して、クルーグマン教授がそれはちょっと違うよ、と解説している。
 サムナー教授の日銀批判とは、簡単に言うと、日本がデフレに陥ったのは日銀がデフレを好んでいるためだ、というもの。これに対するクルーグマン教授の指摘をかいつまむと以下の通り。
・日銀はもっとやれたはずだと人は言うだろう、私もそうだ。
・しかし、継続的なデフレは(日銀の)ターゲットではなくて、伝統的な緩和手段を使い果たし、その後、もっと冒険的な緩和に踏み込もうとしなかったからだ。
・日銀は、準備預金を増やし、その金がどっかの投融資に向かうことを願いつつ、量的緩和をやってデフレを止めようとしたが、できなかった。失敗したのだ。
・(日銀の06年の量的緩和解除について) これは最近のFEDの金融政策にも通じる議論だが、それほどベースマネーを減らしたようには見えない。日銀はインフレを抑制するために引き締めたのではなく、間違った判断だが、日銀は「景気がいい」と思ったので、準備預金を少しすくい取ったのだ。

日本から得られる二つのレッスン
・「流動性の罠」は実在する。デフレと戦うのは大変で、単にプリントマネーでは済まない。
・デフレに直面した中央銀行は、その最中に引き締めの口実を見つけるのに驚くほどの創造性を発揮するが、それはデフレを好んでいることを意味しない。

 皮肉も交じっているけど、全体は日銀を相対的に擁護している印象。なんだかバーナンキFRBに対してむしろ厳しいのではないか、と思う最近のクルーグマン教授だ。
[PR]
by bank.of.japan | 2010-07-31 19:51 | 日銀 | Comments(2)
Commented by 飛車 at 2010-08-01 03:46 x
ということは、日銀系の人がよく主張する「よいデフレ論」とか「生産性低下がデフレの原因」とかの論は、彼らなりにやろうとしてできなかった事に対する言い訳をしようとして吐き出された言葉だということになるのですかね。
僕には、「インフレ誘導を拒絶するための言い訳」にしか見えないのですが。
Commented by bank.of.japan at 2010-08-14 23:30
日銀系の人がよく分からないのですが、日銀自身は良いデフレ論は言っていないと思います。あとスタンスの違いでしょうが、インフレを誘導するのが容易ではない、と私も思っております。かといって無策もまずいので、演技的な緩和はありではないかと。
<< FRBはかつての日銀のようにや... クルーグマン教授の金融・財政政... >>


無料アクセス解析