能動的読者を捕捉した後の展開=ブログの有効性と限界&リアルな説明会
 こちらのエントリーで触れた金融政策のベース部分に関するリアルな説明についての補足を簡単に。最近のアクセス状況から判断するに、金融政策に専門的な関心がある方々はほぼ限界に近いところまで補足してきたのではないかと感じている。漸増してきたアクセス数はこのところ平均で一日5000件前後、アクセス先は1000ぐらいで、世界的に金融政策が激動し、注目を集める中でこの数値が安定的に推移しているためだ。さらにアクセスを増やすにはネタを広げる、専門性を崩すとか考えられるが、そのつもりはない。
 もともと数百件程度のアクセスを想定して始めたブログで、ここまできたのは個人的には奇跡的な思いでありまして、みなさんには感謝いたします。これはある種のブログ論でもあるが、マスコミ(の経済報道)が受動的読者を想定してなかなか専門的になれない一方、能動的読者は自ら情報を探求し始め、ブログで専門情報を発信し続ければ自然に関心ある方々が集まるだろう、という見込みがほぼ裏付けられた格好でもある。
 で、これからもブログは続けるのだが、やや心残りであるのは、ブログはマスコミよりは自由に書けるけれども、まあそれなりに限界もある、ということであります。オープンな場でもありますし、気を使う面がある。じゃあ書ききれないことを伝えるにはどうしたら良いか、と言えば閉鎖的な場にする、という方法があるのだが、これはパスワード管理とかあって技術的に私の手には負えない。それでリアルに説明する場を検討している、と相成った次第です。
 この間のお知らせは、もっぱら学生さんを念頭に置いたもので、これは近くあるところでささやかな形で実施する運びとなりましたが、金融関係や個人投資家の方々からも要望があり、これはこれで対応を考えたいと思います。地方在住の方から参加したい旨の要望もありましたが、足代頂ける形になれば、むしろ私の方がうかがいたいと思っております。徐々に具体化していく予定で、改めてお知らせします。
[PR]
by bank.of.japan | 2009-06-15 23:09 | ブログ紹介・お知らせなど | Comments(7)
Commented by デイトレーダー at 2009-06-15 23:51 x
専門性を落としたらこのブログの価値はなくなると思います。日経は私の履歴書や笑えるコラム(大機小機など)以外の有益?な情報が少ないので止めました。今は本国町日記さんなどの金融専門のブログを中心に読んで生活をしてます。金融関連でもその他の分野でも専門家が書いた記事を読みなれると、一般向けの経済記事がどうも薄っぺらく感じてしまいます。概要をつかむだけならよいのですが・・。むしろ金融時期に特化した有名ブロガー20人くらいのブログを単純に貼り付けていただいたほうが購読数が増えるのでは・・と思うくらいです。
とにかくいつも楽しく拝見させていただいていますので頑張ってください。
Commented by bank.of.japan at 2009-06-16 01:02 x
デイトレーダーさん、どうもです。ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。私も最近は欧米ブログをまずチェックするようになりました。新聞は、見出しを参考程度に読む程度です。受動的読者への書き方は、まあ本業でも必要ですので。
Commented by tatsu at 2009-06-16 08:50 x
私も専門的な意見を求めてこのブログにたどりついた者です。是非、この専門性を維持して頂ければと思いますが、一方でこのブログで当然とされているような基本的な知識が欠けていると感じることもたたあり(90年代の日銀論争や銀行券ルールなど)学生さん向けのイベントに非常に興味があります。いつ、どこで行われますか?出来れば潜り込んでみたいのですが、、、、、
Commented by なみすと at 2009-06-16 19:29 x
なるほど、そういう仮説をお持ちだったのですね。
インターネットの特性上、ブロガーと読者との間には匿名という大きな壁があります。
ですが、このエントリーのようなブロガーの所感もお聞きできると、他の専門的なエントリーも、また違って見える気が致します。
Commented by bank.of.japan at 2009-06-16 21:37
tatsuさん、どうもです。ご訪問頂き、ありがとうございます。説明会にご関心あれば、ホームページ右上の連絡先にご一報ください。よろしくお願いします。

みなすとさん、どうもです。ブログを主催している方々によって受け止め方は色々あると思いますが、ご指摘のように匿名性の壁があります。また、ブログはバーチャルなつながりでもあり、逆にリアルなコンタクトの重要性も思い知らされる面もあります。リアルに会う場があれば、また別な展開も可能ではないかとも思っております。いろいろトライしたいと思います。
Commented at 2009-06-17 12:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bank.of.japan at 2009-06-17 19:52
非公開さん、どうもです。ご無沙汰です。むしろ、これからの方がいろいろお知恵拝借の場面もあるかもしれません。よろしくお願い致します。
<< 日銀って本当に面白いことするね... 「M資金」と「日銀秘匿ダイヤ」... >>


無料アクセス解析